Home > Archives > 2005年2月 Archive

2005年2月 Archive

近々公開(笑)

雪のゲレンデ今日はバレンタインデー。
と言う訳で、こうさぎ君もバレンタインのチョコを貰った(笑)
さらに(?)、今日からこうさぎ君はバージョンアップして、今まで授乳期間(α版)だったのが離乳期間(β版)になったらしい。

ペットがウサギだけでなく色々増えたらしいが、ペットを換えるのに再度登録しなおさないといけないのが面倒だ。
コンパネの設定で変えられるようにして欲しかったなぁ。。。
フレームは変えられるのだから、技術的な問題はムリとして、ユーザとしてはコンパネで安直に換えたいよね(笑)

バレンタインのチョコは今日だけの限定品らしいので、とりあえず画像を保存(笑)


それにしても、とうとうDION(KDDI)までBlogに手を出したのね。
Blogサービスってそんなに儲かるのか?

因みに私も、近々ブログを公開予定(笑)
今の所、1つは過去の映画の鑑賞記録を集めたものをLog(記録)として編集。
もう1つは、以前infoseekで書いていた“空の向こう側”を復活しようかなと思っている。
器は出来たので、あとは中身を入れないとね(笑)
と言う訳で、そのうち、HPが本当にHomePageとして機能する予定。

近々公開(笑)

雪のゲレンデ今日はバレンタインデー。
と言う訳で、こうさぎ君もバレンタインのチョコを貰った(笑)
さらに(?)、今日からこうさぎ君はバージョンアップして、今まで授乳期間(α版)だったのが離乳期間(β版)になったらしい。

ペットがウサギだけでなく色々増えたらしいが、ペットを換えるのに再度登録しなおさないといけないのが面倒だ。
コンパネの設定で変えられるようにして欲しかったなぁ。。。
フレームは変えられるのだから、技術的な問題はムリとして、ユーザとしてはコンパネで安直に換えたいよね(笑)

バレンタインのチョコは今日だけの限定品らしいので、とりあえず画像を保存(笑)


それにしても、とうとうDION(KDDI)までBlogに手を出したのね。
Blogサービスってそんなに儲かるのか?

因みに私も、近々ブログを公開予定(笑)
今の所、1つは過去の映画の鑑賞記録を集めたものをLog(記録)として編集。
もう1つは、以前infoseekで書いていた“空の向こう側”を復活しようかなと思っている。
器は出来たので、あとは中身を入れないとね(笑)
と言う訳で、そのうち、HPが本当にHomePageとして機能する予定。

金融機関向けの求人

証券外務員の求人急増 派遣会社、育成急ぐ

 証券業界で派遣社員の需要が高まっている。株式や債券の売買を取り次ぐ証券仲介業が昨年12月に銀行などにも開放され、市場自体が広がったためだ。証券営業に必要な「証券外務員」(2種)の資格試験が昨年9月から証券会社などでの勤務実態がなくても受けられるようになったため、派遣会社側は未経験者向けの育成コースを新たに設けて、対応を急いでいる。

 「外務員資格を持っている人なら、何人でも欲しい」

 人材派遣会社パソナにはそんな切実な申し出が証券会社や銀行から相次いでいる。求められているのは、支店の窓口やコールセンターでの業務を手がける人材だ。
 

ネットをウロウロしていて見つけた記事。

冒頭の記事は、日興コーディアルグループとパソナが出資して作った金融機関向け人材派遣会社のファイナンシャルサンの社長の言葉、
「求人はいくらでもある。問題は人集めだ」
で締めくくっている。

そうだよね。
証券外務員ねぇ。。。
私も持っているけどねぇ。。。

私は、証券外務員資格が1種、2種と別れる前の“一般”という種別を持っている。
2種は株式や債券なんかの基本的な商品の取次ぎしかできない。
信用取引やオプション取引が扱えるのは1種。
そして“一般”はそのどちらもカバーしている。

