Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

政府の形をなしているとは思えないけど。。。

中国での反日デモを見ると、中国政府はもはや政府として国民を統治する力を失ったと思う。
論文だったら「思わざるを得ない」と書くんだけどね(笑)

中国政府がどの程度本気で国内にメッセージを送ったのか解らない。
でも、少なくとも、海外向けには、「無届けのデモは認めないし、法に則って責任追求する」とメッセージを発した。
これは多分海外向けのポーズだろうとは思うけど、そう宣言したのなら、海外諸国が“無法”と感じるようなデモが起きたことは、政府が人民をコントロールできていないことを証明する結果に外なら無い。

日本のニュースを見ていると、「政府はデモの自粛を呼びかけたが、公安当局は無視」といっていた。
それが本当なら、はっきり言って中国は無政府状態。
政府にはもはや権威も権力も無いと言うこと。

どのような取り方をしても、今回のデモは中国政府には良い結果にならない。
今は日本に向いているその不満も、中国政府が日本に対して実効的効果を上げられないとみたら、その不満は中国政府に跳ね返ってくる。


既に、海外のメディアでは中国に対して、「第2次世界大戦における日本の振る舞いに関して“嘘”の歴史教育をする中国」と非難する国がいくつか出ている。
アメリカ、イギリスの全国紙(?)が日本に対してではなく中国に対して「嘘の歴史を教えている事を認めて」、「立て直すべき」と言っているのは、国連の安保理問題に絡んで考えても興味深い。
というか、「中国、立場無し」って感じよね。

国連の常任理事国入りに関しては、私は基本反対。
せっかく、町村さんが中国に行くなら、
「憲法違反になるので、日本は常任理事国入りはしない。」
「国連の納付金は、常任理事国など、その責任の軽重によって負担すべき。」
と言ってくればよいと思っている。

安保理の常任理事国入りに反対している人だけでなく、中国人や韓国人の多くは、日本が“平和”憲法によって、国際紛争を解決する手段としての交戦権を放棄している事をしらない。
だから、日本国内では“軍隊”と認められない自衛隊に対しても、中国や韓国は極端な反応をする。
(ちゃんと情報が行き届いている台湾やマレーシアなんかではそんなことないのにね。)
自衛隊は、中国や韓国が日本を侵略しなければ、(尖閣諸島や竹島を不法に侵略している現状では説得力ない? 汗)中国や韓国相手に攻撃する力にはなりえないと、正確に説明し、広報するべき。
まぁ、政府が政策として日本が平和国家であることが困るのだから、そんな広報活動は撥ねられるだろうけどね。
ただ、日本が現実には、(病的なほどの)平和国家であって中国や韓国には害がないばかりか、実際問題として、中国国民や韓国国民に害がないのが不満なのは両国政府だとはっきり表明する必要があるよね。
これ以上、“加害者”扱いされる“被害”はごめんだよね。


納付金に関しては、アメリカも不満があるようだけど。。。
国連の必要経費の8割は、安保理の常任理事国(現在は5カ国)が均等に分担する事を提案してみれば?
多分、アメリカは負担が変わらないから賛成するんじゃないの?
それどころか、負担が減るならと、常任理事国の拡大にもっと懸命になるかもしれない。
そして、ロシアもね。

さて、中国はどうする?
ドイツが入るのはいいけど日本が入るのは嫌?
それもいいでしょう。
本来、平和憲法をもって交戦権を持たない国が、国際紛争に積極的に関与しなければならない立場になる国連安保理の理事になるのはおかしい。
だから、中国が反対してくれれば、国内的にも納得できる結論がでるのでは?
日本だって、経済的な負担が大きい割りに国連内での責任が軽いのが不満で常任理事国入りを志向したのだから、責任が軽い代わりに経済的負担も少なければ納得性があるというもの。

