Home > Archives > 2005年1月 Archive

2005年1月 Archive

明けましておめでとうございます


あけましておめでとうございます。

昨年もつぶやきにお付き合い下さった皆様、ありがとうございます。
更新が遅れがちで申し訳なく思っています。

今年はなるべく更新が遅れ無いようにとは思います。
宜しくお付き合い下さいませ。


此処を読んで読んでくださる皆様の新しい年が、よい年でありますように。


  

今年もいつもの様に平和なお正月

お正月は毎年の通り実家で過ごしている。
暮れからお正月にかけてまとめて(笑)


大晦日。
お昼過ぎに霙交じりの雨が降り出した。
心配性の母が、「雪が降る前に帰って来い」と電話をかけてきたのだけど、こっちも予定があるのよね。。。
って、掃除が未だ終わっていないだけなんだけど(笑)

前もって掃除をしていても、キッチンなんかの水周りと床はやはり今日、もう一度しないとねぇ。。。
それに、お財布には1万円札が1枚しか入っていない。
甥っ子にお年玉を上げなきゃいけないから、千円札が無いとね。。。
でも、この雨の中、銀行に行くのは面倒。。。
なんて思いながら、結局、1番雨が酷い時に行った(ーー;)

実家ではいつもの様におせち料理の煮物をつまみに父と飲む。
今年は蟹があった。
実は、私も今年は蟹を買おうかと思っていたのだけど買わなくて良かったわ(笑)

年越し蕎麦は鶏がらの出汁。
でも、今年は野菜くずが入っていない。。。
実家の母が作る年越し蕎麦は、煮物の面取りで出た野菜くずが入っている。
私はこの野菜くずが入っている蕎麦がすきなのよね。
特にサトイモが。
普段はお蕎麦にサトイモなんて入れないけど、この日に食べる蕎麦だけはこのサトイモのくずが入っていないと。。。
何でも、今年は煮しめにもサトイモが入っていないとか。
残念。


元旦。
恒例により、朝から駅伝を見る(笑)
駅伝を見るのが好きな私は、お正月は駅伝漬けの3日間になる。
先ず手始めに実業団のニューイヤー駅伝。
1区は意外なチーム。。。JALがトップ。
期待していた岩水は途中で走りがおかしくなった。どうしたのかな?
2区は予想通り高岡がTOP。
カネボウは本業の不振というか、再生機構のお世話になっているせいで陸上部の存続が難しい。
今回がチームとして最後のレースかもしれない。
高岡はもう34歳。
選手としての移籍は難しいかもね。。。
5区に佐藤敦之(あつし)がいい走り。
この人は本当にさわやかな好青年と言う感じ。
このまま今年も中国電力が優勝かな。。。なんて思っていたのだけど、アンカー勝負で優勝はコニカミノルタ。
確か、去年は逆だったような。
アンカーでコニカを抜いて中国電力が優勝したような。。。
3位の日清食品はちょっと意外だった。
それに、5位から7位は自動車会社だったのも意外。
自動車会社って陸上部にそんなに力を入れていたっけ?


駅伝を見終わって、やおら初詣に。
初詣は毎年近くの神社に行っている。
今年は天気が良かったせいか混んでいた。
神社ちかくに車を路上駐車するのにも、なかなか停められる場所が見つからない。

神社は浅間神社で、富士山をかたどって盛り土をした小高い場所にある。
本家の浅間神社は富士山そのものがご神体だもね。
その“富士山”の下は昔は海だったらしい。
海の中に一の鳥居があって、二の鳥居が“富士山”の麓にあったらしい。
今は、一の鳥居と二の鳥居の間には国道が通り、海岸線は国道から遥か3キロほども先にある。
で、その二の鳥居の外に国道沿いに10m近くも参拝客の行列。
此処に並び始めて参拝が終わるまでに1時間以上もかかってしまった。
いつもは直ぐに参拝できるのにね。。。

そういえば、この神社。
キティちゃんのお守りが有名らしい。
もしかして、地元以外にキティちゃんのお守り目当てで参拝に来ている人がいるのかもね。

初詣の後は、郵便局に父の年賀状を出しに行く。
かなり気の短いというかせっかちな父は、出していなかった人への年賀状の何枚かを今朝早く近所の郵便局に出しに行った。
ところが、その郵便局では配達は3が日とも行うが、集荷は4日まで市内と言ったらしい。
で、休日でも集荷のある中央局まで年賀状を出しに来た。
今年から2日も年賀状の配達があると聞いて、公社化されて郵便局も少しは“サービス”に目覚めたのかと思ったのだけど、トンでもなかった。
配達要員が居ても、集荷しないんじゃ2日や3日は殆ど年賀状は無いんじゃないだろうか。。。
なんかサービスが中途半端だ。