ん? 私は持っていると言えるのか?(^^;
資格を取ってから20年もほったらかしで、1度も証券外務員の仕事はしたことないものねぇ。
そんな私の資格は今でも有効なのかなぁ?(笑)

でも、いくら求人があるといっても証券外務員になる気はないなぁ。
私の友人たちの多くも、仕事があると言われてもならないだろうな。。。


それにしても、金融機関向け専業の人材派遣会社が出来るなんて、金融機関向けの求人市場ってそんなに潤沢?
金融機関向けのSEの求人ないかしらん。

金融機関向けの求人

証券外務員の求人急増 派遣会社、育成急ぐ

 証券業界で派遣社員の需要が高まっている。株式や債券の売買を取り次ぐ証券仲介業が昨年12月に銀行などにも開放され、市場自体が広がったためだ。証券営業に必要な「証券外務員」(2種)の資格試験が昨年9月から証券会社などでの勤務実態がなくても受けられるようになったため、派遣会社側は未経験者向けの育成コースを新たに設けて、対応を急いでいる。

 「外務員資格を持っている人なら、何人でも欲しい」

 人材派遣会社パソナにはそんな切実な申し出が証券会社や銀行から相次いでいる。求められているのは、支店の窓口やコールセンターでの業務を手がける人材だ。
 

ネットをウロウロしていて見つけた記事。

冒頭の記事は、日興コーディアルグループとパソナが出資して作った金融機関向け人材派遣会社のファイナンシャルサンの社長の言葉、
「求人はいくらでもある。問題は人集めだ」
で締めくくっている。

そうだよね。
証券外務員ねぇ。。。
私も持っているけどねぇ。。。

私は、証券外務員資格が1種、2種と別れる前の“一般”という種別を持っている。
2種は株式や債券なんかの基本的な商品の取次ぎしかできない。
信用取引やオプション取引が扱えるのは1種。
そして“一般”はそのどちらもカバーしている。

ん? 私は持っていると言えるのか?(^^;
資格を取ってから20年もほったらかしで、1度も証券外務員の仕事はしたことないものねぇ。
そんな私の資格は今でも有効なのかなぁ?(笑)

でも、いくら求人があるといっても証券外務員になる気はないなぁ。
私の友人たちの多くも、仕事があると言われてもならないだろうな。。。


それにしても、金融機関向け専業の人材派遣会社が出来るなんて、金融機関向けの求人市場ってそんなに潤沢?
金融機関向けのSEの求人ないかしらん。

過ぎたるは及ばざるが如し

午後のひと時、コーヒーを飲むのがいい気分転換になる。
家でゆっくりと飲むコーヒーは心から寛げる感じがして、贅沢な時間を感じられる。
結構コーヒー好きなのよねぇ。

昔、お酒とコーヒーを良く飲む人は肝硬変になる可能性が高いと言われた事があって、会社の後輩の女性に「COOちゃんは、お酒でもコーヒーでも可能性が高いですね」なんていわれていた。
でも、ここ数年、体に良い効果をもたらすことがわかってきて、その良さを取り入れた方がいいという方向に変わっている。
コーヒー好きには嬉しい事だ。

日経新聞の土曜日版の「日経 プラス1」と言う紙面にこんな記事があった。

コーヒーでほっと一息だけじゃない コーヒーの実力

 コーヒーの成分でよく知られるのがカフェイン。覚醒(かくせい)作用が有名だが、利尿効果も期待できる。カフェインには、血管を拡張させて血液の循環を高める働きがある。腎臓内の血流がよくなると、腎臓の動きが活発になり尿が促される。

 さらにここ2、3年、注目されてきたのが血糖値を下げる働きだ。カフェインが血糖値を下げるインスリンの分泌をもたらすという。遺伝子の研究をしている滋賀医科大学の旦部幸博さんは「糖尿病に効果がある」と話す。

 クロロゲン酸もコーヒーの成分として重要だろう。調理学が専門の女子栄養大学の高橋敦子教授によると、クロロゲン酸には体内の酸化の原因になる活性酸素を抑制する働きがあり、がんの予防などにも効果があるといわれる。

