Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

言葉は生き物だけど。。。

来月、23日の日記で書いた雑誌とは別にの雑誌でもこのブログが紹介されるらしい。
その雑誌では、紹介されるにあたって、その雑誌への「一言」を120ワード程度で欲しいと言って来た。
う~ん。
120ワードって???
正直、困った(^^;
実は今まで、“何文字以内”でという原稿は何度か書いた事があるけど、基準が“ワード”?
文字数の制限はなし?
ワードというか、単語の数で文章を書いた事はないからなぁ。。。

なんて思っていたら、昨日のニュースでこんな記事があった。


「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル
 大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。

 調査は十六年度に入学した三十三大学・短大の学生約一万三千人を対象に、中一から高三相当の問題を盛り込んだテストを行い、十四年度に中高生に実施したテスト結果と照らし合わせてレベルを判定した。

 その結果、中学生レベルと判定された学生は、五年前に行われた調査と比較して、国立大が0・3%から6%、私立大が6・8%から20%、短大が18・7%から35%と、数年間で大きく増加していることが分かった。

 テストでは「憂える」の意味を問う設問で、「中学生レベル」と判定された学生の三人に二人が「うれしい」に音感が近いためか「喜ぶ」を選択。「大学生レベル」とされた学生の中でも正答率は50%にとどまり、文字通り“憂える”結果となった。
 「懐柔する」は「賄賂(わいろ)をもらう」を選ぶ学生が多く、「大学レベル」の学生でも正答率は46%にとどまった。

 このテストでは、外国人留学生でも大学院生はほぼ全員が「高校レベル」をクリアしており、「留学生より日本語ができない学生が、相当数いるのが実情」(小野教授)という。

 国語力が低下した原因として、小野教授は「少子化のため、自己推薦など試験が必要ない入学や全員入学・定員割れが増加したことが日本語力の低下を招いている」とし、「入学後の早い時期に授業が理解できる高校生レベルまで、日本語力を伸ばすことが必要」とし、リメディアル教育の必要性を提言。

 リメディアル教育では、今年行われたテストで千二百人中二百七十人が中学生レベルと判定された埼玉県の大学が三カ月間、週に一度、ひらがな文を漢字かな交じり文に直したり、四つの単文を並べかえて文章にする訓練を行った。その結果、一部のテストで平均点が65点から96点になるなど短期間の訓練で、理解力が大きく伸びることが確認された。

 小野教授は「学生はダメだといわれているが、実際に(対策を)やってみると案外、伸びるという結果」とし、大学側が積極的に学生の日本語訓練に乗り出す時期にきていると指摘している。
     ◇
 【問題の例】
 ■露骨に
(1)ためらいがちに     (0%)
(2)おおげさに    (83.3%)
〔3〕あらわに     (16.7%)
(4)下品に         (0%)
(5)ひそかに        (0%)
 ■憂える
(1)うとましく思う  (16.7%)
(2)たじろぐ        (0%)
(3)喜ぶ       (66.7%)
〔4〕心配する        (0%)
(5)進歩する     (16.7%)
 ■懐柔する
(1)賄賂をもらう   (50.0%)
(2)気持ちを落ち着ける(33.3%)
(3)優しくいたわる  (16.7%)
〔4〕手なずける       (0%)
(5)抱きしめる       (0%)
(カッコ内は中学生レベルと判定された学生が回答した割合、〔 〕数字が正解)
 *小数点計算で合計は必ずしも100にならない
(産経新聞) - 11月24日3時0分更新



はっきり言って、この記事の趣旨が解りません。。。
高校で教えろっていっているのかなぁ?
例が悪いから、趣旨が解らないのか?

