Home > 01.時事寸評 Archive

01.時事寸評 Archive

お役人から罰金を取りたいぐらいだわ(笑)

今日は前の職場に出勤するので、朝が幾分遅い。
今週から行き始めた新しい職場だと、今までより1時間半早く出なければいけないので、朝からワイドショーを見ることもないのだけど、今日はいつもの様にワイドショーを見ながら出勤の仕度をしていた。

テレビでは相変わらず年金の未納問題が喧しい。
昨日は公明党幹部が総崩れ(未納期間あり)だったらしくて、直人君には“党首として襟を正せ”と公然と党首交代すべしと言っていたイカンザキ君、自分の番になると甘甘の処分でお茶を濁しちゃったのね。。。(苦笑)
これで国会議員の国民年金の納付について公表をしていないのは自民党だけになった。
今朝のワイドショーのコメンテーターの経済ジャーナリスト君は、“かなりの精度で、小泉総理か安倍幹事長が未納なのだろう。公表できないのは、小泉総理の進退問題になる可能性があるから”と言っていた。

果たして、純ちゃんに未納期間があった事がバレてしまったね(苦笑)
普ちゃんならともかく、純ちゃんはずっと“調べて大丈夫だった”と言い切っていたから、ちょっとカッコ悪いよね。。。
それにしてもボロボロ良く出てくるよね。
今日までで、未納・未加入が発覚したのが110人を超えたらしい。
これじゃ、国民に納めてくれなんて言えないね(笑)

大体さ、“制度が複雑”だなんて言っているけど、制度を複雑にしたのは誰?と聞きたいものだ。
作った本人でさえ理解しないシステムを、彼らが“バカ”と呼ぶ国民に押し付けて、そのおバカさんたちが解ると思う?(笑)
その複雑さだって、議員センセより、専業主婦の方がずっと複雑なのよ。
はっきり言って、“複雑”と言えるのは、専業主婦の置かれている制度だけなのに。。。
専業主婦の方は、旦那様が転職したり、リストラなんかで会社を退職している期間があったりすると、3号被保険者と1号被保険者を行ったり来たりしなければならないし、旦那様の就職先によっては、3号になったり1号になったりする。
だから仕組みを充分知っていないと、納付漏れや加入漏れが出来たりするよね。。。


ところで、純ちゃんの未納問題って、本当に未納?
この部分に関してはあまり詳しくないのだけど、学生が任意加入だった時期に“浪人生”は強制加入だったの?
浪人生って、学生扱いされなかったのかしら?
私も任意加入の時期には年金には加入していなかったけど、幸いな事に私は浪人はしなかったので未加入期間はない。
私が大学を卒業した年から、学生も強制加入(納付免除の制度あり)になったから、私より4つ下以降の年代の人にはこんな問題はないハズ。
でも、私と同じような年齢、あるいは年上の人で浪人の経験がある人で払っていない人って多いかもね。
まぁ、親御さんがご存知で払っていると言う人が多いのだとは思うけど。

さて、厚生労働省は、未納者の罰金を引き上げるとか。。。
作った人でも解りにくくて納付できないような制度なのに?
制度を改めるよりも、徴収強化?
自分たちの天下り先が危ういから、それで未納者の罰金を引き上げる?
トンでもない。

未納問題でどっかのニュースキャスターが番組を休んでいるらしい。。。
って、それも1人じゃなくて、2人、3人。。。
でもさぁ、テレビタレントが番組を休む様な問題?
未納問題って、“未納”って事自身も決して褒められるような事では無いことは確かなのだけど、誰かが仕事を休めば済むと言うような問題ではないと思うな。
未納期間が出来てしまう事が問題なんじゃないの?
未納が起きないような制度にすべきなんじゃないの?
そういう意味では、何かある度に切り貼り的に制度の部分修正をして、自分たちでも充分説明出来なくしてしまった厚生労働省のお役人に、キチンと身を正してもらいたいものだわ。
寧ろ、解り難い制度を作ったお役人から罰金を取りたいぐらいだわ(笑)

