Home > Archives > 2005年2月 Archive

2005年2月 Archive

【オーシャンズ12】4番バッターばかり集めた巨人の“野球”のようだ

今週も水曜日は映画の日(笑)
今日は、「オーシャンズ12」。

「もう2度とありえない豪華キャストで、あの“オーシャンズ”が帰ってくる!」
「舞台はアメリカを飛び出して一気に世界へ。」
「前作で大金を強奪され、復讐を誓うベガスの大ボス。さらにユーロポール(欧州警察機構)が総力を挙げ、オーシャンズ逮捕に向けて動き出す。」
なんて大きな宣伝文句に釣られて見に行ったのだけど、正直。。。(ーー;)


前作(オーシャンズ11)でダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)達に大金を奪われたラス・ベガスのカジノのオーナー ベネディクト(アンディ・ガルシア)が復讐に乗り出した。
2週間以内に盗んだ1億6,000万ドルに利子をつけて返済しなければ、命はないと。
ダニーたちは返済のお金を調達(盗む)為にヨーロッパへ飛ぶが、彼らの計画はフランスの大泥棒ナイト・フォックス(ヴァンサン・カッセル)に邪魔される。
ナイト・フォックス(ヴァンサン・カッセル)は「世界一の泥棒」をかけてオーシャンズに勝負を持ちかける。
さらに、ユーロポールの上級捜査官イザベル(キャサリン・セ=ジョーンズ)も追跡を始めていた。

出演者は超が付くほどの豪華メンバー
 ・リーダーのダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)★
 ・詐欺師ラスティー・ライアン(ブラッド・ピット)★
 ・スリで“プロ見習い”のライナス・コールドウェル(マット・デイモン)★
 ・ベネディクトの元恋人でオーシャンとも2度結婚しているテス・オーシャン(ジュリア・ロバーツ)
 ・ユーロポールの凄腕捜査官イザベル・ラヒリ(キャサリン・セ=ジョーンズ)
 ・ベガスのカジノ王テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)
 ・爆薬エキスパートで放送禁止用語歌手(? 笑)のシャー・ター(ドン・チードル)★
 ・マニュキュア好きで金庫破りのフランク・カットン(バーニー・マック)★
 ・セキュリティのプロで面白くないコメディアンのリビングストン・デル(エディー・ジェイミソン)★
 ・双子のカーマニア バージル・マロイ(ケイシー・アフレック)★
 ・バージルの双子で輸送のエキスパート、ターク・マロイ(スコット・カーン)★
 ・中国系の軽業師イエン(シャォポー・クィン)★
 ・投資家ルーベン・ティシュコフ(エリオット・クールド)★
 ・大泥棒ナイト・フォックスを名乗るフランソワ・テュリュアー(ヴァンサン・カッセル)
 ・引退した天才詐欺師のソール・ブルーム(カール・ライナー)★
(★はオーシャンズ11)

1人で主役をはるスター俳優たちが集まると、こんなにつまらなくなる。
丸で、4番バッターばかり集めて“野球”にならない巨人軍のようだ(ーー;)

以下ネタばれあり

Continue reading

「負けてもいい」試合?

「やったね」

電話の第一声。
ナンバーディスプレイをつけている訳じゃないから、誰からの電話なのか、本当は解らないのだけど、何となく彼氏からの電話のような気がした。
そして、同時に同じ言葉(笑)


始まって直ぐの1点は、日本チームを硬くしたようだった。
否、「絶対に負けられない」と北朝鮮チームを奮起させたのか。
サッカーを良く知らない私でも、何となく北朝鮮に押されているのが解った。
そして後半。
北朝鮮に点を入れられて以降、ますます日本チームに元気が無くなってきた。
このまま引き分けになるのだろうか?

ジーコ監督って、選手の交代をあまり好まないらしい。
俊輔の出番はない?
なんて思っていたら、高原、そして俊輔が(^^)
やっぱりヨーロッパ組って違うね。
ヨーロッパで鍛えられたのか、もともと国内の選手より優れているのか、2人が入った途端に、流れが完全に変わったものね。

いつもなら、「失点をしないで欲しい」と思いながら観るロスタイム。
このロスタイムで点を入れたのは大きい。
ぼてぼてのシュートであっても。
ん?
ぼてぼてとに見えたのだけど、ネットに刺さるボールの勢いは意外だったわ(^^)

会社近くの飲み屋でテレビ観戦をしていた彼氏は2点目が入った時に大騒ぎをしたらしい。
近くで飲んでいたオジサンたちに、「ナショナリズムだね」とからかわれたとか。
ナショナリズムと言うほど大げさなものではないけど、やっぱり日本が勝つと嬉しいよね(^^)

テレビでは、ずっと「負けられない試合」とのキャンペーンをしている。
スポーツの試合で、「負けてもいい」試合なんてないと思うんだけどな。。。

民度が低いのは?

