Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

提灯持ち具合が気味が悪い(^^;

こんな話が今更話題になるのは、マスコミの怠慢でしょう(笑)
美人の候補者を“政界の井上和香”と持ち上げたせいで、選挙中に言うことが出来なかったと言う訳ではないでしょう(苦笑)


「小沢ガールズ」次々驚愕の過去 民主党本部は困惑の様子

9月9日21時15分配信 J-CASTニュース

 衆院選当選の民主党・田中美絵子氏(33)に、コスプレ風俗ライターなど異色の過去が次々に明らかになっている。旋風を起こした「小沢ガールズ」に、早くも「バッシング」が出た形だ。同党本部は、困惑した様子で、「コメントはお断りしています」と言うのみだ。

■田中美絵子氏は、コスプレ風俗ライターをしていた
 30代、40代の女性たちを「ガールズ」と呼ぶのに、違和感を持つ向きもあるだろう。しかし、センセイ初体験の新人を思い浮かべ、「チルドレン」の女性たちと考えれば、しっくりくるかもしれない。
 逆に言えば、党執行部にとっては、把握するのが大変だということだ。今回の総選挙でも、相次いで当選した民主党の「小沢ガールズ」に、執行部が知らなかったかもしれないゴシップが次々に出てきている。
 そのうちの一人の田中美絵子氏(石川2区で落選、比例復活)は、当選後早々と、コスプレ風俗ライターの異色経歴をフライデーされた。それによると、田中氏は、雑誌「ブブカ」の別冊で、2002年から04年まで、「渋谷有栖(ありす)」のペンネームで連載を持ち、風俗嬢らに突撃インタビューをしていた。自らが売り込んだといい、チアリーダーなどのコスプレ姿で取材という入れ込みようだった。
 それだけではない。09年9月9日発売の週刊文春や週刊新潮によると、江戸川乱歩原作のホラー映画に01年、「菊地美絵子」の芸名で出演。なんと性感マッサージを受ける寡婦役として、バストトップが露わなヌード出演をしていたというのだ。ネット上では、ほかにも異色の過去を指摘する書き込みが出て、騒ぎになっている。公式サイトは、アクセスが集中して、見るのが難しい状態だ。
 小沢ガールズでは、東京12区で当選した青木愛氏(44)が人気バンドのボーカルと学生時代に交際していたと週刊新潮が報じている。新人が大量に当選しただけに、今後さらに意外な事実も出てきそうだ。

■「党としてのコメントはお断りしています」
 小泉チルドレンが大量に生まれた2005年の総選挙では、タイゾー君こと  当時の自民党・杉村太蔵議員が「料亭に早く行ってみたい」と明かして、批判も浴びた。また、民主党でも、07年の参院選後に、横峯良郎議員の不倫や賭けゴルフ疑惑、姫井由美子議員の不倫が発覚して、大騒ぎになっている。
 こうしたことからか、民主党では、今回の総選挙投開票直前に、比例の単独候補に対し、「ゴシップ狙いの取材には対応しないこと」などと当選後のマスコミ対応要領を文書で指示した。また、開票後の2009年9月3日も、野田佳彦幹事長代理が、テレビなどへの出演自粛を求める文書を新人や元職の議員に配っている。
 早くも始まった週刊誌報道に、党本部もピリピリしている様子だ。
 田中美絵子氏の異色経歴について取材すると、民主党の報道担当は、「党としてのコメントはお断りしています」と繰り返すのみ。理由について聞いても、「申し上げかねます。なぜと言われても困ります」と当惑した様子だった。
 田中氏自身は5日、報道機関にFAXを送って、風俗ライターをしていたのは事実とし、「取材スタイル、プロフィール、記事内容などはエンターテインメントとして編集部の方で指定ないし作成されたものです」とコメントしている。これについても、党本部では、「本人が出されたのなら、本人の話」と素っ気なかった。
 田中氏の後援会事務所に取材すると、アルバイトのスタッフが応対し、映画でのヌード出演などについては、こう説明した。
  「本人は、週刊誌の記事をきちんと確認したうえで、近日中に何らかの方法で説明したいと話しています。経歴をなぜ選挙中に知らせなかったのかは、アルバイトなので一切分かりません。本人は、今はお世話になった方へのお礼に集中したいと言っています。しかし、取材をほったらかしも無視もできないので、申し訳ないですが、しばらくお待ちいただいております」
 現在は、参院議員の事務所を間借りしており、本人の事務所も秘書もまだ決まっていない状態だという。