執着と正気。。。

今日は風が強い。
テレビで見る限り東京は雨が降っているようだけど、千葉は未だ降っていない。
それでも、風が吹き荒れている。

今日はクローゼットの片付け。
本来、“ウォーキング”クローゼットのはずなのに
足の踏み場もなく、服が詰まっている。
そろそろ、着ない服は捨てないと、私の家がごみ箱そのものになってしまう。。。(-_-;)
それにしても、何でこうも捨てられないんだろう。。。
クローゼットに入っている服を見ると、今じゃ着られないサイズのものばかり。
多分、もう2度と着られないだろう。
なのに捨てられない。

勿論、DKNYやソニア・リキエルのようなデザイナーズのスーツ等の高くて勿体無いと思うようなものもあるけど、そうでない安い服もある。
でもね。。。
私のサイズに合わなくなったと言うだけで、物理的には未だ着られる服を捨てるのは抵抗あるなぁ。。。
といっても、デザイナーの服なんて、2、3年経ったものはデザイン遅れで着られないのだけどね(苦笑)
この捨てられてないと言う気持ちは執着?(苦笑)


テレビでは、米軍による捕虜虐待問題が喧しい。
虐待という言葉が適当か否かについては議論の余地が有るだろうけど、いかにも語彙の少ない今のマスコミらしい報道だなと思う。
イラクとアメリカは未だ戦闘状態にある。
実際、ファルージャに関しては、“停戦中”と報道されている。
停戦というのは、その前提が戦争中であると言う事。
だったら、虐待というより、拷問されたと言うのが実態なんじゃないかと思う。
実際、海外メディアお報道では“拷問”と報道されているようだ。

捕虜に関しては、虐待も拷問もすべきではないのは勿論。
でも、人が人を殺し、極論で言えば最後に残った1人のチーム(国・軍)が勝ちという勝負。
最後の1人になるまでは、何でもあり得るんじゃないだろうか。
既に、“人が人を殺す”事を始めた時点で、狂気に取り付かれているのだから。。。
戦争にキレイなものはない。
ブッシュがどんな釈明をしても虚しいだけ。
あるいは、徴兵すら逃れている、ブッシュやラムズヘルド君は“軍”や“戦争”の実態を知らないだけ。

アメリカの高官で、“(9.11の事件で)アメリカは国土を攻撃されたのだから多少狂気に陥っても仕方が無い”と言ったバカが居たらしいが、アメリカは今までほかの国にそういう事をしてきた。
彼の言い分を言い換えると、広島、長崎に原爆を落とされた日本が、民族を分断された朝鮮が、ベトナムが、そして今、正に国土を踏みにじられ、攻撃されてているイラクがアメリカに対して狂気を持ってイイと言っている事になる。
アメリカはそれを許せるのか。
アメリカは、それまで他国に、多民族にしてきた事の報いを受けているに過ぎないのに。。。

こんなマイナスの連鎖はどこかで断ち切らないといけない。
当事者が早くそのことに気が付いて、“正気”になる事を祈るしかないのか。。。

自宅からのネット接続が出来なくなってしまった。。。
光接続用のモデムが壊れたらしい。。。
復旧はいつになるやら。。。
最短でも、来週の中頃になってしまうんだろうな。。。
それまでは、今までに増して、更新が滞ります。。。m(__)m

未だに“外国”コンプレックスを引きずっているのかしらん

七詩さん 「人質の会見など~旅行していた間の新聞を読んで 」


まず、あの人質の会見、リアルタイムで読まなくて本当によかった。不愉快すぎる。あの3人をもちあげたような海外メディアの発言ばかりをマスコミはこぞってとりあげるのに、こんな海外の目もあることは、なぜ誰も紹介しないのだろうか。本当に不思議である。
http://straitstimes.asia1.com.sg/news/story/0,4386,248940,00.html
なにかマスコミの扱いも遅れた日本社会の意識とそれを批判的な目で見る海外メディアという図式をことさらつくりたがっているようにしか思われない。

