Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

サザエさん一家は家族として成り立っていない?

仕事から帰ってテレビをつけたら、ニュース23をやっていた。
いつもは別の局のニュースを見るのだけど、ヘッドラインを見ていたら審議すらされない法案として“夫婦別姓”が取り上げられていた。
そうよね。。。
もう何年も前から話題になっていて、法案も提出されているのに審議されないのよね。。。
番組では、賛成派、反対派と少数ではあるけど国会議員のインタビューを紹介していた。

なんだかなぁ。。。
反対派って、なんでああも頑ななんだろう?
今提出されている法案って、“選択性”で、別姓になりたくない人は同姓に出来る。
何が何でも別姓にしろと言うものではない。
それぞれの家の事情も考えずに、日本の“すべての夫婦”が同姓でなければならないなんて、余計なお世話って感じ。
「あなたが同姓にすることは妨げないって言っているでしょ」と、思わずテレビに向かっていいそうになった(^^;
そういう頑なな同姓論者が、少子化の進行に少なからず貢献しているのにねぇ。。。


反対派の主な言い分は、姓が家族の象徴だというもの。
家族の中に姓が違う人がいると家族を維持できないらしい。
“サザエさん一家は家族として成り立っていない”といいたいらしい。

苗字が違うだけで家族を家族と思えなくなる人って、血を分けた自分の子供でも、その子が結婚して相手の姓を名乗ったら、もう自分の子供だと思えなくなるんだよねぇ。。。
可哀想だね。
そんな事で壊れてしまう家族なら、苗字が同じでも既に壊れていると思うんだけどな。

私自身は、別姓派。
名前は、私という固体の識別子、アイデンティティだと思うから、名前の一部が誰か同じであるという事に絶対的な意味を見出すものではない。
実際、結婚して姓が違ってしまった妹と肉親である事を止めたと思っては居ないもの。
ただ、仕事をする上では、その識別子は継続している事が望ましい。
識別子が変わってしまうと言うことは、仕事上の私の経歴が途切れるのと同じ効果をもたらしてしまう事もあるから。

番組でも、仕事上の必要性からペーパー離婚しいる人が紹介されていた。
先週だったかの日経新聞でも、私より少し年上の女性だったけど、仕事で旧姓を使うために5回もペーパー離婚した人が紹介されていた。
(確か、パスポートの名前を旧姓にするために“離婚”したとか)
記事そのものは、夫婦別姓やペーパー離婚を特集したものではなかった。
雇用機会均等法前から、男性優位の職場でキャリアを築いてきた女性を特集したもの。
図らずも、ずっと以前から、結婚によって名前が変わってしまう事がキャリアに影響を与えてきた事を浮き彫りにしていた。

それに、私は資格仕事ではないけれど、資格仕事の人たちって、名前が変わった後、資格取得者が自分である事の証明が必要なんだよね。。。
今までは、転職なんてあまりなかく、姓が変わっても職場はそれを認知していたかもしれないけど、これだけ雇用が流動化していて、資格取得者が自分であることを証明する手立てとしてペーパー離婚があるかもしれない。

そんなことを考えると、家族の中で母親(あるいは父親)の姓が違う事と、両親が戸籍上であっても結婚、離婚を繰返すのと、家族の絆という点での“違和感”はどちらが大きいのだろう?
別姓反対派の人たちって、考えたことあるのかなぁ。。。

第一、一般人が苗字を名乗るようになって高々100年ちょっと。
社会の変化に合わせて対応してもいいじゃないの?
苗字について“古来の伝統”なんていう人がいるけど、歴史的にはちょっと前まで苗字を持っている人は少なかったのよね。
だから、苗字を名乗る事自体は“伝統”でも何でもない。

遠く、平安の頃は、苗字は現代でいう官僚のもので、男子だけが継いでいた。
その頃は、職は父系、財産は母系社会だった。
結婚は妻問婚で、夫婦が同居する場合は男性が女性の家に入った。
男性は父から受け継ぐ苗字を持つので、家の中では夫と子供が同じ苗字で母は(実質的に)同居しているその両親と同じ苗字を名乗る(って、女性には名前すらなかったのだけどね。。。)
だから、伝統を言うなら、家族全員が同じ苗字なんてありえないのよね。。。


まぁ、いずれにしても、他人の事情も鑑みないで、国中のすべての夫婦が夫婦同姓にすべきなんて言っている議員は、次の選挙では全員落選してほしいわ。
“選択性”すら認められない、不勉強で狭量な人は議員である資格はないと思うし、そんな全体主義な人が国会議員だなんて恐ろしい。。。

入試の過去問題は学校選びの参考

私立中入試算数 問題文に問題あり あり得ぬ設定多数

濃度30%食塩水 一晩で半減する生物
 「濃度30%の食塩水」「一晩で別の生物に変身する生き物」-。私立中学の算数の入試問題で、科学的にありえない状況設定に基づいた入試問題が多数出題されていることが、東京理科大の芳沢光雄教授(数学教育)らの調査で分かった。読み方によっては正解が変わる、あいまいな問題文も目立つ。相次ぐ国際調査で日本の子供たちの「読解力不足」が指摘されているが、教師たちもそれを責められない状況が生じている。