最終更新:9月16日11時35分


そもそも、“仕事を辞める必要がない”(=自由業、または無職)で住民票が取れる(=浮浪者ではない)が民主党の“候補者の条件”なのだから、風俗ライターだろうがAV出演女優だろうが、彼女は民主党の候補者として何の問題も無いでしょう。

他のマスコミ記事では彼女を「(高校は)お嬢様学校を卒業」とあったけど、彼女は地元でも(素行)不良学生が多いと有名なミッション系女子高の出身に過ぎない。
ミッション系というだけで“お嬢様学校”と判断する短絡的なマスコミを今更信用すはる人少ないと思う。
前の選挙でマスコミが持ち上げた千葉7区の太田和美議員と同様に、マスコミは“美人”という“ウケ”だけで持ち上げたに過ぎないのだと思う。
けど、素行不良者が多い学校の出身であれば、彼女が刑罰が軽微な犯罪を犯している1人だったとしても今更驚かないというのが正直な感想。
実際彼女は、議員としては珍しい職歴というだけでなく、(国内ではないけれど)逮捕歴もあるしね。

そんな状況でも、マスコミは民主党の議員であれば過去のどんな職業経験も品格を疑うことはないよね。
寧ろ、不思議な位、肯定的。
まぁ、マスコミにとっては、目玉(民主党一押しの注目)議員について報道することが更なる民主党支援だからね(苦笑)


ただ気味が悪いのは、自民党議員であれば交友している友人の職業でさえバッシングの対象になるのに、民主党であれば“一所懸命に生きてきた証”と持ち上げる事。
職業に貴賎はないとは思うけど、所属政党によって職業や交友関係へ“貴賎のフィルター”をかけるマスコミってオカシイと思う。
民主党とマスコミの蜜月が過ぎた時、マスコミは民主党のこういった候補者選びをどう報道するのだろうか?
それとも、民主党からマスコミへの“利権”が切れないように、マスコミは永遠に民主党の御用スポークスマンに成り下がるのだろうか?

少なくとも、民主党政権下では、マスコミが政治のチェック機能には成りえないのは確かだね。

手足が縛られる連立政権

政治的に芯の無い党首を掲げると、党責任者も大変ね。


岡田幹事長「鳩山さん発言、引用しない方が」

9月9日7時57分配信 産経新聞

 民主党の岡田克也幹事長は8日夜、民主、社民、国民新3党の幹事長級会談後、記者団の「鳩山由紀夫代表が言っている閣僚委員会で合意したか」との質問に対し、「鳩山さん(の発言)は、いろいろなことを言われているので、あまり引用しない方がいいと思いますが…」と述べた。
 鳩山氏は7日、記者団に、党首クラスが入る政府の閣僚委員会とは別に、3党の政策責任者による協議機関について「そういった場も当然、作りますよ」と発言した。
 ただ、3党が政府の外にこのような協議機関をつくると、「政策決定の権限を内閣に一元化する」との民主党の大方針に矛盾するため、岡田氏は鳩山氏の発言に困惑。記者団が「与党の政策責任者による協議機関の話は」とも質問すると「初めからありません」と鳩山氏の発言をあっさり覆した。
 一方、民主党幹部は8日、鳩山政権発足後の同党の最高意思決定機関として、代表、幹事長、参院議員会長、政調会長、国対委員長らによる「民主党首脳会議」設置を検討していることを明らかにした。選挙など党務や国会対策、政策について協議する。

最終更新:9月9日8時29分


それにしても、連立政権というのは難しいね。
そもそも、民主党は党内でも意思決定の一元化が難しく、意思決定機関や意識決定プロセスがマスコミや自民党からのツッコミのネタになりやすいのに、更に閣外に政党間の政策決定機関設置となると、二元どころではなく三元政治となる。
これは、民主党の錦の御旗である“マニフェスト”にも違反することになる。

まぁ、ゆっぴぃの口は風見鶏だから、その場の雰囲気やウケでマニフェスト云々を度外してして何でも言うよ。
それは今に始まった事ではないでしょ?
民主党自身も「マニフェストは選挙向けのもので、選挙が終わったら改定する」と過去に言っていなかった?

