Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

生徒を教える資格

学校教育に関しては、今日、こんな記事もあったね。


<国語教諭>相田みつをの詩知らず、女子生徒けなす

 書き初めの宿題に書家、詩人として著名な相田みつをの詩を書いたところ、中学の男性国語教諭(53)に「やくざの書くような言葉だ」などとばかにされ、これが原因で卒業文集にもほおに傷のある似顔絵を描かれたとして、横浜市立中学の元女子生徒が市に慰謝料など350万円の支払いを求めた訴訟で、横浜地裁の河辺義典裁判長は24日、教諭らの責任を認め、市に計25万円の支払いを命じた。元生徒は別の男性教諭(46)から部活動中に腰をけられており、支払額はこの賠償5万円を含む。
 判決によると、元生徒は3年生だった01年1月、「花はたださく ただひたすらに」と書いた書き初めを、国語の授業に提出した。書家で詩人だった相田みつをの詩だが、国語教諭はこの詩を知らず、ほおに指を当てて(傷跡を)なぞる仕草をして「こういう人たちが書くような言葉だね」と発言した。同級生は笑い、元生徒は「やくざ」などとからかわれるようになった。
 その後、生徒たちが卒業文集で互いの10年後を想像した似顔絵を描き合った際、元生徒は、ほおに傷がある絵を描かれた。担任の女性教諭(38)は、絵を見ていながら修正せずに文集を配った。
 学校はその後、元生徒の母親の抗議で文集を回収し、印刷し直した文集を配り直した。
 判決は教諭の発言を「(発言で)嫌がらせを受けるのは当然予想され、不適切で軽率」と批判。似顔絵についても「(担任が)訂正の必要性を認識すべきだった」とした。【内橋寿明】
(毎日新聞) - 12月25日3時1分更新

この学校先生、相当にレベルが低い。
国語の教師であっても、必ずしも相田みつをの詩を知っている必要はないと思うが、子供が表現した事を(悪意を持って)からかうなんてどうかしている。
それも、「やくざ」などと社会的に肯定されない存在を例にするなんて。
担任も、「やくざ」が社会的にどう評価される存在かを知らない訳ではないだろうに、そういう似顔を黙認するなんてどうかしている。

公立中学は、殆どの場合、自宅の場所で行く学校が決まる。
生徒や親が自由に選べる訳ではない。
いわば、生徒は行政からあてがわれた教師で我慢するしかない。
こんな低レベルの教師が複数いる学校に通わされた子供が可哀相だ。
こういうのを見聞きすると、親が教師を選びたくなるのも解らなくない。

ゆとり教育になって教える事が減ったようで、総合教科のパソコン実習など今までの教え方や知識では充分子供を教え切れなくなって教師も余裕がなくなってきたのは何となく解る。
でも、中にはこういう不適性な教師も存在する事も事実なんだよね。。。
これじゃ、子供を持つ親が私立の学校に行かせたくなるのが解る。
私立なら、自分で学校を選ぶ事ができるものね。


学校って、知識を得る場と先の記事に書いた。
でも、学校って社会生活の場であると言う側面も持っている。
本来なら、人には多様な価値観があるという事も教える場ではないのか?
最近のヘンな平等主義のお陰で、“みんな一緒”が“是”なんだよね。
それって、教師にとっては管理しやすいとは思うのだけど、“ゆとり教育”が目指したような“多様な価値観”とは違うんじゃないの?
って、ゆとり教育では、教師の時間的ゆとりを目指したもので、“多様な価値観”だなんて目指していないって言う声が聞こえそうだね(笑)

私が住む千葉では、少なくとも小学校は今年から2学期制になっている。
何方かのBlogで、二学期制は登校日数が増えて歓迎と書いてあったけど、千葉ではどうも登校日数が減ったようだ。
教師は学校の休日が増えても休みは増える訳ではないというが、子供が学校に行かない間は学校で何をしているのだろうか?
以前は夏休みや冬休みなどの長期休暇の間に、教師は研修もあったが、長期の休みもあった。
それは、土曜日が休みでないからその代休と理由を付けていたはずだった。
今は土曜日も休み、教える内容も減ったのだから、“教える”事に掛かる時間的負担は減ったはずだ。
よく教師は教えていない時間でも“雑用”はあると言うのだけど、“教える”事に全く関係の無い“雑用”ならやる必要ないのでは?
教師なんていわば専門職なのだから、“雑用”をやってくれる用務員さんを増やせばいいのでは?
“雑用”をこなす事によって、教師に余裕がなくなるのなら、それは子供に悪い影響を与えるだけなのだから、その辺りは学校も考えるべきだと思うよ。