中国は経済負担が大きくなって不満かもしれないけど、それは“大国”の責任。
そんな“大国”は日本からのODAも最早必要はないでしょう。
それで、中国が経済的に困っても、それは日本の責任ではないよね。
中国が、半世紀以上もの間成長していない責任は中国自身がとればいいでしょ。
国内統治すらできない国が、国際社会のルールを守れない国が、どの程度国際社会での責任を負えるのかわからないけど、その負担を“少しでも軽くしてあげよう”という日本の好意(?)を踏みにじったのだから、その責任は中国政府、中国の指導部にあるよね。
今度こそ、政府がひっくり返る結果にならなきゃいいね。

挑発したのはどっち?

中国問題に関しては、書きたい事が山ほど。
週末に時間を作れれば書こうかしら。
長文を書いて、以下に短く削るのかの作業に時間がかかりそうだから。。。

って、私の日記を読んで“長文”と感じる人は多いと思う。
でも、これでも、書きたいことをたくさん書いて、削って、削る。
で、時々、削れ忘れの文字が残っていて、ヘンな文章になってしまうのよね。。。
(って、一応、言い訳 笑)


今日は、

日本のガス田試掘権手続き、中国「重大な挑発」

 【北京=佐伯聡士】日本政府が東シナ海の日本と中国との排他的経済水域(EEZ)の境界線(日中中間線)付近で、日本の民間開発業者に、天然ガス田の試掘権を与える手続きを始めたと発表したことについて、中国外務省の秦剛・副報道局長は14日、「中国の権益と国際関係のルールに対する重大な挑発だ」と非難する談話を発表し、日本側に抗議したことを明らかにした。

 談話はまた、「中国側はさらなる反応を示す権利を留保する」として、日本側の出方を見ながら対応する構えを示している。

 談話は「中日双方には東シナ海の大陸棚の境界問題で係争があり、中国側は一貫して双方が外交交渉を通じて解決すべきだと主張してきた」と強調。その上で、「日本側は中国側の正当な主張を無視し、一方的に主張する『中間線』を中国側に無理に押しつけようとしている」として、日本側の主張を「中国は承認したこともないし、承認するつもりもない」と述べた。

 ガス田をめぐっては、日本側が地下構造のデータ提供と開発中止を求めているのに対して、中国側はこれに答えず、日本との共同開発を主張していた。
(読売新聞) - 4月14日11時0分更新

こんな記事に反応してしまった。
だって、挑発しているのはどっち?って感じでしょう?

中国が油田の試掘をする前から、日本と中国でこの海域の領有権問題が存在していた。
領有権問題があるからこそ、日本はしたいこと(=調査)もせずに、置いていた。
そこに中国が領有権を主張して調査を始め、グレーラインの存在を認めつつも調査結果を公表しない。
となれば、中国がその海域にどんなメリットを見出しているのか、いやそもそも日本としても資源がどのくらいあるのかを知る必要は当然あるでしょう。
いや、知るべきだ。
となると、日本だって当然調査にのりださなきゃね。
今までおっとりしていたからといって、何も黙認していた訳ではない。
あまりに中国が図に乗るから、“今まで黙っていたけど。。。”と言わざるをいけなくなった。
言わせたのは中国だからね。
挑発したのは、中国だからね!!!


中国が、自国の“権利”だと思っている事は日本にも当然権利があって、それの日本の権利を中国が認めないなら同じように日本も中国に対して認めない。
それは、領土・境界紛争のある地域、国家間ではいたし方の無い認識のずれだと思う。
でも、中国が、「そもそも領土問題はない」というなら、中国が“侵略”している地域から即刻出て行ってもらいたい。
少なくとも、日本が領有権を主張している地域に中国も領有権を主張するなら、そこは紛争地域。
それを認めないなら自分が退却すべき。
自らが退却しないのであれば紛争地域であることを認めるべきで、それを認めないのであれば強制侵略とみなすよ。


