Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

トラブル後の対応

この週末から週明けにかけて、トレンドマイクロのウィルスバスターによるシステムの不具合が大問題になっている。
私の知り合いでも、被害にあっている人がいる。
私の知り合いに限れば、パターンファイルの更新途パソコンがハングして、再起動もできなくなった人ばかり。
トレンドマイクロからは、HPで新しいパターンファイルの入手しか対方法は示されていなかった。
はて、パソコンが立ち上がらない人に、どうやってトレンドマイクロのHPにアクセスしろというのだろう?
私の所にも友人の1人から携帯にメールが来たのだけど、その時点では対処のし様がないよね。。。
そのうち、セーフモードで起動すれば起動出来ることが判ったので、なんとか対処できたようだ。

それにしても、かなり対応が悪い。
トレンドマイクロが初めに記者会見をした時にも、HPでパターンファイルを入手するように言ったらしい。
10年前と違って、機械に詳しくない人もパソコンを持っている。
そういう人の中には、“セーフモード”での起動の仕方すら知らない人も多い。
そんな人の中には“起動ファイル”だって作っていない人も多いだろう。
(って、最近は、FDDの付いていないパソコンもあるものね。。。)
私の両親や妹だって、知らないだろうと思う。
そういう人に対して、HPで~と言った所で、「だ・か・ら、パソコンが使えないって言っているでしょ!」と言われるのがオチだ。
そういった人が使いやすい問い合わせ方法は電話だと思う。
ところが、その頼みの綱の電話は、問合せ先の電話が公開されていない。
(通常のサポート用の電話は、休日のため機械運用だった模様)
ますますユーザを怒らせる結果になった。
というか、私の友人たちはかなり怒っていた。


コンピュータプログラムだって “人”が作るもの。
人が手作りするものである以上、システムやプログラムにミスが絶対ないとは言えない。
むしろ、ミスが発生しうるから、そのミスを少しでも少なくするために努力をし、時間も費やしている。
つまり、色々な使い方、使われ方を想定してテストをしていて、そのテストにかかる時間はプログラムを作る時間よりかなり多くかかる。
そして、今回のトラブルの原因はテスト漏れと言うことらしい。
テスト漏れといっても、テスト担当者が想定した事でない事が起きてしまったケースと、本来踏むべき手順を省略したために漏れてしまったというケースが考えられる。
で、今回はどうも後者との事。
う~ん。。。テストを省略。。。要は手抜きをしてトラブルが起きたんじゃ、会社側は弁解の余地はないよね。。。
でも、トレンドマイクロはかなり早い段階で原因をテスト漏れと特定したらしいけど、先ずやらなければならなかったのは、障害が起きた原因の特定ではなく、障害そのものの特定と回避策の適切な開示じゃなかったのかなぁ。
で、今回最も拙かったのは、開示が適切ではなかったって事だよね。

トラブルが起きた時って、トラブルそのもの以上に、その後の対応にその会社や経営者の器量が見える。
そして、その対応が客にとって満足なものであれば、トラブルによって会社が受けるダメージの度合いも抑えられるが、逆の場合は、その対応によって、トラブル以上のダメージを会社に与える事になる。
今回はかなりダメージがあるんじゃないかなぁ。。。
友人たちも乗り換えようかなんていっているし、仕事が止まった企業には賠償問題もあるようだ。
下手をすると、会社を潰しかねない。


トラブル後の対応と言えば、JR西日本も酷いね。
原因の特定が済んだわけでもないのに、早々に「脱線の原因は置石の可能性がある」だなんて。
まるで「責任の所在はJR西日本ではない」と言っているように聞こえて不愉快だ。
食中毒で死亡者も出したのに、「私は寝ていない」と言った社長に通じるものを感じる。
それにしても、つい3分前も同じ場所を電車が通ったというような場所で、そう簡単に置石なんてできるのだろうか?
出来るとしたら、安直に運行妨害が出来る環境を放置し線路の防護措置をとらなかったJR西日本の責任もかなり大きいんじゃないの?
でも何よりも、未だ救助活動の最中に、「私の責任じゃない」なんて言われたら、犠牲者や被害者は怒るだろうなぁ。