露骨、憂える、懐柔。。。
この辺の言葉って、新聞にも良く出てくる言葉。
滅多に使わない特別な言葉という訳ではないのになぁ。。。
ここの例に出ているような言葉は特殊な言葉ではないから、中学生で充分意味を知っているべき言葉だと思う。
だからこそ、「中学生レベル」なんて表現があるんじゃないのかなぁ。
高校は義務教育ではない。
高校に入学してから国語力を高める訓練をするのではなく、中学生のうちに訓練するべきなんじゃないかなぁ。
逆に言うと、高校にしても大学にしても、その程度の国語力の生徒で良いから入学を許可したのでしょう。
国語力の高い学生が欲しい学校は、相応の難しさの篩いをかけているはず。

それに留学生と比べるのヘンだ。
留学生って日本語をよく勉強している。
まともな学校に留学してくる子たちは、日本語検定を受けてから留学してくる。
日本の学生だって外国に留学する時は、例えばTOEICが900点と言うように留学先の言語を勉強し、ある程度のレベルに達していないと留学しない。
そういった意味では、「日本語が母国語ではない=日本語をよく理解していない」という図式は成り立たない。
出来の悪い日本人の子供と日本語力を比較するなんて留学生に失礼だ。


言語というのは、学問以前にコミュニケーションの道具。
コミュニケーションの道具である以上、そのコミュニティでしか通用しない言葉があってもしかるべきだとは思う。
子供同士のコミュニケーションでは、子供同士で通用する言葉を遣えばよい。
でも、世代を超えたコミュニケーションや、別のコミュニティーとコミュニケーションを図ろうとすれば、それなりの“共通言語”が必要になる。
そういった“共通言語”を覚える一番の勉強の場は家庭でないのか。
家庭というのは、世代間交流の一番身近な場。
言葉とは、学校で教える以前に、日ごろの家庭での親子間のコミュニケーションの中で訓練されるものではないのかと思う。

昨今流行の友達親子などとと、親が子供におもねって、目上の人に対する言葉遣いですら家庭で教えない。
逆に、子供が使う言葉を知らないと、親の方を“遅れている”なんて評価する向きもある。
ヘンだよね。
そんなんだから子供が、子供の言葉しか知らなくなってしまうんじゃないかなぁ。。。

先日、と言ってもかなり前になるのだけど、皇太子の長女の敬宮の日常生活の一部が映像で公開されたけど、ちょっと違和感があったのが、敬宮が皇太子を「パパ」と呼んだ事。
こういう家庭でも、父親を「お父さん」と呼ばせる事はしないのだなと思ってしまった。。。
いい悪いではないけど、違和感があるなぁ。。。
今時なんだから、宮中言葉を使う必要はないと思うのだけど、こういった家庭であれば、子供であってもきちんとした“日本語”を使って欲しいなぁ。


言葉は生き物。
長い間に反対の意味に転じてしまった言葉もある。
憂えるなんてのも、「うれしい」が正解になる日がくるんだろうな。。。

言葉は生き物だけど。。。

来月、23日の日記で書いた雑誌とは別にの雑誌でもこのブログが紹介されるらしい。
その雑誌では、紹介されるにあたって、その雑誌への「一言」を120ワード程度で欲しいと言って来た。
う~ん。
120ワードって???
正直、困った(^^;
実は今まで、“何文字以内”でという原稿は何度か書いた事があるけど、基準が“ワード”?
文字数の制限はなし?
ワードというか、単語の数で文章を書いた事はないからなぁ。。。

なんて思っていたら、昨日のニュースでこんな記事があった。


「日本語力」低下 4年制私大、国立さえ… 「留学生以下」お寒い大学生

「憂える」=「喜ぶ」!?/短大生35%中学生レベル
 大学生の「日本語力」が低下し、中学生レベルの国語力しかない学生が国立大で6%、四年制私立大で20%、短大では35%にのぼることが独立行政法人「メディア教育開発センター」(千葉市)の小野博教授(コミュニケーション科学)らの調査で分かった。「憂える」の意味を「喜ぶ」と思いこんでいる学生が多いなど、外国人留学生より劣る実態で、授業に支障が出るケースもあるという。同教授は「入学後の日本語のリメディアル(やり直し)教育が必要」と指摘する。

 調査は十六年度に入学した三十三大学・短大の学生約一万三千人を対象に、中一から高三相当の問題を盛り込んだテストを行い、十四年度に中高生に実施したテスト結果と照らし合わせてレベルを判定した。

 その結果、中学生レベルと判定された学生は、五年前に行われた調査と比較して、国立大が0・3%から6%、私立大が6・8%から20%、短大が18・7%から35%と、数年間で大きく増加していることが分かった。