そんな民主党の体質を表したに過ぎない発言を(現在の)党幹事長に“口先だけだから”と言われるのはどうなの?
ゆっぴぃは民主党の中で長期“政権”なのか?

自民党の“覇権争い”も何だかなぁ。。。な感じだけど、“頭の軽い”党首を抱いた民主党も50歩100歩な感じだな。

時を読めていない。。。(^_^;

もう、そんな時代じゃないのに。。。


津島派会長に額賀元財務相

9月7日17時47分配信 産経新聞
 自民党津島派(平成研究会)は7日、幹部会を開き、政界引退した津島雄二会長の後任に額賀福志郎元財務相を充てることを決めた。8日の派閥総会で正式決定する。額賀派は衆院14人、参院23人の計37人。

最終更新:9月7日17時47分


せっかく、派閥の領袖が後継者を決めずに辞めたというのに、何故、今更、派閥の長が必要なのだろう?
派閥から総裁候補を出す訳でもないのにね。

だいたい、“派閥”だなんて言っていられる程の議員数でもあるまいし。。。
自民党全党で1会派で充分なんじゃないの?
自分たちの置かれている状況を客観的に見る事すら出来なくなっているのか?






しかしなぁ。。。
額賀君が経世会、田中派の流れを汲む津島派の会長ねぇ。。
自民党も華のある人がいなくなっちゃったね。
まぁ、だから負けたのだけどね。


政治屋に利用される“バカ”の“間違った民意”

買い物に出たスーパーへの途中の路にどんぐりが落ちていた。

どんぐり

街路樹として植えてある椎の木から落ちたもの。
秋だね。。。


ダムをすべからず“ムダ”とするのは、やっぴぃと同じ思考回路だね。
だから、やっぴぃと民主党は会派を組める訳ね。

関西のダム「警戒水位」 民主の「すべて凍結」方針で

9月5日22時37分配信 産経新聞

 政権移行に向けて動き出している民主党が、ダム事業を「すべて凍結」などとしていることに対し、関西でダム事業を計画している国の出先機関などが戦々恐々としている。八ツ場(やんば)ダム(群馬県)では国土交通省で本体工事の入札が延期になるなど早くも影響が出始めており、「いずれ標的にされるのでは…」と神経をとがらせる担当者も。一方で、「民主党にダム事業の必要性を説明したい」とする担当者もおり、新政権誕生後の“攻防”が注目される。
 民主党はマニフェスト(政権公約)で「税金のムダづかい根絶」を掲げ、ダム事業では特に、八ツ場ダムと川辺川ダム(熊本県)の中止を明記。党の政策集「INDEX2009」でも、ダム事業を「河川の流れを寸断して自然生態系に大きな影響をもたらす」と指摘し、「現在計画中または建設中のダムについては、いったんすべて凍結」としている。
 実際、選挙後には八ツ場ダムが入札延期に追いこまれ、関西でダム事業を計画している国の出先機関などでは、「ひとごとではない」(近畿地方整備局幹部)と深刻に受け止めている。
 近畿地方整備局では、衆院選を終えた直後の8月末、来年度予算の概算要求を公表。京都府南部の宇治川で計画している天ケ瀬ダム再開発事業に、工事用道路の建設費など約3億7000万円、福井県北部の部子川に計画している足羽川ダム建設事業に、用地買収費など約13億1000万円を計上したばかり。いずれも、自公連立政権下で認められた事業の継続に必要な予算だ。
 現在、天ケ瀬ダムは工事用道路が途中まで整備され、足羽川ダムは洪水調節専用目的の流水型ダムとして設計が進んでいる。
 ところが、新政権下では、この概算要求そのものが根底から覆る可能性も。
 近畿地方整備局の幹部は「まずは大臣になられた人に、本庁の幹部がダム事業について個々に詳しく説明することになる。そのやり取りの中で、ダムの必要性を説得するしかない。必要があれば出先機関からも足を運ぶ」と意欲をみせるが、「マニフェストなどに書かれている以上、その方針を覆すのは並大抵ではない」と予想する。
 三重県伊賀市の前深瀬川で川上ダムの建設を計画している独立行政法人「水資源機構」も、新政権のダム事業への対応に注目している。川上ダムをめぐっては、大阪や京都など関係4府県の知事が昨年11月、「早急に整備を図る」とする共同意見を発表。国交省が今年3月に作成した河川整備計画でも、「早期に実施する」と明記された。
 川上ダム事業は建設に伴う付け替え道路3本のうち現在、1本が完成。残る2本も工事が進んでいる。
 水資源機構の関西支社(大阪市)の担当者は「川上ダムは流域の自治体や住民の意見も反映して必要性が認められた事業。ダムを十把一絡げに『ムダ』とされるのは心外だ。どこまでも説得していく」と話している。