 コーヒーががんの危険性を軽減することについては、東北大学の辻一郎教授(公衆衛生学)と大学院生の島津太一さんが先月開かれた日本疫学会で調査結果を発表した。それによると約6万1000人を追跡調査したところ、コーヒーを1日1杯以上飲む人は全く飲まない人に比べ、肝臓がんになる危険性が6割程度だったという。

 コーヒーは飲み物の顔のほか、食べ物への応用が利くという性格も持つ。日本インスタントコーヒー協会(東京・千代田)のインストラクターで管理栄養士の塚原美恵子さんに、調理への利用法を教えてもらった。

 塚原さんはまず、コーヒーの持つ消臭効果に着目。レバーや青魚のにおい消しに使えると話す。

 例えばイワシやサンマの煮物をつくるとき、砂糖や酒、水のほか、インスタントコーヒーを大さじ2杯くらい入れる。すると臭みがとれるという。レバーの場合、「インスタントコーヒーや牛乳などでつくった液に、15―30分程度つけるのがいい」(塚原さん)。

 また、「豆腐とコーヒーの相性は抜群」と塚原さん。豆腐をババロア風にして、コーヒーや砂糖などで作ったタレをかけるのもよい。
 

*リンク先は1週間程度で別の記事になります

なんだ、コーヒーっていい事ずくめなんじゃん(^^)
なんて思ったら、同じ紙面の別の記事で、

尿酸値を上げる正体は

尿酸値が高いと医者は「肉やビールを控えなさい」とよく言うが、食べ物から摂取するプリン体の量はそれ程気にすること事はないということがわかってきた。それよりもアルコールや肥満の方を気をつけるべきなのだ。

口から入ったプリン体は腸で分解され排泄されるが、一部は腸が吸収し肝臓で分解、尿酸になる。しかしその量は多くない。砂防の新陳代謝によって、壊れた細胞の核から沢山プリン体が作り出され、肝臓で尿酸に作り変えられる方が多いと考えれている。

アルコールは体内のプリン体の分解を促進し、尿酸の量を増やす。またアルコールの分解過程で出来る乳酸は、尿酸が対外に出るのを妨げるので、毎日沢山お酒を呑めば尿酸値が上がる。

内臓に脂肪が溜まる内臓肥満になると体内にインスリンが増えてくる。尿酸は老廃物なので尿として排泄されるが、インスリンが多いと尿酸が再吸収され身体に戻り血中の尿酸値が増えるという。


えええ?
じゃ、コーヒーを飲んで体内のインスリンの分泌が増えると、尿酸値の上昇につながる訳?
あ~ん。
やっぱり、お酒だけじゃなくコーヒーも飲みすぎちゃダメなのね。。。(> <)
過ぎたるは及ばざるが如しなのね。。。残念!


鰯のコーヒー煮と琥珀豆腐ババロアのレシピはこちら。

Continue reading

新幹線が停まる功罪 (BlogPet)

QooQooは朝食したの?


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

新幹線が停まる功罪 (BlogPet)

QooQooは朝食したの?


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

冬来たりなば、春遠からじ

千葉は、沖縄の次に春が早い。。。なんて、かなり独善かな(^^;

冬来たりなば、春遠からじ
とはよく言ったもので、ついこの間まで冬の寒さだった千葉にも、春は確実にやってきている。

この冬は暖冬と言われていたが、植物にはあまり暖冬は感じられなかったらしい。
例年なら12月の初めに咲く菜の花も今年は1週間程遅かったように感じられた。
そして、いつもの年ならこの時期には、既に咲ききっていてもう盛りは過ぎているのに、今年は未だ“盛り”の範疇だ。

菜の花 沈丁花

沈丁花は、暮れには蕾が出ていて「今年は早いかな?」なんて思っていたのに、花はなかなか。
1月は例年通りの寒さと例年以上の雪で、膨らみかけた蕾はすっかり閉じてしまった。
と思ったら、この所の気候の安定で、花がほころびはじめている。
未だ、あの独特の甘い香りはしないものの、今年は早めに咲くのかと期待させる。

