Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

子供は自然に生まれる。。。?

私は、産みたい(野田 聖子 著)サンデープロジェクトを見ていたら、ホリエモンと話している田原総一郎の後ろに野田聖子チャンが見えた。
何で来ているのだろうと見ていたら、彼女が最近出版した本にからんで「少子化」の話をするためだったらしい。

先進国と言われる国では何処も少子化が社会問題になっている。
その中でフランスは最近になって出生率が改善してきたとか。

フランスの少子化(家族)政策は、先ず、出産にお金がかからない。
フランスでは出産にも健康保険が利く。
公立の病院で検診を受け、出産した場合の費用は無料。
また、公的健康保険の他に共済保険に加入していれば、私営の病院で出産した場合も健康保険適用外の費用は共済保険でカバーされる。
まぁ、日本の場合も保険は利かないけど後付で健保から給付が出るけどね。。。

育児休暇は子ども一人につき最長3年まで取得できる。
職場復帰の際には前と同じ、または同等のポストに戻れるように法律で定められている。
もちろん、その間、給与は出ないが、健康保険料などの社会保障費は会社が払い、また国から育児手当てが支給される。
日本の場合は、社会保障費は自己負担だよね。。。
うろ覚えだけど、以前は全額自己負担だったけど、今は半額は会社が負担しているはず。

此処までは日本とあまり変わらないと言えるんじゃないかな。
違うのは、子供の数によって年金で優遇が受けられるという所。
税制面の優遇も子供の数が多いほど高い。
と言うか、3人以上の子供がいれば、基礎控除の額が大きくなって殆ど税負担のない人が多いらしい。
家族手当も子供の数に比して高くなるらしい。
家族手当(日本では児童手当)に関しては、田原総一郎が「日本では何故そんなに安いのか」と聞いた所、聖子チャンったら「朝日新聞に“ばら撒き”と批判されるから」って言ってた。
すかさず「マスコミの一部」と田原総一郎に訂正されていたね。
やっぱり、テレ朝で朝日新聞の批判は拙いのね(笑)

でもなぁ。。。
勿論経済的な優遇も子供を産むインセンティブにはなるだろうけど、それだけじゃないような。。。
それにフランスって、税負担が日本より高いのよね。
GNPに対する税負担率は、日本の26%に対してフランスは44%だものね。
だから同じことは日本では出来ないだろうな。
それより、聖子チャンも言っていたけど、「婚外子」が法的に差別されている所を直した方が良いような。。。
日本でも最近はかなり変わってきつつはあるけど、まだまだだものね。

フランスの出生率の上昇って婚外子の上昇と微妙にリンクする。
聖子チャン自身もそうたけど、最近の日本のカップルも事実婚が多い。
事実婚には色々理由もあるのだろうけど、聖子チャンの様に夫婦別姓を指向しての事実婚は確実に増えている。
そういうカップルから生まれた子供は「婚外子」なのよね。
子供に不利益になるからと子供が出来て入籍するカップルも多いだろうが、それ以前に子供を作ることを諦める事実婚カップルも居ると聞く。
カソリックの国のフランスでさえ、社会情勢にあわせて婚外子を婚内子(? 笑)と差別無く扱っているのに、元々結婚の概念の薄い民族である日本がどうして出来ないのだろう?
不思議だ。


「日経新聞で少子化の問題が取り上げられて、男性の政治家先生が少子化の問題を始めて知った」

今日、聖子チャンが言った言葉。
そうなのか。
政治家って年寄りの男性が多いから、“男と女が居れば子供は自然に生まれる”と思っている人が多いのね。
彼らは、自分の年金の担い手が居なくなって初めて、日本に子供が少なくなったことを実感するんだろうなぁ。

いい気なものね

「僕の知らない人だから(一緒に仕事はできない)」

どこかで聞いたセリフ。。。
図らずも、このセリフを言った2人は同じ業界の人。
その言葉は“業界を代表する”と思われる程、業界TOPの人物のもの。

自分が“知らない”人は、ビジネスを一緒にする価値すらないといわんばかりのこの人達、よっぽど“おエライ”方なのね。。。と思ったら、最近言った人については、私は名前だけでなく顔も知らなかったわ。。。(^^;
しかし彼らは、この日本に於いてどのくらい“エライ”人なんだろう?
そして、彼らはどのくらいの“人”を知っているのだろう?

