Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

拉致問題が解決したら、油濁法は緩くなる?

昨日、船主責任保険に未加入の船舶の入港を禁じる改正油濁損害賠償保障法が施行された。
テレビって、北朝鮮の船が入らなくなってアサリやズワイガニが輸入できないだとか、ロシアの船が入らなくてタラバガニが輸入できないだとかばかり強調する。
おまけに、境港(北朝鮮の船の入港が日本で2番目に多いらしい)の港湾関係者や加工業者に取材して「死活問題」だと言わせたがっている。
本当に不愉快だ。
業者さんの方はマスコミの意図に乗るほどおバカさんじゃないから、冷静に「仕方の無いこと」と答えているのだけどね。

マスコミって、この問題を「経済制裁の一つ」と捉えているようだけど、そもそもの目的は違うでしょう?
北朝鮮しか見ていないマスコミは、この法律で抜け穴があるという。
北朝鮮から中国やロシアを経由して日本に輸出するとか、日本の船が途中まで出て行って海上で受け渡しを行うとか。

この法律は、元々、座礁した船が燃料漏れを起こした際の海洋の油濁汚染での被害者保護を図るのが目的で100t以上の一般船舶にも船主責任保険への加入を入港条件として義務付けたもので、特別北朝鮮への経済制裁を目的としたものではない。
実態として、北朝鮮の船は保険に加入していないケースが多いに過ぎない。
勿論、北朝鮮が経済的な打撃を受ければそれに越した事はないが、あまりに「経済制裁」的な側面ばがり強調しているのはどうなんだろう?
拉致問題が解決したら、この法律は緩くしてもイイと考えているって事?

2002年12月に茨城県日立市の日立港で座礁した北朝鮮籍の貨物船は未加入だったから、船主の北朝鮮側が撤去費用を払わずに茨城県が肩代わりさせられた。
北朝鮮の船が日本にやってきて、事故を起こして日本の海を汚す。
車の事故の当て逃げではないが、事故を起こして後始末もせずにさっさと逃げる船は北朝鮮の船に限らず、日本の近海に来て欲しくないと思わないのだろうか?
無責任な外国の船によって日本の海が汚され、カニが、貝が、魚が採れなくなる事の方がずっと重大だと思うんだけど。。。
海の油汚れを掃除したり、海の汚れによって魚が採れなくなった漁業関係者への補償を船主にきちんと負わせないで、関係のない県や(日本)国が費用負担する事に関して、マスコミはどう思っているのだろう?

拉致問題に絡んで、北朝鮮への“経済制裁”を話題にすれば、大衆の興味を惹くと言うのは解る。
でも、マスコミが此処最近言っているように、報道機関であるならば事の本質をしっかりと伝えるのが筋なんじゃないのかなぁ。。。
なんかさ、「カニやカニ製品が品不足で値上がりします」なんて言って、「それじゃ、油濁法を再改正して、北朝鮮の船が入港できるようにしましょう」なんて世論を引っ張りたいの?と思えてしまう。
それより、どっかの番組で、鳥取県選出の議員が言っていた、「境港の加工品が、全て北朝鮮からのモノで出来ていると思われるほうが困る」と言うのが、正しい意見だと思うな。
風評被害と言うのはマスコミが発信源になることが多い。
マスコミ、っていうか今回はテレビなんだけど。。。風評被害の加害者にならぬよう、冷静な報道って出来ないのかしらね。
せめて、誤解を与えるような報道だけは止めてもらいたいものだわ。

そして今。。。未だ望んでいる事

今日も朝からテレビは“ニッポン放送国盗り”物語。
って、私が朝はテレ朝のワイドショーを見ているからなんだけど。。。(^^;

何でも、昨日テレ朝で、「フジテレビ VS livedoor どっちを支持する?」のアンケートを取ったらしい。
テレ朝のアンケートがいつのものなのか聞き逃したが、テレ東が2/26に実施したアンケートでも似たような結果が出ている。
テレ朝の今朝のワイドショーでは、50代に“livedoor支持”者が多いことを注目すべき事として上げていた。
そして、団塊の世代と言われるこの年代を、“学生運動などを行ってきたリベラルな世代だから、こういう新しい考え方が受け入れられる”と分析していたようだった。