話がそれた。
多様な価値観だとか、人間の多様性を教えるなら、今の“(何でも)みんなと一緒”教育はまずいんだよね。
例えば子供の得意な分野を伸ばすには、他と競争させて“自信”を持たせることも一つの方法。
と言うか、私は、これが最善の方法だと思うのだけどね(笑)

一番まずいのが、誰か、特に教師の価値観に合わないからと否定してしまう事。
子供は“否定”されたら、それを伸ばす事はできないんじゃないだろうか?
最近の園芸用肥料のCMではないが、「子供は誉めて育てる」。
この国語の教師って忘れちゃったのかな。

と言うか、この教師、中学生と言う多感な時期の生徒を教える資格ないと思うけど。。。色々なBlogを読んでいると教育に真摯な教師も多いのに、こういう教師は他の多くの良心的な教師にとっても迷惑だよね。


この少女が、こんな低レベルの教師の事なんて早く忘れて、その豊かな感性を育んで欲しいと思う。

学校は何を教える場?

16日の「案外、自分の子供に興味・関心がない親たち」にコメントを下さったPonさんの記事を久しぶりに読みにいったら、こんな記事にぶつかった。

●学校では教えてくれないこと

久しぶりに週刊!木村剛を見ると変わったTBが扱われていました。

「学校では教えてくれないこと」-えみっちぃの見る風景

このタイトルから既に何かおかしいのですが、中身を読んで私はこの考えには賛成できないと思いました。

私も、ここの所、何となく気ぜわしくて、キムタケさんの「週間!木村剛」を読んでいなかった。
まぁ、別の所の記事で、キムタケさんの所でまた祭りが始まっているのはしっていたけどね(笑)

で、えみっちぃの見る風景さんの記事


学校では教えてくれないこと。

学校では、社会の仕組や国会の仕組、日本国憲法や経済の成り立ちは社会や公民、大学や専門学校に行けば法律学や経済学でそう言ったことは教えている。
でもそれらは、一般知識であって、実践的ではない。

そんなねー、議員の数とか任期をテストに出す位だったらさ、クラス単位で仮想株取引とか。
学年関係無く学校の中で何社か会社を設立して。(当然、仮想ですが)
で、どういう風にしたら会社が運営できるかを学習する。
そちらの方がよっぽど建設的じゃないだろうか。

正直言ってこの意見には賛成できない。
Ponさんが書かれている意見に全く同意なのだけど、学校で“実践”を教える必要があるのかと言う点と、バーチャルでは決して“実践”足りえないと言う点で賛成できない。
社会的な常識、経験も無く、学校で会社ごっこをして“会社経営の実践を勉強してきた”と思い込んでいる子供って、社会では“公害”でしかないと思うのだけどなぁ。。。
そんな新入社員が部下として入ってきたら、私はさっさと他の部署へ異動願う。

そもそも、一般知識でさえ充分でない子供に“実践”を教える事が出来るのかどうかという問題もあるのだよ。
ろくに知識の無い、判断力も覚束ないような子供にバーチャルな体験でその気にさせるなんて反対なんだよね。
以前、TVゲームのフライト・シュミレーションをやっただけで旅客機の操縦が出来る気になった子供が飛行機をハイ・ジャックした事があったけど、あんな子供を作るだけじゃないの?

どうしても“実践”を教えたいなら、マクドナルドにでもアルバイトに出せばよい。
そうすれば、敬語の使い方も多少は覚えるだろうし、足し算、引き算も多少は出来るようになるかもしれない。
少なくとも給料を貰えば所得税は引かれるのだから、税金を払う“痛み”も体験できるかもしれない。
えみっちぃの見る風景さんがこの記事を書く切欠になった、キムタケさんの「中学・高校で税金のことを教えてほしい」のタイトルにあるように「税金の事を教える」というのであれば、先ず、労働の対価から税金を支払う事を知って、その上で公共サービスのいくつかを経験させるなりすれば良い。
そうすれば、多少は“税金”について実感できるかもしれない。
中学生や高校生程度のアルバイトなら、多くの場合税金の還付を受けられるはずだから、確定申告もさせればよい。
確定申告なんて、足し算、引き算が出来れば簡単にできるものだから。
そうすれば、少なくとも納税者にとっての“税金”というお金の流れが実感できるだろう。

