Home > Archives > 2007年8月 Archive

2007年8月 Archive

オシャレなお店が増えて女性比率があがった新橋

今日は彼氏とデート。

昨日彼氏に誘われた時には、今日は夕方から客先で打ち合わせがあるからムリそうだと断っていた。
ところが打ち合わせが予想外に早く終ったので彼氏に電話して、新橋で待ち合わせ。

新橋のいつものお店はお休みだった。
だよね。。。
お魚を出すようなお店は、お盆の今日はお休みだよね(^^ゞ

しかたないから他のお店に、と思って、以前行った和韓料理の「毎水」に行こうかと思いながら、同じビルの「旨もん旬さかな しゃかりき」に入ってしまった。
入り口を入ると飛び石と暖簾。
和食のお店?と思って入ると、カウンターに通された。

ビールを飲みながらほの暗い店内を観察(笑)
カウンターはにはお寿司屋さんにあるネタケースがある。
“作った”のだろうけど、“元はお寿司屋さんだった?”というような雰囲気。
でも、照明は暗いのよね(笑)
飛騨高山の古材という木が柱のように何本も立っている。
“ように”というのは、その木は天井に届いているわけではなく、単なる飾り(デザイン)だから。
店内はほぼ満席。
もしかして、ギリギリで入れたのかな?
多くが女性連れ。
新橋でもこういうオシャレなお店が増えて、女性比率があがったね。
というか、幾らオジサンの街新橋でも、女性に受けるお店でないとお客さんを呼べないのかな。


お造りの3点盛りは、マグロとカンパチが決まりで、もう1品を選ぶ。
ヒラメと秋刀魚を迷ったのだけど、ヒラメは売り切れだとかで秋刀魚。

刺身

今日は市場は開いていないだろうにキレイな秋刀魚だったな。

次に地鶏の七味唐辛子煮。

地鶏の七味唐辛子煮

鶏肉とネギを1度焼いて、甘辛のお出汁で煮てある。
鶏肉だけ食べてネギとしし唐を残していたら彼氏に笑われた(^_^;
だって、しし唐は辛いかもしれないジャン。

穴子の白焼き。

穴子の白焼き

ここのお店は盛り付けが凝っている。
白焼きも甘酢漬けのミョウガと緑のモミジが添えてあって、涼しげ。
そういえばと、四国のある過疎化した村では高齢の女性がお料理の飾りに使うモミジを専門に取って年収1000万円も稼ぐらしいという話をしてくれた。
年収1000万円だなんて、高給取りのお婆さんだね。
でも、年金が欲しいからと何もしないでいるより、山歩きする事で足腰がしっかり健康になるし、生活に張りが出たり生きがい出来てよさそう。

ホタルイカの黒造り

この写真を撮りながら、このお料理は写真だけじゃ何かわからないね、と彼氏と笑った。
実はこれ、ホタルイカの黒造り。
ホタルイカってあんなに小さいのに、こんなに墨を持っているのかしら?

水だこのポン酢

最後は水だこのポン酢和え。
タコ好きな彼氏が殆ど食べちゃった(笑)



Continue reading

困ったモンだ

人事というものは、必ずしも万人が納得するものではない。

最近、マスコミを賑わせているのは、防衛省次官人事。
なんでも、防衛大臣の推す次官候補を現次官が気に入らないから自分が気に入る人材に差し替えて欲しいと首相官邸にねじ込んだとか。

なんだかね。。。
こういう事態を見ると、現防衛次官はあまり良識・常識的な人ではない事が伺える。
何故こういう人が4年も次官で居られたのか?という事は置いておいて、さっさと退場願うのが当たり前の事なのだろう。
翻って、防衛大臣も何故この内閣改造前にこの人事を強行しようとしたのだろう?
内閣改造後に自分が防衛大臣ではないかもしれないし、仮に防衛大臣に再任されたとしたらその後に次官を更迭してもよさそうにと思う。
次の防衛大臣に替わる前に次官を替えなければならなかった理由を明確にしていたら、ここまでのドタバタにはならなかったのでは?と思う。

また、官邸の対応もどうかしている。
次官が独自の人事案をねじ込んだというけど、何故上司である大臣の頭越しに官邸にねじ込むことを一喝しないのか?
もしかして、塩崎クン辺りはこの次官に弱みでも握られている?と勘ぐってしまう(苦笑)
まぁ、弱みを握られてはいないまでも、完全に舐められている事は確か。
塩崎クン辺りは、百合子ちゃんとの勢力争いもあるのだろうね。。。
でも、そうやって醜い姿を曝す事は、そのまま首相への(選挙民からの)支持率低下という形で跳ね返る。
今の首相の支持率低下は、晋三クン個人への不支持ではなく、塩崎クンを初めとする閣僚への不支持の反映だという事に気が付かないのかな?
困ったモンだ。