しかし、経済水域200海里問題って厄介だね。
私が子供の頃の海域だったら、日本はロシアとの北方4島以外の領土問題は無かったのにね。。。
“200海里”という単位を云々するつもりはないけど、陸地で資源を食い尽くした人類って、後は海に頼るしかないものね。。。
海洋資源に頼りたいから作った経済水域の200海里基準。
それが新たな火種になったなんて、なんて皮肉な結果なんだろうね。。。

続きは、後日。
もう少し頭がはっきりしているときに。。。(^^;

責任は問われ続ける

中国の反日デモに関する新聞記事をクリッピングしていたら、こんな記事を見かけた。

中国銀行事件はテロと非難 中国外務省副報道局長見

 【北京12日共同】中国外務省の秦剛副報道局長は12日の定例会見で、中国銀行横浜支店が入居する横浜市中区のビルの窓ガラスが壊された事件について「テロ行為だ」と非難した。
 この事件では、中国各地で反日デモが相次いだ直後の10日、同ビルの玄関ガラス数枚にひびが入り、近くに金属製の球10数個が落ちているのが見つかった。反日デモに反発した嫌がらせとみられている。
 一方、在日中国大使館は12日、日本政府に対して同日までに、中国系施設と日本在住中国人の安全確保のため、適切な措置を取るよう申し入れたことを明らかにした。
(共同通信) - 4月12日21時29分更新

記事が共同通信のものだと言うことは置いといて。。。

“もしもし?”と言いたくなるような、中国外務省の談話。
同じ口で、政府が先導するデモによる日本大使館の損壊や日本人留学生に対する暴力沙汰を“人民が起こしたもの(で政府には責任はない)”と言ったんじゃないの?
中国は、“人民”を盾にして中国在住の日本人の安全確保を放棄した時点で、日本在住の中国人の安全確保も放棄したのかと思ってたわ。
自分は犯罪を犯すけど他国は自分に対しては犯罪を犯してはいけないと、手前勝手な論理は通用しないよ。
規模と、その性格は、中国側が為したものの方がよっぽど悪質で、まさしく“テロ”行為。
少なくとも自分がしていることの是非と悪質さを認めない国が、他国の“戦争”責任なんて言える資格はないし、平時と戦時では、その行為の性質も悪質さも全く尺度が違って、平時の方がよっぽど悪質なんだよ。

中国には、日本からだけでなく、“西側”諸国からも、北京オリンピックへの不安が言われたでしょう?
それは、中国が国家として君たちの言う“テロ”行為を支援しているとか、黙認していると“西側”諸国が認めたと言うこと。
その責任を日本に転嫁しようと思っても、既に、中国はその恥を国際社会に晒したのよね。
自覚はないだろうけど、少しは自覚した方がいいと思うわ。


電話やメールで営業妨害 中国、反日行動呼び掛け

 【北京13日共同】反日機運が高まる中国で、若者らが電話やインターネットを使った日本企業の営業妨害を呼び掛けるなど、反日行動に乗り出した。
 「在中国の日系企業のフリーダイヤルに電話をかけまくり、大損させてやろう」。北京大学関連のウェブサイトの掲示板にこのほど、日本企業へのこんな嫌がらせ方法が紹介された。
 掲示板への書き込みは、日本を代表する大手家電メーカーの支店などのフリーダイヤル番号を列挙。中国人13億人が毎日1回かけるよう呼び掛けており、電話がつながった瞬間に切るだけで効果があるとしている。
 また一部の学生の間では、不特定多数にあてた「5月1日から日本製品の不買運動を始める」との内容のチェーンメールがやりとりされている。「このメールを友人20人に送ってほしい」としており、ねずみ算式にメール発信者を増やし、不買運動での成果を狙っている。
(共同通信) - 4月13日6時25分更新