トラブル後の対応

この週末から週明けにかけて、トレンドマイクロのウィルスバスターによるシステムの不具合が大問題になっている。
私の知り合いでも、被害にあっている人がいる。
私の知り合いに限れば、パターンファイルの更新途パソコンがハングして、再起動もできなくなった人ばかり。
トレンドマイクロからは、HPで新しいパターンファイルの入手しか対方法は示されていなかった。
はて、パソコンが立ち上がらない人に、どうやってトレンドマイクロのHPにアクセスしろというのだろう?
私の所にも友人の1人から携帯にメールが来たのだけど、その時点では対処のし様がないよね。。。
そのうち、セーフモードで起動すれば起動出来ることが判ったので、なんとか対処できたようだ。

それにしても、かなり対応が悪い。
トレンドマイクロが初めに記者会見をした時にも、HPでパターンファイルを入手するように言ったらしい。
10年前と違って、機械に詳しくない人もパソコンを持っている。
そういう人の中には、“セーフモード”での起動の仕方すら知らない人も多い。
そんな人の中には“起動ファイル”だって作っていない人も多いだろう。
(って、最近は、FDDの付いていないパソコンもあるものね。。。)
私の両親や妹だって、知らないだろうと思う。
そういう人に対して、HPで~と言った所で、「だ・か・ら、パソコンが使えないって言っているでしょ!」と言われるのがオチだ。
そういった人が使いやすい問い合わせ方法は電話だと思う。
ところが、その頼みの綱の電話は、問合せ先の電話が公開されていない。
(通常のサポート用の電話は、休日のため機械運用だった模様)
ますますユーザを怒らせる結果になった。
というか、私の友人たちはかなり怒っていた。


コンピュータプログラムだって “人”が作るもの。
人が手作りするものである以上、システムやプログラムにミスが絶対ないとは言えない。
むしろ、ミスが発生しうるから、そのミスを少しでも少なくするために努力をし、時間も費やしている。
つまり、色々な使い方、使われ方を想定してテストをしていて、そのテストにかかる時間はプログラムを作る時間よりかなり多くかかる。
そして、今回のトラブルの原因はテスト漏れと言うことらしい。
テスト漏れといっても、テスト担当者が想定した事でない事が起きてしまったケースと、本来踏むべき手順を省略したために漏れてしまったというケースが考えられる。
で、今回はどうも後者との事。
う~ん。。。テストを省略。。。要は手抜きをしてトラブルが起きたんじゃ、会社側は弁解の余地はないよね。。。
でも、トレンドマイクロはかなり早い段階で原因をテスト漏れと特定したらしいけど、先ずやらなければならなかったのは、障害が起きた原因の特定ではなく、障害そのものの特定と回避策の適切な開示じゃなかったのかなぁ。
で、今回最も拙かったのは、開示が適切ではなかったって事だよね。

トラブルが起きた時って、トラブルそのもの以上に、その後の対応にその会社や経営者の器量が見える。
そして、その対応が客にとって満足なものであれば、トラブルによって会社が受けるダメージの度合いも抑えられるが、逆の場合は、その対応によって、トラブル以上のダメージを会社に与える事になる。
今回はかなりダメージがあるんじゃないかなぁ。。。
友人たちも乗り換えようかなんていっているし、仕事が止まった企業には賠償問題もあるようだ。
下手をすると、会社を潰しかねない。


トラブル後の対応と言えば、JR西日本も酷いね。
原因の特定が済んだわけでもないのに、早々に「脱線の原因は置石の可能性がある」だなんて。
まるで「責任の所在はJR西日本ではない」と言っているように聞こえて不愉快だ。
食中毒で死亡者も出したのに、「私は寝ていない」と言った社長に通じるものを感じる。
それにしても、つい3分前も同じ場所を電車が通ったというような場所で、そう簡単に置石なんてできるのだろうか?
出来るとしたら、安直に運行妨害が出来る環境を放置し線路の防護措置をとらなかったJR西日本の責任もかなり大きいんじゃないの?
でも何よりも、未だ救助活動の最中に、「私の責任じゃない」なんて言われたら、犠牲者や被害者は怒るだろうなぁ。


あれ? もしかして?