そうなのかなぁ。。。
私には、団塊世代は、こういう若い力に仕事や社会情勢で感じる閉塞感を打破する希望を託しているように見えるのだけど。。。
なんて言っちゃったら、先輩方に失礼に当たるわね。。。(^^;
そういや、何処かのアンケートでも、フジを支持するのは「女、子供」って言っていたなぁ。。。
女性や子供って、意外に閉塞感に対する耐性があったり、閉塞感を打破する力があるのよね。。。
自分で打破できる人は、他人に期待しなくてもイイって事?(笑)

まぁ、こういうアンケートって、フジの日枝会長も言っているように、聞き方やサンプルの取り方で結果はずいぶん違うものね。
先日来報道されている新聞社のアンケート結果でも、新聞によって結果がまるで違う。
それは、そのアンケートに答えるサンプル(客層)が新聞によってかなり違うので、当たり前の結果と言える。
それに、この問題は“法”をどう解釈するかの問題になっているから、個人の“好き”、“嫌い”の感覚なんてあまり意味を成さないよね。

と言っても。。。
って、いきなり此処で正反対の事を言っちゃうのだけど。。。(^^;
このアンケート結果は、政府が、この国会で提出しようとしている会社法の改正法案には、かなりの影響が出そうだよね。
会社法の改正の主目的は、まさしく「外資によるM&Aを“しやすく”する」だからね。
此処で、日本企業が外資にM&Aされるのを受け入れるか、受け入れずに株式市場的な“鎖国”をするのか、世論がどちらを望むのかは政治家センセには気になる所だよね。
是非とも、世論を喚起したい所だよね。
そういえば、初めは、お金の面でも、人の面でもつながりの強いフジ側の肩を持ったセンセたちも、最近は中立、或いはややホリエモン寄りのスタンスを取り始めた。
と言っても、未だ世論が柔らくて、どちらに転ぶか解らない状況だから、かなり言い回しは微妙だけどね(笑)

でもさぁ。。。
世論喚起の題材にするなら、ホリエモンはどうだったの?って感じがするなぁ。
英国のフィナンシャルタイムズ紙が言うように、ホリエモンって、旧来の日本のビジネス文化をまるで否定している存在の様に見えるものね。
その“見える”だけで彼に反感を持つ人も多い。
正/不正でなく、イイ/悪いでもなく、ただ“感覚的に”イヤだという人が多いだろうな。
まぁ、もう一方も見るからに若者イジメのヒールな感じだけどね(苦笑)

でもこれが、殆ど外資といえるようなsonyが相手だったり、外国人が経営TOPになっている日産自動車が相手だったら、風はどう吹いただろう?
こんなに騒ぎにならずに、あっさりと「ニッポン放送はsony(或いは日産)の傘下に入って、これでフジ・サンケイグループも安泰だね~」って言われたりして。。。
そして、この件って、本当は、相手がホリエモンだったと言うのは、世論を「良かったね~」と言わせないための産業経済省の作戦だったりして。。。(笑)
だとしたら、作戦は裏目って事だよね。

でも、これで純ちゃんは一安心。
ジョージ君からの宿題の“企業買収の市場開放”が叶いそうだものね。
え? ってことは、純ちゃんの作戦勝ち?
って、深読みしすぎ?(^^;

ともあれ、純ちゃんは既得権益の塊だった自民党を“ぶっ壊す”と言って支持を集めた。
そして今、ホリエモンを支持するというアンケート結果が出ていると言う事は、世論はその“ぶっ壊す”事を未だ望んでいるって事なんだろうと思うのよね。

そして今。。。未だ望んでいる事

今日も朝からテレビは“ニッポン放送国盗り”物語。
って、私が朝はテレ朝のワイドショーを見ているからなんだけど。。。(^^;