まぁこんな感じで、今年もいつもの様に平和なお正月だった。

次に逢う時が楽しみ

今日も駅伝から1日がスタートする(笑)

今日は関東の大学による箱根駅伝。
東京大手町から箱根の芦ノ湖畔までの100数キロを往復するレースの今日は行き。
スタートの1区は東海大がTOP。
事前に中央大学の1年生が区間賞候補と聞いていた。
東海大はエースが故障で、上手くいけば往路は優勝できるかもしれないと。
でも、1区からTOPでいい感じでスタートできて期待できるのかしら?って感じよね(笑)
2区はエース区間。
外国人が出ているのよね。。。
正直言って、外国人が出ているチームはあまり応援する気になれない。。。
で、日本人で一番早かったのも東海大の選手だったらしい。
この選手1年生と言っていたから、将来が楽しみね。

最終区の5区は面白かった。
日体大の1年生の北村クンは最初は調子良かった様だったけど、未だ1年生だから、こんな無茶な走りをしていたら20キロ持つのかな?なんて思ってみていた。
と、そのうち、足が止まり、屈伸したり腕を伸ばしたり。
後で、両足と腕が痙攣していたと言っていたが、やはり序盤のムリが祟ったんだろうな。。。
一方、順大の2年生の今井君は力強い走りで11人抜きだとか。
途中、中継のリポーターが、彼がそんな走りをするとは思っていなかったから、中継所でのタイムを計っていなかったと言っていたが、彼は元々期待された選手ではなかったのね。
でも、去年はエース区間の2区を走ったのだから、順大の中では早い、力のある選手のはずよね。
でもまぁ、11人も抜けるという事は、スタート時点での順位が低いと言う事だから、テレビ局側としては、チェック対象のチームではないのかもね(笑)

それにしてもなぁ。。。
TOPから10分以内に16校も入っているなんて、各校とも力の差がなくなってきたって事よね。
以前なら、強い大学に強い選手が集まるという感じだったけど、最近はそうでもなくなったのかな。
それとも、各大学とも強い選手を集めるために何か特別なことをしているのかな。。。

そういえば、私の母校は。。。?
実はこれまでに2回、この駅伝に出たことがある。
私は大学に陸上部があったなんて事すら知らなかったけどね(笑)
今年は、学連選抜に2人選ばれ、監督がウチの大学だったらしい。
やっぱり、学生ですら部があることを知らないのだから、有望選手はすくないのね。。。
来年も期待薄かなぁ。。。


午後は妹が甥っ子を連れてきた。
今年はお正月には来ないと言っていたらしいが、息子がお年玉を貰いに来たがったのか?(笑)

もう小学校5年生にもなって、徐々に親離れを始めている甥っ子は、伯母である私や祖父母である私の両親からもそろそろ卒業なのかな。
家に入ってきてもロクに挨拶もせずに照れた風な態度をとる。
まぁ、それも最初の内だけで、だんだんに子供らしい態度になるのだけどね(笑)

彼は文字を書くのが苦手なのかな?
友人から来た年賀状に文字の間違いが無いを「いいなぁ~」なんていっていたけど。。。
「いいなぁ~」というような性質の事ではないと思うけど、他人を「いいなぁ」と思うなら、自分が努力すればいいのにね(笑)

母と妹が去年四国に旅行した時の話を母と私がしているのに割ってきて、「それ徳島の話?」なんて言うから、「違うよ、愛媛だよ」なんて言っていたら、「僕、都道府県を全部いえるよ」と威張っていう(笑)
そういえば、以前、この日記に中学生になっても47都道府県を知らない子供の事を書いた事があったが、この日記を読んでいる妹が言わせたかな(笑)
「じゃ、県庁所在地は知っている?」と聞くと、「それは知らない」って言っていた。
この子、負けず嫌いだから、次に私に逢うまでには覚えてくるかな(笑)