 テストでは「憂える」の意味を問う設問で、「中学生レベル」と判定された学生の三人に二人が「うれしい」に音感が近いためか「喜ぶ」を選択。「大学生レベル」とされた学生の中でも正答率は50%にとどまり、文字通り“憂える”結果となった。
 「懐柔する」は「賄賂(わいろ)をもらう」を選ぶ学生が多く、「大学レベル」の学生でも正答率は46%にとどまった。

 このテストでは、外国人留学生でも大学院生はほぼ全員が「高校レベル」をクリアしており、「留学生より日本語ができない学生が、相当数いるのが実情」(小野教授)という。

 国語力が低下した原因として、小野教授は「少子化のため、自己推薦など試験が必要ない入学や全員入学・定員割れが増加したことが日本語力の低下を招いている」とし、「入学後の早い時期に授業が理解できる高校生レベルまで、日本語力を伸ばすことが必要」とし、リメディアル教育の必要性を提言。

 リメディアル教育では、今年行われたテストで千二百人中二百七十人が中学生レベルと判定された埼玉県の大学が三カ月間、週に一度、ひらがな文を漢字かな交じり文に直したり、四つの単文を並べかえて文章にする訓練を行った。その結果、一部のテストで平均点が65点から96点になるなど短期間の訓練で、理解力が大きく伸びることが確認された。

 小野教授は「学生はダメだといわれているが、実際に(対策を)やってみると案外、伸びるという結果」とし、大学側が積極的に学生の日本語訓練に乗り出す時期にきていると指摘している。
     ◇
 【問題の例】
 ■露骨に
(1)ためらいがちに     (0%)
(2)おおげさに    (83.3%)
〔3〕あらわに     (16.7%)
(4)下品に         (0%)
(5)ひそかに        (0%)
 ■憂える
(1)うとましく思う  (16.7%)
(2)たじろぐ        (0%)
(3)喜ぶ       (66.7%)
〔4〕心配する        (0%)
(5)進歩する     (16.7%)
 ■懐柔する
(1)賄賂をもらう   (50.0%)
(2)気持ちを落ち着ける(33.3%)
(3)優しくいたわる  (16.7%)
〔4〕手なずける       (0%)
(5)抱きしめる       (0%)
(カッコ内は中学生レベルと判定された学生が回答した割合、〔 〕数字が正解)
 *小数点計算で合計は必ずしも100にならない
(産経新聞) - 11月24日3時0分更新



はっきり言って、この記事の趣旨が解りません。。。
高校で教えろっていっているのかなぁ?
例が悪いから、趣旨が解らないのか?

露骨、憂える、懐柔。。。
この辺の言葉って、新聞にも良く出てくる言葉。
滅多に使わない特別な言葉という訳ではないのになぁ。。。
ここの例に出ているような言葉は特殊な言葉ではないから、中学生で充分意味を知っているべき言葉だと思う。
だからこそ、「中学生レベル」なんて表現があるんじゃないのかなぁ。
高校は義務教育ではない。
高校に入学してから国語力を高める訓練をするのではなく、中学生のうちに訓練するべきなんじゃないかなぁ。
逆に言うと、高校にしても大学にしても、その程度の国語力の生徒で良いから入学を許可したのでしょう。
国語力の高い学生が欲しい学校は、相応の難しさの篩いをかけているはず。

それに留学生と比べるのヘンだ。
留学生って日本語をよく勉強している。
まともな学校に留学してくる子たちは、日本語検定を受けてから留学してくる。
日本の学生だって外国に留学する時は、例えばTOEICが900点と言うように留学先の言語を勉強し、ある程度のレベルに達していないと留学しない。
そういった意味では、「日本語が母国語ではない=日本語をよく理解していない」という図式は成り立たない。
出来の悪い日本人の子供と日本語力を比較するなんて留学生に失礼だ。


言語というのは、学問以前にコミュニケーションの道具。
コミュニケーションの道具である以上、そのコミュニティでしか通用しない言葉があってもしかるべきだとは思う。
子供同士のコミュニケーションでは、子供同士で通用する言葉を遣えばよい。
でも、世代を超えたコミュニケーションや、別のコミュニティーとコミュニケーションを図ろうとすれば、それなりの“共通言語”が必要になる。
そういった“共通言語”を覚える一番の勉強の場は家庭でないのか。
家庭というのは、世代間交流の一番身近な場。
言葉とは、学校で教える以前に、日ごろの家庭での親子間のコミュニケーションの中で訓練されるものではないのかと思う。