(中略)

都内の有名中学では、「正六角形の頂点の一つを、他の辺につくように折った」とし、できた角の角度を求める問題を出題した。しかし、出題の条件に合うように正六角形を折ると、頂点は他の辺には付かないため求める角が存在しなくなり、科学的に実在しない状況が設定されていた。
 また、「偶数匹の生物Aは、一晩で半分の数の生物Bに変身する」など不必要に非科学的な例を挙げる問題や、条件設定を示す問題文が複数の意味にとれる問題も目立った。
 こうした問題について、芳沢教授は「当然ながら、自然界に一晩で数が半分になる生物は存在しない。偶数個の赤い玉を一晩で半数の白い玉に入れ替えるといった内容にすれば、不自然ではないのに」と指摘する。
 昨年末に発表されたOECD(経済協力開発機構)などの国際調査で、日本の子供は問題文などの読解力が大きく低下し、先進国の平均並みとなっている。
 芳沢教授は「たとえ算数であっても、科学的に正しい設定と正確な日本語を使うべきで、教育的配慮を欠いてはならない。問題の文章にはもう少し気を配ってほしい」とし、科目の内容だけにとらわれず、学習内容全体を見渡した問題作成を求めている。
(産経新聞) - 6月12日2時53分更新


う~~~~ん。
子供の教育の前に大人の教育が必要ね。。。

確かにねぇ。。。

私も含めて、日本人って日本語をちゃんと使えない。
この記事の中にも日本語がヘンな部分があるしね。。。

?え?
そんな事じゃない?(^^;


そうそう、本当に勉強している子供が迷うような問題出すなよ。。。
ありえない、考えられない問題が出たら、純粋な子供は回答できないよ。
これが、いい加減な大人なら出来るかもしれないけどね。

で、これは私立の中学校の入試問題だとか。
ということは、この学校は、正確な知識を持っている子供を学ばせたいのではなく、いい加減に知識があって処せ術の長けた子供が欲しいというだけの事でしょう。
子供を本当に学ばせたい親御さんは、子供をこんな学校に預けてはいけないということ。
これが公立中学なら教師の質の低下として問題にすべきだけど、私立中学なら「この学校の教師はこんな程度ですので親御さんは学校選びの参考にしてください」という程度の問題だね。
そういえば、先日は高校の入試問題で、沖縄の元ひめゆり学徒の証言を「退屈」と表現した入試問題を出したりしていたしね。。。
入試問題って、学校の良識の程度を知る量りって事だね。


しかし、私立中学って以前からヘンな入試問題を作ると問題提起があったけど、こんな程度なのね。。。

入試の過去問題は学校選びの参考

私立中入試算数 問題文に問題あり あり得ぬ設定多数

濃度30%食塩水 一晩で半減する生物
 「濃度30%の食塩水」「一晩で別の生物に変身する生き物」-。私立中学の算数の入試問題で、科学的にありえない状況設定に基づいた入試問題が多数出題されていることが、東京理科大の芳沢光雄教授(数学教育)らの調査で分かった。読み方によっては正解が変わる、あいまいな問題文も目立つ。相次ぐ国際調査で日本の子供たちの「読解力不足」が指摘されているが、教師たちもそれを責められない状況が生じている。

(中略)

都内の有名中学では、「正六角形の頂点の一つを、他の辺につくように折った」とし、できた角の角度を求める問題を出題した。しかし、出題の条件に合うように正六角形を折ると、頂点は他の辺には付かないため求める角が存在しなくなり、科学的に実在しない状況が設定されていた。
 また、「偶数匹の生物Aは、一晩で半分の数の生物Bに変身する」など不必要に非科学的な例を挙げる問題や、条件設定を示す問題文が複数の意味にとれる問題も目立った。
 こうした問題について、芳沢教授は「当然ながら、自然界に一晩で数が半分になる生物は存在しない。偶数個の赤い玉を一晩で半数の白い玉に入れ替えるといった内容にすれば、不自然ではないのに」と指摘する。
 昨年末に発表されたOECD(経済協力開発機構)などの国際調査で、日本の子供は問題文などの読解力が大きく低下し、先進国の平均並みとなっている。
 芳沢教授は「たとえ算数であっても、科学的に正しい設定と正確な日本語を使うべきで、教育的配慮を欠いてはならない。問題の文章にはもう少し気を配ってほしい」とし、科目の内容だけにとらわれず、学習内容全体を見渡した問題作成を求めている。
(産経新聞) - 6月12日2時53分更新


う~~~~ん。
子供の教育の前に大人の教育が必要ね。。。

確かにねぇ。。。

私も含めて、日本人って日本語をちゃんと使えない。
この記事の中にも日本語がヘンな部分があるしね。。。

?え?
そんな事じゃない?(^^;


そうそう、本当に勉強している子供が迷うような問題出すなよ。。。
ありえない、考えられない問題が出たら、純粋な子供は回答できないよ。
これが、いい加減な大人なら出来るかもしれないけどね。