最終更新:9月5日22時37分


まぁイイや。
ダムを十把一絡げに“ムダ”とするのは、余りにもおバカさんよね。
ダムが電力の為だけにある訳ではないし、ダムが雇用を生む為だけにある訳でもない。
何も考えずに思考停止したままに“凍結”とするのなら、嘗て“娘に勧められて”知事になった元都知事クンと同じだね。
話題性だけの元コメディアンと同じ思考回路で国政を語るのならば、その人間は政治家を名乗るべきではないね。


そうは言え。。。

「公」精神避けた自民、負けて当然!

9月5日14時20分配信 産経新聞

 ■岡野俊昭・前銚子市長吠える
 8月30日投開票の第45回総選挙は308議席と民主党が未曾有の大勝利を収めた。歴史的な大敗で政権を明け渡すことになった自由民主党に、前銚子市長の岡野俊昭氏が厳しい意見を寄せた。地方からの厳しい声は、自民党に届くのか。
 私は自民党支持者だからこそ、苦言を呈したい。
 自民党は負けるべくして負けた。政権を握る担当者として、国民のための政策を遂行するには、「公」の精神で政治家個人がリスクを覚悟するという当然のことを避けてきた。そうしたことに対する国民の不満が表れたのが、今回の選挙結果だろう。
 千葉県の銚子市立総合病院をはじめとする地方の医師不足は、自民政権による国の制度が招いたもの。だが、地方の現状を「知らなかった」と逃げる自民党議員が多かった。何のために議員になったのか、何のための議会であるのか、そこをすっかり忘れている。テレビに出れば、視聴者受けを意識しすぎではないか。
 「政治屋」は多いが、「政治家」といえる人がどれだけいるのか。中山成彬さん(元国交相)や、田母神俊雄さん(元航空幕僚長)のように、日本のために発言した人は、みな排除されてしまう。
 言葉の揚げ足取りをするマスコミにも大いに反省してもらいたい。国のための発言を重要視してほしい。
 一方、民主党の大勝利は、メディアを巧みに利用したもので、民意誘導化された選挙だった観がある。
 一番怖いのは、数の暴力による「一色化」だ。戦前の日本が戦争に突入したのは、この一色化が要因とされ、戦争反対の人は投獄され、日本が負けると分かっていた人も口封じされた。今後、このような反動が起こらないかと、一番心配している。
 今回の選挙では、日本のために発言した人が批判、排除されてしまった一方で、日本を外国に売るような人間が人気を得て当選していることが怖い。
 こうした「騒いだ者勝ち」の現象が続くと、政治がブーム化され、若者はますます政治離れしてしまうし、子供たちが大人を信用しなくなる。政治家がリスクから逃げて、マスコミ受けや大衆受けを狙っている姿勢では、必ずツケが回ってくる。
 今後は、民主党政権下で「教育」をどうするか。日教組の問題も無視できない。教育にも「一色化」の流れが起きてしまうと、差別用語などの「言葉狩り」やジェンダーフリー化が進み、教育による社会主義化の危険すらあり得る。
 子供たちに日本国民としての誇りと自信を育成するためにも、党を超越した保守合同で、一色化を阻止すべきだ。