そのうち、テレビを見たくなったらしく、新聞を捜し始めた。
私の日経新聞を見つけたものの、日経は他の一般紙とは違ってテレビ欄が最終面ではない。
テレビ欄を見つけられなかった(笑)
テレビ欄は最終面とは限らないないんだよ~と言って、テレビ欄を見せてあげると、意外に漢字が読めるようになっていてビックリ。
まぁ、5年生だもの。そろそろテレビ欄に出ている程度の漢字はよめるか(笑)

テレビ欄の下の方に、テレビ東京の宣伝で北大路欣也扮する斉藤道三と伊藤英明扮する織田信長、渡部篤郎扮する明智光秀の写真があった。
それを見て、「これ信長?」と訊く。
相変わらず、時代劇が好きな子供だ。
「なんでこれが信長だと思ったの?」と訊くと、髪型と着物の着方だと。
で、北大路欣也を指して、「これは誰だか判る?」と訊くと「判らない」と答えるので、「信長の奥さんのお父さんで、斉藤道三と言う人だよ」と教えると、「濃姫のお父さん?」と訊く。
ふ~ん、濃姫は知っているんだ。。。
何で?
ゲームに出てくるから。
僕、信長が好きなんだ。
それからは、今川義元との桶挟間の合戦で雨が降っていた事や、武田信玄、浅井長政や前田慶次の話など。
「これ知っているよ」といわんばかりに(笑)

今年のNHK大河ドラマは義経。
義経は、牛若丸時代に弁慶と橋の上で逢った事は知っているらしい。
その橋が何処にあるのかは知らなかったらしいが。

義経は何処で死んだの?と聞かれたが、「何処で死んだのかは、はっきり判っていないのよ。モンゴルに行ったという説もあるのよ」と言ったら「ふ~ん」なんて言っていた。
そのうち調べるのかな。
でも、義経の事に興味を持てば、私たちが姉妹が子供時代を過ごした場所にも興味を持つかな。
あの辺りは源平の古戦場が多く、また、義経には格別の逸話のある場所もあるからね。


それにしても、切欠がゲームであれなんであれ、子供のうちにこんな事に興味を持つのは良いこと。
今は興味さえあれば、なんでも直ぐに覚えられる時期だものね。
さて、次に逢う時には、どんな「知っているよ」の自慢話が出てくるのかな。


だらだらな3日目

正月3日の今日も駅伝からスタート(笑)

今日は箱根駅伝の帰り道、箱根芦の湖畔から東京大手町まで。
スタートは昨日の往路の時差にあわせてスタートし、Topから10分以上遅れているチームは繰り上げで一斉にスタートする。
今年は17位以降が一斉スタートなんだよね。
見ている分には、走者が走っている順位とタイムによる本当の順位には大きな違いがないから、見ている分には楽だよね(笑)

レースは戦前の予想通り駒大が優勝。
実はスタート直後の6区で東海大を抜いてTopになるんじゃないかと密かに予想していたのだけど、そうはならなかったね。
抜いたのは7区になってからだった。
8区では駒大の選手の走りがおかしくなって、混戦?と思わせるような展開になってしょっと面白かった。
でも、9区で区間賞を取ったら、あとは駒大の独壇場?
まぁ、10区も多少の波乱はあったけど、ほぼ予想通りの結果だったものね。
そういえば、日体大で10区を走った選手は早かったね。
日大が2位で来るのかと思ったら、日体大だったものね。
確かもう一人区間新を出した選手が居たはずなんだけど、日体大の選手の記録が良くてすっかりかすんでしまった。
残念だったね。

レースの間、日大出身のメル友さんとメールをしながら見ていた。
彼は、日大の優勝を密かに期待していたみたい。
で、途中、東海大と2位併走だったときに、もしかして単独2位になれるかも。
駒大のアンカーは箱根が始めてらしいから、抜いて優勝できるかも。
なんてメールをしていたのだけど、残念。
やっぱり、選手層の厚さは“駅伝部”が有るらしい駒大にはかなわないね。


駅伝の後、一旦自宅に戻って、出していなかった年賀状を書き郵便局へ。
今日も年賀状を出しに来ている人が多い。
電子メールがこれだけ普及していても、やっぱり葉書で年賀状を書く人が多いのね。
とは言え、今年の元旦の年賀状配達数は、いつもの年寄り5%以上も少なかったとか。
そういえば、大晦日に足りない年賀状を買いにいった時にも、年賀状のあまりは相当数あった。
(↑大晦日になっても未だ年賀状を書いている奴。。。汗)
やっぱり、メールでのお年賀の挨拶が多いのかな(笑)