これねぇ。。。
グリーンピースが良く使う手。
アメリカのイラク攻撃に反対して、(業務妨害の為に)アメリカの大統領府に大量メールを送り付けようだとか、FAXを送り付けようだとか。。。
中国での法律には詳しくないから在中企業に対する行為についての法的措置についてはなんともいけないけど、日本では“業務妨害”で犯罪行為なんだよね。
だから、仮に日本人が中国系企業に同じことをしたら“犯罪”になる。
(グリーンピースって、こういった“違法”行為を善意の人に煽動するのが気に入らないのよね。。。)

あとよくあるのが、不買運動ね。
個人的に、中国からの輸入品は極力買わないようにしているけど、それは組織だって運動すると天に唾してしまう。

中国の反日サイト“反省” 「デモ予想外の暴走」

 ◆狙いと結果


 掲示板の内容などを総合すると、デモの目的は、反日サイトが展開する日本の国連安全保障理事会常任理事国入りの反対署名と連動させ、メディアを使って国内外にアピールすることだった。

 中国当局が当初、デモを許可したのも、この狙いに対するデモの効果を認めたためと思われる。

 ただ、思わぬデモの暴走は中国のカントリーリスクも露呈した。強国論壇には「(デモによる反日機運の高まりで)中日合資企業が破産すれば、何万もの出稼ぎ農民が餓死する」と日中経済関係の深さを指摘する書き込みもあった。

 連合会サイト掲示板は「大規模反日抗議活動が政府に対する突然の攻撃となってはならない。でなければ、結果は制御が難しくなる」と、内政攻撃、社会不安を招くことに強い懸念を示している。

【2005/04/13 東京朝刊から】

不買運動も結構だけど、それが効果を出す前に、自国にある企業が立ち行かなくなるよ。
そうなれば、雇用不安と言う様な形で自国にその“被害”が及ぶ。
お子チャマ国家中国は、それらも含めてすべて「日本が悪い」と言うのだろうけど、そのうち民衆もそんな詭弁には気づいてしまうよ。

先ず諸外国に「中国はリスクのある国」と思わせて、次に国内に「すべては中国政府の洗脳によるもの」と思わせる。
時間はかかっても、天に向かって放った唾は自分に落ちるんだよね。
その頃には、今の中国の指導者は居ないから良いつもりなんだろうね。
後は野となれ山となれ?
残された中国人民が哀れだね。


それにしても、今回の反日・抗日デモは国内向けには殆ど報道されていないらしい。
都市部の一部の“暇人”が行った行動で“中国人”と13億人が括られるのは納得行かないかもしれないけど、それもこれもそんな指導者を容認している“人民”の己が責任だよね。
日本だって、(中国を含む)列強に経済封鎖されて、己が生きる為にとった行動(第2次世界大戦)の責任を問われ続けているのだから、中国だって、例え食べられなくなっても、現政府を担いでいる責任は未来永劫問われるのだと覚悟した方がいい。
後で、「望まなかった政府」という言い訳は効かないのだから。

“民衆の意思”を盾 そして、仏の顔も3度まで

土曜日からの鼻風邪がとうとう昨日には熱出しになってしまった。。。
そんな熱も吹っ飛びそうなニュース。

デモは日本政府への不満 中国外務省が会見

【北京12日共同】中国外務省の秦剛・副報道局長は12日の定例会見で、中国国内で相次いだ反日デモについて「日本人に対してではなく、日本政府の歴史問題に対する誤った態度について不満を表したものだ」と言明。「いまの(日中の)局面は、日本側に原因がある」とあらためて強調し、日本側がデモ隊の投石で大使館などが受けた被害への賠償請求を求めていることについても「日本側の要求には留意している」と述べるにとどめ、陳謝は避けた。
 一方、PTI通信によると、インド訪問中の温家宝首相は12日、中国国内で反日デモが相次いだことを受けて「アジアの人々の強い(拒否)反応を受け、日本政府は深く反省するはずだ」と述べ、日本政府に歴史問題での対応を改めるよう求めた。
(共同通信) - 4月12日20時43分更新

