Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

行く末を暗示するものなのかもしれない。

何方かのブログで見かけた少し前のこの記事。

若手官僚、留学後の退職多発…費用返還ルール作り悩み

 国費での海外留学後に「霞が関」を去る若手官僚が相次ぎ、人事院が対応に頭を悩ませている。税金の使い道が厳しく問われる中、留学費用の返還に関するルール作りに乗り出したが、これといった決め手がない状態だ。
 入省8年未満の若手官僚を2年間、海外の大学院などに留学させる「行政官長期在外研究員制度」は、行政の国際化に対応する人材を育成する目的で、1966年に始まった。 2004年は129人が派遣され、制度開始からの派遣者は1910人に達している。 しかし、90年前後のバブル期のころから、留学後、数年以内に退職する官僚が増え始めた。人事院によると、98年から2002年までの5年間に派遣された506人のうち、2004年10月現在ですでに45人が辞めている。
 退職者の所属は総務省が11人で最も多く、経済産業省、農水省、国土交通省なども目立つ。外資系企業のヘッドハンティングを受けたり、家業を継いだりと、事情は様々だ。「バブル期は企業の引き抜きが多かったが、最近は『官僚に魅力を感じない』という理由も多い」(人事院関係者)という。


読んだ時から、ずっと引っかかっていた。
と言うのも、似たような話を知っているから。


私が以前勤めた会社でも、会社負担で社員を留学させていた。
そして、アメリカの大学でMBAを取得した社員の、帰国後の退職が多発していた。
私の友人でも何人かそういった人がいる。
彼らに言わせると、「MBAで“問題解決”の手法を学び、会社の現在の経営の問題がよく見えるようになったが、会社を良くするため提案を行った所でそれが採用される事はなく、会社の行く末が見えてしまった」らしい。
さらに彼らは、「会社はお金をかけて、会社に見切りをつける人間を育てている」と言っていた。
そして、その会社は、彼らが“予言”した通り、今はない。

彼らは留学するに当たって、「留学で箔を付けて転職しよう」等と思っていた訳ではない。
留学は勿論自分の為ではあったけど、会社のお金で行く以上、会社へのフィードバックだって当然頭にあった。
それなのに、会社がそれを活かす事が出来なかった。
その会社は、一種、思考停止状態に陥っていたと言えるのかもしれない。

私企業であれば、会社が思考停止に陥ってしまえば潰れるだけだ。
会社が倒産すれば、取引先には迷惑をかけ、従業員も路頭に迷ってしまうかもしれない。
それでも、従業員は新しい働き口を見つけ、取引先は別の会社と取引を始める。
でもこれが、行政だったら。。。
従業員である官僚は新しい就職先を見つけるだろう。
でも、取引先である私たち国民は国と運命を共にしなければならない。
恐ろしい事だ。

お役所は、“留学費用の返還”だなんて小さいことを言っている場合じゃないのかもしれない。
辞めていく職員の本当の理由を調査すべきなのかもしれない。
そしてその理由が仕事や組織への閉塞感や絶望感だとしたら、組織の見直しをすべきなのだと思う。
この記事は、単に費用の無駄遣いというような事でなく、実は国の行く末を暗示するものなのかもしれない。


Continue reading

フェアと言う事

西武の前の会長の堤義明氏が、昨日の朝、逮捕された。
昨日の夕方や晩、今日の朝とテレビのワイドショーは彼の逮捕に当たり、東京小菅の拘置所の様子を伝えている。

堤、最強弁護団で情状狙う…大物“ヤメ検”ズラリ (夕刊フジ)

【厳しい取り調べ】

 今回の逮捕で、かつて『世界一の富豪』ともいわれた堤容疑者を取り巻く環境は一変した。

 逮捕前は、系列の東京プリンスホテル(東京・芝公園)の最上級「ロイヤルスイート」に宿泊していたとされるが、それが、約3畳の拘置所独居房暮らしとなった。

 ロイヤルスイートが112平方メートルとされ、“居住スペース”は一気に22分の1以下に激減。

 起訴後は保釈される可能性があるが、保釈保証金は数十億円に上るとの見方もある。ただ、それまでは、当然特別扱いもなく、一般の未決拘置者と同様、午前7時起床、午後9時就寝が求められる。食事もいわゆる“塀の中”と同様で、麦入りご飯などが出され、風呂も週2回になる。


