Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

余りにも悲しすぎる。。。


ヘギョンさん訪日「反対」 横田さんが首相に要望書 (共同通信)

 拉致被害者横田めぐみさん=失跡当時(13)=の弟の横田拓也さん(35)が19日、内閣府の支援室を訪れ、めぐみさん救出を最優先とし、娘キム・ヘギョンさん(16)の訪日を日本政府から北朝鮮に要請しないよう求める家族連名の要望書を提出した。


なんだか悲しいなぁ。。。
肉親なんだから、本当はすごく会いたいはず。
前にも、横田滋さんは記者会見で“正直言って逢いたい”と言って涙を流した事があった。

それでも、家族会の幹事と言う責任感なのか、本音を抑えてと思えるご家族発言が悲しい。
めぐみさんの帰国だけではないのは勿論だけど、この自分を殺したご家族に本当に笑顔が戻る日を祈る。


純ちゃん、この訪朝は、よっぽどの成果を上げないと成功とは言えないし、一国の首相が行うTOP外交ではないよ。
心してかかってね。

国民の“物忘れの早さ”に期待したもの?

一昨日、爪が折れてしまって、キーボードを叩くのが不自由。。。(>_<)
爪が折れる以前に私のキーボードは、キーの文字が消えていて、ブラインドタッチ状態。。。
もう20年近くキーボードを触っている身でも、完全にブラインドタッチとなるとなかなかキーの配置がつかめなかったりする。。。(^_^;)


ところで、民主党は一郎君が党首辞退したあとに克也君が党首になるらしいね。
なんとなく、一郎君のあざとい動きと感じたのは私だけ?
ニュース系のワイドショーで言われるように、これが一郎君の“差し違え”の意図としたら、それは空振り?純ちゃんには通じない。。。

そもそも、国会議員が任意加入になったのって、“国会議員が議員年金と国民年金の両方を受け取るのはケシカラン”と言う議論から発したのでしょう?
であれば、その当時、議員年金がもらえない当選10年未満の議員は加入してもいいけど、それ以上当選(する自信のある)“議員は国民年金に加入すべきでない”のが国会議員としての良識。
その期間に加入していた事を責められるのであればまだしも、加入していなかった事を責められるのは良く解らない。
寧ろ、その期間に加入していた議員は二重取りを目論んだ訳で、その事の方が責められるべきだと思うけど。。。
そういった意味では、刺し違えは議論の論点を外したもので、寧ろ純ちゃんに不毛の論戦を仕掛けられた一郎君の負けかもしれない。

でも、克也君ははっきり言って貧乏くじを引いたように思う。
尤も、ご本人が一番、そう思っていると思うけど。。。
任期が9月までで、その間には参議院選挙もある。
今のままでは、大勝は望めない。
自身の問題を超えて、責任が付きまとう。
これが一郎君なら責任が半分になるかもしれないが、克也君では旧執行部の責任も負わなければならない。
民主党で、誰もが手を上げなかった党首選とは言え、背負う十字架は大きいように思う。。。
さて、国会議員の“任意加入期間”に、当時在職10年以上の議員が加入していた事を国民がどう判断するか。
それ以前に、物忘れの早い国民は、彼らが“入るべきではない”と判断されていたことを忘れているのかもしれないが。。。
そういった意味では、今回の一郎君の辞退は諸刃の剣かもしれない。
国民の“物忘れの早さ”に期待したものだから。。。


それにしてもなぁ。。。
議員センセも官僚と同じ?一度上奏した法案は廃案には出来ない?
国民の7割が差し戻しを期待しているのに、廃案にできないって何故?
議員センセも国民から遠く離れたところに住んでいるって事なのかしらね。。。


国民の“物忘れの早さ”に期待したもの?

