Home > Archives > 2006年5月 Archive

2006年5月 Archive

個人利用に主眼を置いたサービスが出てきてもいいのでは?

以前、タクシー業界のIT化に関する仕事をしていた事がある。
規制緩和でタクシー業界への参入がしやすくなったにも関わらず、景気がイマイチでそれまで需要の中心だった法人が経費削減でタクシー利用を控えていた時期だった。
タクシー会社各社はITと言っても、導入する予定も予算もない時期だった。
業界の色々な施策も、決してタクシー会社に“儲け”をもたらすものではなく、それをしなければ“反社会的”とみなされて売上が限りなくゼロになるのを恐れてのものだった。
ある会社の社長さんは「(それを)すれば赤字になるけど、しなければ売上がたたないから」と言っていた。
何か新しい事をするたびに、身を切り、血を流すようだった。


<JTB>コンビニで新タクシー券を発売


 JTBは1日から、全国の主要コンビニエンスストアで個人向け新タクシー券「タクのりチケット」の販売を始めた。1枚1000円のプリペイド方式で、1050円分利用できるお得さが特徴。全国のタクシー会社110社(約9000台)で利用可能という。コンビニでのタクシー券販売は初めて。
 購入できるのは▽セブン―イレブン▽ファミリーマート▽ローソン▽サンクス▽サークルK▽スリーエフのうち、対応可能な端末を備えた店舗。
 利用者は自分で端末を操作して券を購入し、タクシー降車時に運転手に渡す。ただ、おつりを受け取れないため、1000円未満の端数は現金払いになる。有効期限は購入時から1カ月で、利用後の半券を5枚集めると100円分利用できる特典もある。
 今年度の販売目標は2億円。07年度には利用可能なタクシー会社を200社(1万5000台)まで増やし、6億円の売り上げを目指す。
 利用可能なタクシー会社は、専用ホームページ(http://www.jtaku.com/jtb/cvstkt.html)で確認できる。【小倉祥徳】
(毎日新聞) - 5月1日20時44分更新


1000円で50円の割引、5回の利用でプラス100円の割引となると、実質5000円のプリペイドで5350円分の利用が出来る。
JRや営団地下鉄などのプリペイドカードより利用者にとって効率がいいね。
ただ、1000円未満でおつりが出ないというのは、使い勝手が悪いかも。
おつりがでないまでも、利用分を差し引いて次回も使えるようにした方がよっぽど利用者が増えると思うのだけどなぁ。。。
ここにも、タクシー業界の“装置”にお金をかけられない事情が影響するのね。。。


タクシーにとっては長距離客が好まれるのは今も昔も変わらない。
でも、“経費”が縮小されて、タクシー代が槍玉に挙げられる会社も少なくない。
となると、社用ではなくて個人(プライベート)利用に主眼を置いたサービスが出てきてもいいと思うのだけど?
人って、社用では大盤振る舞いしても、プライベートでは締り屋になる人が多い。
そういう意味では、繰り返し利用ができて、割引があるとなれば、個人利用も期待できるのにね。。。
プリペイドという形で料金を払っているのだから、タクシー利用にかんする心理的な壁だって低くなるのにね。

それに、社用だって、繰り返し利用ができて、利用実績が把握できれば利用しやすい。
利用分を引き落とすだけなら、駅の改札にあるような機械ほど大袈裟でなくても出来るような気がするのだけどなぁ。。。

いい試みだと思うだけに、利用者にとって使いやすいシステムになることを望むわ。
そうすれば、タクシー利用者だって増えていくと思うもの。


Continue reading

憲法改正。。。

小学生の頃、初めて“憲法”を授業で教わった時、憲法の改正条項についても教えられた。
ただ、その時は、憲法上に定められた事だけで、実際は国民投票に関する法律がなくて、実質的に憲法改正はできない事は教えられなかった。

60年間も憲法に手を加えない国が、日本以外にあるのだろうか?
世界中を探してもないのでは?