夕刊フジって、「高い公共性」と自称しながら、レベルの低いあの会社のお仲間。。。(^^;
“居住スペースが減った”事や起床、終身時間が早い事や麦入りご飯が出る事がどう「厳しい取調べ」に繋がるのか、おバカな私には判らない。
「高い公共性」を自認する「報道機関」ならば、おバカな一般大衆にも解る様に報道して欲しいものだ。
いつも、「大衆の頭の中はゴシップとセックスしかない」と言っているのだから、格好の“ゴシップ”をもう少し一般大衆にも解るように解説して欲しいものだ。

個人的には、彼の日本におけるスポーツ業界、特にスキーに関しての功績を認める立場だから、拘置所などを見せられたら“可哀相”と思ってしまう。。。
で、マスコミの報道は、「義明氏に同情せよ」を狙っているの?
それとも、「悪いことをしたら、こういう結末になる」と言いたいの?
そこの所をはっきりして欲しい。

そして、もう一つ解らないのがこの記事。

<堤前会長逮捕>谷垣財務相「かつては不問してきたこと」

 谷垣禎一財務相は4日の閣議後会見で、堤義明コクド前会長の逮捕について、「経済界だけでなく政界でも、かつては皆が不問に付してきたことで、時代の変化とともに透明性とか、規律を求められるようになったことはいくらでもある」と指摘。そのうえで、「誰でも時代の変化の中での身の律し方を常に吟味していかないと、おかしな事が生じてしまう。これもその一例かと思い、残念だ。大きな変化の中でそれぞれが思いを致すべきことがある」と述べた。

引用した部分で全文。
谷垣大臣は、擁護しているのか批難しているのか。
かつて“不問”だったのは、皆が“馴れ合っていた”から。
“時代の変化の中で”の“身の処し方”が悪かったのではなく、その“身の処し方”の“悪さ”を“悪い”と言える世の中になっただけの事。
“万引き”や“痴漢”が以前から犯罪だったのに、あまり“犯罪”だと認識されなかったのが、ようやっと最近になって“犯罪”と認知される様になったのと近い。
やっと“まとも”になっただけの事。
今の事が“おかしな事”ではなく、“まとも”になったに過ぎない。
でも、この記事を読むと、「以前は“犯罪”ではなかったのに“犯罪”として捕まえるなんて」(義明氏擁護)とも「時代が“犯罪”と捉えるようなったのに対応できていない」(義明氏批難)とも取れそうだ。

でもなぁ。。。
企業のコンプライアンス(法令順守)が言われて久しい。
いつになったら本当に日本は“法治国家”になるのだろうか。。。
上場企業のディスクロージャーが言われて久しい。
実質部外者である投資家にとっては、ディスクロージャー無しには投資はできない。
そして、そのディスクロージャーに嘘を書かれると、一般投資家にとっては自己責任を任うする術がない。
これって、資本主義経済を否定しているんだよね。
そういう意味では、彼は株主や投資家全てに対する背任行為を行ったのだから、その責任は重いと思うよ。

そしてマスコミ。
“長いものに巻かれろ”的な報道をするのであれば、だれでも出来る。
“報道機関”を自称するならば事実を淡々と、“言論機関”を自称するならば事実が解った時点で、そして“社会の公器”を自称するならば“時代の寵児”だった時にその張りぼての裏の空洞を明らかにするべきでは?
対象が社会的に弱っている時に叩くのは、報道機関としても、言論機関としてもフェアではないような気がするのだけどなぁ。。。

そして、ニッポン放送社員にlivedoorとの比較で「リスナーに愛情がある」と認定されたあの会社は、この件に関しての国会答弁のニュースを流している間、キャスターである女性アナウンサーは画面に写っていない事に油断したのか肘を付いて画面を見ていた。
さて、この程度の社員教育しか出来ない会社が、視聴者(=リスナー)に“愛情”があると言えるのか。。。


関連記事
 成果主義を自分の味方につける法

フェアと言う事

西武の前の会長の堤義明氏が、昨日の朝、逮捕された。
昨日の夕方や晩、今日の朝とテレビのワイドショーは彼の逮捕に当たり、東京小菅の拘置所の様子を伝えている。

堤、最強弁護団で情状狙う…大物“ヤメ検”ズラリ (夕刊フジ)