一昨日、爪が折れてしまって、キーボードを叩くのが不自由。。。(>_<)
爪が折れる以前に私のキーボードは、キーの文字が消えていて、ブラインドタッチ状態。。。
もう20年近くキーボードを触っている身でも、完全にブラインドタッチとなるとなかなかキーの配置がつかめなかったりする。。。(^_^;)


ところで、民主党は一郎君が党首辞退したあとに克也君が党首になるらしいね。
なんとなく、一郎君のあざとい動きと感じたのは私だけ?
ニュース系のワイドショーで言われるように、これが一郎君の“差し違え”の意図としたら、それは空振り?純ちゃんには通じない。。。

そもそも、国会議員が任意加入になったのって、“国会議員が議員年金と国民年金の両方を受け取るのはケシカラン”と言う議論から発したのでしょう?
であれば、その当時、議員年金がもらえない当選10年未満の議員は加入してもいいけど、それ以上当選(する自信のある)“議員は国民年金に加入すべきでない”のが国会議員としての良識。
その期間に加入していた事を責められるのであればまだしも、加入していなかった事を責められるのは良く解らない。
寧ろ、その期間に加入していた議員は二重取りを目論んだ訳で、その事の方が責められるべきだと思うけど。。。
そういった意味では、刺し違えは議論の論点を外したもので、寧ろ純ちゃんに不毛の論戦を仕掛けられた一郎君の負けかもしれない。

でも、克也君ははっきり言って貧乏くじを引いたように思う。
尤も、ご本人が一番、そう思っていると思うけど。。。
任期が9月までで、その間には参議院選挙もある。
今のままでは、大勝は望めない。
自身の問題を超えて、責任が付きまとう。
これが一郎君なら責任が半分になるかもしれないが、克也君では旧執行部の責任も負わなければならない。
民主党で、誰もが手を上げなかった党首選とは言え、背負う十字架は大きいように思う。。。
さて、国会議員の“任意加入期間”に、当時在職10年以上の議員が加入していた事を国民がどう判断するか。
それ以前に、物忘れの早い国民は、彼らが“入るべきではない”と判断されていたことを忘れているのかもしれないが。。。
そういった意味では、今回の一郎君の辞退は諸刃の剣かもしれない。
国民の“物忘れの早さ”に期待したものだから。。。


それにしてもなぁ。。。
議員センセも官僚と同じ?一度上奏した法案は廃案には出来ない?
国民の7割が差し戻しを期待しているのに、廃案にできないって何故?
議員センセも国民から遠く離れたところに住んでいるって事なのかしらね。。。


お祝い、ありがとうございます。

今日は、42歳の誕生日だった。
このBBSやインフォのBBS、GREEの寄せ書きやメールなど、色々な形でお祝いを下さった皆様、ありがとうございます。
思いがけなく多くの方にお祝いを頂いて、ありがたいと思うと同時に少々ビックリしています。

それにしても。。。
彼氏君ったら、全く忘れている様子。
ここ3年ほど、すっかり忘れて後から。。。って事が多い。
もう諦めたけどね。
今日は、風邪を引いて熱を出したというのだけど、まったく、間の悪いオッサンだこと。。。(ーー;)


先週からの話題の一つに皇太子の発言問題がある。
今日は、天皇が皇太子の発言について真意を説明するようにと言ったとか言われている。
皇太子は、先の会見では、雅子妃の“皇室外交”が叶わなかった事を例に挙げていたが、本当の所、雅子妃が宮内庁に“人格を否定された”のはその事が主要因ではないだろう。
“男子(世継ぎ)も産めないのに、何が皇室外交だ”と言われたのだろうとは、だれもが察するところだろう。

先週の皇太子の会見以降、東宮大夫や宮内庁長官、今日は次官までが会見をしたらしいが、彼らの会見はいずれも“異例”と言われている。
過去に定例の会見以外で会見をしたことがなかったらしいが、他の官庁であればそんな事ありえない。
会見なんて必要に応じてするもので、定例以外したことがないなんて、その方が“異例”だ。
本当に定例会見以外で会見が無かったとしたら、皇室の方々はそれこそ、官庁職員に決められた事以外にどんな事もできなかったという事になる。