何でも、昨日テレ朝で、「フジテレビ VS livedoor どっちを支持する?」のアンケートを取ったらしい。
テレ朝のアンケートがいつのものなのか聞き逃したが、テレ東が2/26に実施したアンケートでも似たような結果が出ている。
テレ朝の今朝のワイドショーでは、50代に“livedoor支持”者が多いことを注目すべき事として上げていた。
そして、団塊の世代と言われるこの年代を、“学生運動などを行ってきたリベラルな世代だから、こういう新しい考え方が受け入れられる”と分析していたようだった。

そうなのかなぁ。。。
私には、団塊世代は、こういう若い力に仕事や社会情勢で感じる閉塞感を打破する希望を託しているように見えるのだけど。。。
なんて言っちゃったら、先輩方に失礼に当たるわね。。。(^^;
そういや、何処かのアンケートでも、フジを支持するのは「女、子供」って言っていたなぁ。。。
女性や子供って、意外に閉塞感に対する耐性があったり、閉塞感を打破する力があるのよね。。。
自分で打破できる人は、他人に期待しなくてもイイって事?(笑)

まぁ、こういうアンケートって、フジの日枝会長も言っているように、聞き方やサンプルの取り方で結果はずいぶん違うものね。
先日来報道されている新聞社のアンケート結果でも、新聞によって結果がまるで違う。
それは、そのアンケートに答えるサンプル(客層)が新聞によってかなり違うので、当たり前の結果と言える。
それに、この問題は“法”をどう解釈するかの問題になっているから、個人の“好き”、“嫌い”の感覚なんてあまり意味を成さないよね。

と言っても。。。
って、いきなり此処で正反対の事を言っちゃうのだけど。。。(^^;
このアンケート結果は、政府が、この国会で提出しようとしている会社法の改正法案には、かなりの影響が出そうだよね。
会社法の改正の主目的は、まさしく「外資によるM&Aを“しやすく”する」だからね。
此処で、日本企業が外資にM&Aされるのを受け入れるか、受け入れずに株式市場的な“鎖国”をするのか、世論がどちらを望むのかは政治家センセには気になる所だよね。
是非とも、世論を喚起したい所だよね。
そういえば、初めは、お金の面でも、人の面でもつながりの強いフジ側の肩を持ったセンセたちも、最近は中立、或いはややホリエモン寄りのスタンスを取り始めた。
と言っても、未だ世論が柔らくて、どちらに転ぶか解らない状況だから、かなり言い回しは微妙だけどね(笑)

でもさぁ。。。
世論喚起の題材にするなら、ホリエモンはどうだったの?って感じがするなぁ。
英国のフィナンシャルタイムズ紙が言うように、ホリエモンって、旧来の日本のビジネス文化をまるで否定している存在の様に見えるものね。
その“見える”だけで彼に反感を持つ人も多い。
正/不正でなく、イイ/悪いでもなく、ただ“感覚的に”イヤだという人が多いだろうな。
まぁ、もう一方も見るからに若者イジメのヒールな感じだけどね(苦笑)

でもこれが、殆ど外資といえるようなsonyが相手だったり、外国人が経営TOPになっている日産自動車が相手だったら、風はどう吹いただろう?
こんなに騒ぎにならずに、あっさりと「ニッポン放送はsony(或いは日産)の傘下に入って、これでフジ・サンケイグループも安泰だね~」って言われたりして。。。
そして、この件って、本当は、相手がホリエモンだったと言うのは、世論を「良かったね~」と言わせないための産業経済省の作戦だったりして。。。(笑)
だとしたら、作戦は裏目って事だよね。

でも、これで純ちゃんは一安心。
ジョージ君からの宿題の“企業買収の市場開放”が叶いそうだものね。
え? ってことは、純ちゃんの作戦勝ち?
って、深読みしすぎ?(^^;

ともあれ、純ちゃんは既得権益の塊だった自民党を“ぶっ壊す”と言って支持を集めた。
そして今、ホリエモンを支持するというアンケート結果が出ていると言う事は、世論はその“ぶっ壊す”事を未だ望んでいるって事なんだろうと思うのよね。