国民投票法案の協議加速 3日憲法記念日


 日本国憲法が1947年に施行されてから3日で丸59年。自民、民主、公明の3党は党内で憲法改正論議を進め、改正手続きを定める国民投票法案についても、今国会での共同提出に向け協議が進んでおり、護憲路線を貫く共産、社民両党は危機感を募らせている。憲法は制定以来の大きな転機を迎えている。
 自民党は昨年11月の立党50年記念大会で「新憲法草案」を公表。「自衛軍」の保持を打ち出すとともに、新たに「国民の責務」の条項を設けるなど、公益重視の内容となった。党内には、さらに日本の歴史や伝統文化の尊重を明記した保守色の強い「第2次案」を求める声もある。
 民主党は昨年10月に改憲の考え方をまとめた「憲法提言」を公表。独自案策定に向け、4月から全国各地で国民の声を聴く「憲法対話集会」を開始した。安全保障問題で意見の異なる党内の改正慎重派とどう意見集約を図るかが課題だ。
(共同通信) - 5月2日18時49分更新

今日は朝から出かけていたので、テレビの討論会なども聞いていない。
どんな話がでたのか聞きたかったわ。


【談話】憲法記念日にあたって


民主党憲法調査会会長
枝野 幸男


 日本国憲法は今年、制定から60年を迎えます。

 無謀な戦争の果てに一面の焼け野原となったわが国において、平和で民主的な国家・社会の建設という方向を指し示したこの新憲法は、当時の国民にどれほど希望と勇気をもたらしたか、想像に難くありません。この憲法は実際、半世紀以上にわたって日本国民の間に深く定着し、戦後日本の平和と安全、繁栄と民主主義の土台となってきました。この現行憲法の根本規範である「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」の3つの原理は、これからの日本だけでなく、世界に広げていくべき普遍的原理として今後も大切にしていくべきだと思います。

 しかしその一方で、わが国ではこれまで、時の政府が自らの都合に合わせて解釈変更を重ね、憲法による統治が徐々に形骸化・空洞化させられてきたのも事実です。与党の一部からは、こうした解釈変更では飽き足らずに、都合の悪い憲法の条文そのものを書き換えて、政府にフリーハンドを与えるがごとき反立憲主義的な改憲案も示されています。他方、どれほど空洞化しようとも、その現実を見ることなく、現行憲法の条文、一句一字を守ることが平和を守ることだとする、相変わらずの護憲論も見られます。

 私たちは、これらいずれの議論とも一線を画しながら、真に立憲主義を機能させ国民主権を深化させるという観点から、現行憲法に足らざる点があれば補い、改めるべき点があれば改めるという姿勢で、民主党「憲法提言」を昨年秋にまとめました。現在、この提言をもとに、全国各地での対話集会をスタートさせています。主権者である国民の皆さんとの自由闊達な憲法論議を経て、私たちの憲法が日本や世界の人々の平和や幸福の礎石として輝きを取り戻せるよう、私たちも積極的な役割を果たしたいと思います。
(民主党HPより)


ふ~ん。
まともな事言っているジャン。

日本の憲法の掲げる「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」は貴重な原理だし、今後憲法を改正する事があっても、これを変えるような事はして欲しくないと思う。
そして、憲法が時の政権の“解釈”によっていかようにでも運用できるような事は避けなければならないと思う。
また、日本の戦争放棄した“平和憲法”を後生大事に守っていれば、日本が平和で居られるかというとそうではないと思う。
そういった意味では、この談話には同意できる。

でもねぇ。。。
民主党って、去年纏めた憲法草案では、「主権委譲」って書いてあったよね。
今では民主党のHPからたどる事は出来ないのが残念だわ(笑)

今回、「昨年10月にまとめた」と言っているものは、どうなっているのかしら?
主権をダレに委譲するのか?“委譲”は取り下げたのか?
他にも色々突っ込みどころがあったよね。
改めてHPにでもアップしてもらいたいものだわ。
じゃないと、判断も何もできやしない。。。

GWの桜を求めて。。。(プロローグ)