昨今流行の友達親子などとと、親が子供におもねって、目上の人に対する言葉遣いですら家庭で教えない。
逆に、子供が使う言葉を知らないと、親の方を“遅れている”なんて評価する向きもある。
ヘンだよね。
そんなんだから子供が、子供の言葉しか知らなくなってしまうんじゃないかなぁ。。。

先日、と言ってもかなり前になるのだけど、皇太子の長女の敬宮の日常生活の一部が映像で公開されたけど、ちょっと違和感があったのが、敬宮が皇太子を「パパ」と呼んだ事。
こういう家庭でも、父親を「お父さん」と呼ばせる事はしないのだなと思ってしまった。。。
いい悪いではないけど、違和感があるなぁ。。。
今時なんだから、宮中言葉を使う必要はないと思うのだけど、こういった家庭であれば、子供であってもきちんとした“日本語”を使って欲しいなぁ。


言葉は生き物。
長い間に反対の意味に転じてしまった言葉もある。
憂えるなんてのも、「うれしい」が正解になる日がくるんだろうな。。。

さて、どちらに転ぶかな?

相変わらすの不調な日々。
夕べ、お友達が見舞いに来てくれて少しだけ復活(笑)
夕べ来てくれたお友達以外にも、心配をしてくださった方々、ありがとうございます。


それでも今日は、洗濯機をかけて、掃除機をかけただけ。。。
要するに何もしていない。。。

珍しく、朝からお腹が空いていた。
で、朝ごはんは有機栽培の出雲蕎麦。。。
最近のマイブーム(?)は、有楽町にある“むらからまちから館”での、産直品のお買い物(笑)
ここは比較的早く店じまいするのだけど、金曜日は少しだけ早く帰れたので寄ってみた(^^)
ここは、日本各地の名産品を展示即売してる常設の物産館。
フロアは狭いので、それ程種類がある訳ではないし少々割高なんだけど、ここでのお買い物は楽しい。
北海道や九州の私の好きなものが手に入るし、お酒(地酒)も。。。

今日買ったのは、駿河湾の桜海老と、宮城 金華山の素網エビ。
それから、愛媛のジャコ天と、長崎 五島列島のよもぎかまぼこと、天草のあおさ海苔、北海道の生ハム。。。
居ながらにして日本各地のものが食べられる。
天草のあおさ海苔は、生のモノと乾燥のモノ。
甘みは生のモノがたかく、香りは乾燥のモノが高い。
ブレンドすると、単純なカツオ出汁に落としただけでも美味しいお澄ましができる。
さらに、この前買ってきたお味噌を加えれば。。。
1人で食べるのも勿体無いけど、これを食べないのはもっと勿体無いよね(笑)


朝ごはんに、有機栽培の出雲蕎麦。
お昼ごはんに、あおさ海苔と桜海老の入ったお好み焼き。
そして、夕ご飯は。。。(笑)
(夕ご飯はお酒。。。笑)

私は滅多に間食はしないのだけど、夕方、妹からのケーキの差し入れ。
この日記を読んで、“(今日は)出かけては居ない”と踏んだらしい。。。(笑)
“ル・パティシェ・ヨコヤマ”のケーキを買ってきた。
モンブランティフィン
言うまでもなくどちらも美味しい。
外見も、写真より美味しく見える(笑)
文句なく、美味しかったよ。

さて、体調不良とは言え、ウィークディにフルタイムで仕事をしている私は、日曜日にはそれなりに買い物にはでなくてはならない。。。
私の行っているGSでは、6月からガソリンの価格が上がる。
価格上昇分は4円。旧来の価格に比べて4%弱の値上げ。。。(108円/円→112円/l)
私は女性には珍しくハイオク車なので、更に。。。(114円→。。。)
出来る事なら、今月中に給油したい。。。(笑)
って、みんな考える事は一緒なのね(笑)