つらつらと。。。

昨夜から涼しくなってきた。
会社の帰りに汗をかかなかった。
それでも気温は28度ぐらいあるから、夏前だったら「死にそう~~~」と思うぐらいの気温なのにね(笑)

ここ数日は、星が良く見える。
13日だったかな?流れ星が良く見えると言われていたのは。
丁度その頃は新月だという事もあって今年は特に見えやすいと言われていた。
夜でも蘇我や市原にある製鉄所や火力発電所の炎が空に映って星が見え難いこの時期の千葉でも、星が良く見られた。
これって、単に天気の問題だけではなく、湿度も大きく影響する。
湿度が低くなったのは、季節がそろそろ秋になったという事なのだろうか?


さてさて。。。地震。
昨日の明け方から今日の夕方で何度も。
震度3~4くらいで、電車が停まるほどではないけれど、何度も揺れると心配になる。
今日の夕方は1番揺れが酷かったかな。。。

夕方の揺れを感じたのは歯科医で。
診察が終った後だったから良かったけど、治療中だったりしたら怖かっただろうな。。。

今日は虫歯ではなく、歯周病の検査。
歯の周りに針のような器具を刺して歯周ポケットの深さを測るというもの。
3ミリまでが正常な範囲ですと言われたのだけど、かなりの箇所で4ミリを超え、最大で8ミリにもなっているらしい。
歯周ポケットといわれるものがそんな深さになっている事も驚きだけど、そういう場所は歯周病が進んでいて触られると飛び上がるほどに痛い。
140箇所の検査が終る頃には、知らず涙目になっていた。
このまま放置するといずれ歯を抜くことになるというので、本格的に治療する。
って言うか、これまでかなり歯に痛みがあって、2週間前には歯茎の腫れを抑えるために抗生物質を注射した程だもの、治療するしかないよね。

“かばい”な伯母バカ(^_^;

深紅の優勝旗を手にしたのは、県立の佐賀北高校だった。
県立で進学校故なのか、テレビでは「特待生制度に全く関係の無い学校」と言っていたね。
あぁ、別に、佐賀北高校がテレビ報道とは違って特待生制度があったと言っている訳ではないよ。


野球少年の甥っ子が、怪我で野球を休む。
身体が小さい上に、幼い頃から野球をやっている甥っ子は、中学に進学すると前後して野球が原因と思える怪我が持病になっていた。
今回の怪我はいずれ治ると思うけど、もともと“持病”となっている怪我はそう簡単には治らないだろう。
このままでは中学どころか、高校に入っても彼が望むようには野球はできないかもしれない。
となると、「大リーグに行く」事が夢の甥っ子も、「大リーガーになる」のではなく、「大リーグ(のゲーム)を観にいく」のが夢になりそうだ。

私は学生時代にテニスをしていた。
テニスは、“プレイできる時間は限られている”という。
それは、幼い頃からテニスをしている選手は引退も早いという事。

実態は大きく違うけど、高野連は“野球”を学校教育の一環だと言う。
それでも“甲子園”はプロ野球への“選手品評会”だ。
そういう意味で、中学生や小学生の野球リーグへも、一定以上のレベルの大会にはスポンサーが選手の経済的負担を肩代わりする。
彼らが高校球児になって、将来プロの選手になる事への先行投資なんだろうね。
そういう意味では、プロになるような選手や甲子園に行くような選手は幼いうちから野球をしている子なんだろうね。
それじゃ、怪我や勤続疲労で使い物にならなくなる時期も早くきてしまうよ。
今の青田買いとも言える“システム”って、ある意味子供の才能を潰しているのかもしれないなと、思う事しばしば。


で、そういうところから見放された学校が甲子園で優勝するのは小気味いい。
最近のマスコミが大好きな“格差”でも下の方に属すると思われる学校が勝つのは、下克上のようで小気味いい。
報道されることが全てではないだろうけど、少なくとも、今“野球エリート”から落ちこぼれそうになっている少年には夢を与えられるように思う。







Continue reading

彼氏もいい迷惑よね(^_^;