私自身で言えば、この日記で挨拶を済ませてしまって、友達にメールで年賀状を送ることはしていなかった。
メールのグリーティングサービスでお年賀の挨拶を頂いた方にだけ、グリーティングサービスを使ったメールを返した。
数は5件ほどだったから、いつもの年に比べて少なかったな。


この後は、ネット友達との新年会。
銀座で美少年をしこたま飲んだ(笑)
といっても、新年早々遅くまで開いている店はないから、そんなに遅くもならなかったけどね。


今年もお正月の〆は、だらだら。
ちっとも〆になっていないなぁ。。。(^^;

お正月だから占い?(笑)

この“空のつぶやき”もVol3。
そういえば、Vol2の時には全く占いネタを書いていなかった。
Vol1の時には、かなりの頻度で占いネタを書いていたのにね(笑)
っていうか、占いそのものはかなり好きだから、書かない方が不自然だよね。
Vol3では占いネタ復活か?(笑)
と言う訳で、新年早々、占いネタを2つほど。


先ずは、Web日記占い

COO さんは 妄想日記 を書くと多くの人を魅了します。

-----------------------------------------------
あなたは想像力により普通の人が忘れてしまったり,考えもしない事について,おもしろおかしく効果的に表現した日記を書くと成功するかも知れません。
-----------------------------------------------

COO さんが書く日記の性質
 人間度 50 精神度 83 思考度 60
 変態っぽさ 75 やましさ 66


COO さんの日記のオススメの題名
 寄せては返す日記


今日書く日記のネタが無いあなたへ
COO さんが今日書くと良い話
 捕まえたカブトムシ
 ダブルクリックを教えて
 財布の中を見てみると
 トイレを開けてみると

 上の言葉をすべて使って 推理小説 風にまとめると良いかも。

変態っぽさ75って。。。これって、100が満点よね。。。(^^;
変態っぽい妄想日記を書けばよいって事?
今日に限っては、カブトムシを捕まえて事件が起きる推理小説を書けばいいのか。。。
ちょっと、難しいかも(笑)

次は、哲学者占い

あなたは近代フランスの哲学者 デカルト です。

-------------------------------------------------
機転の利くあなたは,困難にぶつかっても必ずうまい方法を見つけ出し,乗り越えることができます。
ただ着実に進めることを優先するあまり,他のことに目が回らなくなり,ときにはそれにひどく傷ついたりします。
--------------------------------------------------
特徴:
 発想が柔軟で,豊か。

適職:
 研究者,イベントプランナー

相性良:
 カント,フッサール,ヘーゲル

相性悪:
 キルケゴール,ハイデッガー,サルトル

ラッキーワード:
 『われ思うゆえにわれあり』『方法的懐疑』


-----------------------------------------------------
精神レベル:B 思考レベル:A 実践レベル:B

デカルトねぇ。。。
「我思う故に我在り」と言った人ね。
哲学者として有名だけど、しの考え方は自然科学に拠っている。
勿論、当時の事だから、間違った説も唱えてはいるのだけど、後の科学者に大きな影響を与えた哲学者よね。

「自分で考えろ」、「先ず全てを疑い、自分の力で疑う事の出来ないものを見つけ、そこから確実に推論を進める」事が既存のモノを信じるよりも多くのものが得られるという考え方の人。
まぁ、私に近いかもね。

相性が良いのがカントやヘーゲルね。。。
ヘーゲルって、何の本だったか、難しくて途中で挫折した覚えが。。。(^^;
でも、「愛」というものについて「倫理」と言う観点で、キルケゴールやサルトルとはかなり違った考え方をしていたと昔教わったような気がする。
「結婚は、恋愛というエゴイスティックな愛を倫理的な愛に変える、醸成する場」って言ったかな。
よく覚えてないや(笑)
でもなぁ、自己主義的故に結婚もしないような私が、そんな倫理的感覚の人と相性がいいのかな(笑)

っていうか、どっちかというと、もっと発想豊かな人になりたいよねぇ。。。(^^;

今年も春から幸先がいいかしら(^^)