今回の件でも、東宮大夫が皇太子夫妻とのコミュニケーションについて問われていたが、そもそも“側近”と言う立場なら、“皇太子の真意が解らない”と発言する事自体が恥ずべき事なんじゃないかな。
彼らは外界(一般世間)との接触は絶たれていて、宮内庁が決めた“側近”としか日常的には接していないのだから。。。
いわば、唯一接している、そして彼ら夫妻の身の回りを見ている人間がその気持ちを汲めないと言うのは、職務怠慢に他ならない。

それにしても、皇室と言う特異事情はあるにしても、女性を子供を産む道具としか考えない人たちっているのよね。。。
これだけ女性の生き方が多様化していても、それは変わらないらしい。
そういう私も、この年齢で、今更の結婚は躊躇する。
その第一の理由は子供を生むことが望めないから。

結婚が子供を生むためのものと言う訳では無いけれど、やはり重要な一要因になる。
昔、人は何故生きるのか?と考えた時期があった。
それを“ヒト”を超えて、“生き物”と広げたら、次世代に種を残す為に生きるのだとろうと思った。
そういった意味では、結婚とは種を次世代に残す為の合理的な仕組みだった。
跳ねっかえりな私は、そういった仕組みに組み入れられるのは抵抗があった。
今、結婚していないのは、それだけが理由ではないけどね。。。

でも、ヒトが人間である以上、それ以上の事があるはずで、勿論、結婚している以上子供を持つことを望み、期待される事も仕方がない。
でも、子供を持ちたくても持てない人も数多く居る中、子供を、それも男の子を持てないことでその女性を人として否定してしまうのはどうかと思う。
どこかのワイドショーのコメンテーターが、
“皇室は国民の象徴と憲法で規定されている。
 その皇室を(人格)否定する事は、彼らが代表している国民をも否定する事”
といっていた。
私はその解釈に大きく肯く。
皇室が国民の象徴であれば、子供を望んでも持てない夫婦があってもしかるべく。
それを否定してまうのは、子供を望んで持てない夫婦を否定する事になってしまう。
いい加減、女性が子供を産む道具と言う価値観を捨てて欲しいと思う。

皇太子の発言の真意を解らないと発言したのは東宮大夫1人ではない。
この1週間に“異例”の会見をした男性たちは皆一様に言っていた。
これって、男性だから判らないの?
それとも知っていて、知らぬ振りをするの?

今回の皇太子の発言は、周りに気を遣った結果なのか、返って解り難い発言だったのは否めない。
まるで、雅子妃が海外に出られなかった事が彼女の憂鬱の原因かのような言い方だったから。
それだけなら、彼女はそんなに“海外に行きたかったの?”で済まされてしまう。
そういった意味では、雅子妃の名誉の為にも、もう一度会見はして欲しいと思う。
そして、女性を子供を産む道具と考えている人たちに一石を投じて欲しいと思う。。。

##オマケ
 妹からの誕生日のプレゼント
 

 ベランダに咲いた、ミニダリア
 

お祝い、ありがとうございます。

今日は、42歳の誕生日だった。
このBBSやインフォのBBS、GREEの寄せ書きやメールなど、色々な形でお祝いを下さった皆様、ありがとうございます。
思いがけなく多くの方にお祝いを頂いて、ありがたいと思うと同時に少々ビックリしています。

それにしても。。。
彼氏君ったら、全く忘れている様子。
ここ3年ほど、すっかり忘れて後から。。。って事が多い。
もう諦めたけどね。
今日は、風邪を引いて熱を出したというのだけど、まったく、間の悪いオッサンだこと。。。(ーー;)