ニュースそのものは日曜日から知っていた内容だけど、こんなコメントを日曜日に続き2度も発表するなんて、中国はいよいよ“壊れた”と言うしかないのか。。。
中国の外務省は、日本政府が「中国政府の歴史捏造に対する不満を表したものだ」といえば、日本の右翼が中国大使館に対して器物損壊するような襲撃をしても、それを素直に受け入れるのかね。
だったら、日本の警察は、中国大使館に対するデモや器物損壊に対しては、今後何ら取り締まる必要ないね。

っていうか。。。
中国って、政治集会などが異様に規制されている国。
日本の様な言論が自由な国に居る人は、中国でもインターネットで知識人が色々な意見や世界情勢を知っていると思っているようだけど、飛んでもない。
中国は、インターネットの閲覧でさえ規制されていて、政府の意向に反するサイトは見られないばかりか、反政府、反体制の意見はBBSなどによる意見交換なども出来ない。
第一、例え旅行者であっても、ネットカフェなど、中国のプロバイダを通すと見られないサイトが多いのよね。
それは北朝鮮に劣らないんじゃないかなぁ。。。
(って、北朝鮮じゃ、ネットそのものの普及度に問題があるけど。。。)

もっとも、比較的自由に海外に出ている経済人(?)などは、世界情勢を知る機会は多いだろうし、知る術ももっていると思うよ。
だから今回のデモなんかも、経済人と思われるような人は居なくて、参加者の多くは学生で、“インターネットは使えるけど、中国国内から出たことのない”という人が多いようだよね。
まぁ、経済人だったら、日本との取引が出来ない方が損害が大きいから“反日”や“抗日”なんて言っていられないよね。
自分の首を絞める結果になるものね。

それにしても。。。
不思議に思ったのは、北京の日本大使館で、中国の公安が「此処は中国なのだから中国の法律に従え」と怒鳴った事。
大使館の敷地内は、その大使館の属する国が主権を持っている。
だから、北京であっても、日本大使館であれば日本に主権があって、中国の法律より日本の国家の意思が尊重されなければならない。
中国って、そんな基本的な事も知らない国?
だったら、日本も中国に対しては、そんな“野蛮な”“低文化の国家”というように対応しないとね。

先ずは、北京には、正式な日本の大使館は置けない。
中国(中華人民共和国)には日本人も多く出入りしているから、外務省の出張所は必要。
北京の現大使館は、“正式な”大使館ではなく、そういった出張の一つとする?
そう、日本の「“中国”に於ける正式な大使館は台北に置く」とでも言ってみれば?
その心は、「中華人民共和国を“政府”として認めない」って事だから、中華人民共和国に喧嘩を売ることなんだけどね(笑)
中華人民共和国は反発するかもしれないけど、中華人民共和国としては中華民国も含めて“中国”、一つの国家なのでしょう?
だったら、別に大使館を首都におく必要もないし、日本の大使館が大使館としての“主権”を保てる場所に置くのはそれなりの正当性があると思うけどね(笑)


話は戻るが、中国では政治集会やデモは出来ない。
それなのに、今回、あんなに大規模なデモが出来て、器物損壊が多々あって、それでも一人の逮捕者も出ない。
それって、政府が“容認”ではなく、“主催”した結果でしょう。
政府の“煽動”と“先導”、“主導”が無ければ成し得ない。
中国政府が煽動・先導・主導しているのなら、それは主催とも言い、中国政府も同罪だよね。

さて、そんな、政府が率先して特定の国の大使館や一般企業、そして旅行者や留学生を排除したり危害を加える国というのは、オリンピックや万博を主催する“資格”はあるのだろうか?