でもなぁ。。。
本当に子供のうちにそんな“実践”って必要なのだろうか?
確かに私も先日私が書いた記事へのコメントにあったように、“理論”だけでなく“実技”を教えるのは良いとは思った。
でも、それは“実践もどき”ではなく、どちらかと言うと、知識を系統だって自分のモノにするための訓練であって、位置づけはあくまでも“実習・実技”だ。
(って、何となくビミョーな書き方だなぁ。。。汗)
今の様に、学校が、学校で教える事は社会に出て役に立たないと教えるのではなく、社会にでてどう役立つのかを教える方が先で、役立て方を教えるべきだと思うのよね。。。

私は、高校までの学校を“実践”の場ではなく、“知識”を得る場だと思っている。
義務教育を終わったら、人によっては実践もいいかもしれない。
そのために職業高校や専門学校に行けば良いと思う。
でも、普通科の高校って未だ知識を得る場だと思うのよね。
“知識”を“知恵”として自分のモノにする事を教える場だと。
そして、“学び方”を学ぶ場だと。

そして大学は“学ぶ場”。
大学は、それまでとは違って、“教えられる”場ではなく、自分で“学ぶ”事を選んで、自ら能動的に“学ぶ”場だと思っている。
でも、やっぱり実践の場ではないなぁ。。。
“実践”なんて、学校以外の家庭生活や社会生活で実施していくものじゃないのかな?


クリスマスプレゼント

クリプレ今年もまたクリスマスプレゼントが届いた。
大学時代のクラスメートが毎年送ってくれるもので、彼が結婚した後も毎年送ってくれる。
彼からのプレゼントはいつもお花のアレンジメント。

プレゼントを受け取った時は、来年の彼の誕生日にはカードぐらい贈ろうと思うのだけど、いつも忘れてしまう。
一方的にもらうばかりで、私ったら悪い友達だね。。。(^^;


新潟中越地震の被災地から自衛隊が撤退し、避難所に非難されていた方も仮設住宅に移って避難所が閉鎖されたらしい。
これからが本当の意味で復興の始まりなんだね。
でも、避難所が閉鎖されてしまうと、映像のインパクトが弱いせいかマスコミ報道がされなくなってしまう。
そうするとだんだんと、人の記憶からも薄れていくんだよね。

災害の被災地への援助って、被災直後はには同情もあって支援金や物資も大量に届く。
でも、被災者だって生活しているわけだから、これから必要になる物資もあれば、お金も今まで以上に必要になる。
阪神大震災の時、被災1年後に杉良太郎が1000万円だったかを寄付したというけど、その時期の支援金は本当にありがたかったと何かで読んだ。。。

そんな事を考えていたら、こんなお酒を見つけた。

山古志村への寄付つきお酒

山古志村の棚田で作ったお米を使って作ったお酒で、このお酒の売り上げの一部が山古志村へ寄付されると言うもの。
このくらいなら、私も継続して支援に参加する事ができるわ(^^)

他に、お友達のtobbyさんの所でもこんな記事がありました。
 ちょっと 良い話♪


外国人の入国への柔軟な対応。。。

李登輝前総統にビザを発給

 政府は21日午前、来日を希望していた台湾の李登輝・前総統に対し、対台湾の窓口である交流協会を通じてビザ(査証)を発給した。

 李氏は27日から1月初めまでの約1週間、北陸や関西を訪れる観光旅行を計画。日本政府に「政治活動は行わない」との考えを伝えている。

 李氏の来日は、2001年4月に心臓治療の目的で訪れて以来となる。

 小泉首相は21日昼、首相官邸で記者団に「(李氏は)一市民として日本を旅行したいということだから、断る理由はないし、まして日本の大学を出ているわけだから」と述べた。

また問題になっているのね。
個人的には、中国の抗議は内政干渉だなんて思ったりする。
いくら台湾の元総統だといえ、既に私人で今は政治的な活動が出来るわけではない。
別にビザぐらい発給してもイイじゃんと思うのだが。。。

まぁ、建前上は日本は台湾はを国と認めていない。
中国も台湾の独立を認めていないから、建前上は中国に出来た非合法自治区の政治的指導者って事になるのかな。
前回の李登輝氏の来日の時は“人道的措置”と言う事だったと思うけど、今度はどんな理由を付けるのかしらんなんて思っていたら、「断る理由がない」だって。
なかなか柔軟なというか、理由になってない理由だね(笑)