でも。。。
物価上昇率を大きく上回る価格上昇。。。
色々、漏れ聞く噂を聞くと、やっぱり、イラク戦争が遠因になっているよね。。。
もっと直接的に言うと、チェイニーとブッシュが儲ける為の値上げの仕組みだよね。。。
2度のオイルショックを経験した日本人がそのまま影響を受ける事は無いと思うけど、アメリカのマネーゲームに乗せられた値上げは。。。拒否。。。
さて。。。今回は有権者から拒否される?(笑)
どんな言葉で繕っても、ブッシュが、チェイニーが。。。
イヤ、そのどちらも、米軍の恥部を隠そうとするだろう。。。
英軍は、その部分は、本来の“紳士”を発揮して、なんらかのアクションを起こせないものか。。。

受け入れられないと言うのは簡単。
でも、モノが石油だから、単純の“(値上げを)受入れられない”と言う訳にはいかない。。。
さて、どうしようか。。。
電力やガス料金に直接影響する石油の市場価格。。。
さらなる不況下、インフレ突入か。。。さて、どちらに転ぶかな?
そして、私はどっちに日和る?(笑)


それこそが国民の知りたい事なんじゃないだろうか。。。

此処のところ、また体調がすぐれない。
天気が悪いわけではないのだけど。。。

今年になって2月の中旬からGWごろまで続いていた生理がやっと終わったと思っていたら、今週初からまた。。。
前回のは人並みの出血しかなかった(といっても、3ヶ月も毎日出血がある事自体、人並みを外れているが。。。)が、今回は、いつものような大量出血。。。
これで貧血にならないほうが不思議だ。。。
と言う訳で、今週はちょっと体力が無い。。。


土曜日に北朝鮮から帰って来た、拉致被害者のお子さん達。
やっぱり、毎日の様に報道されている。
犯罪の被害者だと言うだけで、どうしてこんなにも追いかけられなければならないのだろうか。
何を食べたとか、何処に行ったとか、そんな事を一々報道する必要があるのだろうか?
マスコミが言う“国民が知る権利”とは、こういう野次馬的な“知る”権利なのか?
いい加減、そっとしてやれないものか?
マスコミが追いかけて、彼らを有名人にする事が、彼らの為になるとでも思っているのか?

そういった報道を“野次馬”と思いながらも、毎日の様に彼らの姿をテレビで見ていると、毎日記者会見に応じている地村さんや蓮池さんが、本当に安心しきった、親らしい姿に変化してくるのが判る。
特に蓮池さんなんて、本当にいい笑顔になってきた。
親子が一緒に暮らせる事になって、本当に良かった。

ただ、だからこそ、こういった人の報道には気をつけるべきだと思う。
曽我さんだって、未だ安否が判らない被害者(と目される人)だっているのだから。。。

そして、今回子供を取り返した2組の家族だけで純ちゃんを評価するのもどうかと思う。
今頃になって、北朝鮮との会談を批判する報道も出てきている。
本来なら、その部分を、事実を曲げずに、正しく報道するのがマスコミの勤めだし、それこそが国民の知りたい事なんじゃないだろうか。。。

これが“評価”なのか?

今日の日経平均は、先週末に比較して31円高。
高々31円?と思う人も居るかもしれないけど、私的には、これが“評価なのか”と思う。
市場では、今回の純ちゃんの訪朝をそう悪く評価していないって事なのね。
悪く評価していれば、“政情不安定”で株価は下がるはず。
それが、少しでも上がる、或いは維持という事は、この7月の参議院選挙で自民党が勝つと市場が予想しているって事なのね。。。

昨日から今日にかけて、ニュース番組を標榜するワイドショー番組では、
“今回の純ちゃんの訪朝を評価するか?”
“今の内閣を支持するか?”
の2点に絞った世論調査をしている。
確かに、それらの結果は決して悪くない。
と、いうか、批判が少ない。
何でかな?

家の中に犯人が土足で入ってきて身内を誘拐していったのに、その被害者を帰してもらうには、余りにも下手に出すぎてない?
相手は、テロなのだから、もっと毅然とした対応を望まないのかしらん?
ヤクザがドンパチやっている中にノコノコ入っていって、流れ弾に当たったのとは訳が違う。。。


しかし、世論調査も安泰。
海外投資家をはじめとして、経済(株式)市場もそう悪い評価ではない。
としたら、やっぱり純ちゃんは運が強いんだn。

明日は飲み会。。。
仕事が山と積まれているのに、仕事より飲み会が大事とは。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top