ふと気が付くと、近所の社宅の梅も咲いている。
そろそろ春を期待できるかしら。。。


って、“猛暑”、“暖冬”の年って“雪”が多いのよね。
雪国の方は、これ以上“雪”は要らないと思っていそうな。。。

先日見た新聞記事では、上・中越で雪かきに難儀しているとか。
雪かきが大変と言うのは、以前から言われている事なのだけど、雪かきそのものは自衛隊やボランティアが出て、かなり人手の足しになっているようだ。
問題は雪の捨て場。
例えば新潟市内などは、昭和38年の豪雪の教訓を得て、昭和55年の豪雪時には雪の捨て場が確保されていた。
今年の上・中越地域では、雪の捨て場がなくて、家の近くに下ろしたままなので、家が(下ろした)雪に囲まれるという事態になっているらしい。

確かにね。。。
去年までなら家の近くに雪を置いても、家と家が離れているから雪もそれ程家の近くに置かなくて済む。
今年は雪が多い上に、隣近所との家の間隔が狭いので、そのせまいスペースに雪を下ろすと、家が雪に囲まれるようになるのね。

雪捨て場が無いというのは思いもよらなかった。。。

そういえば私も、雪国育ちだとは言え、“豪雪”は経験したことはない。
北陸に大雪をもたらした昭和55年には雪国を出て、千葉にいたものね。。。
その頃雪国の知り合いの家では、し尿の汲み取りが来られないから、トイレはなるべく都市部の公共施設で済ませるようにと言っていた。
あまり、おおぴらに語られる事はないけど、人間が生きていく上で避けて通る事が出来ない事が滞りなければいいなぁ。。。


春の足跡が大きく聞こえる千葉で、遠く冬の国の事を考えてみた。
でも、当事者じゃないから。。。当事者には、“貴女、呑気ね”と言われそうなレベルでしか考えが及ばないのよね。。。(^^;

某氏のお誕生に寄せて。。。

今日、2月16日は、北朝鮮の将軍様の誕生日だそうだ。
誕生日を前にしてというかなり意図的な時期に、アメリカからの北朝鮮に関する談話が発表された。
と言うより、先週のWC予選後に発表された「6ヶ国協議への無期限参加拒否」って、北朝鮮にとっては自らの首を絞める結果になるだけだと思うけどね。。。

先週の北朝鮮の声明は、6ヶ国協議の場での中国とロシアの面目を潰した。
北朝鮮の参加拒否によってこの問題が国連の安保理に付託された場合、メンツを潰された中国とロシアはどこまで北朝鮮の味方をできるのだろう?
そもそも、中国は東アジア地域で中国以外の“核”は許容できない立場だったはずなのに、北朝鮮が“核”を持つことにどう折り合いをつけるのだろう?
東アジアでの中国の立場というだけでなく、中国が今後、アメリカ、日本との貿易や人材交流をしなければならない立場を考えても、中国は北朝鮮の核保有を容認できない立場にあると思うんだけどな。。。

そんな時期にあって、昨日はこんな報道がなされていた。

姿見せる北の反体制団体 排除声明、ネットで発信 「ポスト金正日の母体に

 北朝鮮の金正日総書記に対する反体制運動団体がいよいよ姿を見せ始めた。「朝鮮人民解放委員会」と名乗るグループが、韓国の保守系月刊誌「月刊朝鮮」が十五日から始めるインターネット通信に同日付で「金正日(総書記)排除声明」を発表する。同会の関係者は「会は複数国で連動して活動している。ポスト金正日体制の母体になることが目的だ」と語った。(北朝鮮問題取材班) 
 関係者によると同会は一九九六年ごろから活動を始めた。人数や年齢層は伏せられているが、これまで北朝鮮南部の江原道、黄海北道の金日成革命史跡館に放火するなどの破壊活動や反体制ビラの散布、最高人民会議代議員選挙の投票所破壊など反体制運動を行ってきた。
 三十-四十代の若手が活動の中心とみられ、北朝鮮国内のほか中国や韓国などに支援組織があるという。
 宣言文は金正日総書記の指導した核開発、三百万人の餓死者、数十万人の脱北者を出した独裁政治を非難したうえで、「北朝鮮の人民も人間だ。涙も血も流れ、正義の道を知る優秀な民族なのだ。独裁のあるところには抵抗がある。いま、北朝鮮で金正日の扇動に心底だまされているものなど一人もいない…」と述べている。そして、「われわれは過去は問わない」として「金正日粛清後に安定的な社会を作るため、いま反金正日運動をする人間を愛国者と評価する」と反体制活動に賛同を求めている。