かと思うと、こんな記事もあったりするのよね。。。


吉田メビサさん 滞在1年延長へ 定住者資格は認めず

タイで両親と死別し、祖母を頼って来日した中学1年、吉田メビサさん(13)=東京都荒川区=に対し、法務省は「特定活動」資格で1年間の滞在延長を認める方針を固めた。メビサさんは日本での定住を求めていたが、同省は養子縁組による定住者資格を原則として6歳未満にしか認めておらず、「定住者」資格の許可は困難と判断した。近く、メビサさん側に通知する。
 今後、就学目的での滞在が認められるが、在留期限(最大1年間)が切れるごとに更新を申請する必要が出てくる。メビサさんは20日、東京都内で会見し、「安心して日本で暮らし、家族と一緒に住みたいので、特定活動ではなく定住ビザをお願いします」と泣きながら訴えた。
 メビサさんは、日本人と結婚した祖母と養子縁組し、昨年2月に来日。同級生らの署名などを集め、定住者資格を申請していた。入管当局はタイの現地調査などもした結果、タイの親族には十分な扶養能力がないと判断したとみられる。【森本英彦】
(毎日新聞) - 12月21日10時44分更新

こちらはまた、四角四面な対応だよね。。。
日本に住む人と養子縁組しても定住者資格ってもらえないものなのね。
知らなかった。。。
メビサさんのお祖母さんって、日本国籍じゃないのね。。。
でも、未就学児じゃなくても、義務教育期間中の年齢なら、養子縁組というか、養ってくれる人がはっきりしているなら定住ビザを与えてもいいと思うのだけどな。。。
それに、この「特定活動」ビザを何回か更新すれば定住資格を与える可能性があるというなら、日本での実質的な生活状況・手段を鑑みて、今のこの段階で定住資格を与えても良さそうなものだと思うけどな。
難民も受け入れていないし、日本って移民には厳しいのね。


10数年前、初めて海外に1人で旅行をした。
行き先は、当時、外国人の就労により自国民の就労機会が脅かされていたイギリス。
イミグレの入国審査の際に聞かれた“入国目的”は当然「観光」と答えた。
それでも係員の不審を買ったのか、「誰と来たのか」と聞かれた。
1人での旅行だったので「1人」と答えると係員が困った顔をした。
滞在期間を聞かれ、証明の為に帰りのチケットを見せたが、別室に連れて行かれそうになった。
そのうち、英語があまり出来ないからか、所持金が少ないからか、何を見て納得してくれたのか解らないが開放してくれたが。。。
後で、旅行会社の人に、不法就労の取締りの為に入国審査が厳しくなっていて、例え個人旅行であっても、旅行会社のツアーで来たと言った方が良かったと言われた。

日本がASEAN諸国とのFTA(自由貿易協定)の締結ができないのは農業問題だけではない。
この10数年前にイギリスの様に、外国人の就労の問題も大きなネックになっている。
今の日本では、飲食店の配膳などの単純労働への外国人の就労は認められているが、例えば看護士などの免許が必要な職業など、外国人の就労は認められていないモノが多い。
こういった職業分野への外国人の就労許可が大きなネックになっている。

少子高齢化で将来の日本人の就労者不足が想定されているのだから、外国人の就労についてももう少し柔軟になっても良いのでは?なんて思ったりするのだけどな。
何も、アジアの周辺諸国と摩擦を起こさせる事が外務省の仕事ではないんだけどな。。。
って、この問題は外務省じゃなくって厚生労働省の管轄か。。。
厚生労働省って不作為が得意の省庁だものな。
時代に即した対応なんて、期待するほうがムリか。。。

外国人の入国への柔軟な対応。。。

李登輝前総統にビザを発給

 政府は21日午前、来日を希望していた台湾の李登輝・前総統に対し、対台湾の窓口である交流協会を通じてビザ(査証)を発給した。

 李氏は27日から1月初めまでの約1週間、北陸や関西を訪れる観光旅行を計画。日本政府に「政治活動は行わない」との考えを伝えている。

 李氏の来日は、2001年4月に心臓治療の目的で訪れて以来となる。

 小泉首相は21日昼、首相官邸で記者団に「(李氏は)一市民として日本を旅行したいということだから、断る理由はないし、まして日本の大学を出ているわけだから」と述べた。