あ。。。
ヤダヤダ。
エロタク。。。じゃなかった、山拓クンが当選してしまった。
他に適当な候補者が居なかったから仕方ないのかもしれないけど、なんとなくヤダ。


山拓クンは、女性問題で前回の衆議院選挙で落選した。
いやね、女性問題で、彼に愛人が居たとか、彼の性的嗜好なんてどうでもいいの。
勿論、週刊誌などで伝えられる彼の性的嗜好は、私には受け入れられないものだけど、それが“政治家としての資質”に影響するものとは思っていない。
問題にするのは、別れたからなのか、お金が欲しかったのかしらないけど、別れた男の事をスキャンダルにするような女を付き合うような、人を見る目の無さなのよね。
人を見る目の無い人が政治家でいていいのかなぁ。。。?

今回の選挙は、福岡にしても宮城にしても、民主党の不祥事がきっかけだった。
そういう意味では民主党にアゲンストで自民党にフォローの選挙だったと言える。
だから、両方の選挙区で自民党が勝ってもさほど驚くことではない。

ただね。。。
この選挙結果が「純ちゃんへの信任」と受け取られるのはイヤなのよね。

流石に、純ちゃん自身は「郵政改革への信任だとは思っていない」と言っていたけど、周りはそう捉えている節があるし、郵政民営化反対派には純ちゃん引き摺り下ろしへの大義名分を作る事は出来なかったものね。

今国会に提案される「郵政民営化案」なんて、ちっとも「案」とは言えない。
そもそも郵政を民営化しようとした最初は、財政投融資への資金供給源を絶つ事だったんだじゃないの?
今出ている法案を読むと、何となく“絶つ”には至っていないような。。。
財政投融資の資金源を断たないと、民営化というか、郵政改革の意味がないやん。
郵便事業や保険業務なんて誰がやってもいい。
完全売却か、持ち株保持かなんて意味を成さない。
民営化が意味を持つのは、その資金が“財政投融資”に振り向けられないようになる事。
その部分を玉虫色にしたら、信任も不信任もないでしょう!

静香ちゃんなんて、郵貯や簡保を保持する事で、“財政投融資”という“財布”を残しておきたいといっていた。
静香ちゃんったらおバカさんだからテレビで本音を言っちゃったけど、本来、それが財政を壊している元凶。
本当は静香ちゃんにも引退いただかないといけないんだけどね(^^;

こんな民営化じゃ、単に赤字の年金を共済年金から厚生年金に移すだけで、公務員以外の国民にはメリットが無い。
赤字年金の補填を強いられるならデメリットの方が大きいかもしれない。
その辺だって、全く話題に乗らないのは、隠蔽?


自民党の法案化が選挙に間に合わなかったと言うだけでなく、福岡西南地震も純ちゃんには追い風になった。
中越に比べマスコミの扱いも少ない福岡が、被災地として地元に復興の“カネ”を持ってこられるのって、新人君じゃなくて、自民党でも党首の側近と言われる人の方が確実だものね。
そして、中国で反日デモが表面化して、日本国内でナショナリズムが台頭してきている時期。
今見えているニューリーダーの中では晋三君以外は明確な“反中/タカ派”ではないものね。。。
対して、純ちゃんは、今は明確にはいわないものの、かつては明確な“反中・タカ派”だし、側近を見ても比較的タカ派が多い。
消去法であっても、結果として純ちゃんが残りそうな情勢。
やっぱり、純ちゃんって運が強い?

ん?
中国のデモって、純ちゃんに配慮したものだった?(苦笑)

意図はもしかして?。。。(苦笑)

一昨日なんだかまとまりの無い文書を書きながら、眠かったこともあって日記は“公開”せずに更新した。
その日記を、昨日の昼休みに会社で更新している最中に見かけた新聞記事で、純ちゃんがアジア・アフリカ首脳会合で“お詫び”を言ったと知った。

う~ん。
どうなんでしょう?