しかし、「知らない人とは仕事をしない」とは、経営者としてどうなの?と思ってしまう。
確かに、「知らない人」と仕事をする人は居ないだろうけど、「知らない人」を「知っている人」に変えてビジネスのチャンスを作るのが営業だと思っていた。
でも違ったみたい。
「知らない」が新たなビジネス分野へチャレンジするのを止める理由になりうるのね。。。この人達にとっては。。。


でもなぁ。。。
自身が会長を勤めるフジテレビの大株主で筆頭株主のニッポン放送の主要株主で「拒否権」をも持つ株主となれば、ホリエモンは自分を「知らない」からとビジネスを一緒に出来ないと突っぱねた現経営陣を退陣させる事も可能なんだよね。
勿論、今回のフジテレビのTOBが失敗したらなんだけどね。
なんて思ったら、フジテレビは、TOBの取得目標の引き下げを発表した。
よく意味が解らない。。。

よく意味が解らないと思ったら、今日はあちこちのテレビ局にホリエモンがでてマスコミからの批判の矢面に立たされている。
ヘンなの。
どのテレビ局も、ホリエモンが“悪いこと”をしているかのような扱い。
あるコメンテーターは、ホリエモンがニッポン放送株を取得することで浮動株数の問題から上場廃止になる可能性を指して、「一般投資家の事を考えていない」と言った。
ホリエモンは、「まっとうな証券取引に於いて、他の投資家をケアする義務があるのか」と反論していたが、全くその通り。
元々株式の大量取得を目的とした公開買い付け(TOB)を仕掛けたのはフジテレビで、フジテレビはニッポン放送株の50%超の取得を目指した。
ニッポン方法株は、村上ファンドや鹿内家が株主で浮動株はそう多くない。
そんな中でフジテレビが長期保有目的で株を買い漁ったら上場廃止になる可能性は高い。
上場廃止が責められるのであれば、その責めはホリエモンではなくフジテレビが負うべきだ。

別のあるコメンテーターは、ホリエモンを「数字のことしか考えていない、“人”の気持ちも考えるように」と言っていたが、このコメントもどうかな。
情に訴えたいのだろうけど、企業経営者が何かの戦略を立てるときってやっぱり数字が一番なんじゃないの?
“人”についてケアする必要はないとは言わないけど、株式の大量買い付けという商行為に於いて、それに反発を感じる人が居たとしても、そこまでケアしろ言うのもおかしな話。
「日本にもベジタリアンは居るのだから、スーパーで肉を売るな」と言っている様に聞こえるだけなのだけど。。。


フジテレビのTOBの発表の時は、マスコミ報道は、何となく“当然”と言うようなムードだった。
それなのに、ホリエモンの大量買付けになんで此処まで反発するのかな。
例え他局であっても、マスコミ人以外の人間にテレビ局に影響力を行使して欲しくないって事?
マスコミって、案外ムラ社会なのね。
ホリエモンが言うように、放送事業の外人の株式取得制限なんていつまで続くか解らない。
そんなの通信事業を見れば解るだろうに。
仲間内だけで仲良くしたくても、いずれ外資に乗っ取られるだけだよ。

TOBなんて一般企業でも良くある話。
TOBを仕掛けられた会社がそれを気に入らない場合、敵対TOBを仕掛けるしか方法はない。
マスコミは公共の電波を使ってこんなに大々的なキャンペーンをしてもらえるものね。
マスコミっていいわね。
というか、いい気なものねといいたい所なんだけどね(苦笑)

いい気なものね

「僕の知らない人だから(一緒に仕事はできない)」

どこかで聞いたセリフ。。。
図らずも、このセリフを言った2人は同じ業界の人。
その言葉は“業界を代表する”と思われる程、業界TOPの人物のもの。

自分が“知らない”人は、ビジネスを一緒にする価値すらないといわんばかりのこの人達、よっぽど“おエライ”方なのね。。。と思ったら、最近言った人については、私は名前だけでなく顔も知らなかったわ。。。(^^;
しかし彼らは、この日本に於いてどのくらい“エライ”人なんだろう?
そして、彼らはどのくらいの“人”を知っているのだろう?