私が興味があるのは

実は、「フジテレビ VS livedoor」の話は、半分食傷気味。
なのに、今日もまた書いてしまう。。。(^^;

なんだかなぁ。。。。
昨日、今日の報道(Webニュースなんだけどね)を見てると、なんか、どちらに賛成か白黒はっきりしろと言われているような気分になる。
テレ朝社長や日テレ社長がどっちを支持したっていいけど、それってそんなに重要な事?
色々なブログで井戸端会議的に「どっちを支持する?」と言うのはいいけど、新聞が一々取り上げるような事なのかなぁ。。。
なんか大衆迎合的なニオイを感じるのよね。。。
まぁ、もっとも、マスコミは「公器であるマスメディアの経営者たる資格」や「言論の自由を脅かす」とか、自らの存在価値云々を言いたいのかもしれないけどね。

でもねぇ。。。
私は実はどちらも支持していない。
でも?、だから?
どっちでもイイと思っている。

ただね、創業者一族を追い出して自分が経営者になるというクーデターの為に“株式上場”と言う手段を使った人が、株式を上場している事に足をすくわれるというのは、ある意味痛快だとは思っている。
日枝会長は、フジ・サンケイグループから鹿内家を追い出すために株式を上場して、鹿内家の株主としての権利を希釈化し、それによって自らが“経営者”としてフジ・サンケイグループを支配してるのだものね。
そのクーデターから約10年。
鹿内家との話も済んで、そろそろ持ち株会社的存在のニッポン放送の上場を廃止しようかと思ったら、ホリエモンにつけ込まれたって事でしょう。
(そのホリエモン自身も、多分、村上ファンドにそそのかされたのだと思っているけど。。。)
上場したことで安心して10年も資本政策を怠ってきたツケが、今、回ってきているだけだもの。
はっきり言って自業自得と言うか、日枝会長自身に上場企業の“経営者の資格”は無いと思うのよね。
じゃ、ホリエモンがいいか?といわれると、どうなんだろう?
彼自身はあまりモノを考えている風には見えないから、諸手を挙げて“経営者の資格がある”という気はないなぁ。

まっ、前の記事でも書いたように、お金を持っている人(資本家)は株式を買う事で会社を“所有”すればいいし、経営センスのある人が企業経営をすればよいと思っているので、ホリエモン自身に放送局やマスメディアの経営ノウハウが無くても、それを持っている人に任せればいいと思っている。
そういう意味では、日枝会長の「マスコミを知らない人が云々」のコメントは的外れなんじゃないかと思うのよね。
それに某氏や別の某氏を例に取るまでもなく、今のマスメディアの全ての経営者が“マスメディアの経営者たる資格”があるとも思えないしね。


そんな事を考えると、私は「ホリエモンは嫌いじゃないけど、日枝会長は嫌い」な感じ?(笑)
フジ側って、値札が付いているのに、買いに来たお客さんを気に入らないから売りたくないと言っているように見えるのよね。
それが、小さな個人商店なら“名物オヤジが切り盛りする店”でいいのかも知れないけど、値段をつけているのが“株式市場”だからねぇ。。。
私がフジテレビの株を買ったら、「あんたはオバチャンだから売りたくない」と言われる感じがするのよね。
それって、あちらには“選民”的な感覚があって嬉しいかもしれないけど、選ばれなかったこちらは気分が悪いと思うのよね。。。
まぁ株式上場の経緯もそうなんだけど、そういう意味では“株式”や“株式市場”を“オモチャ”にしている日枝会長に我慢がならないのだろうな。
でもだからといって、ホリエモンがイイとも言うつもりはないよ。

実際、私は、フジテレビやニッポン放送に限らず、日テレやテレ朝、文化放送の株主が誰かなんて全然興味ないもの。
私が興味があるのは、それらが私にとってどんな有益な情報提供をしているか。その1点だもの。
って、“お笑い”と“格闘技”を見ない私は、フジテレビにチャンネルを合わせない日のほうが多いのよね。。。(^^;
だって、フジテレビって「面白くない」んだもの。