2、3日前、スーパーの餃子売り場で、「春節には餃子」と張り紙があった。
此処は日本で、まして此処は中華街でもないのに、何故“春節”?なんて思った。
スーパーの商魂が逞しいというか何と言うか。。。
でもまぁ、日本人ってこういう異文化を割りとあっさりと受け入れられる民族なのよね。。。
最近知り合った韓国人のメル友さんによると韓国でも“お正月”は旧暦で祝うらしい。
元旦に1日だけ休みで、1月は“お正月”ではないと言っていた。
日本は何で新暦で祝うようになったのかなぁ。。。
もしかして、それも西洋の“新しい文化”を受け入れたせいなのかしらね。


ワイドショーでは、昨日のサッカーの北朝鮮戦に絡んで、在日朝鮮人のJリーガーで北朝鮮の代表となっている選手の特集をしていた。

在日一世である彼らの両親は、激しい差別に朝鮮人である事に対する誇りを失っていたという。
確か、以前は日本名を名乗っていたと言っていた。
そして、在日二世である息子たちが堂々と朝鮮名を名乗り、朝鮮人であることに誇りを持っているのを見て、考えさせられたと言っていた。
そして今、彼らは朝鮮名を名乗っている。
日本って異なる“文化”は抵抗無く受け入れられるのに、“人”を受け入れられないのは何故なんだろうね。
なんだか不思議。

でもね、テレビ朝日の「だから北朝鮮を応援しましょう」はちょっと違う感じがする。
何で日本人が日本と外国の国際試合で外国を応援しないといけないの?
昨日のナショナリズムの話ではないけれど、それって非国民だと思うわ(笑)

私は、国際試合に於けるスポーツは、必ずしも政治と別モノとは思っていない。
でも、だからといって、中国のアジアカップの時の中国人サポーターの様に、相手国サポーターに何をしてもイイとは思わないし、日本人はそんなにバカではないと思っている。
なのにマスコミ報道を見ていると、日本人サポータと在日朝鮮人のサポーターがスタジアムで騒動を起こすのを心配する論調が多かった。
件の特集も何となく同情集めの様な構成が気になった。
マスコミって、日本人は民度が低くて、バカだと思っているのね。
でも日本人はそこまでおバカではないよ。
実際、なんの騒ぎも起きなかったしね。

あぁ、マスコミ関係者の中には、実はそういう騒動を期待した人がいたのかもね。
それって。。。
もしかしたら民度が低いのはマスコミの方かもしれないね。

美味しい&お酒に酔っていい気分♪

今日は建国記念日。
これが中国の春節と微妙に重なるのは何故なんだろう?なんて思っていた。
思っていただけで、今まで特に調べようと言う気にもならなかったのだけど、いつも読んでいる方の日記で紀元節の事に触れられていたのでちょっと調べてみた。

明治時代以降、神武天皇が即位したとされる紀元前660年を紀元とする神武天皇即位紀元(皇紀)が使われるようになり、1872年(明治5)11月15日の太政官布告により即位日の旧暦1月1日を紀元節とすると定めた。
翌年のグレゴリオ暦への改暦により、その年の旧暦1月1日にあたる1月29日に紀元節の行事を行ったが、これにより、旧暦の正月こそが正しい正月だという解釈が広く行われるようになってしまい、新暦浸透の為、推古朝で使われていた元嘉暦を使って神武天皇の即位した日を逆算し、新暦の2月11日が紀元節に定めらた。

そっか。。。
やっぱり、紀元節って元はお正月だったのね。
旧暦のお正月と微妙に一致するのは当たり前ね(納得)

紀元節は戦後の祝日制定の際に無くなったのに、昭和41年に復活。
その年は建国記念の式典があったらしい。
今じゃそんな事をするのは一部の神社ぐらいだものね。
純ちゃんなんて、休みをいい事に札幌の雪祭りにいっちゃっているし(笑)
本来なら、国の建国を記念する日の方が雪祭りより大事だと思うのだけど、一部の非国民(ちょとマイブームな言葉 笑)が日本を“国”と認めたくないらしいので、その手の行事が出来ないのかしらねぇ。。。


さて、今日は某SNSのオフ。
SNSで知り合った男性が、同じSNSで知り合った女性が東京に遊びに来るので飲み会をしましょうと誘ってくれたのだった。
私はその女性とは全く知り合いではないので、少々躊躇したけど行くことにしていた。

今日の会場はくいもの屋 わん
連休だというのにみんな出かけないのか、店は混んでいた。
予約の確認が取れないと店に入れてもらえない。
予約名も幹事さんの名前も連絡先も知らない私は入り口で立ち往生。。。(> <)
って、後で確認したら、連絡先は貰っていた。。。(^^;

とりあえず、人数を言うとその人数での予約は2組あると言う。
「確認してください」と店の人に言われて部屋を覗いたけど、幹事さんの姿は見えず。。。
この時点では、お店の人は私を予約客だとは信じていなかったようで、靴を下駄箱にも入れさせてもらえず、靴を持ったままウロウロ(笑)