で、これは私立の中学校の入試問題だとか。
ということは、この学校は、正確な知識を持っている子供を学ばせたいのではなく、いい加減に知識があって処せ術の長けた子供が欲しいというだけの事でしょう。
子供を本当に学ばせたい親御さんは、子供をこんな学校に預けてはいけないということ。
これが公立中学なら教師の質の低下として問題にすべきだけど、私立中学なら「この学校の教師はこんな程度ですので親御さんは学校選びの参考にしてください」という程度の問題だね。
そういえば、先日は高校の入試問題で、沖縄の元ひめゆり学徒の証言を「退屈」と表現した入試問題を出したりしていたしね。。。
入試問題って、学校の良識の程度を知る量りって事だね。


しかし、私立中学って以前からヘンな入試問題を作ると問題提起があったけど、こんな程度なのね。。。

家庭教育の責任は重い

テレビのニュースで、先日の山口の事件で犯人の高校生が「プライドを傷つけられたから」と犯行の動機を語ったと報道している。

う~ん。
プライドねぇ。。。

確かに、プライドを傷つけられると人格を否定されたような気になる。
それは否定しないけど、それが他人を殺してしまう動機になるのかな?
見方によっては人のプライドってそれほど重いともいえるのだけど、その人のプライドは一時の感情に任せて仕返しして気が済む程度のものといえるのかもしれない。

プライドって、自分の品位を保とうとする気持ちの事。
“他人に評価されて何ぼ”のものではなく、“他人にどう評価されようと”自分が持ち続ける気位や自信なのに。。。
去年長崎で起きた小学校六年生の女児による同級生の殺害も動機は、“悪口を言われた”からだったと記憶する。
そんなことぐらいで人を殺したり傷つけたりという、ある意味自分を殺すことにどんな意味があるんだろうね。。。
他人から自分が思うほどの評価を得られなかったからといって、他人を殺したり傷つけたりすれば自分をその人と同じ程度に貶めてしまう事になるのにね。
第一、他人の評価を気にするなんて、品位のレベルが低すぎるぞ。
もう少し高い処で自分を維持しないと。。。


嘗て、「武士は食わねど高楊枝」と言う言葉あった。
これは“やせ我慢”と同義と言われるが、一方、どんなに貧しても気位を高く持つそれこそ、どんな状況におかれてもプライドを捨てないという意味。
プライドは他人の評価で捨ててしまってはいけない。
捨てずに自分で育み保つ事に意義があるように思う。

プライドばかり高くて実が伴わないのも考え物。
そういう意味では、未だ一人では社会で生きていけない子供が“プライド”を振りかざして犯罪を犯すのもおかしな気がする。
履き違えているような気がする。
人を殺して、あるいは傷つけて保てるのは本当のプライドではない。
まぁ、プライドの育て方や保ち方を知らないからそういう行動をおこすのだろうけどね。。。

こんな事を書くと、COOちゃんまた言っていると言われそうだけど、こういう事って学校で教わることじゃないと思うのよね。
勿論学校の中の“社会性”の部分で教わることもあるだろうけど、親が日常の生活の中で教えていく事なんじゃないだろうか?
家庭は、子供が始めて知る、そして一番身近で一番最小の“社会”なんだよね。
特に事情が無い限り、子供の社会性教育の最初の一歩は家庭だよね。
そういう意味で、子供の社会性に関して家庭教育の責任は重いと思うよ。

人は知識だけで生きていけるものではないのだから。。。
人は、社会の中で生きていくものなのだから。。。

Continue reading

溝は深い

韓国「日本に不信」9割…深まる両国民の溝

日韓国交正常化40周年を機に、読売新聞社と韓国日報社が実施した日韓共同世論調査で、日本側の「親韓」感情が高まりを見せる中、韓国側では対日不信が過去最高の9割に達するなど、両国民の意識のズレが急速に深まっていることが分かった。


え?
韓国が日本に不信感を持っている事はいいとして。。。だって、国策で幼い頃から日本に不信感を持つように育てられているものね。。。
でも、この一文を読む限り、日本人は韓国を好きだけど、韓国人は日本を不信に思うという一方通行だって言っているのよね。。。

昨日、彩庵さんの処でしったHPなんだけど。。。
9割?いや、それ以上が「韓国に親しみを感じない」と応えている。
勿論重複回答もあるので、その割合は正確なものではないが、読売新聞の記事のように、「日本人は親韓だけど、韓国人は反日」とはいえないんじゃないのかなぁ。。。
お互いに同じように不信感と嫌悪感を持っているって事でしょう。


私は、韓国人に嫌いな人が居るわけじゃないけど、韓国という国は嫌い。
大統領が、公式発言でむちゃくちゃ言って、それで国内の機嫌を宥められるという韓国が嫌い。
ただ、相手がお子チャマだから相手にするのも時間の無駄だと思いはするが。。。
(でも、一々腹を立てる私もお子チャマ?(^^; )


人の気持ちってそんなもの。
どちらか一方が熱烈に好きで、どちらか一方が毛嫌いするなんて滅多にない。
大抵は、どちらが嫌いだと意識したときは、もう一方も嫌いなのよね。
そういう意味では、両者の溝は深いと思うよ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top