先週からの話題の一つに皇太子の発言問題がある。
今日は、天皇が皇太子の発言について真意を説明するようにと言ったとか言われている。
皇太子は、先の会見では、雅子妃の“皇室外交”が叶わなかった事を例に挙げていたが、本当の所、雅子妃が宮内庁に“人格を否定された”のはその事が主要因ではないだろう。
“男子(世継ぎ)も産めないのに、何が皇室外交だ”と言われたのだろうとは、だれもが察するところだろう。

先週の皇太子の会見以降、東宮大夫や宮内庁長官、今日は次官までが会見をしたらしいが、彼らの会見はいずれも“異例”と言われている。
過去に定例の会見以外で会見をしたことがなかったらしいが、他の官庁であればそんな事ありえない。
会見なんて必要に応じてするもので、定例以外したことがないなんて、その方が“異例”だ。
本当に定例会見以外で会見が無かったとしたら、皇室の方々はそれこそ、官庁職員に決められた事以外にどんな事もできなかったという事になる。

今回の件でも、東宮大夫が皇太子夫妻とのコミュニケーションについて問われていたが、そもそも“側近”と言う立場なら、“皇太子の真意が解らない”と発言する事自体が恥ずべき事なんじゃないかな。
彼らは外界(一般世間)との接触は絶たれていて、宮内庁が決めた“側近”としか日常的には接していないのだから。。。
いわば、唯一接している、そして彼ら夫妻の身の回りを見ている人間がその気持ちを汲めないと言うのは、職務怠慢に他ならない。

それにしても、皇室と言う特異事情はあるにしても、女性を子供を産む道具としか考えない人たちっているのよね。。。
これだけ女性の生き方が多様化していても、それは変わらないらしい。
そういう私も、この年齢で、今更の結婚は躊躇する。
その第一の理由は子供を生むことが望めないから。

結婚が子供を生むためのものと言う訳では無いけれど、やはり重要な一要因になる。
昔、人は何故生きるのか?と考えた時期があった。
それを“ヒト”を超えて、“生き物”と広げたら、次世代に種を残す為に生きるのだとろうと思った。
そういった意味では、結婚とは種を次世代に残す為の合理的な仕組みだった。
跳ねっかえりな私は、そういった仕組みに組み入れられるのは抵抗があった。
今、結婚していないのは、それだけが理由ではないけどね。。。

でも、ヒトが人間である以上、それ以上の事があるはずで、勿論、結婚している以上子供を持つことを望み、期待される事も仕方がない。
でも、子供を持ちたくても持てない人も数多く居る中、子供を、それも男の子を持てないことでその女性を人として否定してしまうのはどうかと思う。
どこかのワイドショーのコメンテーターが、
“皇室は国民の象徴と憲法で規定されている。
 その皇室を(人格)否定する事は、彼らが代表している国民をも否定する事”
といっていた。
私はその解釈に大きく肯く。
皇室が国民の象徴であれば、子供を望んでも持てない夫婦があってもしかるべく。
それを否定してまうのは、子供を望んで持てない夫婦を否定する事になってしまう。
いい加減、女性が子供を産む道具と言う価値観を捨てて欲しいと思う。

皇太子の発言の真意を解らないと発言したのは東宮大夫1人ではない。
この1週間に“異例”の会見をした男性たちは皆一様に言っていた。
これって、男性だから判らないの?
それとも知っていて、知らぬ振りをするの?

今回の皇太子の発言は、周りに気を遣った結果なのか、返って解り難い発言だったのは否めない。
まるで、雅子妃が海外に出られなかった事が彼女の憂鬱の原因かのような言い方だったから。
それだけなら、彼女はそんなに“海外に行きたかったの?”で済まされてしまう。
そういった意味では、雅子妃の名誉の為にも、もう一度会見はして欲しいと思う。
そして、女性を子供を産む道具と考えている人たちに一石を投じて欲しいと思う。。。

##オマケ
 妹からの誕生日のプレゼント
 

 ベランダに咲いた、ミニダリア
 

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200   

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top