Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

今日の怒りを忘れませんように。。。

北朝鮮から地村、蓮池夫妻のお子さんたちが日本に帰って来た。
彼らに“帰って来た”と言う表現は適当ではないのかもしれないけど、敢えてそう表現したい。
1年7ヶ月もの間、離れ離れになっていた親子が晴れて一緒に暮らす事ができるのだから、喜ばしい事だと思う。

一方で、曽我ひとみさんはお気の毒。
お子さんを取り戻した2家族と彼女が同じ部屋で日朝会談の結果を待っていたかと思うと、お互いにいたたまれない気持ちになったんじゃないかと思う。
これでまた、曽我さんだけが一人ぼっちに。。。
曽我さんも勿論お気の毒だけど、再開の喜びを表す事を抑えて素直に喜びきれない2家族もお気の毒に思う。
早くみんなが笑顔になれる日が来るといいと、心から思う。


さて、純ちゃん。
せっかく、夏の参議院選挙に向けてのポイント稼ぎに行ったのだろうけど、結果は。。。
はっきり言って、評価できない。
5人のお子さんたちは確かにつれて帰って来たけど、他は?
ジェンキンスさんやそのお子さんたちは戻って来なかった。
そして、特定失踪者は勿論、拉致被害者と認定されている10人の安否情報も掴めず。
何しに行ったのかしらね。

コメを送る手続きに行ったのかしら?
年間400万トンもの食料不足に悩む国に高々25万トンのコメを送ったところで、それが人道支援になるのか?
寧ろ、特権階級だけに食料を行き渡らせる結果になって、ますます庶民が疲弊するだけじゃないの?
食料支援をするなら、総書記退陣が条件なんじゃないの?
彼がTOPで居る限り、あの国は立ち直れない。
そして、勿論、彼がTOPで居る間にあの国に立ち直られたら、日本が困る。
であれば、政治家としても、善意の近隣国としても、総書記退陣を支援する事が彼の国に対する一番の“人道支援”の様に思う。
勿論、その為とは言え、某ワガママ国の様に他国に戦争を仕掛けていいとは言わない。
ここでこそ、純ちゃんの好きな“粘り強く対話していく”必要があるんでしょ。

今回の“交渉”は、相手が勝ち。
北朝鮮は、殆ど切り札を切らずに済んだ。
そして、食料を手に入れた。
未だ彼の手の内には切り札が沢山残っている。。。

マスコミに北朝鮮に行く事を公表して10日余り。
多分、世界で一番、交渉下手な日本政府。。。どんな準備をして出かけていったのだろう?
ジェンキンスさんに関しては、事前の電話会談でブッシュ君の“訴追しない”と言う言質が取れなかったのだろう。
だから、ジェンキンスさんは帰って来られなかった。
とすれば、彼の意思以前に、日本政府の不手際では?

でも、何よりも気になるのは、被害者を北朝鮮から返してもらう度に日本の総理大臣が迎えに行かなくてはならない前例を作ってしまった事ではないだろうか。
1回目は、それまで相手が拉致事件の存在すらを認めていなかったのだから、総理が行って認めさせた事で意味があった。
でも、2回目は、事前の根回しが無かったのか、機能しなかったのか。。。
被害者のお子さんを迎えに行くのは、外務省の役人でもいいのでは?
少なくとも、相手は“拉致犯”なのだから、犯人から人質を返してもらうのに総理が行く?
この後、200人とも500人とも言われる拉致被害者(一般には特定失踪者と呼ばれる)を返してもらう度に、その時の総理大臣が迎えに行くの?
なんだかなぁ。。。
そうならない為には、今回の件で純ちゃんは決して“評価されなかった”って事を北朝鮮に判らせる必要があるんだろうな。

夏の参議院選までに、日本の有権者が今日の怒りを忘れませんように。。。

そしてなによりも、今回帰国した5人の方々が無理なく日本での生活に慣れますように。。。

今日の怒りを忘れませんように。。。

北朝鮮から地村、蓮池夫妻のお子さんたちが日本に帰って来た。
彼らに“帰って来た”と言う表現は適当ではないのかもしれないけど、敢えてそう表現したい。
1年7ヶ月もの間、離れ離れになっていた親子が晴れて一緒に暮らす事ができるのだから、喜ばしい事だと思う。

一方で、曽我ひとみさんはお気の毒。
お子さんを取り戻した2家族と彼女が同じ部屋で日朝会談の結果を待っていたかと思うと、お互いにいたたまれない気持ちになったんじゃないかと思う。
これでまた、曽我さんだけが一人ぼっちに。。。
曽我さんも勿論お気の毒だけど、再開の喜びを表す事を抑えて素直に喜びきれない2家族もお気の毒に思う。
早くみんなが笑顔になれる日が来るといいと、心から思う。