内容的には、村山トンちゃんの談話を踏襲したもの。
でもねぇ。。。
トンちゃんは中国政府傀儡だった社会党の党首だった。
そんなトンちゃんが言う言葉と、自民党の党首である純ちゃんが言う言葉では、その意味も重みも違ってくると思うのだけど。。。

アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ

50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前で、我が国は、平和国家として、国家発展に努める決意を表明しましたが、現在も、この50年前の志にいささかの揺るぎもありません。
 我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、我が国は第二次世界大戦後一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力に依らず平和的に解決するとの立場を堅持しています。今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることを、改めて表明します。


演説の全文をよく読むと、日本の植民地支配について述べた部分は、1/5にも満たない。
時期と相手が違えば、そう問題になることもないような演説なのかもしれない。
でも、この時期、この場で、自民党の首相が言うことなのかな。。。?


日本は、第2次世界大戦中、アジア諸国に植民地を持った。
それは間違いない。
それを否定するつもりは全く無い。

そのアジアのいくつかの国々は、当時既に他の大国の植民地だった。
アジアにはフランスやイギリス、オランダ、ポルトガルなどの植民地だった土地は多い。
日本の植民地支配を非難する中国だって、第2次世界大戦以前は、ヨーロッパ列強の草刈場だった。
でも、日本の植民地支配が、彼の国々と決定的に違うのは、“搾取”をしなかった事。
純粋に“日本の領地”の一部として、日本でするのと同じようにインフラの整備を行い、子供の教育を行った。
侵略と言われればそれまでだけど、日本は、日本の国民にするのと同じように植民地とした国々に接していた。
植民地となっていた国には、その時代を“よき時代”という国さえある。

ただ、中国や朝鮮は、欧米諸国ならともかく、伝統的に従属国であった日本の支配を受けるのは下克上にあったかのようで我慢がならなかっただけ。
彼らのプライドが傷ついた事は解るけど、欧米の列強に追いつけ追い越せで国力を蓄えてきた日本という国に対する現状分析が出来て居なかった彼らの政府にも責任は充分ある。

それにしてもね。。。
長くヨーロッパ諸国に植民地支配され、搾取されていたアフリカやアジア諸国の前で、植民地支配について謝罪するってどうなの?
それって、フランスやイギリス、アメリカの過去の政策を否定する事にならない?
それって、アフリカ諸国に過去の痛みを思い出させる事にならない?
純ちゃんが、どういう“目先の利益”に飛びついてこの演説をしたのかは判らないけど、国連安保理の常任理事国入りの前に、現安保理諸国を敵に回すような発言をし、日本の常任理事国入りを後押ししてくれる国々の前で「日本はかつて悪いことをした」言うのは、決して得策だとは思わないけどなぁ。

それにさ、この演説って、日本は戦争に負けた事をトラウマに、(国を守る事すら放棄し)他国から軍事力を持って攻撃されても戦争をしない腰抜けた国ですといっているようにも見える。
って、裏読みしすぎ?(^^;
でも、紛争解決手段として、国連軍への参加が義務付けられる立場になろうとするには、なんとも不安な国に見えない?


ん?
もしかして、純ちゃん、常任理事国入りしたくなったのかしら?(笑)
だったら、解らなくも無いわね。

そういえば、Yahooのヘッドラインでは、この記事を伝える次の記事が「国会議員の靖国参拝」だった。
国家議員の靖国参拝が、純ちゃんの“謝罪”に抗議・反対するものなのか、純ちゃんの「それでも靖国には参る」の意思表示なのか。。。
っていうか、純ちゃんって、きっと何も考えてないよね。。。(^^;

Continue reading

意図はもしかして?。。。(苦笑)

一昨日なんだかまとまりの無い文書を書きながら、眠かったこともあって日記は“公開”せずに更新した。
その日記を、昨日の昼休みに会社で更新している最中に見かけた新聞記事で、純ちゃんがアジア・アフリカ首脳会合で“お詫び”を言ったと知った。

う~ん。
どうなんでしょう?