 ■おかの・としあき 前銚子市長。現在、銚子市体操協会会長。銚子市内の中学校長やスペイン・バルセロナ日本人学校長など歴任。北米・欧州地区日本人学校校長会長などを務めた。

最終更新:9月5日14時20分


少なくとも、“政治家”と名乗るのであれば“公”第一でしょう。
“公”を忘れてしまっては、政治家を名乗る資格すらない。

でも。。。
マスコミが政治屋ばかり持ち上げて、政治家を潰すキライがあるのは確か。
政治家は必ずしもマスコミや大衆の好む政策ばかりを行うわけにはいかない。
日米安全保障のように、決断の時期にマスコミや大衆が不満を持つような政策だって必要だから。
そんな大衆に好まれない事もせねばならぬとなれば、ある意味、“マスコミに叩かれて何ぼ”の仕事とも言える。
そういう意味の延長でいうならは、叩かれないのはマスコミにすら“政治家”とは認知されない輩という事なのか?(^^ゞ

選挙に限らず、マスコミは民意を誘導する。
今回の民主党の歴史的勝利しかり、4年前の純ちゃんの郵政民営化選挙しかり。
マスコミに踊らされた結果、“民意”という名の議席数を頼りにした政党に“好き勝手”な事をされても、恨み言を言う相手は政党や政治家ではなく、自分自身だ。
民主党だって、何でもできる議席(数)を手放す手はないと、任期満了の4年間は解散しないと言っている。
逆に言うなら、今後の4年間は民主党は好き勝手にするという事だ。
そんな事も考えずにいつまでもマスコミに踊らされているから、亀井静香のような政治屋に「国民はバカだから」と言われるんだよね。。。
嘗ては国民を“バカだ”と言い、“民意も間違う”と言ったこの政治屋は、今回も小選挙区で当選している。
この当選も“民意の間違い”なのだろう。。。
そして、“バカ”の“間違った民意”が、政治屋に好いように利用されるのだな。

過去の亡霊は程ほどに


自民 全国幹事長会議 地方から苦言続々

9月4日22時1分配信 毎日新聞

 自民党は4日、党本部で全国幹事長会議を開いた。衆院選に大敗し、地方代表からは党運営に対する批判が噴出したが、麻生太郎首相に代わる有力な新総裁候補は見当たらないうえ、来夏の参院選に向けた反転攻勢の手がかりも見いだせず、重苦しい再出発となった。
 首相は冒頭、「国会で活躍した多くの同志を失うことになり、残念至極だ。総裁としての責任を強く感じている」と謝罪し、頭を下げた。会場は拍手で応えたが、長野県連の石田治一郎幹事長が「わが党の支持者の30%が他党に移った。全員に反省してもらわないと党の再建はない」と口火を切ると、小選挙区で全敗した沖縄県連の翁長政俊幹事長も「政権運営、党運営が国民にノーを突きつけられた」と続いた。
 国会での首相指名選挙や党総裁選への対応が定まらないことにも不満が相次いだ。栃木県連の梶克之幹事長は「今の自民党は組織の体をなしていない」と指摘。高知県連の武石利彦幹事長は「今回の総裁選は派閥の力学でやってはいけない」と述べ、旧態依然とした後任選びを繰り返さないようクギを刺した。
 一方で、地方組織には今後の政治活動への不安も強い。「これからはどこに陳情に行けばいいのか」「野党経験のない私たちに野党活動ができるのか。中央につながる体制がないと盛り返すのは難しい」などの声に、保利耕輔政調会長は「まだ省庁とのパイプは十分に持っている。信頼関係があるので大丈夫だ」と説明したが、説得力を欠いた。
 谷川秀善参院幹事長は「参院選に勝って逆ねじれを起こし、政権奪取のとっかかりとしよう」と訴え、選挙態勢の立て直しに協力を求めた。これに対し、地方からは「今回のマニフェストは民主党と同じバラマキだ。保守政党として政策の違いをはっきり示さないと参院選はまた完敗する」(徳島県連)などと注文がついた。
 会議は約2時間で終了。新潟県連の渡辺惇夫幹事長は「党も厳然たる事実を突きつけられたのだから、これで反省しないのはおかしい」と記者団に語った。【塙和也】