我々日本人としては、先ずは、オリンピック委員会に、北京での開催阻止を訴えましょうか?
そして、その次は、上海万博に出展する予定の国に、出展する事の“危険性”を訴えましょう。
勿論、こんな“目には目を、歯に歯を”なんて事は、“国家”としては表立って出来ないけど、個人レベル、民衆レベルの運動なら中国政府ももはや文句は言えないでしょう。
(っていうか、個人的には中華人民共和国を“国家”として認めず、“中華民国”を国家とするほうが簡単だと思うけど、これも国家レベルじゃ難しいものね。。。)


これは友達の日記からの拝借なのだけど
 ★上海の国際空港・・・4百億円のODA
 ★武漢の天河空港・・・63億円のODA
 ★火力発電所と港湾インフラが建設された上海宝山製鉄所・・・310億円ODA
 ★南京母子保健センター・・・21億円のODA
 ★北京市の地下鉄・・・二百億円のODA
 ★広州国際空港・・・約300億の日本の国際協力銀行の公的援助資金
 などなど・・・。(日本から中国への経済援助は年間2千億円、総額で3兆円以上)
この一括返還を求める市民運動でもしてみます?

日本って、中国より言論の自由がある。
だからこそまとまりきれない部分もあるけど、だからこそ偏る言論も出来る国。
中国があくまで“民衆の意思”を盾にするなら、日本だってより強固な“民衆の盾”は出来るのよ。
ある部分、中国の民度の低さに我慢している人たちだって、我慢できない時もいずれ来る。
いくら“宗教”を認めない中国だって、“仏の顔も3度まで”という言葉を聞いた事ぐらいあるでしょう?

“民衆の意思”を盾 そして、仏の顔も3度まで

土曜日からの鼻風邪がとうとう昨日には熱出しになってしまった。。。
そんな熱も吹っ飛びそうなニュース。

デモは日本政府への不満 中国外務省が会見

【北京12日共同】中国外務省の秦剛・副報道局長は12日の定例会見で、中国国内で相次いだ反日デモについて「日本人に対してではなく、日本政府の歴史問題に対する誤った態度について不満を表したものだ」と言明。「いまの(日中の)局面は、日本側に原因がある」とあらためて強調し、日本側がデモ隊の投石で大使館などが受けた被害への賠償請求を求めていることについても「日本側の要求には留意している」と述べるにとどめ、陳謝は避けた。
 一方、PTI通信によると、インド訪問中の温家宝首相は12日、中国国内で反日デモが相次いだことを受けて「アジアの人々の強い(拒否)反応を受け、日本政府は深く反省するはずだ」と述べ、日本政府に歴史問題での対応を改めるよう求めた。
(共同通信) - 4月12日20時43分更新

ニュースそのものは日曜日から知っていた内容だけど、こんなコメントを日曜日に続き2度も発表するなんて、中国はいよいよ“壊れた”と言うしかないのか。。。
中国の外務省は、日本政府が「中国政府の歴史捏造に対する不満を表したものだ」といえば、日本の右翼が中国大使館に対して器物損壊するような襲撃をしても、それを素直に受け入れるのかね。
だったら、日本の警察は、中国大使館に対するデモや器物損壊に対しては、今後何ら取り締まる必要ないね。

っていうか。。。
中国って、政治集会などが異様に規制されている国。
日本の様な言論が自由な国に居る人は、中国でもインターネットで知識人が色々な意見や世界情勢を知っていると思っているようだけど、飛んでもない。
中国は、インターネットの閲覧でさえ規制されていて、政府の意向に反するサイトは見られないばかりか、反政府、反体制の意見はBBSなどによる意見交換なども出来ない。
第一、例え旅行者であっても、ネットカフェなど、中国のプロバイダを通すと見られないサイトが多いのよね。
それは北朝鮮に劣らないんじゃないかなぁ。。。
(って、北朝鮮じゃ、ネットそのものの普及度に問題があるけど。。。)