そういえば、少し前から北朝鮮で反金正日運動が取りざたされている。
この運動が本当に北朝鮮の市民から出たものかは解らない。
と言うのも、最近漏れ聞こえるアメリカの対北朝鮮戦略と微妙に一致しているから。
でも、私は、個人的には北朝鮮はDPR(Democratic People's Republic)国家だとは思っていないし、国名に“DPR”だなんてよくも付けたものだと思っているから、人民の中からこんな運動が出てくるのは大したものだという思いで見ている。


さて、フジテレビとホリエモンの騒動の影に隠れて、最近は報道されることが少なくなったような感がるが、朝日新聞とNHKの問題はその後どうなったのだろうか?
と言うのも、対北朝鮮強硬派(急先鋒)の晋ちゃんと昭ちゃんをターゲットにしたこの問題、なんとなく朝日新聞を使った北朝鮮のプロパガンダに見えるのよね。。。

と思ったら、そういう論点で報道を整理してるBlogがいくつかあった。
そこでは、朝日の報道を“捏造事件”と断定。
私はまだそこまで断定できる程、詳しくはないのだけど、たしかにそんなニオイを感じるのよね。。。
そういえば、14日だったかNEWS23に晋ちゃんが出ていた。
滅多に見ないNEWS23なんだけど、なんでこの日はみたのかなぁ。。。
虫の知らせ?(笑)

内容的には、筑紫君が晋ちゃんからNHKへの“政治的圧力”の言質を取りたかったようなんだけど、晋ちゃんは“(朝日の)報道は事実とは違う”との釈明だった。
議論としては全くかみ合わない(というか、晋ちゃんが噛み合せようとしていない)ので面白くないのだけど、裏の意図を深読みする視聴者としてはかなり面白い議論だった。

晋ちゃんは一貫して、「(朝日新聞の)報道は事実と違う」と言い、過去の朝日の捏造事件まで持ち出した。
いわんや、今回の報道は“捏造”と。
そして、あの時は36日後に捏造を告白、謝罪したと。

筑紫君は、「今日は30日だからあと6日で?」とか「今回も社長交替を望んでいる?」なんてお気楽に聞きながら、
「圧力と疑われる政治家(晋ちゃんや昭ちゃん)の行動について、どう思うか?」
と聞いていた。
コレにコメントをしたら、後々、その部分だけを使われて“圧力を認めた”と言われかねないなぁなんて思いながら見ていたら、晋ちゃんもそう思ったようで、微妙にはぐらかしていたね。
「そもそも圧力なんて存在しません」(言葉は正確ではないが。。。)と言っていたものね。
いつもなら、政治家の微妙に議論をはぐらかす発言を快く思わないのだけど、今回だけは流石に慣れているなぁ~と思ったわ。
筑紫君にまったく言質を与えなかったものね。
それどころか、筑紫君に「私も朝日出身です」と取り様に(使いよう?)によっては、朝日から頼まれて晋ちゃんの言質を取ろうとしているといえるような発言までさせてしまった。
おまけに、「新聞は言論機関だから、政治家はそれに文句を言ってはいけない」と筑紫君に言わせていた。

それにしても、筑紫君は、今回の件に関しても「新聞記事はそもそも間違い」と晋ちゃんが言うのを、「(“無かった”と言うのは)社長交替への圧力だ」なんていっていた。
何故、新聞が“言論機関”なのか?
新聞はそもそも自らを報道機関と位置づけていたのでは?
報道機関は言論機関とは違うように思うのだけど?
もし、新聞が言論機関なら、今回の“捏造”と言われる件に関してきちんと言論をもって反論すればいいのに、この件に関しては“言論”をもって、反論したことがあるのか?
だた、逃げているだけでしょう?