全く同感です。
此処のところ、マスコミでは“人質をバッシングする日本人はおかしい”的な海外の報道を取り上げて報道する事が多いように思う。
本当に海外のマスコミが、日本の社会や世論を批判するばかりであるかの様に。

私は外国語には明るくないので、海外メディアの記事は日本で報道されるものを見る。
CNNなどを見るのは海外に居る時に限られる。
なので、日本で報道される事が海外で報道される全てとまでは言わないが、そういう傾向があるのだろうぐらいには思ってしまう。
同じように、海外のメディアは今回の事件についてどの程度の認識で報道をしているのか疑問に思う。
犯人がFAXを使っていたり、日本語を使っていたり、とてもイスラム戦士とは思えない(と言うか、外国人に思える)言動だけでなく、彼らの家族が日本政府にたして突きつけた要求などを。
彼ら海外メディアは、自国の国民が同じような事件に遭ったとしても、自身が主張するような報道姿勢が取れるのだろうか?

こういった報道で引き合いに出される、コメントを寄せる著名人も同様。
政府関係者に至っては、自国政府の外交政策を根本からひっくり返すような要求を、当事者であるイラク人やイスラム戦士とは思われない犯人に要求される事を素直に受け入れられるのだろうか?
どうも事象の表面しかしらずに、コメントを寄せているようにしか思えない。
或いは、パウエル君の発言の様に、同時に発せられた自衛隊派遣や日本政府についての肯定的な発言を全くカットされているのかもしれない。

> そしてそんな外国メディアの論調を紹介し、欧米ではこういっているぞ式の報道をする日本マスコミも、なにかトラの威をかりるようで哀しい。

全くです。
自身に権威がなくなってしまったものだから、海外メディアを引き合いに出して自身の権威付けをしているような。。。
全く哀れだと思ってしまいます。。。
“海外”メディアに権威を感じてしまうなんて、日本のマスコミは未だに“外国”コンプレックスを引きずっているのでしょうか。


それにしても、この件に関してもマスコミは“ネット悪者論”を展開していますね。
ネットが先行して人質を悪者扱いしたと。
以前はマスコミが世論を操作できたのに、最近はネットで一般人が事象を知らしめたり、自由に意見を発したりできる。
此処で、“だからネットはダメなんだ”としておかないとマスコミの存在価値ですら危うくなると言う危機感なんでしょうか。。。(苦笑)
事実を恣意的に伝え、正しく報道しないその姿勢が自らの存在価値を貶めている事に気が付いていない。
それこそが一番の問題だと思いますよ。

件の3人の記者会見については、当人たちのジャーナリストとボランティアがあたかも特権階級だと勘違いしているかの様子に腹が立ちました。。。
ボランティアも確かに志は立派だと思うけど、他人に迷惑をかける(かけた)事をどう思っているのか、その辺りをキチンと説明して欲しかった。
ジャーナリストは、命を賭けて危険地域で仕事をしているのだろうから“批判は心外”と言うのではなく、他のジャーナリストの様に“万が一の事があっても助けは無用。”と言って出て行くべきではないのか。
それは極端にしても、自己責任とはリスクは自分で負うと言う事なのだから、どういうリスクを想定していたのかを説明すべきだと思う。
それが、彼の“自己責任”だと思うのだけど。。。
さらに、18歳の子供に対しては、“危険”だからと同行を止めるべきではなかったのか。
それは、自己責任ではなく、“大人”の責任として。

さらに、彼らは結果責任も果たしていない。
彼らが日本政府に助けられる事を望んでいなかったのだとしても、助けられた以上は事件を明らかにする為に事情聴取に応じるべきではないのか。
でないと、彼らも共犯と言われても仕方がないんじゃないかと思う。

この個人情報は何処から漏れたのだろうか?