今日はinfoseekで知り合った千葉県在住の女性と幕張でお食事。

この女性とは、infoの誰かのゲストブックで千葉の養老渓谷に行ったと書いてあったのを見て、私から書き込みをしたのだった。
その頃私は「今年こそは養老渓谷に行きたい」と思っていたので、丁度マイブームって感じだったのかな(笑)
で、何度かやり取りをしている内に、“今度逢いましょう”と言う事になった。
といっても、彼女は時間も休日も不規則な仕事をしているので、なかなか「次の休みに」という訳には行かないのよね。。。
で、彼女のお正月休みの今日と言う事になった。

私が幕張で食事をする時は、お気に入りの串揚げ屋「あずさ」が多い。
今日も、その「あずさ」にした。
此処は年中無休(といっても、お正月の元旦、2日はおやすみ)で、店も静かで、味も悪くないのがいい。

そんな店だけど、場所柄なのかお客さんは少ないのよね(笑)
でも、今日は、店で待ち合わせをしたので、一応予約を入れた。
そうすれば、予約の名前を言えば、相手を確かめなくても出会えるしね(^^)

時間丁度に店に行くと、彼女はもう来ていた。
簡単に挨拶を済ませ、早速メニューを決める。
といっても、此処は殆どがコース。
串揚げの本数を決めるだけだ。

私はいつも13本のコースなので、彼女にそう言って13本のコースにした。
飲み物は、車で来ている彼女はウーロン茶だったけど、私は当然(?)ビール(笑)
やっぱり、揚げ物にはビールでしょう(^^)

今日のコースは、
  1.数の子
  2.くわい
  3.寒鰤(かんぶり)
  4.牛肉
  5.小海老のしそ巻き
  6.下仁田葱
  7.わかさぎ(タルタルソース)
  8.カニ爪
  9.帆立貝(ウニソース)
 10.菜の花肉巻き
 11.海老の姿揚げ
 12.鶏牛蒡
 13.アン肝(おろしポン酢)

美味しかった♪
くわいって好きなのよね。。。
家ではくわいの料理なんてしないけど、こういう所で食べると美味しい。
数の子と寒鰤はお正月だからかしらね。
数の子は中まではそんなに火も通っていなくて、こりこりした感じがとても美味しい。
寒鰤は養殖モノかな。。。でも、そんなに脂っこくはなかった。
下仁田葱は葱独特の甘さが美味しい。
菜の花はやっぱり千葉だからかしら(笑)

コースとは別に彼女が茶蕎麦を頼んだのを切欠に私はビールからお酒に変えた。
もう少しつまみが欲しくて、イカの塩辛とカマンベールチーズの串揚げを頼んだ。
カマンベールにはブルーベリーのソースがついていて、何となくデザート感覚。
日本酒にはちょっとかな(笑)


仕事を持つ女性の先輩で、1人旅が好きと言う彼女とは、仕事の話や旅行の話、そして最近のネットでのトラブルの話で盛り上がった。
本当は此処でも書きたい事も沢山話したけど、ちょっと控えてみる(笑)

気が付くともう閉店時間。
さっき入ったばかりなのに。。。もう4時間も経っている。
それでもしゃべり足りない私たち。
初対面なのにね(笑)

で、近くのAlwaysというバーに行った。
此処は、ショッピングセンターのゲームセンターの中にある。
店の窓から見える所は、壁に外国の街並みを描いてある。
作り物度合いは横浜のラーメン博物館なんだけど、街並みが外国だからディズニーランドのバッタモノ?(笑)
っていうか、ディズニーランドに比べるとかなりチープ(笑)

ここでも閉店までおしゃべりして24時。
何と、初対面の人と6時間もおしゃべりしている。
飽きもせずに。。。(笑)

いい人と知り合いになれた。
今年も春から幸先がいいかしら(^^)

長かったような、短かったような。。。

山一、今月末で消滅へ…「自主廃業」から7年

 1997年に経営破たんした山一証券が、今月26日の債権者集会で破産手続きを終え、消滅する。

 昨年12月28日には、清算業務を続けてきた東京・六本木の事務所が閉鎖された。日本経済に衝撃を与えた「自主廃業」から7年。破たん後も会社に残り、清算業務にあたった“山一マン”たちは、ようやく重い肩の荷を下ろした。