内容的には、村山トンちゃんの談話を踏襲したもの。
でもねぇ。。。
トンちゃんは中国政府傀儡だった社会党の党首だった。
そんなトンちゃんが言う言葉と、自民党の党首である純ちゃんが言う言葉では、その意味も重みも違ってくると思うのだけど。。。

アジア・アフリカ首脳会議における小泉総理大臣スピーチ

50年前、バンドンに集まったアジア・アフリカ諸国の前で、我が国は、平和国家として、国家発展に努める決意を表明しましたが、現在も、この50年前の志にいささかの揺るぎもありません。
 我が国は、かつて植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。こうした歴史の事実を謙虚に受けとめ、痛切なる反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、我が国は第二次世界大戦後一貫して、経済大国になっても軍事大国にはならず、いかなる問題も、武力に依らず平和的に解決するとの立場を堅持しています。今後とも、世界の国々との信頼関係を大切にして、世界の平和と繁栄に貢献していく決意であることを、改めて表明します。


演説の全文をよく読むと、日本の植民地支配について述べた部分は、1/5にも満たない。
時期と相手が違えば、そう問題になることもないような演説なのかもしれない。
でも、この時期、この場で、自民党の首相が言うことなのかな。。。?


日本は、第2次世界大戦中、アジア諸国に植民地を持った。
それは間違いない。
それを否定するつもりは全く無い。

そのアジアのいくつかの国々は、当時既に他の大国の植民地だった。
アジアにはフランスやイギリス、オランダ、ポルトガルなどの植民地だった土地は多い。
日本の植民地支配を非難する中国だって、第2次世界大戦以前は、ヨーロッパ列強の草刈場だった。
でも、日本の植民地支配が、彼の国々と決定的に違うのは、“搾取”をしなかった事。
純粋に“日本の領地”の一部として、日本でするのと同じようにインフラの整備を行い、子供の教育を行った。
侵略と言われればそれまでだけど、日本は、日本の国民にするのと同じように植民地とした国々に接していた。
植民地となっていた国には、その時代を“よき時代”という国さえある。

ただ、中国や朝鮮は、欧米諸国ならともかく、伝統的に従属国であった日本の支配を受けるのは下克上にあったかのようで我慢がならなかっただけ。
彼らのプライドが傷ついた事は解るけど、欧米の列強に追いつけ追い越せで国力を蓄えてきた日本という国に対する現状分析が出来て居なかった彼らの政府にも責任は充分ある。

それにしてもね。。。
長くヨーロッパ諸国に植民地支配され、搾取されていたアフリカやアジア諸国の前で、植民地支配について謝罪するってどうなの?
それって、フランスやイギリス、アメリカの過去の政策を否定する事にならない?
それって、アフリカ諸国に過去の痛みを思い出させる事にならない?
純ちゃんが、どういう“目先の利益”に飛びついてこの演説をしたのかは判らないけど、国連安保理の常任理事国入りの前に、現安保理諸国を敵に回すような発言をし、日本の常任理事国入りを後押ししてくれる国々の前で「日本はかつて悪いことをした」言うのは、決して得策だとは思わないけどなぁ。

それにさ、この演説って、日本は戦争に負けた事をトラウマに、(国を守る事すら放棄し)他国から軍事力を持って攻撃されても戦争をしない腰抜けた国ですといっているようにも見える。
って、裏読みしすぎ?(^^;
でも、紛争解決手段として、国連軍への参加が義務付けられる立場になろうとするには、なんとも不安な国に見えない?


ん?
もしかして、純ちゃん、常任理事国入りしたくなったのかしら?(笑)
だったら、解らなくも無いわね。

そういえば、Yahooのヘッドラインでは、この記事を伝える次の記事が「国会議員の靖国参拝」だった。
国家議員の靖国参拝が、純ちゃんの“謝罪”に抗議・反対するものなのか、純ちゃんの「それでも靖国には参る」の意思表示なのか。。。
っていうか、純ちゃんって、きっと何も考えてないよね。。。(^^;

Continue reading

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top