それでなくても旅行に出て写真を撮るのが好きだったに、最近では、写真が目的なのか出かけるのが目的なのか判らないお出かけが多くなってきた。
今日は、山梨へお出かけ。
って、“山梨”と一口に言っても広いんだけどね(^^ゞ

で、今日、廻ったのは、河口湖北の「創造の森」と、精進湖、本栖湖、そして足を延ばして昇仙峡とその先の金櫻神社。

夜中までネットで色々調べていた。
こんな時期でも桜が咲いているのか、心配だったから。
そうしたら、金櫻神社が丁度見ごろだと。
ラッキ~
桜って、時期が短いからタイミングが合わないとねぇ。。。
で、寝たのが2時半過ぎ。
4時半には置きたいのにな。。。
4時半に起きれば、ETCの早朝割引で、少なくとも八王子までの料金が安くなる。
っていっても、八王子まで(東関東400円+首都高700円+三鷹~八王子600円)が1060円になるだけなんだけど。。。
でも、早く行けば渋滞に巻き込まれる事も少ないけどね(笑)


最寄のICから首都高を抜けて中央高速の入り口である高井戸ICから三鷹料金所までは空いていた。
三鷹料金所の手前で、「この先渋滞20キロ」通り抜けに120分かかると。。。
え???八王子を出るのが8時になっちゃうジャン(^_^;

予定通り(?)三鷹を出たところから渋滞。
1キロを走るのに10分。。。この調子じゃ、この渋滞を超えるのに200分かかっちゃうよ。。。(>_<)
ラジオでは、中央高速の渋滞を33キロだとか38キロだとか言っている。
さっきより延びたね。
早く出てきて良かったかも(^^)
路肩には石川PAに入る車が並んでいる。
さっき、談合坂は「混雑」しているけど、石川は「空き」って案内していたのはウソ?

それにしても、山の緑が鮮やかだわ。
2週間前とは全く違う色になっている。
雲ひとつないお天気のせいで、更に輝いて見えるのかもしれないけどね。

で、八王子料金所を出たのが丁度8時。
でも、元八王子まで渋滞しているのよね。。。
って、この料金所を出て、本線に入るのに既に5分はかかっているんですけど。。。(^_^;
料金所の窓口を増やしても、その先が2車線だと、どうしても集中渋滞する。
周り中の車がクラクションを鳴らしていて五月蝿い。
ダレがダレに鳴らしているのか判らないよ。。。

渋滞起点の元八王子BSを過ぎて少し走ると、やっと空いてきた。
藤野PAはそう混んでいる風ではなかったけど、そのまま流れにのって通り過ぎて談合坂のSAに入ろうと思ったら、こちらは1キロ以上手前から路肩に車が並んでいる。
渋滞情報と“到着予測時間”はかなり正確なのに、PAの混雑情報は全くアテにならないのね。
仕方ないので、そのまま走る。
大月を超え、河口湖のICを出た。
高速料金は、本来1900円が半額の950円。
中央高速も半額になっている(^^)

今日の最初の目的地は、河口湖の「創造の森」。
って、すっかり、川口湖畔だとばかり思っていた私は、本当に川口湖畔に出てしまった。
川口湖畔の道の駅かつやまを見つけて、インフォメーションセンターで案内を見ると、行き過ぎ。。。
富士スバルラインの方だった。。。(^^ゞ

まぁ、時間もいいことだし、なのよりお腹が空いたので此処でお弁当を開く(^^)
お弁当と言っても、家にあったというか、お握りとあり合わせのおかずを夕べのうちに詰めたもの。。
去年のGW旅行い一緒に旅行に行った人に“味付けした食品は傷みが早い”と言った人がいたけど、味付けしたものが持たないのではない。
寧ろ食品の傷みを遅らせるために味付けをするのよね。
水分の多いものが傷みやすいから水分を抜くために塩や砂糖で濃い目の味付けをしたり、酢で味付けをするの。
だから、保存性を考えるお弁当は普段食べるものより味が濃い。
でも私の味付けは甘みも塩も薄い味付けで“お弁当”に向くもではない。。。(^^ゞ