さて、純ちゃん。
せっかく、夏の参議院選挙に向けてのポイント稼ぎに行ったのだろうけど、結果は。。。
はっきり言って、評価できない。
5人のお子さんたちは確かにつれて帰って来たけど、他は?
ジェンキンスさんやそのお子さんたちは戻って来なかった。
そして、特定失踪者は勿論、拉致被害者と認定されている10人の安否情報も掴めず。
何しに行ったのかしらね。

コメを送る手続きに行ったのかしら?
年間400万トンもの食料不足に悩む国に高々25万トンのコメを送ったところで、それが人道支援になるのか?
寧ろ、特権階級だけに食料を行き渡らせる結果になって、ますます庶民が疲弊するだけじゃないの?
食料支援をするなら、総書記退陣が条件なんじゃないの?
彼がTOPで居る限り、あの国は立ち直れない。
そして、勿論、彼がTOPで居る間にあの国に立ち直られたら、日本が困る。
であれば、政治家としても、善意の近隣国としても、総書記退陣を支援する事が彼の国に対する一番の“人道支援”の様に思う。
勿論、その為とは言え、某ワガママ国の様に他国に戦争を仕掛けていいとは言わない。
ここでこそ、純ちゃんの好きな“粘り強く対話していく”必要があるんでしょ。

今回の“交渉”は、相手が勝ち。
北朝鮮は、殆ど切り札を切らずに済んだ。
そして、食料を手に入れた。
未だ彼の手の内には切り札が沢山残っている。。。

マスコミに北朝鮮に行く事を公表して10日余り。
多分、世界で一番、交渉下手な日本政府。。。どんな準備をして出かけていったのだろう?
ジェンキンスさんに関しては、事前の電話会談でブッシュ君の“訴追しない”と言う言質が取れなかったのだろう。
だから、ジェンキンスさんは帰って来られなかった。
とすれば、彼の意思以前に、日本政府の不手際では?

でも、何よりも気になるのは、被害者を北朝鮮から返してもらう度に日本の総理大臣が迎えに行かなくてはならない前例を作ってしまった事ではないだろうか。
1回目は、それまで相手が拉致事件の存在すらを認めていなかったのだから、総理が行って認めさせた事で意味があった。
でも、2回目は、事前の根回しが無かったのか、機能しなかったのか。。。
被害者のお子さんを迎えに行くのは、外務省の役人でもいいのでは?
少なくとも、相手は“拉致犯”なのだから、犯人から人質を返してもらうのに総理が行く?
この後、200人とも500人とも言われる拉致被害者(一般には特定失踪者と呼ばれる)を返してもらう度に、その時の総理大臣が迎えに行くの?
なんだかなぁ。。。
そうならない為には、今回の件で純ちゃんは決して“評価されなかった”って事を北朝鮮に判らせる必要があるんだろうな。

夏の参議院選までに、日本の有権者が今日の怒りを忘れませんように。。。

そしてなによりも、今回帰国した5人の方々が無理なく日本での生活に慣れますように。。。

テロ(国家)には、くれぐれも毅然とした態度を貫いて欲しいものだわ

今日は早い時間からアクセス数がイヤに多いと思ったら、“雅子妃”での検索の多い事。
“雅子妃”で此処にたどり着いた方は、面倒をかけて申し訳ないけど、もう一度、ここの左上の“日記内検索”で検索しないと、肝心の記事は見られないですよ。



よど号犯の引き渡し要求へ 北朝鮮受諾の可能性も(共同通信)

 政府は18日、小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日総書記による日朝首脳会談で、拉致事件の関与が疑われている、よど号ハイジャック事件のメンバー小西隆裕容疑者ら4人の早期引き渡しを求める方向で検討に入った。


なんだなかなぁ。。。
今更よど号事件の犯人を尋問して、何が判ると言うのだろう。
勿論、彼らが加担した拉致事件の事件様子は判るかもしれないけど、今となってはそれが何になると言うのだろう。
北朝鮮の拉致の被害に遭った人は、200人とも500人とも言われているのに、彼らがその多くに加担したのらともかく、外国人で且つ犯罪者の彼らが外国(北朝鮮以外の地)でそれ程の働きをしたと思えない。。。

としたら、これって、北朝鮮に対する“支援”に他ならないのでは?
彼らよど号犯を自国に抱えている限り、北朝鮮は“テロ支援国家”のレッテルを貼られ続ける。
って、私は、拉致事件を起こしている時点で充分テロ国家だと思っているけどね。
それを剥がしてあげる手伝いえおする事にならない?