私が興味があるのは

実は、「フジテレビ VS livedoor」の話は、半分食傷気味。
なのに、今日もまた書いてしまう。。。(^^;

なんだかなぁ。。。。
昨日、今日の報道(Webニュースなんだけどね)を見てると、なんか、どちらに賛成か白黒はっきりしろと言われているような気分になる。
テレ朝社長や日テレ社長がどっちを支持したっていいけど、それってそんなに重要な事?
色々なブログで井戸端会議的に「どっちを支持する?」と言うのはいいけど、新聞が一々取り上げるような事なのかなぁ。。。
なんか大衆迎合的なニオイを感じるのよね。。。
まぁ、もっとも、マスコミは「公器であるマスメディアの経営者たる資格」や「言論の自由を脅かす」とか、自らの存在価値云々を言いたいのかもしれないけどね。

でもねぇ。。。
私は実はどちらも支持していない。
でも?、だから?
どっちでもイイと思っている。

ただね、創業者一族を追い出して自分が経営者になるというクーデターの為に“株式上場”と言う手段を使った人が、株式を上場している事に足をすくわれるというのは、ある意味痛快だとは思っている。
日枝会長は、フジ・サンケイグループから鹿内家を追い出すために株式を上場して、鹿内家の株主としての権利を希釈化し、それによって自らが“経営者”としてフジ・サンケイグループを支配してるのだものね。
そのクーデターから約10年。
鹿内家との話も済んで、そろそろ持ち株会社的存在のニッポン放送の上場を廃止しようかと思ったら、ホリエモンにつけ込まれたって事でしょう。
(そのホリエモン自身も、多分、村上ファンドにそそのかされたのだと思っているけど。。。)
上場したことで安心して10年も資本政策を怠ってきたツケが、今、回ってきているだけだもの。
はっきり言って自業自得と言うか、日枝会長自身に上場企業の“経営者の資格”は無いと思うのよね。
じゃ、ホリエモンがいいか?といわれると、どうなんだろう?
彼自身はあまりモノを考えている風には見えないから、諸手を挙げて“経営者の資格がある”という気はないなぁ。

まっ、前の記事でも書いたように、お金を持っている人(資本家)は株式を買う事で会社を“所有”すればいいし、経営センスのある人が企業経営をすればよいと思っているので、ホリエモン自身に放送局やマスメディアの経営ノウハウが無くても、それを持っている人に任せればいいと思っている。
そういう意味では、日枝会長の「マスコミを知らない人が云々」のコメントは的外れなんじゃないかと思うのよね。
それに某氏や別の某氏を例に取るまでもなく、今のマスメディアの全ての経営者が“マスメディアの経営者たる資格”があるとも思えないしね。


そんな事を考えると、私は「ホリエモンは嫌いじゃないけど、日枝会長は嫌い」な感じ?(笑)
フジ側って、値札が付いているのに、買いに来たお客さんを気に入らないから売りたくないと言っているように見えるのよね。
それが、小さな個人商店なら“名物オヤジが切り盛りする店”でいいのかも知れないけど、値段をつけているのが“株式市場”だからねぇ。。。
私がフジテレビの株を買ったら、「あんたはオバチャンだから売りたくない」と言われる感じがするのよね。
それって、あちらには“選民”的な感覚があって嬉しいかもしれないけど、選ばれなかったこちらは気分が悪いと思うのよね。。。
まぁ株式上場の経緯もそうなんだけど、そういう意味では“株式”や“株式市場”を“オモチャ”にしている日枝会長に我慢がならないのだろうな。
でもだからといって、ホリエモンがイイとも言うつもりはないよ。

実際、私は、フジテレビやニッポン放送に限らず、日テレやテレ朝、文化放送の株主が誰かなんて全然興味ないもの。
私が興味があるのは、それらが私にとってどんな有益な情報提供をしているか。その1点だもの。
って、“お笑い”と“格闘技”を見ない私は、フジテレビにチャンネルを合わせない日のほうが多いのよね。。。(^^;
だって、フジテレビって「面白くない」んだもの。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top