【厳しい取り調べ】

 今回の逮捕で、かつて『世界一の富豪』ともいわれた堤容疑者を取り巻く環境は一変した。

 逮捕前は、系列の東京プリンスホテル(東京・芝公園)の最上級「ロイヤルスイート」に宿泊していたとされるが、それが、約3畳の拘置所独居房暮らしとなった。

 ロイヤルスイートが112平方メートルとされ、“居住スペース”は一気に22分の1以下に激減。

 起訴後は保釈される可能性があるが、保釈保証金は数十億円に上るとの見方もある。ただ、それまでは、当然特別扱いもなく、一般の未決拘置者と同様、午前7時起床、午後9時就寝が求められる。食事もいわゆる“塀の中”と同様で、麦入りご飯などが出され、風呂も週2回になる。


夕刊フジって、「高い公共性」と自称しながら、レベルの低いあの会社のお仲間。。。(^^;
“居住スペースが減った”事や起床、終身時間が早い事や麦入りご飯が出る事がどう「厳しい取調べ」に繋がるのか、おバカな私には判らない。
「高い公共性」を自認する「報道機関」ならば、おバカな一般大衆にも解る様に報道して欲しいものだ。
いつも、「大衆の頭の中はゴシップとセックスしかない」と言っているのだから、格好の“ゴシップ”をもう少し一般大衆にも解るように解説して欲しいものだ。

個人的には、彼の日本におけるスポーツ業界、特にスキーに関しての功績を認める立場だから、拘置所などを見せられたら“可哀相”と思ってしまう。。。
で、マスコミの報道は、「義明氏に同情せよ」を狙っているの?
それとも、「悪いことをしたら、こういう結末になる」と言いたいの?
そこの所をはっきりして欲しい。

そして、もう一つ解らないのがこの記事。

<堤前会長逮捕>谷垣財務相「かつては不問してきたこと」

 谷垣禎一財務相は4日の閣議後会見で、堤義明コクド前会長の逮捕について、「経済界だけでなく政界でも、かつては皆が不問に付してきたことで、時代の変化とともに透明性とか、規律を求められるようになったことはいくらでもある」と指摘。そのうえで、「誰でも時代の変化の中での身の律し方を常に吟味していかないと、おかしな事が生じてしまう。これもその一例かと思い、残念だ。大きな変化の中でそれぞれが思いを致すべきことがある」と述べた。

引用した部分で全文。
谷垣大臣は、擁護しているのか批難しているのか。
かつて“不問”だったのは、皆が“馴れ合っていた”から。
“時代の変化の中で”の“身の処し方”が悪かったのではなく、その“身の処し方”の“悪さ”を“悪い”と言える世の中になっただけの事。
“万引き”や“痴漢”が以前から犯罪だったのに、あまり“犯罪”だと認識されなかったのが、ようやっと最近になって“犯罪”と認知される様になったのと近い。
やっと“まとも”になっただけの事。
今の事が“おかしな事”ではなく、“まとも”になったに過ぎない。
でも、この記事を読むと、「以前は“犯罪”ではなかったのに“犯罪”として捕まえるなんて」(義明氏擁護)とも「時代が“犯罪”と捉えるようなったのに対応できていない」(義明氏批難)とも取れそうだ。

でもなぁ。。。
企業のコンプライアンス(法令順守)が言われて久しい。
いつになったら本当に日本は“法治国家”になるのだろうか。。。
上場企業のディスクロージャーが言われて久しい。
実質部外者である投資家にとっては、ディスクロージャー無しには投資はできない。
そして、そのディスクロージャーに嘘を書かれると、一般投資家にとっては自己責任を任うする術がない。
これって、資本主義経済を否定しているんだよね。
そういう意味では、彼は株主や投資家全てに対する背任行為を行ったのだから、その責任は重いと思うよ。

そしてマスコミ。
“長いものに巻かれろ”的な報道をするのであれば、だれでも出来る。
“報道機関”を自称するならば事実を淡々と、“言論機関”を自称するならば事実が解った時点で、そして“社会の公器”を自称するならば“時代の寵児”だった時にその張りぼての裏の空洞を明らかにするべきでは?
対象が社会的に弱っている時に叩くのは、報道機関としても、言論機関としてもフェアではないような気がするのだけどなぁ。。。

そして、ニッポン放送社員にlivedoorとの比較で「リスナーに愛情がある」と認定されたあの会社は、この件に関しての国会答弁のニュースを流している間、キャスターである女性アナウンサーは画面に写っていない事に油断したのか肘を付いて画面を見ていた。
さて、この程度の社員教育しか出来ない会社が、視聴者(=リスナー)に“愛情”があると言えるのか。。。


関連記事
 成果主義を自分の味方につける法

ババを引く前に。。。

そしてまた今日も「livedoor VS フジ」話(苦笑)

昨日、新株予約権の発行差止請求の第1回審尋があって、未だ結果もでないのに。。。イヤ、結果が出ないから、テレビでは差止請求の可否による影響を色々教えてくれる。
でもまぁ、どこも、「差止めになった場合はlivedoor有利で、差止めにならなかった場合はフジ有利」と詰まらない事しか言わない。
でも、本当にそうなの?