そして、「新聞が事件を“捏造した”」と言ったら“社長交替”の圧力なの?
新聞って、かつて、誤報や捏造を何度もしているけど、それを他人から指摘される事は圧力なの?
新聞って、だれからも批判や間違いの指摘をされてはいけない存在?
そんなに“おエライ”存在なのかしら?
私は、聞いていて、マスコミの権威主義を感じると供に、寧ろこれはひがみ根性?なんて思ったわ。

いや、でも、なかなか痛快だった(笑)

先ごろ、“小”朝日新聞ともいえる毎日新聞がこの問題に関して朝日と距離を置くような社説を載せた。
勿論、“捏造”とは書いていなかったけどね。
でも、「朝日の報道にはリアリティはあるが、決め手にかける」って、子分新聞が書くには精一杯の抵抗に見えるんだけど。。。
確かに、“捏造”と見れば、あのNHKのプロデューサーが流した涙のウソっぽさも説明できるよね。
此処まで来たら、NHKがどう沈静化を図るかと言うより、朝日新聞がどう沈静化を図るかに焦点が移ってきている。
法廷に持ち込んで損をするのはどっちなんだろう?


それにしても、東大のセンセ方の多くが読むからという理由で入試によく出題される朝日新聞。
試験勉強の為とは言え、こんな記事を記事を毎日読まさせられる受験生の将来が心配。
コレを読んで“真実”を見抜く目を養えればいいのだけど、私の“空のつぶやき”のVol2のBBSに書き込みした(自称)17歳の女子高生の様に、ヘンに感化される子もいないとは言えないよね。
若い頭が、日本に反感を持つ外国のプロパガンダに成り下がった新聞に感化されない事を願うわ。。。

関連Blog
(というか、NHKへの圧力事件を“捏造”と論じているBlog)

殿下さま沸騰の日々『てめーらなめんなよっ!』
news_from_japan
Irregular Expression

誰の為の利益?そして目先の利益

「(株式)会社は誰のものですか?」

初めに勤めた会社の社内試験の最終面接時の質問だった。
経済学部を卒業し、当時27歳にもなっていたのに、株式会社と言うもののを理解していなかった私は、「社員のもの」と答えたのだった。
結果は当然不合格。
当たり前だよね。

最近の「フジテレビvsホリエモン」騒動を見ていると、長く会社を経営されているお歴々にも株式会社が誰のものか、解って居られない方がいらっしゃるようだ。

先ず、一番解ってなさそうなのが、渦中のフジの会長さん。
彼は、ホリエモンのニッポン放送株買収に対して、彼がフジテレビの経営に口出しするつもりなのであれば“戦わねばならない”と言った。
彼は、何のために、誰と戦うのかねぇ?
経団連のお偉方にも、「社員や経営者が営々と築いてきたものを横からさらってはいけない」なんて言った人が居たなぁ。。。

株式会社は、従業員のモノではない。
まして、雇われ経営者の私物でもない。
株主のものだ。
勿論、日枝会長自身もフジテレビ株をお持ちだろうが、だからといって彼だけのモノではなく、フジテレビの株を持っている株主全員のものだ。
彼は株主から経営を委託されているに過ぎない。
ホリエモンがフジテレビ大株主であるニッポン放送を通じてフジテレビの経営に口出しをしたって、それはニッポン放送の株主として至極当然な事である。
それがニッポン放送や、ニッポン放送の株主であるホリエモンにとって有益であるならば。
まぁ、日枝会長も誰かに諌められたのだろうね。
翌日には、“他の株主の為にも僕は戦わなければ”と言い換えていたものね(笑)