此処まで来て、帰らなきゃならないか?
なんて一瞬思ったけど、何となく視線を感じて(?)2つ目の部屋に居る人に「ここはどういう集まりですか?」と聞いてみた。
我名がら間抜けな質問だ(^^;

でも、コレがビンゴ!
最初、「インターネットの集まりです」と応えられた時には、どう言う言葉で確認しようかと思ったけど、直ぐに合言葉(?)を言ってもらえたので良かったわ(^^)
それにしても、出会えてよかった♪

お料理は、
 前菜(出汁巻卵、鳥ごぼう巻、昆布巻き)
 大根と生ハムのサラダ
 お造りの盛り合わせ(サーモン、タコ、はまち、マグロ)
 揚げ物(湯葉揚げ、里芋の磯辺揚げ)
 海鮮鍋
鍋にうどんが付いて、デザートはティラミス大福。
飲み物は呑み放題メニューのビールと日本酒。

宴会料理 〆のうどん

今日逢ったメンバーは幹事さん以外は一面識も無い人ばかり。
で、多分、幹事さんとメインのお客さんの女性以外は皆若い。
中に1人、私の友人の友人という人が居たけど、私の友人が私よりかなり若い上、彼はその友人よりもっと若い。
これって傍からみたらどんな集まりか解らないほど不思議なメンバー構成だ(笑)

それでもなかなか話が弾んで、時間が足りないまま2次会へ。
2次会は、路地
ここは本当に路地裏といえるような立地にある店で、焼酎にこだわりのあるらしい。
南薫、長雲(古酒)と芋焼酎を飲んだが、どちらも“芋”の香りは少ない。
どちらも美味しいお酒ではあったけど、私には少々物足りないかな(笑)
そこそこお腹は満たされていた。
それでも誰かが頼んでくれたつまみは、出汁トマト、つけあげ(さつま揚げ)、そしてデザート。

出汁トマト ガトーショコラ

デザートは隣に座っていた男性が頼んだガトーショコラを一口頂いた。
ガトーショコラはチョコレートの苦味が効いていて私は好きな味。
でも、お酒をしこたま呑んだ後にはちょっと重いかな(^^;

実は、今日の昼間は彼氏とデートしていたのよね。。。
彼氏とのデートと言えばお酒がつき物。
昼間からビールと日本酒でいい感じに酔っていた。
だからかな。。。今日はなんだか“酔っ払った”感じが呑んでいるときからあった。
正直、ちゃんと帰れるのか不安はあったけど、“酔っている”と自覚できるのはあまり酔っていないのかしら?
ちゃんと帰れたわ(笑)

今日は長野から来ている人と幹事さんからお土産を頂いて、いい気分でご帰還♪

美味しい&お酒に酔っていい気分♪

今日は建国記念日。
これが中国の春節と微妙に重なるのは何故なんだろう?なんて思っていた。
思っていただけで、今まで特に調べようと言う気にもならなかったのだけど、いつも読んでいる方の日記で紀元節の事に触れられていたのでちょっと調べてみた。

明治時代以降、神武天皇が即位したとされる紀元前660年を紀元とする神武天皇即位紀元(皇紀)が使われるようになり、1872年(明治5)11月15日の太政官布告により即位日の旧暦1月1日を紀元節とすると定めた。
翌年のグレゴリオ暦への改暦により、その年の旧暦1月1日にあたる1月29日に紀元節の行事を行ったが、これにより、旧暦の正月こそが正しい正月だという解釈が広く行われるようになってしまい、新暦浸透の為、推古朝で使われていた元嘉暦を使って神武天皇の即位した日を逆算し、新暦の2月11日が紀元節に定めらた。

そっか。。。
やっぱり、紀元節って元はお正月だったのね。
旧暦のお正月と微妙に一致するのは当たり前ね(納得)

紀元節は戦後の祝日制定の際に無くなったのに、昭和41年に復活。
その年は建国記念の式典があったらしい。
今じゃそんな事をするのは一部の神社ぐらいだものね。
純ちゃんなんて、休みをいい事に札幌の雪祭りにいっちゃっているし(笑)
本来なら、国の建国を記念する日の方が雪祭りより大事だと思うのだけど、一部の非国民(ちょとマイブームな言葉 笑)が日本を“国”と認めたくないらしいので、その手の行事が出来ないのかしらねぇ。。。


さて、今日は某SNSのオフ。
SNSで知り合った男性が、同じSNSで知り合った女性が東京に遊びに来るので飲み会をしましょうと誘ってくれたのだった。
私はその女性とは全く知り合いではないので、少々躊躇したけど行くことにしていた。

今日の会場はくいもの屋 わん
連休だというのにみんな出かけないのか、店は混んでいた。
予約の確認が取れないと店に入れてもらえない。
予約名も幹事さんの名前も連絡先も知らない私は入り口で立ち往生。。。(> <)
って、後で確認したら、連絡先は貰っていた。。。(^^;