もっとも、比較的自由に海外に出ている経済人(?)などは、世界情勢を知る機会は多いだろうし、知る術ももっていると思うよ。
だから今回のデモなんかも、経済人と思われるような人は居なくて、参加者の多くは学生で、“インターネットは使えるけど、中国国内から出たことのない”という人が多いようだよね。
まぁ、経済人だったら、日本との取引が出来ない方が損害が大きいから“反日”や“抗日”なんて言っていられないよね。
自分の首を絞める結果になるものね。

それにしても。。。
不思議に思ったのは、北京の日本大使館で、中国の公安が「此処は中国なのだから中国の法律に従え」と怒鳴った事。
大使館の敷地内は、その大使館の属する国が主権を持っている。
だから、北京であっても、日本大使館であれば日本に主権があって、中国の法律より日本の国家の意思が尊重されなければならない。
中国って、そんな基本的な事も知らない国?
だったら、日本も中国に対しては、そんな“野蛮な”“低文化の国家”というように対応しないとね。

先ずは、北京には、正式な日本の大使館は置けない。
中国(中華人民共和国)には日本人も多く出入りしているから、外務省の出張所は必要。
北京の現大使館は、“正式な”大使館ではなく、そういった出張の一つとする?
そう、日本の「“中国”に於ける正式な大使館は台北に置く」とでも言ってみれば?
その心は、「中華人民共和国を“政府”として認めない」って事だから、中華人民共和国に喧嘩を売ることなんだけどね(笑)
中華人民共和国は反発するかもしれないけど、中華人民共和国としては中華民国も含めて“中国”、一つの国家なのでしょう?
だったら、別に大使館を首都におく必要もないし、日本の大使館が大使館としての“主権”を保てる場所に置くのはそれなりの正当性があると思うけどね(笑)


話は戻るが、中国では政治集会やデモは出来ない。
それなのに、今回、あんなに大規模なデモが出来て、器物損壊が多々あって、それでも一人の逮捕者も出ない。
それって、政府が“容認”ではなく、“主催”した結果でしょう。
政府の“煽動”と“先導”、“主導”が無ければ成し得ない。
中国政府が煽動・先導・主導しているのなら、それは主催とも言い、中国政府も同罪だよね。

さて、そんな、政府が率先して特定の国の大使館や一般企業、そして旅行者や留学生を排除したり危害を加える国というのは、オリンピックや万博を主催する“資格”はあるのだろうか?

我々日本人としては、先ずは、オリンピック委員会に、北京での開催阻止を訴えましょうか?
そして、その次は、上海万博に出展する予定の国に、出展する事の“危険性”を訴えましょう。
勿論、こんな“目には目を、歯に歯を”なんて事は、“国家”としては表立って出来ないけど、個人レベル、民衆レベルの運動なら中国政府ももはや文句は言えないでしょう。
(っていうか、個人的には中華人民共和国を“国家”として認めず、“中華民国”を国家とするほうが簡単だと思うけど、これも国家レベルじゃ難しいものね。。。)


これは友達の日記からの拝借なのだけど
 ★上海の国際空港・・・4百億円のODA
 ★武漢の天河空港・・・63億円のODA
 ★火力発電所と港湾インフラが建設された上海宝山製鉄所・・・310億円ODA
 ★南京母子保健センター・・・21億円のODA
 ★北京市の地下鉄・・・二百億円のODA
 ★広州国際空港・・・約300億の日本の国際協力銀行の公的援助資金
 などなど・・・。(日本から中国への経済援助は年間2千億円、総額で3兆円以上)
この一括返還を求める市民運動でもしてみます?

日本って、中国より言論の自由がある。
だからこそまとまりきれない部分もあるけど、だからこそ偏る言論も出来る国。
中国があくまで“民衆の意思”を盾にするなら、日本だってより強固な“民衆の盾”は出来るのよ。
ある部分、中国の民度の低さに我慢している人たちだって、我慢できない時もいずれ来る。
いくら“宗教”を認めない中国だって、“仏の顔も3度まで”という言葉を聞いた事ぐらいあるでしょう?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top