また問題になっているのね。
個人的には、中国の抗議は内政干渉だなんて思ったりする。
いくら台湾の元総統だといえ、既に私人で今は政治的な活動が出来るわけではない。
別にビザぐらい発給してもイイじゃんと思うのだが。。。

まぁ、建前上は日本は台湾はを国と認めていない。
中国も台湾の独立を認めていないから、建前上は中国に出来た非合法自治区の政治的指導者って事になるのかな。
前回の李登輝氏の来日の時は“人道的措置”と言う事だったと思うけど、今度はどんな理由を付けるのかしらんなんて思っていたら、「断る理由がない」だって。
なかなか柔軟なというか、理由になってない理由だね(笑)


かと思うと、こんな記事もあったりするのよね。。。


吉田メビサさん 滞在1年延長へ 定住者資格は認めず

タイで両親と死別し、祖母を頼って来日した中学1年、吉田メビサさん(13)=東京都荒川区=に対し、法務省は「特定活動」資格で1年間の滞在延長を認める方針を固めた。メビサさんは日本での定住を求めていたが、同省は養子縁組による定住者資格を原則として6歳未満にしか認めておらず、「定住者」資格の許可は困難と判断した。近く、メビサさん側に通知する。
 今後、就学目的での滞在が認められるが、在留期限(最大1年間)が切れるごとに更新を申請する必要が出てくる。メビサさんは20日、東京都内で会見し、「安心して日本で暮らし、家族と一緒に住みたいので、特定活動ではなく定住ビザをお願いします」と泣きながら訴えた。
 メビサさんは、日本人と結婚した祖母と養子縁組し、昨年2月に来日。同級生らの署名などを集め、定住者資格を申請していた。入管当局はタイの現地調査などもした結果、タイの親族には十分な扶養能力がないと判断したとみられる。【森本英彦】
(毎日新聞) - 12月21日10時44分更新

こちらはまた、四角四面な対応だよね。。。
日本に住む人と養子縁組しても定住者資格ってもらえないものなのね。
知らなかった。。。
メビサさんのお祖母さんって、日本国籍じゃないのね。。。
でも、未就学児じゃなくても、義務教育期間中の年齢なら、養子縁組というか、養ってくれる人がはっきりしているなら定住ビザを与えてもいいと思うのだけどな。。。
それに、この「特定活動」ビザを何回か更新すれば定住資格を与える可能性があるというなら、日本での実質的な生活状況・手段を鑑みて、今のこの段階で定住資格を与えても良さそうなものだと思うけどな。
難民も受け入れていないし、日本って移民には厳しいのね。


10数年前、初めて海外に1人で旅行をした。
行き先は、当時、外国人の就労により自国民の就労機会が脅かされていたイギリス。
イミグレの入国審査の際に聞かれた“入国目的”は当然「観光」と答えた。
それでも係員の不審を買ったのか、「誰と来たのか」と聞かれた。
1人での旅行だったので「1人」と答えると係員が困った顔をした。
滞在期間を聞かれ、証明の為に帰りのチケットを見せたが、別室に連れて行かれそうになった。
そのうち、英語があまり出来ないからか、所持金が少ないからか、何を見て納得してくれたのか解らないが開放してくれたが。。。
後で、旅行会社の人に、不法就労の取締りの為に入国審査が厳しくなっていて、例え個人旅行であっても、旅行会社のツアーで来たと言った方が良かったと言われた。

日本がASEAN諸国とのFTA(自由貿易協定)の締結ができないのは農業問題だけではない。
この10数年前にイギリスの様に、外国人の就労の問題も大きなネックになっている。
今の日本では、飲食店の配膳などの単純労働への外国人の就労は認められているが、例えば看護士などの免許が必要な職業など、外国人の就労は認められていないモノが多い。
こういった職業分野への外国人の就労許可が大きなネックになっている。

少子高齢化で将来の日本人の就労者不足が想定されているのだから、外国人の就労についてももう少し柔軟になっても良いのでは?なんて思ったりするのだけどな。
何も、アジアの周辺諸国と摩擦を起こさせる事が外務省の仕事ではないんだけどな。。。
って、この問題は外務省じゃなくって厚生労働省の管轄か。。。
厚生労働省って不作為が得意の省庁だものな。
時代に即した対応なんて、期待するほうがムリか。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top