職場のあるビルに入っている雑貨屋さんでセールをしている。
ちょっと覗いてみたら、マルセイユ石鹸の200gのものを300円で売っていた。
通常は600円はするから、半額なのかな。
私は洗顔にはマルセイユ石鹸か黒糖石鹸を使っている。
マルセイユ石鹸も黒糖石鹸も「髪も洗える」というのだけど、洗顔にはどんな洗顔石鹸より洗い上がりがよくて洗顔後の化粧水も必要ない。
で、その黒糖石鹸も1個100円だったので、3個ほど買い込んだ。
これで1年半ぐらいは持つ。

他にも「バラの石鹸」や「カミツレの石鹸」など色々な石鹸が1個100円で売っていた。
私もちょっとそそられたけど、そんなに買い込んでもね(笑)
でも、この場にはちょっと不似合いなオジサマが30個程も買い込んでいる。
会社で女の子にでも配るのかしら?
でも、未だホワイトデーには早いですよ(笑)


買い物をして時計を見ると19時半。
なんとなく、彼氏に電話をしてみた。
事前に「明日電話するかも~」と言っている場合以外は、いつもは滅多に電話しないのにね(笑)

で、電話したら、彼氏は丁度帰るところだった。
「で~とする?」と聞いたら、彼氏は笑いながら「いいよ」って。
で、新橋へGO!

彼氏と新橋となれば、行くのはいつものお店。
今日は空いていた。
良かったよ~

先ずはビール。
アテは、殻付きの生うに、秋刀魚の刺身、つぶ貝の炙り。
殻付きウニ
秋刀魚刺身
つぶ貝(炙り)

お店のお姉さんが1人新しい人になっている。
慣れないのか、お醤油のお皿を1つしか持ってこない。
ウニは山葵、秋刀魚は生姜で食べるから2つ欲しいのだけど。
お醤油のお皿を頼んでも、中々もってきてくれない。
確かに忙しそうにはしているけど、私たちは厨房に近い席に座っているのだから、他のお客さんへお料理を出すついでにちょっと置いて行ってくれれば胃だけのこと。
こういうお客商売で融通が利かないのって。。。


鱧
ツクネ

続いて鱧とツクネ。
このお店ではツクネは外せない。
彼氏にも(写真)ストックが何枚あるの?と言われるけど、それだけ毎回食べているって事よね(笑)
ホント、大好物だわ。

鱧は。。。やっぱり私、鱧はあまり好きじゃないかも。
今まで鱧を「美味しい」と思って食べたことがない。
まぁ、そんなにお金を出しているわけじゃないから、まともなものを食べた事がないだけなんだけどね(^_^;
でも、このお店は魚は全般的に美味しい。
折角食べさせた彼氏には悪いけど、魚の美味しいこのお店でも鱧を美味しいと思えなかったから、私は鱧を好きではないのかもしれないな。


欠食児のように私が食べちゃったからか、テーブルの上に何もなくなったので、彼氏がカマスの塩焼きと鉄鍋餃子を頼んだ。

カマス

珍しい。
彼氏って、焼き魚はあまり好きじゃない。
無精者だから、骨を取るのが面倒なんだって(笑)
確かに、お刺身なら骨はないものね。

鉄鍋餃子

餃子は2人とも好物。
日本酒のアテでも餃子を食べる(笑)


今日も話題は上司クンの愚痴。
さっきのお姉さんのように、2つの事を頼むと先入先出でしか処理してくれない。
今は、某社のシステムの納品前テストをしているのだけど、7つある案件のうち時期的に“先入先出し”が可能な2案件のテストしか頼めない。
残りの5つは並行してテストしなければならないので、私が担当する事になる。
「そんなに仕事を抱えて大変でしょ」とその上司クンに能天気に言われると、「貴方が担当しようとしないからでしょ」と言いたくなってしまうのよ。
流石に本人にはそんな事は言えないから彼氏に愚痴る。

食べさせて飲ませて、愚痴まで聞かされて。。。おまけに最近疲れ気味なのに私を東京駅まで送らずに新橋の駅前でタクシーで帰った彼氏に拗ねるし。。。彼氏もいい迷惑よね(^_^;

暑い。。。汗だく。。。

今日の午前中は通院。
なのに、いつまでも家でグズグズ。。。
家を出ようとすると体調に不調をきたすのは通院でも相変わらずある。
いよいよ車で行ったんじゃ午前中の受付に間に合いそうにないので、電車で行くことにした。
この暑い中、出かけるのはかなり辛い。。。(>_<)