さて、今日の朝ごはんは、夕べ作ったお弁当。

お弁当

時間が早かったせいで、そんなに高温にさらされる事が無かったのでとりあえずOKね(笑)
河口湖畔の芝生公園で食べるお握りは美味しい。
風は薫ようだし、山と湖が見える景色も穏やか。
っていうか、遠足弁当のような外で食べる食事は、味より雰囲気だとは思うけどね(^^)
タダね。。。このお握りは1個辺り1/4合もない。
画像では大きく見えるこのお握りだけど、4個で1合に満たないの。。。
これで“大きい”と思う人も入れば、“小さい”と思う人もあるだろう。

で、最近の私は、こんな小さなお握りを口に入れるのが厳しい。。。口が開かないの。。。(^_^;
これって、老化なんだよね(^_^;
最近、コンビニのお握りも、一番小さい1角をやっとかじられる程にしか口が開かない。。
でも、口が開かないのもある種の老化であって、お寿司屋さんに行って“標準サイズの握り寿司”が一口で入らないのって、必ずしも“お上品”な訳でなく、このくらいの年齢になってなったのって老化で口が開かなくなったって事なんだよね。。。(^_^;

GWの桜を求めて(その1)

道の駅で貰ったパンフレットを頼りに、創造の森へ行く。
途中に「富士桜とミツバツツジ祭り」の案内看板があって、もう迷う事はない(^^)

駐車場は空いては居なかったけど、すんなり入れた。
流石に富士山が大きい。
さて、写真♪と思ったら、あちゃ~失敗。
電池切れ(^_^;

仕方ないから、コンパクトデジカメでパチリ。

富士桜 富士桜2

2枚撮ったところで、コンパクトデジカメも壊れてしまった(>_<)
少し前か調子が悪かったのだけど、とうとう写せなくなってしまった。
新しいの買おうかな。
一眼レフもいいけど、コンデジがいいときもあるものね。
安いのでいいものね。。。

で、これは携帯のカメラで。

ソメイヨシノの桜並木 

やっぱり、携帯だと景色を写すのには向かないね。

富士山周辺や箱根に多く咲く富士桜は、背が低く、お花もソメイヨシノに比べると小ぶり。
“お祭り”の会場では、富士桜の苗木が売っていた。
そんなに大きくはならないらしいからマンションのベランダや盆栽としてもいいらしい。
ここに小一時間程いたかな。

国道に戻って、電気屋さんで電池を買う。
何となくデジカメに目が行ってしまう(笑)
でも、此処では買わないよ。

次は精進湖。
途中、ミツバツツジが群生しているのが目に付いた。
って、群生しているわけではなく、植えたものらしいわ。
「道の駅なるさわ」では「ミツバツツジ祭り」をしている。
ちょっと寄ろうかと思ったら、こちらは駐車場が大混雑。
1枚だけ富士山の写真をとって、退散。

道の駅なるさわから見た富士

精進湖畔には未だ桜が残っていた。
富士山を背景にした桜の写真が撮れそう♪
と思ったけど、これが意外と難しいのね。
そう、丁度いい場所に桜がある訳じゃないものね(苦笑)

精進湖からの富士1 精進湖からの富士2 精進湖からの富士3 

写真を撮っている場所の下にキャンプ場がある。
タンポポの黄色も目に鮮やか。
桜の中のキャンプもイイね。

精進湖キャンプ場 

続いて本栖湖へ。

本栖湖からの富士

ここでは、桜はないね。。。
雲が富士山の足元にでてきて、富士山が浮いているように見える。

未だ、12時半。
これなら、昇仙峡にも回れそう(^^)

GWの桜を求めて(その2)

先ずは腹ごしらえ。
精進湖から甲府に抜ける道沿いに、十割蕎麦の店があった。
駐車場も広いし、店も大きい。
時間も1時過ぎだし、そんなに混んではいないだろうと思って入った。

う~ん。
かなり並んでいるみたい。
ちょっと迷ったけど、店も広いから回転ははやいかな。。。と思って、とりあえず待つことにした。
でもね。。。
回転が悪い。
って、お店の人の手際が悪くて、席は空いているのに片付けが間に合わなくて、お客さんを入れられないでいる。
お蕎麦も、十割蕎麦なら直ぐ出せるだろうに、ちょっと時間がかかっている。
ハズレかな?と思ったり。。。(^_^;)