28日時点でホリエモンはニッポン放送の43%超の株を取得していると公表されている。
となると、フジテレビに新株予約権の付与が認められたとして、ほぼ全数の予約権の権利行使しないとフジテレビは勝てない。
でも、権利の付与が24日、権利行使開始日が25日。
そして、この25日の株式取得までが、3月31日現在の株主となる。

ニッポン放送の取締役の多くが今年の6月の株主総会で改選になるとしたら、3月31日時点での議決権を持つ株数の過半数を持たないと、フジテレビは己が都合の良い取締役を選出できない事になる。
つまり、25日に新株予約権の全ての権利行使しなければ、6月の株主総会を有利に進め、フジに有利な取締役を選出する事はできない。

フジテレビは7日締め切りのTOBでも1000億円程の資金を使う。
そして、その資金は新株予約権付きの債券800億円と銀行借入の1000億円で賄う。
つまり、全て借金。
そもそもTOB用に1700億円の資金を用意しているのだから、予約権引受の158億円は用意できるとしても、新株引受分に不足する約2000億円はどうやって用意するのだろう?
否、できるのだろうか?
今の1800億円の借金に新たに2000億円の借金を重ねることが、本当に可能なのだろうか?
新株予約権の権利行使期間は3/25~6/25と言う事だけど、3/26以降に新株を引受けても6月の株主総会には間に合わない。
今回の予約権は、ニッポン放送側の都合で予約権付与を取り消すことが出来るらしい。
だとすれば、6月の定時株主総会以前であっても株主請求で株主総会が開かれれば、付与後であって予約権を取り消す事が可能ってことだよね。。。
となると、機動力があるほうが勝ちって事になるんじゃないかなぁ。。。


なんて事を思ったのは昨日。
今日になったら、ニッポン放送の社員が社員総会を開いて、livedoorの経営参画を拒否する声明を出したらしい。
なんだか馬鹿げているなぁ。
従業員の人事権って誰にあると思っているのだろうか?
それともニッポン放送と言う会社は、部署の上長を決める時部下になる所属員の意見が反映される会社なのかなぁ。
なんだか、ニッポン放送がとっても特殊な会社に見えてきた。

それにしてもニッポン放送は、何を守りたいのだろう?
シンパを使ってホリエモンの資金源についていかがわしい風評を流したり、こういうなりふり構わない姿を見ていると、ニッポン放送の背後に何があるのかを勘繰ってしまう。
一部で言われているように非合法組織との関わりが明らかになるのが困るのか?
フジテレビと非合法組織との関わりの噂についてもかなりいかがわしいと思ったが、此処までなりふり構わない姿を見るとねぇ。。。

経営者や従業員にとっての敵対的TOBが、株主にとっても敵対的とは限らない。
TOBの対象企業は手元の余剰資金や内部留保を大きくして配当を低く抑えるなど、株主利益を軽視した経営を行っている事が多い。
そういうケースでは、買収者の方が株主にとって利益がある場合もある。
ニッポン放送やフジテレビは、まさにそういう株主不在の企業だ。
そういう意味で、私は今回の買収劇を、フジテレビにとっては“敵対”であるけど、所謂“敵対的”買収だとは思っていない。
と言う事で以前から、「敵対“的”」と言う言葉を使わずに「敵対」とだけ言っているのは、かなりささやかな抵抗(笑)

でもね。
自らの商品を“社会の公器”といいながら、こんなに社会性を持たない会社ってどうなんだろう?
そもそも、TOB以前の株価程度の価値も無かったんじゃないだろうか。
こんな会社を手に入れても、livedoorの価値向上には繋がらないかも。
寧ろ悪影響かもね。
ババを引く前に、手を引いた方が賢明なのかもしれない。

フジテレビとライブドアの争い (毎日新聞 コラム)