年金未納(未加入)兄弟、続々だね。
今日はゆっぴぃや紘一君まで告白したらしいね。
紘一君は、明確に、閣僚になったから公務員共済の年金に入ったと誤解していたと釈明していたらしい。
だから、判り難い制度を作っちゃいけないよね(苦笑)

それにしても。。。
今日、あるTV番組で、現役の国会議員が、国民年金を“沢庵定食”、議員年金を“刺身定食”と表し、“議員は刺身定食があるから沢庵定食を軽視しているのだろう”と言っていた。
彼の表現は的を得ているのだろうけど、そして彼の真意は“だから、議員年金はなくすべき”だったのだろうけど、当事者が言っちゃいけないよね。
反感を買うだけ。

本来、公僕であるはずの彼らが、何故優遇されているのか。
公僕なんて言葉は既に死語なのだろうけど、彼らは国民の痛みを自身の痛みとして感じられないほどに、その感覚が麻痺している。
麻痺させてしまったのは私たち選挙民なんだろうけど。。。
個人的には、首相や閣僚が高給を受け取るのは仕方がないと思っている。
報酬は、その責任の対価なのだから。
でも、年金はどうなのかなぁ。。。?
在職中にその対価を受け取っているのであれば、離職後にその恩恵は必要?
離職後であれば、一般国民と同じ国民年金で充分だと思うけど。。。

私は会社員なので、国民年金ではなく厚生年金に入っている。
厚生年金は収入に比例して保険料を納めるので、年度末に残業の多い私は収入の実態に比例していないのだけど保険料が高い。
国民年金の13300円よりはかなり高く納めている。
高く収めている分、今の制度では、国民年金よりは将来の支給年金額が多い計算になっている。
それでも、私は独身なので年金だけでは生活はムリ。
国民年金である基礎部分だけでなく、厚生年金(上乗せ分)や年金基金を受け取ったとしてもだ。
年金は、夫婦2人分が支給されてでそれなりの生活ができるように設計されているから。

独身者への支給金額への不満はさておき、議員センセイ達が国民年金だけで生活が難しいと考えるなら、制度を考える彼らが生活できる年金制度を設計するべきだ。
そして、今の様にプロでも判り難い年金制度を素人や子供でも判るような年金制度に改めるべきだ。
“自分の事”と捉えていないから、あんないい加減な制度になるのだから。。。
国会議員に関しては、立候補する時に学歴を届け出るのではなく、納税と年金の納付履歴を届け出るべきだよね。


最近のBBSへの書き込みを読んで不思議に思う事が一つ。
先日の私の日記で“手続きは自分で”と書き、“行政は何もしてくれない”と書いたのだけど、“行政が国民年金への加入を知らせてくれた”という方があった。
他の方の日記でも同様の記述を見たのだけど、どうなんだろう?

20歳になった人に対して、“年金”の加入を促す連絡があるのは理解できる。
でも、その人が国民年金への加入義務者である学生なのか、既に厚生年金加入者である就労者なのかを何処で判断しているのだろうか。
今の住基ネットや税金のシステムでは正確に把握する事はできない。
まして、厚生年金に加入している(従業員5名以上だったかな?)会社に勤めていた人が、会社を辞めて次に厚生年金に加入している会社に就職したのか、或いは加入していない会社に就職したのか、そもそも就職していないのかをどうやって把握するのだろう?
そして、その間が何日あったのかを行政はどうやって把握するのだろうか?
当事者が届け出る前に行政が知っていたとしたら、この個人情報は何処から漏れたのだろうか?
かなり不思議だ。

ある期間を過ぎた後に社会保険庁が把握するのは判る。
でも、それもある程度の期間を過ぎた後のこと。
勿論、前の厚生年金を脱退した事は判るよ。
それでも、当事者が手続きをしないのに、次の年金が厚生年金なのか国民年金なのかをどうやって判るのかな?
ここの読者さんで、社会保険庁や行政(地方自治体)の年金徴収関係者がいらしたら、是非教えていただきたい。
眠れない程の疑問。。。と言うのは大げさだけど、本当に不思議でしょうがない。。。

   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   160   161   162   163   164   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178   179   180   181   182   183   184   185   186   187   188   189   190   191   192   193   194   195   196   197   198   199   200

Index of all entries

Home > 01.時事寸評 Archive

Search
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top