しかし、「知らない人とは仕事をしない」とは、経営者としてどうなの?と思ってしまう。
確かに、「知らない人」と仕事をする人は居ないだろうけど、「知らない人」を「知っている人」に変えてビジネスのチャンスを作るのが営業だと思っていた。
でも違ったみたい。
「知らない」が新たなビジネス分野へチャレンジするのを止める理由になりうるのね。。。この人達にとっては。。。


でもなぁ。。。
自身が会長を勤めるフジテレビの大株主で筆頭株主のニッポン放送の主要株主で「拒否権」をも持つ株主となれば、ホリエモンは自分を「知らない」からとビジネスを一緒に出来ないと突っぱねた現経営陣を退陣させる事も可能なんだよね。
勿論、今回のフジテレビのTOBが失敗したらなんだけどね。
なんて思ったら、フジテレビは、TOBの取得目標の引き下げを発表した。
よく意味が解らない。。。

よく意味が解らないと思ったら、今日はあちこちのテレビ局にホリエモンがでてマスコミからの批判の矢面に立たされている。
ヘンなの。
どのテレビ局も、ホリエモンが“悪いこと”をしているかのような扱い。
あるコメンテーターは、ホリエモンがニッポン放送株を取得することで浮動株数の問題から上場廃止になる可能性を指して、「一般投資家の事を考えていない」と言った。
ホリエモンは、「まっとうな証券取引に於いて、他の投資家をケアする義務があるのか」と反論していたが、全くその通り。
元々株式の大量取得を目的とした公開買い付け(TOB)を仕掛けたのはフジテレビで、フジテレビはニッポン放送株の50%超の取得を目指した。
ニッポン方法株は、村上ファンドや鹿内家が株主で浮動株はそう多くない。
そんな中でフジテレビが長期保有目的で株を買い漁ったら上場廃止になる可能性は高い。
上場廃止が責められるのであれば、その責めはホリエモンではなくフジテレビが負うべきだ。

別のあるコメンテーターは、ホリエモンを「数字のことしか考えていない、“人”の気持ちも考えるように」と言っていたが、このコメントもどうかな。
情に訴えたいのだろうけど、企業経営者が何かの戦略を立てるときってやっぱり数字が一番なんじゃないの?
“人”についてケアする必要はないとは言わないけど、株式の大量買い付けという商行為に於いて、それに反発を感じる人が居たとしても、そこまでケアしろ言うのもおかしな話。
「日本にもベジタリアンは居るのだから、スーパーで肉を売るな」と言っている様に聞こえるだけなのだけど。。。


フジテレビのTOBの発表の時は、マスコミ報道は、何となく“当然”と言うようなムードだった。
それなのに、ホリエモンの大量買付けになんで此処まで反発するのかな。
例え他局であっても、マスコミ人以外の人間にテレビ局に影響力を行使して欲しくないって事?
マスコミって、案外ムラ社会なのね。
ホリエモンが言うように、放送事業の外人の株式取得制限なんていつまで続くか解らない。
そんなの通信事業を見れば解るだろうに。
仲間内だけで仲良くしたくても、いずれ外資に乗っ取られるだけだよ。

TOBなんて一般企業でも良くある話。
TOBを仕掛けられた会社がそれを気に入らない場合、敵対TOBを仕掛けるしか方法はない。
マスコミは公共の電波を使ってこんなに大々的なキャンペーンをしてもらえるものね。
マスコミっていいわね。
というか、いい気なものねといいたい所なんだけどね(苦笑)

民度が低いのは?

2、3日前、スーパーの餃子売り場で、「春節には餃子」と張り紙があった。
此処は日本で、まして此処は中華街でもないのに、何故“春節”?なんて思った。
スーパーの商魂が逞しいというか何と言うか。。。
でもまぁ、日本人ってこういう異文化を割りとあっさりと受け入れられる民族なのよね。。。
最近知り合った韓国人のメル友さんによると韓国でも“お正月”は旧暦で祝うらしい。
元旦に1日だけ休みで、1月は“お正月”ではないと言っていた。
日本は何で新暦で祝うようになったのかなぁ。。。
もしかして、それも西洋の“新しい文化”を受け入れたせいなのかしらね。


ワイドショーでは、昨日のサッカーの北朝鮮戦に絡んで、在日朝鮮人のJリーガーで北朝鮮の代表となっている選手の特集をしていた。

在日一世である彼らの両親は、激しい差別に朝鮮人である事に対する誇りを失っていたという。
確か、以前は日本名を名乗っていたと言っていた。
そして、在日二世である息子たちが堂々と朝鮮名を名乗り、朝鮮人であることに誇りを持っているのを見て、考えさせられたと言っていた。
そして今、彼らは朝鮮名を名乗っている。
日本って異なる“文化”は抵抗無く受け入れられるのに、“人”を受け入れられないのは何故なんだろうね。
なんだか不思議。