とりあえず、人数を言うとその人数での予約は2組あると言う。
「確認してください」と店の人に言われて部屋を覗いたけど、幹事さんの姿は見えず。。。
この時点では、お店の人は私を予約客だとは信じていなかったようで、靴を下駄箱にも入れさせてもらえず、靴を持ったままウロウロ(笑)

此処まで来て、帰らなきゃならないか?
なんて一瞬思ったけど、何となく視線を感じて(?)2つ目の部屋に居る人に「ここはどういう集まりですか?」と聞いてみた。
我名がら間抜けな質問だ(^^;

でも、コレがビンゴ!
最初、「インターネットの集まりです」と応えられた時には、どう言う言葉で確認しようかと思ったけど、直ぐに合言葉(?)を言ってもらえたので良かったわ(^^)
それにしても、出会えてよかった♪

お料理は、
 前菜(出汁巻卵、鳥ごぼう巻、昆布巻き)
 大根と生ハムのサラダ
 お造りの盛り合わせ(サーモン、タコ、はまち、マグロ)
 揚げ物(湯葉揚げ、里芋の磯辺揚げ)
 海鮮鍋
鍋にうどんが付いて、デザートはティラミス大福。
飲み物は呑み放題メニューのビールと日本酒。

宴会料理 〆のうどん

今日逢ったメンバーは幹事さん以外は一面識も無い人ばかり。
で、多分、幹事さんとメインのお客さんの女性以外は皆若い。
中に1人、私の友人の友人という人が居たけど、私の友人が私よりかなり若い上、彼はその友人よりもっと若い。
これって傍からみたらどんな集まりか解らないほど不思議なメンバー構成だ(笑)

それでもなかなか話が弾んで、時間が足りないまま2次会へ。
2次会は、路地
ここは本当に路地裏といえるような立地にある店で、焼酎にこだわりのあるらしい。
南薫、長雲(古酒)と芋焼酎を飲んだが、どちらも“芋”の香りは少ない。
どちらも美味しいお酒ではあったけど、私には少々物足りないかな(笑)
そこそこお腹は満たされていた。
それでも誰かが頼んでくれたつまみは、出汁トマト、つけあげ(さつま揚げ)、そしてデザート。

出汁トマト ガトーショコラ

デザートは隣に座っていた男性が頼んだガトーショコラを一口頂いた。
ガトーショコラはチョコレートの苦味が効いていて私は好きな味。
でも、お酒をしこたま呑んだ後にはちょっと重いかな(^^;

実は、今日の昼間は彼氏とデートしていたのよね。。。
彼氏とのデートと言えばお酒がつき物。
昼間からビールと日本酒でいい感じに酔っていた。
だからかな。。。今日はなんだか“酔っ払った”感じが呑んでいるときからあった。
正直、ちゃんと帰れるのか不安はあったけど、“酔っている”と自覚できるのはあまり酔っていないのかしら?
ちゃんと帰れたわ(笑)

今日は長野から来ている人と幹事さんからお土産を頂いて、いい気分でご帰還♪

同年代の集まり

夕べは自分で思った以上に呑んでいたのか。。。(^^;
朝、起きたら指が2倍近く膨らんでいる。
かなり浮腫んでいる。。。(^^;
困ったなぁ。。。今日も飲み会なのに。。。(^^;

今日の飲み会は、昨日と同じSNSの飲み会。
今日も、ある女性が幹事さんで、彼女の知り合いの女性が上京するからと誘われたのだった。
で、今日集まったメンバーはそのSNSで「40代以上」という名のサークルの面々で、1人だけ30代の女性が居た。
しかし、30代前半の女性が“飛びぬけて若い”飲み会って、私が出る飲み会では珍しい(笑)
そういえば、昨日の飲み会でも、36歳の男性が自分が「最年長ではない飲み会って久しぶり」と言っていたね。

今日は、おばんざい 豆富・湯葉 和食&酒 なつめ
会場は数寄屋橋なのに、待ち合わせは「数寄屋橋交差点のNISSAN ショールーム」。
こんなメールを貰った人って、数寄屋橋とNISSANNショールームのどっちに行くのだろう?(笑)
私は、勿論(?)NISSANのショールームに行きました(^^)

和光実は私、遅刻魔。
基本的に時間より早くは行かない。ほぼ時間ギリギリ(^^;
昨日は昼間彼氏と逢っていて、会場近くまで彼氏が送ってくれたから時間より早く着いた。
早く着くと落ち着かない私は、大抵他の所で時間を潰す。
昨日は改装中の新宿三越で、開いている店を見て時間を潰した。
今日は、30分前に銀座に付いたのでNISSANショールームのある4丁目交差点近くで、おのぼりさんよろしく和光の写真を撮ったりして時間を潰していた。
何故だか、その時にはメールが入らなかったのよね。。。

で、待ち合わせの時間を過ぎても誰も居ない。
おかしいなぁ。。。
待ち合わせの場所と時間の連絡のメールを確認すると「数寄屋橋」と書いてある。
???
もしかして数寄屋橋に居る?と思ったら、「NISSANショ-ルームが見つけられなかったからソニービルに居る」とのメール。
それも15分も前に。。。(何で受信できなかったの???)