私は、こうした動きが、放送局がもう一度視聴者ニーズと向き合い、放送の新たな時代を作るきっかけとなるのでは、と期待している。民放幹部が主張する「高い公共性」も、そうした中から再構築されるのではないかと考えている。

 NHKがラジオ放送を始めてから80年。記念すべき節目の年に視聴者は、NHKの番組制作は永田町を、民放の経営は兜町を向いて行われていることを知った。「放送の高い公共性」という言葉も、今となってはどこかうつろに響く。

 この熱狂が去った後、視聴者との信頼関係をどう取り戻すかが、放送界の大きな課題になるだろう。マネーゲームをめぐる司法判断の行方はわからない。ただ私は、企業価値を決めるのは株主であり、その局の公共性の有無を判断するのは視聴者だと考えている。

 そのメディアが本当に高い公共性を持っていれば、誰がいくら株を買おうと、報道姿勢や制作方針まで乗っ取ることは、視聴者や読者が許さないはずだ。最大のリスクヘッジは、ユーザーの信頼を得ることだ。


言いえているなぁ。。。

拉致問題が解決したら、油濁法は緩くなる?

昨日、船主責任保険に未加入の船舶の入港を禁じる改正油濁損害賠償保障法が施行された。
テレビって、北朝鮮の船が入らなくなってアサリやズワイガニが輸入できないだとか、ロシアの船が入らなくてタラバガニが輸入できないだとかばかり強調する。
おまけに、境港(北朝鮮の船の入港が日本で2番目に多いらしい)の港湾関係者や加工業者に取材して「死活問題」だと言わせたがっている。
本当に不愉快だ。
業者さんの方はマスコミの意図に乗るほどおバカさんじゃないから、冷静に「仕方の無いこと」と答えているのだけどね。

マスコミって、この問題を「経済制裁の一つ」と捉えているようだけど、そもそもの目的は違うでしょう?
北朝鮮しか見ていないマスコミは、この法律で抜け穴があるという。
北朝鮮から中国やロシアを経由して日本に輸出するとか、日本の船が途中まで出て行って海上で受け渡しを行うとか。

この法律は、元々、座礁した船が燃料漏れを起こした際の海洋の油濁汚染での被害者保護を図るのが目的で100t以上の一般船舶にも船主責任保険への加入を入港条件として義務付けたもので、特別北朝鮮への経済制裁を目的としたものではない。
実態として、北朝鮮の船は保険に加入していないケースが多いに過ぎない。
勿論、北朝鮮が経済的な打撃を受ければそれに越した事はないが、あまりに「経済制裁」的な側面ばがり強調しているのはどうなんだろう?
拉致問題が解決したら、この法律は緩くしてもイイと考えているって事?

2002年12月に茨城県日立市の日立港で座礁した北朝鮮籍の貨物船は未加入だったから、船主の北朝鮮側が撤去費用を払わずに茨城県が肩代わりさせられた。
北朝鮮の船が日本にやってきて、事故を起こして日本の海を汚す。
車の事故の当て逃げではないが、事故を起こして後始末もせずにさっさと逃げる船は北朝鮮の船に限らず、日本の近海に来て欲しくないと思わないのだろうか?
無責任な外国の船によって日本の海が汚され、カニが、貝が、魚が採れなくなる事の方がずっと重大だと思うんだけど。。。
海の油汚れを掃除したり、海の汚れによって魚が採れなくなった漁業関係者への補償を船主にきちんと負わせないで、関係のない県や(日本)国が費用負担する事に関して、マスコミはどう思っているのだろう?

拉致問題に絡んで、北朝鮮への“経済制裁”を話題にすれば、大衆の興味を惹くと言うのは解る。
でも、マスコミが此処最近言っているように、報道機関であるならば事の本質をしっかりと伝えるのが筋なんじゃないのかなぁ。。。
なんかさ、「カニやカニ製品が品不足で値上がりします」なんて言って、「それじゃ、油濁法を再改正して、北朝鮮の船が入港できるようにしましょう」なんて世論を引っ張りたいの?と思えてしまう。
それより、どっかの番組で、鳥取県選出の議員が言っていた、「境港の加工品が、全て北朝鮮からのモノで出来ていると思われるほうが困る」と言うのが、正しい意見だと思うな。
風評被害と言うのはマスコミが発信源になることが多い。
マスコミ、っていうか今回はテレビなんだけど。。。風評被害の加害者にならぬよう、冷静な報道って出来ないのかしらね。
せめて、誤解を与えるような報道だけは止めてもらいたいものだわ。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top