でもね、テレビ朝日の「だから北朝鮮を応援しましょう」はちょっと違う感じがする。
何で日本人が日本と外国の国際試合で外国を応援しないといけないの?
昨日のナショナリズムの話ではないけれど、それって非国民だと思うわ(笑)

私は、国際試合に於けるスポーツは、必ずしも政治と別モノとは思っていない。
でも、だからといって、中国のアジアカップの時の中国人サポーターの様に、相手国サポーターに何をしてもイイとは思わないし、日本人はそんなにバカではないと思っている。
なのにマスコミ報道を見ていると、日本人サポータと在日朝鮮人のサポーターがスタジアムで騒動を起こすのを心配する論調が多かった。
件の特集も何となく同情集めの様な構成が気になった。
マスコミって、日本人は民度が低くて、バカだと思っているのね。
でも日本人はそこまでおバカではないよ。
実際、なんの騒ぎも起きなかったしね。

あぁ、マスコミ関係者の中には、実はそういう騒動を期待した人がいたのかもね。
それって。。。
もしかしたら民度が低いのはマスコミの方かもしれないね。

大人が悪い手本を見せている

痴漢最多は埼京線、混雑・駅間で狙われる? 警視庁集計

 盗撮・痴漢行為の検挙件数が東京都内で最も多かったのはJR埼京線――。警視庁が昨年1年間に電車内での違法行為について初めて路線別に集計したところ、こんな結果が出た。被害者は女子高校生が多い。東京都と警視庁は首都圏の鉄道各社に「女性専用車両」の導入や拡大を求めているが、ほかの車両が混雑するといった理由から各社とも消極的だ。

 生活安全部のまとめでは、電車内での痴漢・盗撮行為など都迷惑防止条例違反の検挙件数は昨年1897件で、集計が残る96年以降で最多。うち盗撮は44件で、痴漢が圧倒的に多かった。

 被害者1897人(うち男性20人)のうち、最多は高校生の565人で全体の約3割。中学生は87人だった。時間帯では午前8時台の通勤・通学ラッシュに4割が集中している。

 路線別では埼京線と中央線が3位以下を大きく引き離した。同部幹部は「混雑が激しく、沿線に学校が多く、駅間が比較的長い路線が狙われている」と分析する。埼京線は、例えば並行する山手線が池袋―新宿間で3駅停車するのに比べて駅間が長い。中央線も快速の場合、新宿―四ツ谷間はJR総武線の各駅停車に比べて停車駅が3駅少ない。JR東日本によると、いずれも03年度のピーク時で200%を超す混雑率だ。

 

これって、警視庁が都内で集計した結果なのよね。。。
と言う事は、同じ路線でも、埼玉や千葉、神奈川で検挙された件数はカウントされていない。
それに、検挙されると言う事は、被害者の周りの人が通報したか、或いは本人が通報した件数で、通報されていない件数を考えると、被害は相当数に登るはず。
これだから、振り込め詐欺のネタに「痴漢の犯人」が使われるのよね(苦笑)

私が乗る電車も痴漢は多い。
朝の混雑した時間帯だと、必ずといっていいほど居るものね。
夜も、酔っ払って寝ていたりすると触りに来る人がいるから、オチオチ寝てもいられない。
でも、私が乗っているような電車は、東京都を走る時間はそんなに長くないから、きっとこの集計でのワースト度は低いのだろうな。

痴漢をする人は痴漢を“犯罪”だと思っていないのだろうか?
“犯罪”だとは思っているけど、罰金が安いからと安易に考えているのだろうか?
そもそも、通報する人はそんなに居ないと踏んで安心しているのだろうか?
痴漢も“迷惑条例”なんかじゃなく、きちんと“性犯罪”としてきちんと罰して欲しいものだわ。
もっとも、日本では性犯罪そのものも罰は軽いのだけどね。。。(苦笑)


それにしてもなぁ
被害者の3割以上が中高生と言うのはなぁ。。。
なんだか最近、性犯罪に巻き込まれる子供が多いように感じる。
なんで、成人男性の性的欲求のはけ口に子供が使われるのだろう。
不埒な欲求を、自分より弱い存在にぶつけるなんて、許せない。
子供は社会の宝なのに。。。

最近、ワイドショーなんかで、中高生の性の乱れなんて特集を度々やっているけど、大人が悪い手本を見せているんじゃないの?

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top