今日のお料理は店の名前からも解るように“おばんざい”。
今日のメンバーは殆ど関西の出身者で、今日の京料理はどうだったのだろう?
メニューは、
 ・水菜と京揚げの煮びたし(水菜、ほうれん草が関東と関西で味が違うとか。。。)
 ・チーズの湯葉包み揚げ
 ・アキレス腱の煮込み(アキレス腱、でかっ!)
 ・牡蠣のオーブン焼(牡蠣フライと、牡蠣のホワイトソースかけオーブン焼)
 ・鳥の唐揚げ(一切れがでかっ!)
 ・つくねの温泉卵添(温泉卵、美味しかった)
 ・トマトとバジルのサラダ
 ・おばん菜五品盛合せ(衝立(?)の後ろが葛きりの焚き物、クラゲの中華風和え物、牡蠣の煮物(佃煮風)、あとサトイモともう1つはナスだったっけ。。。(^^; )
お酒はビールと焼酎、焼酎は伊佐美を頂いた。美味しい♪

お通し 水菜と京揚げの煮びたし チーズの湯葉包み揚げ アキレス腱の煮込み 牡蠣のオーブン焼 鳥の唐揚げ> <img src= トマトとバジルのサラダ おばん菜五品盛合せ

東京の汁物はお醤油の色が濃いから味も濃いと思われがちだけど、本当は関西料理の方が味は濃い。
関西は出汁も濃いけど、塩味や甘味も関東に比べて強い。
お好み焼きも関西風と江戸風は全く違うようね。。。
そんな話をしながらあっという間の3時間。

2次会はカラオケ。
私は普段は歌わないのだけど、同年代の集まりだから昔の歌を歌っても大丈夫かしら?(笑)
と言うわけで、さんざんみんなで昔流行った歌を歌った。
そろそろ今日の主賓が帰る時間。
主賓は東京(八重洲)からバスで帰るらしいが、時間が心配というのでとりあえず電車に乗せる。
私は有楽町からなら電車で東京にでるより歩いた方が早い。
なんせ、“もう一つの”東京駅だから。。。(^^;
で、今日一緒だった男性2人を供に東京駅まで歩く。
そういえばこの2人、今日は私のお姫様ぶりにすっかり付き合ってもらった。
“しもべーず”なんてあだ名も付けられていたものね。
次の逢う時も“しもべ~”で居てね♪(^^)


いつもの飲み会より早く電車に乗ったせい(?)か、早く電車を降りてしまった(^^;
自宅の最寄り駅より一つ東京寄りの駅で降りてしまって、その後20分程の道のりを家まで歩いて帰った。
まぁ、食べすぎ、呑みすぎの身には丁度いいかな(笑)

同年代の集まり

夕べは自分で思った以上に呑んでいたのか。。。(^^;
朝、起きたら指が2倍近く膨らんでいる。
かなり浮腫んでいる。。。(^^;
困ったなぁ。。。今日も飲み会なのに。。。(^^;

今日の飲み会は、昨日と同じSNSの飲み会。
今日も、ある女性が幹事さんで、彼女の知り合いの女性が上京するからと誘われたのだった。
で、今日集まったメンバーはそのSNSで「40代以上」という名のサークルの面々で、1人だけ30代の女性が居た。
しかし、30代前半の女性が“飛びぬけて若い”飲み会って、私が出る飲み会では珍しい(笑)
そういえば、昨日の飲み会でも、36歳の男性が自分が「最年長ではない飲み会って久しぶり」と言っていたね。

今日は、おばんざい 豆富・湯葉 和食&酒 なつめ
会場は数寄屋橋なのに、待ち合わせは「数寄屋橋交差点のNISSAN ショールーム」。
こんなメールを貰った人って、数寄屋橋とNISSANNショールームのどっちに行くのだろう?(笑)
私は、勿論(?)NISSANのショールームに行きました(^^)

和光実は私、遅刻魔。
基本的に時間より早くは行かない。ほぼ時間ギリギリ(^^;
昨日は昼間彼氏と逢っていて、会場近くまで彼氏が送ってくれたから時間より早く着いた。
早く着くと落ち着かない私は、大抵他の所で時間を潰す。
昨日は改装中の新宿三越で、開いている店を見て時間を潰した。
今日は、30分前に銀座に付いたのでNISSANショールームのある4丁目交差点近くで、おのぼりさんよろしく和光の写真を撮ったりして時間を潰していた。
何故だか、その時にはメールが入らなかったのよね。。。

で、待ち合わせの時間を過ぎても誰も居ない。
おかしいなぁ。。。
待ち合わせの場所と時間の連絡のメールを確認すると「数寄屋橋」と書いてある。
???
もしかして数寄屋橋に居る?と思ったら、「NISSANショ-ルームが見つけられなかったからソニービルに居る」とのメール。
それも15分も前に。。。(何で受信できなかったの???)