先のイラクの人質事件の時は“テロに屈しない”とキッパリと言い切った純ちゃんなのに、今度は、テロ(国家)を支援するの?それとも屈するの?
テロ(国家)には、くれぐれも毅然とした態度を貫いて欲しいものだわ。

今日の気になりニュースといえば、国民年金の事後納付の特例措置。
これもなぁ。。。
なんだか論点がずれている感じがする。
勿論、継続の希望がありながら払えなかった人には朗報になるのだろうが、なんか取ってつけた、充分議論されていない法案に感じるな。
これって、噂の国会議員救済法案?

年金問題では書きたい事満載で、切りがないのよね。。。
ちゃんと整理しないとね。
でも、不具合が出たところからその場しのぎの継ぎはぎ法案を作るのはいい加減止めた方がイイと思うけど。。。
この際、キチンと、1年ぐらいかけて、実効性の高い抜本改革の検討をした方がいいわよ。
今更、1年ぐらい、取りっぱぐれが延長されても大勢に影響しないでしょ。

テロ(国家)には、くれぐれも毅然とした態度を貫いて欲しいものだわ

今日は早い時間からアクセス数がイヤに多いと思ったら、“雅子妃”での検索の多い事。
“雅子妃”で此処にたどり着いた方は、面倒をかけて申し訳ないけど、もう一度、ここの左上の“日記内検索”で検索しないと、肝心の記事は見られないですよ。



よど号犯の引き渡し要求へ 北朝鮮受諾の可能性も(共同通信)

 政府は18日、小泉純一郎首相と北朝鮮の金正日総書記による日朝首脳会談で、拉致事件の関与が疑われている、よど号ハイジャック事件のメンバー小西隆裕容疑者ら4人の早期引き渡しを求める方向で検討に入った。


なんだなかなぁ。。。
今更よど号事件の犯人を尋問して、何が判ると言うのだろう。
勿論、彼らが加担した拉致事件の事件様子は判るかもしれないけど、今となってはそれが何になると言うのだろう。
北朝鮮の拉致の被害に遭った人は、200人とも500人とも言われているのに、彼らがその多くに加担したのらともかく、外国人で且つ犯罪者の彼らが外国(北朝鮮以外の地)でそれ程の働きをしたと思えない。。。

としたら、これって、北朝鮮に対する“支援”に他ならないのでは?
彼らよど号犯を自国に抱えている限り、北朝鮮は“テロ支援国家”のレッテルを貼られ続ける。
って、私は、拉致事件を起こしている時点で充分テロ国家だと思っているけどね。
それを剥がしてあげる手伝いえおする事にならない?

先のイラクの人質事件の時は“テロに屈しない”とキッパリと言い切った純ちゃんなのに、今度は、テロ(国家)を支援するの?それとも屈するの?
テロ(国家)には、くれぐれも毅然とした態度を貫いて欲しいものだわ。

今日の気になりニュースといえば、国民年金の事後納付の特例措置。
これもなぁ。。。
なんだか論点がずれている感じがする。
勿論、継続の希望がありながら払えなかった人には朗報になるのだろうが、なんか取ってつけた、充分議論されていない法案に感じるな。
これって、噂の国会議員救済法案?

年金問題では書きたい事満載で、切りがないのよね。。。
ちゃんと整理しないとね。
でも、不具合が出たところからその場しのぎの継ぎはぎ法案を作るのはいい加減止めた方がイイと思うけど。。。
この際、キチンと、1年ぐらいかけて、実効性の高い抜本改革の検討をした方がいいわよ。
今更、1年ぐらい、取りっぱぐれが延長されても大勢に影響しないでしょ。

余りにも悲しすぎる。。。


ヘギョンさん訪日「反対」 横田さんが首相に要望書 (共同通信)

 拉致被害者横田めぐみさん=失跡当時(13)=の弟の横田拓也さん(35)が19日、内閣府の支援室を訪れ、めぐみさん救出を最優先とし、娘キム・ヘギョンさん(16)の訪日を日本政府から北朝鮮に要請しないよう求める家族連名の要望書を提出した。


なんだか悲しいなぁ。。。
肉親なんだから、本当はすごく会いたいはず。
前にも、横田滋さんは記者会見で“正直言って逢いたい”と言って涙を流した事があった。

それでも、家族会の幹事と言う責任感なのか、本音を抑えてと思えるご家族発言が悲しい。
めぐみさんの帰国だけではないのは勿論だけど、この自分を殺したご家族に本当に笑顔が戻る日を祈る。


純ちゃん、この訪朝は、よっぽどの成果を上げないと成功とは言えないし、一国の首相が行うTOP外交ではないよ。
心してかかってね。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top