◆全国幹事長会議での主な意見(発言順)
 宮崎県連 衆院選で何度も公認をお願いしたのに保留され、(保守分裂で)落選した。地方を尊重しない党本部への怒りは非常に大きい。
 徳島県連 政策が民主党と同じで大衆迎合になっている。違いを出さなければ次の参院選も完敗する。
 熊本県連 保守政党と民主党の対立軸がなくなっている。今の時代に合う新しい保守の理念を打ち立ててほしい。
 京都府連 民主党に政策で負けたことを認めざるを得ない。保守政党としてやるべきではなかった政策もあった。
 山形県連 野党経験のないわれわれに野党としての活動ができるのか。「自民空白区」の県議・市議は本当につらい。
 秋田県連 党総裁選の地方票を増やすのは制度を変えるのが難しいというが、やれば変えられる。中央から変えてほしい。
 福島県連 自民党のマニフェストは民主党より後から作ったのに、非常に分かりにくかった。党本部は発想を変えるべきだ。
 茨城県連 県医師会が反自民の先頭に立ち、高齢者の票がかなり流れた。社会保障費の削減は影響が大きく、弱者に対する政策見直しを大胆にやってほしい。
 静岡県連 7月の知事選で敗れ、今回も全選挙区で敗れた。次の県議会も危ない。その認識からスタートすべきだ。
 栃木県連 政策がすべて民主党の後追いだった。議員が簡単にマスコミに登場して組織を批判しているのも問題だ。組織の体をなしていない。
 山梨県連 民主党の子ども手当は非常に浸透した。自民党は若い人々のための政策が必要だ。
 新潟県連 民主党のマニフェストとの違いを分かりやすい形で地方に示してほしい。なかなか有権者に理解を得られない。
最終更新:9月4日23時13分


此れまで“地方の利益”を具現してきた自民党。
支持者は勿論それを期待していただろう。
けど、この選挙では“地方の利益”は2の次、3の次程度の位置づけになった。
そんな現状を鑑みても、地方の自民党支持者の思惑にはレベルの違うものがありそうだ。
それでも、“地方の利益”を期待する/しないに関わらず、両者に言えるのは“政策で民主党との差別化をせよ”なのかな。

そんな声が聞こえないのか、当の自民党の“有力者”たちは未だにこんな事をしている。。。

<自民総裁選>「谷垣氏候補に」…森、古賀氏が会談

9月4日2時30分配信 毎日新聞

 自民党の森喜朗元首相と古賀誠選対本部長代理は3日夜、東京都内で会談、党総裁選を巡って意見交換した。関係者によると、森氏が古賀派の谷垣禎一元財務相を有力候補として挙げたのに対し、同派会長の古賀氏は「谷垣氏に(意思を)確認する。私は薦めもしないし、止めもしない」と答えたという。同派内では旧谷垣派の議員を中心に待望論がある。

最終更新:9月4日2時30分


ん。。。
シンキロウ君はいつまで“キングメーカー”のつもりでいるのか?
ご自身はやっとこさ当選したんじゃなかった?
本当は、選挙区民だって“そろそろ引退して欲しい”と思っていたりするのでは?
少なくともシンキロウ君の選挙区民ではない私は“いい加減引退して欲しい”、“引退しないのでれば、害の無い程度におとなしくしていて欲しい”と思っていると思うよ。
そして、多くの日本の有権者は、シンキロウ君が総裁人事に口を出す間は“自民党を支持できない”と思っていると思うよ。
次期総裁選は、これまでと比べて劇的に開かれたものにしないと、来年の参議院で失う議席はいかほどか。。。
シンキロウ君もそろそろ党内人事への口はつぐんだ方がご自身のタメだと思うよ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top