暫く待って、やっと入れた。
蕎麦は何種類かある。
石臼蕎麦とこしあぶらの天ぷらを頼んだ。

こしあぶらの天ぷら 蕎麦

天ぷらには抹茶塩。
揚がり具合は丁度イイ。
美味しかった。

そして出てきた蕎麦は、量が多くてビックリ(笑)
流石に十割、蕎麦の香りがして美味しいよ。
薬味はネギと山葵と紅葉卸だった。
紅葉卸って珍しいね。

食べ終わったら、2時を過ぎていた。
急がないと。。。

GWの桜を求めて(その3)

昇仙峡には前に1度だけ行った事がある。
あの時は甲府昭和ICからだった。
今回は、甲府南ICから行く事になるのかな?
って、高速に乗ったわけじゃないけど、通り道に甲府南ICがあっただけ(笑)


特に迷う事なく昇仙峡にはついたのだけど、さてどうしよう。
昇仙峡は車は入れないから、此処を見てから金櫻神社に行くと夕方になってしまう。
それは面白くない。
しかたない、昇仙峡は諦める?
とりあえず、金櫻神社に向かうことにする。

でもね。。。途中で雄大な昇仙峡の景色を見たらたまらなくなって、降りちゃった(笑)

羅漢寺橋 羅漢寺橋からみた峡谷 花の名前不明

新緑という言葉がぴったりだね。
木々の新芽の香りが気持ちイイ。
ちょっと歩いただけど、森林浴にもなるね。

車で、少し上がって、仙娥滝に行く。

仙娥滝 石門

この滝もすごいね。
私のカメラじゃ、凄さが全然伝わらないけど(^^ゞ

遊歩道を歩くと鳥居が。
額を見ると、夫婦木姫の宮と書いてある。
ちょっと歩くみたいだから今回はパスしちゃったけど、近くには運転神社というのもあるのね。
車で行った私は、本当はお参りに行かなきゃいけなかったのね。

で、いよいよ、金櫻神社。
でも、その前に夫婦木神社による。
此処は、夫婦木と呼ばれる樹齢千年の栃の木をご神体としている。
木に空洞があって、外から見える空洞の入り口が女性を象徴し、空洞の中に垂れ下がる部分が男性を象徴するとか。
ここのお守りは男性器の形をしている。
夫婦和合の神社のお守りってどこも同じね。

ご神木は見なかったのだけど、神社の外にはケヤキの木があって、こちらも「女性の象徴」と書いてあった。

ケヤキ 夫婦木神社の櫻 夫婦木神社裏鳥居 夫婦木神社 本殿

ご神体は本殿の中にあって、300円の参拝料が必要。
だけど、横から見られるのよ。
桜の写真を撮っていたら偶然見ちゃったのだけどね。


さて、いよいよ金櫻神社。
ここの桜は咲き始めの頃はウコン色をしていらしい。
咲ききってしまうとピンクになるとかで、ウコン色をしているウチに観に行かなきゃと思っていた。
間に合ったみたいよ。

ウコン桜1 ウコン桜2 ウコン桜3 ウコン桜4

黄色っぽい桜って初めて。
神社にあるせいか、神々しささえ感じる。
ご神木というのも判るわ。

この神社は水晶お守りの発祥の地だとか。
ご神体も水晶。
他には左甚五郎作の昇り竜と下り竜が有名らしいけど、火事で焼けてしまって、今あるのは復元したものだとか。
今は、金色の桜が一番有名なのね。

拝殿 拝殿のさくらの灯篭 金櫻神社の枝垂れさくら

でも、此処はウコン桜だけでなく、枝垂れ桜も多い。
境内の桜は今も満開。
参道の桜は散り始めていて、参道が花びらで白く染まっている。

桜の参道 

満足だわ(^^)