あれから7年。

「新聞見た?」
11月の連休初日のある朝、未だベッドの中に居た私にかかった電話の第一声。

「未だ。」
「じゃ、12CH(テレビ東京)を見てご覧。多分、ニュースになっているハズだから。」

日経新聞の「自主廃業」のスクープにその時期を早められた、と当時の事情を知っている人なら思うだろう。
でも、その時は既に会社を辞めていた私にさえ、その前日には情報が入っていた。
半信半疑だった私は、その前日に同期の男性2人と呑んでいた。
その時彼らは社内と言うか、取引先の不穏な動きを察知していた。
その動きの意味する所は理解していなかったようだけど。

帰りの電車の中で、以前の会社の後輩に会った。
彼らは「これ、来年には使えないかもしれない」と言いながら名刺をくれた。
彼らは何処まで知っていたのだろうか?と今も思う。
多分、私同様、半信半疑で、「信じたくない」と思っていたのじゃないだろうか。。。


その後の怒涛の3ヶ月。
いよいよ会社が自主廃業。
当初は“破産”でも“倒産”でもなかった。
あくまでも“手続き”上だけど。
それが結局“破産”

あれから7年。
長かったような、短かったような。。。
細々と灯っていた火すら消えようとする。

当時の仲間には、“あの日”の半年前に会社を辞めていた私には感傷に浸る資格はないと言われそうだけど、あの会社は私にとっては未だ心の“故郷”。
何となく、センチメンタルになってしまうな。。。

どっちの見返りが大きい?

NYヤンキースの松井秀樹選手がスマトラの地震の被災地に5000万円の寄付をしたらしい。
大リーガーを初めとしてアメリカのスポーツ選手や“成功した人”が寄付をする事が多い。
日本では個人の寄付ってあまり聞かない。
そういえば、先日千葉の老人ホームに入っているご夫婦が10億円だったかを寄付していたね。
でも、それってとっても珍しい事なんだよね。。。


スマトラの地震に関して、復興支援の会議が行われている。
純ちゃんが「復興支援は国連主導で」と演説したらしい。
初めてこのニュースを聞いた時、“純ちゃん、そんなスタンドプレーをして、大丈夫?”と思った。
だって、ブッシュ君は、復興支援の支援金にかんしてはシブチンなだけでなく、アメリカ主導で支援したいなんて言ってたから。
大体、支援金もあまり出していないくせに、“復興はアメリカ主導で”も無いものだと思うが。。。(苦笑)

でもこの会議、なんだか、支援国のエゴが見ていてイヤだね。
アメリカが一番えげつない感じがするけど、ドイツだって。。。
ドイツは、安保理の常任理事国入りを狙ってのものと、復興に関わる事業をドイツに発注すると言う、自国への“還元”を前提としている支援だものね。
日本だって、“還元”は表に出していないけど、安保理の常任理事国入りのパフォーマンス要素が大きい。
まぁ、国の最高指導者なんて、ある意味、国内企業新興の為のTOPセールスだからね。。。
でも、それが“被災地”へのハイエナ行為となると、何となく嫌な感じよね。

それに比べると、社会的に成功した人の、己のビジネスを離れての“寄付行為”は美しく見えるね。
ま、もっとも、“社会的に成功”していない人だって多くの寄付行為をしているはずで、“社会的に成功”していないから報道されないだけなんだよね。
という意味では、“己のビジネスを離れて”とは言っても、ある意味“売名”を期待している人もいるのかもね。。。
あ、松井選手がそうだとは言ってませんよ。念のため。


はてさて。
新しい災害が起きて、マスコミは新しい災害に夢中になっている。
それでも中越地震の被災地は折に触れ報道される。
でもねぇ。。。
その前の台風の被害に遭われた方や、同じ新潟でも夏に水害に遭われた方もいると言うのに、そちらが報道される事はほぼなくなった。
かの地は、災害から完全復旧したのかしら。。。?

純ちゃんも外国に行って“復興支援”の演説を云々する前に、日本ですることがあるんじゃないのかな。。。
国内での復興支援は、純ちゃんにとって見返りが少ない?
いや、安保理の常任理事国になるより、ずっと見返りが大きいようなきがするけどなぁ。。。

富士を見に富士五湖へ

今日は富士山を見に行ってきた。

夕べからあまり眠れずに朝を迎えた。
何となくテンションが高くて、どこかに出かけたい気分。
明日からの3連休は寒くなりそうだけど、今日は暖かいみたいだから富士山にでも行ってみる?
なんて感じでコーヒーをポットに入れて高速に乗った。