今日のお料理は店の名前からも解るように“おばんざい”。
今日のメンバーは殆ど関西の出身者で、今日の京料理はどうだったのだろう?
メニューは、
 ・水菜と京揚げの煮びたし(水菜、ほうれん草が関東と関西で味が違うとか。。。)
 ・チーズの湯葉包み揚げ
 ・アキレス腱の煮込み(アキレス腱、でかっ!)
 ・牡蠣のオーブン焼(牡蠣フライと、牡蠣のホワイトソースかけオーブン焼)
 ・鳥の唐揚げ(一切れがでかっ!)
 ・つくねの温泉卵添(温泉卵、美味しかった)
 ・トマトとバジルのサラダ
 ・おばん菜五品盛合せ(衝立(?)の後ろが葛きりの焚き物、クラゲの中華風和え物、牡蠣の煮物(佃煮風)、あとサトイモともう1つはナスだったっけ。。。(^^; )
お酒はビールと焼酎、焼酎は伊佐美を頂いた。美味しい♪

お通し 水菜と京揚げの煮びたし チーズの湯葉包み揚げ アキレス腱の煮込み 牡蠣のオーブン焼 鳥の唐揚げ> <img src= トマトとバジルのサラダ おばん菜五品盛合せ

東京の汁物はお醤油の色が濃いから味も濃いと思われがちだけど、本当は関西料理の方が味は濃い。
関西は出汁も濃いけど、塩味や甘味も関東に比べて強い。
お好み焼きも関西風と江戸風は全く違うようね。。。
そんな話をしながらあっという間の3時間。

2次会はカラオケ。
私は普段は歌わないのだけど、同年代の集まりだから昔の歌を歌っても大丈夫かしら?(笑)
と言うわけで、さんざんみんなで昔流行った歌を歌った。
そろそろ今日の主賓が帰る時間。
主賓は東京(八重洲)からバスで帰るらしいが、時間が心配というのでとりあえず電車に乗せる。
私は有楽町からなら電車で東京にでるより歩いた方が早い。
なんせ、“もう一つの”東京駅だから。。。(^^;
で、今日一緒だった男性2人を供に東京駅まで歩く。
そういえばこの2人、今日は私のお姫様ぶりにすっかり付き合ってもらった。
“しもべーず”なんてあだ名も付けられていたものね。
次の逢う時も“しもべ~”で居てね♪(^^)


いつもの飲み会より早く電車に乗ったせい(?)か、早く電車を降りてしまった(^^;
自宅の最寄り駅より一つ東京寄りの駅で降りてしまって、その後20分程の道のりを家まで歩いて帰った。
まぁ、食べすぎ、呑みすぎの身には丁度いいかな(笑)

いい気なものね

「僕の知らない人だから(一緒に仕事はできない)」

どこかで聞いたセリフ。。。
図らずも、このセリフを言った2人は同じ業界の人。
その言葉は“業界を代表する”と思われる程、業界TOPの人物のもの。

自分が“知らない”人は、ビジネスを一緒にする価値すらないといわんばかりのこの人達、よっぽど“おエライ”方なのね。。。と思ったら、最近言った人については、私は名前だけでなく顔も知らなかったわ。。。(^^;
しかし彼らは、この日本に於いてどのくらい“エライ”人なんだろう?
そして、彼らはどのくらいの“人”を知っているのだろう?

しかし、「知らない人とは仕事をしない」とは、経営者としてどうなの?と思ってしまう。
確かに、「知らない人」と仕事をする人は居ないだろうけど、「知らない人」を「知っている人」に変えてビジネスのチャンスを作るのが営業だと思っていた。
でも違ったみたい。
「知らない」が新たなビジネス分野へチャレンジするのを止める理由になりうるのね。。。この人達にとっては。。。


でもなぁ。。。
自身が会長を勤めるフジテレビの大株主で筆頭株主のニッポン放送の主要株主で「拒否権」をも持つ株主となれば、ホリエモンは自分を「知らない」からとビジネスを一緒に出来ないと突っぱねた現経営陣を退陣させる事も可能なんだよね。
勿論、今回のフジテレビのTOBが失敗したらなんだけどね。
なんて思ったら、フジテレビは、TOBの取得目標の引き下げを発表した。
よく意味が解らない。。。

よく意味が解らないと思ったら、今日はあちこちのテレビ局にホリエモンがでてマスコミからの批判の矢面に立たされている。
ヘンなの。
どのテレビ局も、ホリエモンが“悪いこと”をしているかのような扱い。
あるコメンテーターは、ホリエモンがニッポン放送株を取得することで浮動株数の問題から上場廃止になる可能性を指して、「一般投資家の事を考えていない」と言った。
ホリエモンは、「まっとうな証券取引に於いて、他の投資家をケアする義務があるのか」と反論していたが、全くその通り。
元々株式の大量取得を目的とした公開買い付け(TOB)を仕掛けたのはフジテレビで、フジテレビはニッポン放送株の50%超の取得を目指した。
ニッポン方法株は、村上ファンドや鹿内家が株主で浮動株はそう多くない。
そんな中でフジテレビが長期保有目的で株を買い漁ったら上場廃止になる可能性は高い。
上場廃止が責められるのであれば、その責めはホリエモンではなくフジテレビが負うべきだ。