帰りの高速は空いていた。
でも、早起きのせいか、眠くて堪らない(^_^;
談合坂SAで休憩、仮眠。
気がついたら1時間半ぐらい寝ていた。

お腹も空いているから、腹ごしらえしておこう。
レストランは行列していたので、外の“屋台”で、ローメンとカルビ焼きを買った。
カルビは美味しかったけど、ローメンはイマイチ。
でも、ビールが欲しい味だったわ(笑)

ローメンとカルビ焼き 

プチ旅気分(BlogPet)

今年、千葉県の展示を見て、行って見る事にしたJR東海のブースで「そうだ京都に行こう」
の品評会を見て、出店を冷やかす
もう閉会が迫っているからなのよね♪男の紹介ブース?
日本にも世界遺産の紹介ブース?
日本にはお花の種とユリ、そして白いお花の鉢だけでも入場料(500円)
の絵本”「HertCocktail1」
の品評会を見て、「お土産品」
のCMビデオを独占して一服して一服して見る事よね(^ゞ)
もう一つの目玉は居ないな
と、COOちゃんが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

格差が広がった?

夕べの、日テレの「今日の出来事」では、「広がる格差社会」として、教育問題を特集していた。
内容的には、親の収入の過多で子供が受けられる教育に違いが出てくるというもので、最近では義務教育ですら受けるのに支障のある子供も出てきたとか。

一見すると、“可哀想”な感じ。
でもねぇ。。。
これって、最近始まったこと?
確かにマスコミが取り上げるようになったのは最近だね。
でも番組の中で取り上げられる家庭は、私の子供の頃や、私の両親が子供の頃は“一般的”な家庭環境だった。
特別に貧しい家庭ではなかったのよ。

私が子供の頃だって、学校でかかる諸費用が払えない家庭があった。
転校して2つ通った小学校はどちらも給食費の徴収は無かったと思う。
その頃は、どの家も裕福ではなかったから、給食費を徴収したら学校に通わない子が多く出ただろうね。
学校でしかまともな食事を食べられない子もクラスにはいたものね。。。
学校を休むと、給食のパンは級友が休んだ子の家に届けていた。
それが唯一の食事の子も居たものね。。。

私は高校までは公立の学校に通っていた。
大学も家から通える公立以外はダメと言われていた。
結局家から通える公立には合格しなかったから、私立の大学に行ったけど、この大学も年間授業料は公立大学と数万円しか違わなかったから行かせてもらった。
でも、その頃でも国レベルで見ると進学率は60%そこそこで、進学校だった私の高校でも、家庭の経済的な事情で大学にいけない人も何人も居た。
ほんの25年前の事。

私は小学校高学年から高校1年生までは日本海側の田舎町で育った。
その町では、普通科の高校の卒業生は95%ぐらいの高確率で大学に進学している。
でも、そもそも高校で普通科に進学できる人の数が少ない。
中学校のクラスの半分程度。
多くは、家庭が大学には進学させられないから、工業高校や商業高校などの職業高校への進学を余儀なくされている。
それでも「(高校に)進学させてもらえるだけでもありがたいと思いなさい」と言われていた。
私たちの親世代は、高校への進学すら“裕福な家庭”の子供しか出来なかったのよね。。。
それでも勉強したい人は、就職してから夜間の高校や大学に通っていた。


夕べのテレビを見ていて感じた違和感は、「進学するのが当たり前」で、「進学できない家庭は格差社会の落ちこぼれ」的な作りになっていた事。
そりゃ、テレビ局に勤めるような人にとっては、「進学するのが当たり前」の家庭で育ったのだろう。
でもね、少なくとも四半世紀前までは、それは普通の事だった。
進学できないのは社会の底辺にいるからではなくて、進学できる人が恵まれた人だった。

そう思ってみると、今は“恵まれた人”が多い社会になったといえる。
それは悪い事だと言っているの?