平日の早朝、首都高は空いている。。。。
と思ったら、浜崎橋辺りで渋滞。
これは先が思いやられる。。。

4号線に入り、三鷹の料金所を過ぎた辺りから路肩になにやら白いものが見える。
雪だ。
千葉では雪なんて見かけないのに、東京では未だ雪が残っている?
まぁ、1日中日陰の場所ではあるのだけどね。。。

なんだか眠くなってきた。
そろそろテンション切れ?
こんな処で切れていたら富士五湖まで持たないなぁ。。。
と言う訳で、石川のSAでしばし仮眠。
といっても、10分ほど目を瞑って休んでいただけなんだけどね(笑)
コーヒーを飲んで目を覚まして、再び出発。
後は、特に渋滞も無く、千葉を出てから約2時間半程度で富士河口湖ICに着いた。

道の駅なるさわからの富士本当は山中湖から見る富士山が好きなんだけど、今日は本栖湖から回ることにする。
河口湖ICを降りて本栖湖方面に向かう。
途中、鳴沢にある道の駅で休憩。
お土産物屋でほうとうと蕎麦を買う。
ここの駐車場から見る富士山もまた見事だ。
でも、ここの地面が凍っているのに比べ富士山の雪の着き具合が少ない。
何故なんだろう?

さて、本栖湖を目指すも、本栖湖って案外遠いのね。
実は河口湖や山中湖にはよく来るのだけど、本栖湖は初めてなのよね。
なんだか道が光っている。
多分、滑り止め用に氷の砕いたのを撒いているようだ。
大晦日の雪の中、妹一家が箱根に出かけたのをお正月に実家に妹が来た時に聞いて、ノーマルタイヤで雪道を走るなんて。。。なんて話をしたことを思い出した。
甥っ子が、雪道をノーマルタイヤで走ることはそんなに大変な事なの?と聞くから、スリップして制動が効かなくなるからダメなのよと言ったのを思い出した。
その時、甥っ子は制動距離を普通より長く取ればいいじゃんと言ったのだった。
でも、ハンドルも取られちゃうもの、距離だけの問題じゃないのよね。。。(苦笑)

本栖湖は、あの旧5千円札に印刷されている富士を望むことが出来る。
途中、ビューポイントなのか、道の脇に車が停められ場所があったので1枚写し、有名なスポットへ。

本栖湖からの富士 5千円札の富士

この辺りは雪が多い。
今日は暖かくて、写真を撮るくらいの時間なら、コートを着なくても寒くはない。
でも、道はやはり凍っている所が多く、此処から先は通行止めになっている。

本栖湖畔で昼食を摂って、精進湖、西湖を目指す。
精進湖は本栖湖より人が入らないのか、道にはところどころ雪が残っている。
赤池を過ぎて精進湖に出ると、雪は殆どなくなっていたから、やはり1日中日陰になって入る所が溶けていないのかな。
精進湖からの富士は抱き富士と言うらしい。
本栖湖からだと左手に見えていた大室山が、精進湖から見ると富士山の正面にあって、丸で富士山が大室山を抱いているように見える所からそう呼ばれるらしい。

精進湖からの富士 西湖 野鳥公園からの富士

次は西湖。
と思ったら、西湖手前の野鳥公園に駐車スペースがある。
駐車スペースがある以上、富士山が見えるに違いないと思ったら、案の定。
でも。。。
この雪と氷。。。
なんだか、北海道にでも行った気分(笑)

西湖湖畔でも数枚写真を撮って、湖北ビューラインを河口湖方向に進む。
河口湖へはいつもは富士吉田方面から来るので、こちらからは初めてだ。
見え隠れする富士山に目を奪われながら進むと、大石自然体験館という看板が立っている。
トイレにもいきたくなってきたから、ちょっと寄り道をしようかと思ったが、何と休み。
未だ、お正月休みの所があるのね。。。
駐車場に車を停めて湖から富士山の写真を撮ることにした。
ふと見ると、足元はラベンダーが植えてある。
ラベンダーの時期にきたら綺麗かもね(^^)

この頃になると流石に寒くなってくる。
山中湖に急がないと、帰りの道が危ない。
と思ったら、既に山中湖に向かう道は凍り始めているようだ。
怖いなぁ。。。
こんなへタレタイヤで走っていいのだろうか。。。(^^;