でもなぁ。。。
ホリエモンが言うように、株式を上場すると言う事は、広く株主を求める、言い換えると「誰が株主になってもいい」と表明する事なんだよね。
なのに、自分が買おうとしている会社(ニッポン放送)に気に入らない株主が居るからといって、あんなに騒ぐことなのかなぁ。
或いは、自分の株主である会社に気に入らない株主がいるから?
それも普通はあんなに騒ぐことではないよね。
ヘンなの。

若造君に会社経営に口を出されるのが嫌なのかなぁ。。。
でも、経営者なら、誰が株主になっても文句を言われないような会社経営をするのが本質なんじゃないのかなぁ。
経営者の方々って自分の会社経営に自信が無いのかしらね。
経団連や、商工会議所やらのお歴々まで出てきて「資本主義の悪い面が出た」なんて言っちゃってさ(笑)
お金持ちが株を買い占めるなんて事が何故“資本主義の悪い面”なんだろうか。
株主が経営に口出しする事がいけないの?
自分のお金を出資してる株主が、出資先の経営に口出しするのは当たり前の事なのにさ。
口出しっていっても、一々社長室に出かけて采配をする訳じゃなし、株主総会で彼らの経営をチェックするだけでしょう?
それを嫌がるって、資本主義を否定していない?
持たざる者の僻みに聞こえるけど、こんな事を言う人達って、“持てる”人たちなんだよね。。。

一般的に「資本主義の悪い面」とは、将来を見通さない短期的な政策で収益を上げようとすることなんだよね。
長く会社経営に携わっていると、会社が自分の私物の様に感じられてくるのかしらね。
困った人達。


ん?
目先の利益。。。
ああそうか。
テレビ局って、「視聴率」という目先の利益の為なら何でもする所だった。

一昨日(正確には日付が変わって昨日)の夜中、日本テレビの「カミングアウト」言う番組も酷かったね。
この番組って、芸能人が「実は。。。」なんて告白話をして、それが真実(トゥルー)か嘘か(ダウト)かを言い当てるゲーム。
司会の谷原章介が私の好みで、よく見ているのよね(笑)

一昨日は、18歳のあびる優というタレントが集団で窃盗した過去を告白。
(いままで、こんな子見たことなかった。。。(^^; )
これがダウトではなく、トゥルーだったのよね。
ビックリ。
しかも、その告白が真実か否かを当てる為の質問タイムの時もそう悪びれている風ではなかった。
質問をしている他の出演者が「それは犯罪だろう」なんて言っていたけど、全くその通り。
彼女が、“トゥルー”と宣言(?)した後、画面に「万引きは犯罪です」とテロップが出ていたけどねぇ。。。
全く、この番組を放送したテレビ局の良識を疑うわ。
いかにも、視聴率命のテレビ局らしいけどね。

因みに彼女の犯罪は、万引きなどと言うものではなくれっきとした窃盗。
犯罪を、刑罰の大小でよい悪いというつもりは無いけれど、集団で半年間に渡り何度も、商品を段ボール箱ごと盗んだというその犯罪はかなり悪質だ。
とても笑い話で言えるような話ではない。
もっとも、罪悪感なんて無いから、公共の電波を使って笑い話にしているんだろけどね。
窃盗の時効は7年。
彼女の年齢を考えても、まだ時効は成立していないはずだよね。。。
しっかりお灸をすえてもらおうね。


それにしても、このテレビ局の勘違いぶりを諌めてくれる人はいないものかねぇ。。。
公共の電波をくだらないことに使って、何が報道機関?
もしかして、会社や“公共の電波”をこれまでの様に、私物化というか自由に使えなくなってしまうことを恐れて、まっとうな外部の血が入ってくるを嫌がっている?(爆)

   1   2   3   4   5   6   

Index of all entries

Home > Archives > 2005年2月 Archive

Search
Calendar
« 2005 2 »
S M T W T F S
    1* 2*** 3* 4*** 5*
6 7*** 8 9* 10 11* 12*
13** 14*** 15*** 16 17 18* 19
20 21* 22 23* 24*** 25 26*
27 28*          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top