少し前まで“普通”だった事が今の世の中では“底辺”なのであれば、それだけ世の中が豊かになった事。
格差が広がったのではなく、以前より上方に移った人が多くなっただけの事でしょ?
塾に行けない子供や、学校の教材を買えない子供がいると言ったところで、それが“普通じゃなくなった”世の中が“豊か”になったと感じるだけなのだけど?
なんだか説得力のない作りだよ。
特権階級の人が一般人を見下した作りの番組は見ていて気持ちのよいものではない。


ただね。。。
笛や習字道具、絵を描く道具などの学校の教材を買うのに、兄弟のお下がりを使わせずに学校指定の新品を買わせるというのはどうなのかしら?
私の頃は、兄弟のお下がりや融通しあうのは当たり前だし、近所の人からのお下がりもあった。
そういうものを“一切ダメ”、必ず学校指定の“新品”を買いなさいというのはどうなのだろうね?
マスコミなら、「子供に新しい物がいいよね」といかにも「新しい物でないといけない」ような言い方で子供を誘導するのではなく、そこにある、ある種の癒着やリベートの有無を調査した方がよくない?
それがマスコミの本来の姿だと思うけど?

最近のお役所仕事

今日は運転免許証の更新。
免許を取って20年。
書類上は20年間無事故無違反の私は同然ゴールド免許だった。
全く運転しない人は当然ゴールド免許だから、ゴールド免許っていってもそんなに価値のあるものでは無いという人もいるけど、サンデードライバーだけど、一応運転してるから価値があると自分では思っているのよね。

でも今回の更新でゴールドは終了。
昨年3月に、近所のスーパーからの帰りにシートベルトを締めていなくて、キップを切られちゃったのよね(^_^;
あの時のお巡りさんったら、「違反しても次回更新の時にゴールドになる可能性はあります」なんていい加減な事を言っていたけど、ゴールドの要件は「過去5年間に違反をしていない」事でしょ?
違反者がゴールドになるなんて、ありないジャン(笑)

で、当然ブルーの免許になったのだけど、有効期間は5年なのね。
ビックリ。
平成14年の6月から、優良運転者(ゴールド)と過去5年間に軽微な違反を1回しかしていない人(一般運転者)の有効期間が5年になったとか。
知らなかったわ。


日曜日だとは言え、連休最終日の受付時間終了間際の免許センターは空いていた。
係りの人の手際もイイ。
受付時間が15時までのところ、14時50分に免許センターに飛び込んだのに、15時には写真まで撮り終えて講習の受付まで済ませていた。
これから約1時間の講習を受けるので交付は1時間後だけどね。。。(^^ゞ

それにしても、最近“お役所”の対応がよくなってきた感じがする。
言葉遣いも変わってきたし、対応時間も短くなってきた。
これは、この免許センターに限らず、区役所なんかもそう。
区役所は17時を過ぎていても受け付けてくれるし、手際もよくなった。
以前の区役所は17時前に窓口を閉めて、すべての手続きが終わるのが17時になるような感じだったものね。
いい傾向だわ(^^)

新橋雑感

JR新橋駅 憩い消えた「SL広場」 路上ライブなど排除

東京都港区のJR新橋駅西口にある「SL広場」から、アーティストの姿が消えた。港区が3月、広場を道路法に基づく「道路」として告示、露天商とともに道路交通法による取り締まりの対象となったためだ。アマチュア音楽家や手品師などが集まり、会社員たちが輪になって盛り上がる風景は、サラリーマンの街・新橋の象徴だった。それだけに、柔軟な対応を望む声も上がっている。

(毎日新聞) - 5月9日17時12分更新


そういえば、最近新橋の駅前がキレイになったものね。
噴水がなくなって、広々しただけかと思ったら、露天販売や路上ライブもなくなったのね。

でも。。。
確かにキレイになったのだけど、何となく白々しいというか。。。

前の雑多は雰囲気は、あれはあれで味があったと思うのだけどな。。。

Continue reading

1   2   3   4   

Index of all entries

Home > Archives > 2006年5月 Archive

Search
Calendar
« 2006 5 »
S M T W T F S
  1 2 3**** 4* 5 6
7 8 9 10 11* 12 13
14 15 16 17* 18* 19 20
21 22 23 24 25* 26 27
28 29* 30* 31*      
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top