山中湖から見る富士山も綺麗だった。
山の頂上付近は風が強いのか雪煙が立っている。
その雪煙が逆光に照らされて光っている。
なんだか、とても幻想的。
しばし、時を忘れて撮影(笑)

いい加減寒くなってきた。
今日も近くの立ち寄り湯に入るつもりで、温泉セットを持ってきている(^^)
と言う事で、此処から一番近い、紅富士の湯に行く。
紅富士の湯の名前の由来は朝焼けに染まる富士なのらしいが、今日はもう富士は見えない。
見えるのはオリオン座ぐらい。
(って、星は沢山見えるのだけど、私がオリオン座ぐらいしか認識できない 汗)
そういえば、このところ彗星が見えるらしいが。。。

金曜日はレディース・デーで500円。
内風呂は、湯温の低い源泉ぬる湯(29度)と泡風呂(39度)、若干湯温の高い圧注風呂(42度)と打たせ湯がある。
露天風呂は湯温の低いヒノキ風呂(37度)と岩風呂(42度)がある。
500円で、その全てとサウナを1時間以上も楽しんだ。
結構、お得かも(^^)


富士山の写真はこちら

ちょこっとお手入れ(笑) 過去ログについては迷い中。。。

懸案だったBlogのモバイル対応がやっと終わった。

私自身は、携帯から此処を見たり更新することはないので、あまり必要性を感じていなかったのだけど、アクセス解析を見ていたら携帯から見に来ている人が意外にいてビックリ。
こんな長文、パケ代がかかるだけだろうにと思うけど(笑)
でも、人それぞれ事情があって、パソコンで見るより携帯で見る方が良いという人もいるのかもしれないと思うので、モバイル対応することにした。


モバイル対応といっても、MT4i(MovableType for iMode)というPluginをインストールしただけのだけどね(笑)
でも、これがなかなか難儀だった。
perlのcgiがなかなか上手く動かなくて、意外に梃子摺ったのよね。
MT4iの開発者さんのサイトにある手順どおりにしたはずなんだけどね(^^;
以前だったら、何処が悪いかなんて何となく勘が働いたのにだいぶ鈍ったなぁ。。。
これじゃ仕事復帰できないか?(^^;
サーバがレンタルだから、設定の詳細が解らないからと言う事にしておこう(笑)

色々ネットを探して、同じようなトラブルにあった人の記事をさがしてやっと。
私のIE、相変わらず、沢山窓を開けると勝手に終了してしまうから、お世話になったサイトのURLが判らなくなっちゃった。。。残念。
お礼の書き込みも出来やしない。

ezWebとか他のキャリアの携帯端末は未確認だけどiModeは正常稼動を確認したから、とりあえずOKだと思う。
何方か、DoCoMo以外のキャリア、或いはPDAで表示がオカシイという方がいらしたらご連絡ください。
って、他力本願(笑)

ついでに、レンタルだけど、メールフォームを付けて見た。
って、メールフォームはちょっと前からつけていたので、気が付いてメールを下さった方もちらほら。
次は、ここのデザインの修正かな。
文字の大きさとか、デザインを充分に考えないうちに此処を公開しちゃったからなぁ。。。
とりあえず、移転の最初は、見てくださる方が戸惑わないように、以前のサイトと同じようにしたのだけどね。
でも、表示を早くするためにテーブル構造をやめたり、本文を先に表示するために本文を左にするくらいの変更はしたのだけどね。
マイぷれすの時は表示が遅かったのは、greeのfriend rollの表示が遅くて、それがテーブルの中に入っていたからだものね。
今度は、どんなデザインにしようかな。。。


あと懸案は過去ログかぁ。。。
今は過去ログは11月分と5月分しか移行していない。
5月分は、12月に発売される雑誌で私が5月に書いた記事が紹介されると言う事だったので移行したのだけど、結局その雑誌が発刊されなかったみたいだから消してもいいかな。
過去ログってなんだか恥ずかしいものね。。。
旅行と映画のカテゴリだけHTML形式に変換して、HPに移すというのも手かな。。。
ちょっと迷い中。

1   2   3   4   5   6   7   

Index of all entries

Home > Archives > 2005年1月 Archive

Search
Calendar
« 2005 1 »
S M T W T F S
            1*
2 3 4 5 6* 7 8
9 10 11** 12** 13* 14* 15*
16*** 17* 18*** 19** 20 21 22
23* 24** 25* 26 27* 28*** 29**
30 31*****          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top