別のあるコメンテーターは、ホリエモンを「数字のことしか考えていない、“人”の気持ちも考えるように」と言っていたが、このコメントもどうかな。
情に訴えたいのだろうけど、企業経営者が何かの戦略を立てるときってやっぱり数字が一番なんじゃないの?
“人”についてケアする必要はないとは言わないけど、株式の大量買い付けという商行為に於いて、それに反発を感じる人が居たとしても、そこまでケアしろ言うのもおかしな話。
「日本にもベジタリアンは居るのだから、スーパーで肉を売るな」と言っている様に聞こえるだけなのだけど。。。


フジテレビのTOBの発表の時は、マスコミ報道は、何となく“当然”と言うようなムードだった。
それなのに、ホリエモンの大量買付けになんで此処まで反発するのかな。
例え他局であっても、マスコミ人以外の人間にテレビ局に影響力を行使して欲しくないって事?
マスコミって、案外ムラ社会なのね。
ホリエモンが言うように、放送事業の外人の株式取得制限なんていつまで続くか解らない。
そんなの通信事業を見れば解るだろうに。
仲間内だけで仲良くしたくても、いずれ外資に乗っ取られるだけだよ。

TOBなんて一般企業でも良くある話。
TOBを仕掛けられた会社がそれを気に入らない場合、敵対TOBを仕掛けるしか方法はない。
マスコミは公共の電波を使ってこんなに大々的なキャンペーンをしてもらえるものね。
マスコミっていいわね。
というか、いい気なものねといいたい所なんだけどね(苦笑)

いい気なものね

「僕の知らない人だから(一緒に仕事はできない)」

どこかで聞いたセリフ。。。
図らずも、このセリフを言った2人は同じ業界の人。
その言葉は“業界を代表する”と思われる程、業界TOPの人物のもの。

自分が“知らない”人は、ビジネスを一緒にする価値すらないといわんばかりのこの人達、よっぽど“おエライ”方なのね。。。と思ったら、最近言った人については、私は名前だけでなく顔も知らなかったわ。。。(^^;
しかし彼らは、この日本に於いてどのくらい“エライ”人なんだろう?
そして、彼らはどのくらいの“人”を知っているのだろう?

しかし、「知らない人とは仕事をしない」とは、経営者としてどうなの?と思ってしまう。
確かに、「知らない人」と仕事をする人は居ないだろうけど、「知らない人」を「知っている人」に変えてビジネスのチャンスを作るのが営業だと思っていた。
でも違ったみたい。
「知らない」が新たなビジネス分野へチャレンジするのを止める理由になりうるのね。。。この人達にとっては。。。


でもなぁ。。。
自身が会長を勤めるフジテレビの大株主で筆頭株主のニッポン放送の主要株主で「拒否権」をも持つ株主となれば、ホリエモンは自分を「知らない」からとビジネスを一緒に出来ないと突っぱねた現経営陣を退陣させる事も可能なんだよね。
勿論、今回のフジテレビのTOBが失敗したらなんだけどね。
なんて思ったら、フジテレビは、TOBの取得目標の引き下げを発表した。
よく意味が解らない。。。

よく意味が解らないと思ったら、今日はあちこちのテレビ局にホリエモンがでてマスコミからの批判の矢面に立たされている。
ヘンなの。
どのテレビ局も、ホリエモンが“悪いこと”をしているかのような扱い。
あるコメンテーターは、ホリエモンがニッポン放送株を取得することで浮動株数の問題から上場廃止になる可能性を指して、「一般投資家の事を考えていない」と言った。
ホリエモンは、「まっとうな証券取引に於いて、他の投資家をケアする義務があるのか」と反論していたが、全くその通り。
元々株式の大量取得を目的とした公開買い付け(TOB)を仕掛けたのはフジテレビで、フジテレビはニッポン放送株の50%超の取得を目指した。
ニッポン方法株は、村上ファンドや鹿内家が株主で浮動株はそう多くない。
そんな中でフジテレビが長期保有目的で株を買い漁ったら上場廃止になる可能性は高い。
上場廃止が責められるのであれば、その責めはホリエモンではなくフジテレビが負うべきだ。

別のあるコメンテーターは、ホリエモンを「数字のことしか考えていない、“人”の気持ちも考えるように」と言っていたが、このコメントもどうかな。
情に訴えたいのだろうけど、企業経営者が何かの戦略を立てるときってやっぱり数字が一番なんじゃないの?
“人”についてケアする必要はないとは言わないけど、株式の大量買い付けという商行為に於いて、それに反発を感じる人が居たとしても、そこまでケアしろ言うのもおかしな話。
「日本にもベジタリアンは居るのだから、スーパーで肉を売るな」と言っている様に聞こえるだけなのだけど。。。


フジテレビのTOBの発表の時は、マスコミ報道は、何となく“当然”と言うようなムードだった。
それなのに、ホリエモンの大量買付けになんで此処まで反発するのかな。
例え他局であっても、マスコミ人以外の人間にテレビ局に影響力を行使して欲しくないって事?
マスコミって、案外ムラ社会なのね。
ホリエモンが言うように、放送事業の外人の株式取得制限なんていつまで続くか解らない。
そんなの通信事業を見れば解るだろうに。
仲間内だけで仲良くしたくても、いずれ外資に乗っ取られるだけだよ。

TOBなんて一般企業でも良くある話。
TOBを仕掛けられた会社がそれを気に入らない場合、敵対TOBを仕掛けるしか方法はない。
マスコミは公共の電波を使ってこんなに大々的なキャンペーンをしてもらえるものね。
マスコミっていいわね。
というか、いい気なものねといいたい所なんだけどね(苦笑)

子供は自然に生まれる。。。?

私は、産みたい(野田 聖子 著)サンデープロジェクトを見ていたら、ホリエモンと話している田原総一郎の後ろに野田聖子チャンが見えた。
何で来ているのだろうと見ていたら、彼女が最近出版した本にからんで「少子化」の話をするためだったらしい。

先進国と言われる国では何処も少子化が社会問題になっている。
その中でフランスは最近になって出生率が改善してきたとか。

フランスの少子化(家族)政策は、先ず、出産にお金がかからない。
フランスでは出産にも健康保険が利く。
公立の病院で検診を受け、出産した場合の費用は無料。
また、公的健康保険の他に共済保険に加入していれば、私営の病院で出産した場合も健康保険適用外の費用は共済保険でカバーされる。
まぁ、日本の場合も保険は利かないけど後付で健保から給付が出るけどね。。。

育児休暇は子ども一人につき最長3年まで取得できる。
職場復帰の際には前と同じ、または同等のポストに戻れるように法律で定められている。
もちろん、その間、給与は出ないが、健康保険料などの社会保障費は会社が払い、また国から育児手当てが支給される。
日本の場合は、社会保障費は自己負担だよね。。。
うろ覚えだけど、以前は全額自己負担だったけど、今は半額は会社が負担しているはず。

此処までは日本とあまり変わらないと言えるんじゃないかな。
違うのは、子供の数によって年金で優遇が受けられるという所。
税制面の優遇も子供の数が多いほど高い。
と言うか、3人以上の子供がいれば、基礎控除の額が大きくなって殆ど税負担のない人が多いらしい。
家族手当も子供の数に比して高くなるらしい。
家族手当(日本では児童手当)に関しては、田原総一郎が「日本では何故そんなに安いのか」と聞いた所、聖子チャンったら「朝日新聞に“ばら撒き”と批判されるから」って言ってた。
すかさず「マスコミの一部」と田原総一郎に訂正されていたね。
やっぱり、テレ朝で朝日新聞の批判は拙いのね(笑)

でもなぁ。。。
勿論経済的な優遇も子供を産むインセンティブにはなるだろうけど、それだけじゃないような。。。
それにフランスって、税負担が日本より高いのよね。
GNPに対する税負担率は、日本の26%に対してフランスは44%だものね。
だから同じことは日本では出来ないだろうな。
それより、聖子チャンも言っていたけど、「婚外子」が法的に差別されている所を直した方が良いような。。。
日本でも最近はかなり変わってきつつはあるけど、まだまだだものね。

フランスの出生率の上昇って婚外子の上昇と微妙にリンクする。
聖子チャン自身もそうたけど、最近の日本のカップルも事実婚が多い。
事実婚には色々理由もあるのだろうけど、聖子チャンの様に夫婦別姓を指向しての事実婚は確実に増えている。
そういうカップルから生まれた子供は「婚外子」なのよね。
子供に不利益になるからと子供が出来て入籍するカップルも多いだろうが、それ以前に子供を作ることを諦める事実婚カップルも居ると聞く。
カソリックの国のフランスでさえ、社会情勢にあわせて婚外子を婚内子(? 笑)と差別無く扱っているのに、元々結婚の概念の薄い民族である日本がどうして出来ないのだろう?
不思議だ。


「日経新聞で少子化の問題が取り上げられて、男性の政治家先生が少子化の問題を始めて知った」

今日、聖子チャンが言った言葉。
そうなのか。
政治家って年寄りの男性が多いから、“男と女が居れば子供は自然に生まれる”と思っている人が多いのね。
彼らは、自分の年金の担い手が居なくなって初めて、日本に子供が少なくなったことを実感するんだろうなぁ。

   1   2   3   4   5   6   

Index of all entries

Home > Archives > 2005年2月 Archive

Search
Calendar
« 2005 2 »
S M T W T F S
    1* 2*** 3* 4*** 5*
6 7*** 8 9* 10 11* 12*
13** 14*** 15*** 16 17 18* 19
20 21* 22 23* 24*** 25 26*
27 28*          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top