受付を済ませると、診察は2、3時間後になりそうだから1時間半後までは外していてもイイと言われた。
朝ご飯も食べていないことだし、何か食べようと思って外に出た。
一瞬で汗が噴出す。
こんな日に外に出るのは間違っているよね。。。(^_^;)
でも、汗かきついでに、更に汗をかいてみる(笑)

ラーメン

病院から見て、駅の反対側にある「一番軒」という中華料理屋さんでラーメン(支那そば)。
蘇我って飲食店が殆ど無いのね。

ラーメンは、醤油ベースで鶏がらと豚骨の昔懐かしいスープにやや細めの縮れ麺。
トッピングは半熟卵と柔らかチャーシュー、若布、メンマ、ノリとネギ。
卵の大きさから想像できるかもしれないけど、直径30cmはあるような丼にはいるラーメンの量にちょっとビックリしたけど、なかなか美味しかった。
これで650円なのだから、お徳。


それにしても、暑い。。。
一番軒から駅まで行く間にすっかり脱水(^_^;
駅の反対側のファーストキッチンでアイスコーヒー、ファーストキッチンから病院まで行く途中にペットボトルのお茶。。。
どんなに飲んでも喉の渇きが収まらない。
髪は洗ったばかりのようにビッショリ(^_^;

Continue reading

予感を実感。。。

病院から帰って暫し休憩。。。
この暑さだもの。。。少し動いてはダラダラ、グズグズ。。。(^_^;
麦茶とアイスコーヒーを散々飲んで、多少は“普通”の生活人になった。

自宅に戻ったのが15時少し前。
夕方からの外出の為に、軽くシャワーを浴びて、少し休憩。。。
冷房を効かせたリビングのソファーに横になって、完全に“(身体)冷やし”モード(^^ゞ
この冷房設定は、世の中的な“エコ”には全く非協力的。。。とりあえず26度ね。。。(^^ゞ

この辺りの道は道幅が広く、“普通”の道路は片側2車線の4車線で中央分離帯には松などの植木があってその根元には季節の草花が色を添える。
車道の外側にはさらに大きな歩道があって、歩道と車道の際には“花壇”が設えてある。
そういう環境故なのか、この辺りの夏は都心と比べて涼しい。
って、その涼しさは海に近いせい?(^^ゞ
でも、不思議なほどに、植木(土)のある部分とアスファルトの日陰部分では、植木のある部分の方が格段に涼しいのよね。。。
「緑のカーテン」を作れないまでも、それに近い効果なんだろうな。
実際、都心の勤務先から帰ると、“千葉って涼しい”と思うもの(苦笑)


昼間は死ぬかも。。。と思うほどの暑さだった千葉も、夕方には幾分涼しくなっている。
(都心ではこんなに涼しくない。。。)
シャワーを浴びて汗を流し、着替えを済ませた私には過ごしやすい気温になった(^^)
これから出かける先は、某SNSのオフで八重洲の「団欒 炎」。
“団欒”という言葉と“炎”という言葉がしっくり来ないという人もあったけど、名前通り結構寛げる店ではあった。


食事はコースで、お造りとサラダ、お豆腐、茄子のチーズ焼き、とっても大きなエビフライ、ローストポーク、鶏ご飯にデザート。

お造り3点盛り

サラダ

ピリ辛豆腐

茄子のチーズ焼き

エビフライ

ローストポーク ガーリック風味

鶏ご飯


このテーブルは5人の席なのに、何故かお刺身は4切れづつの盛り。
他のお料理は5人分来たのに、何故なんだろうね?
ピリ辛豆腐は冷奴に「キムチの素」がかけてある。
個人的にはイマイチ。
次の茄子のチーズ焼きは、お店の人は「マーボーナス」と言っていたけどウソ(笑)
辛さは全くなく、茄子とそぼろ肉をトマトソースであえてチーズをトッピングして焼いただけ。
鉄板にチーズがトッピングされた茄子が出てきた時点で「マーボーナス」とは程遠いと思うのだけど、お店のお兄さんの勘違い?
エビフライは特大。
20cmはあったと思う。
衣で太っているのではなく、本当にこの大きさのエビが入っていてビックリ。


昼間からビールが呑みたかった私。
昼間は病院での診察待ちだったから流石にビールは自重したけど、飲み会となれば心行くまで飲める。
飲み放題のコースだったから、いくら飲んでも金銭面で他人に迷惑をかける事はないしね(笑)

でも、正直いって1次会ではそんなに飲めなかった。
途中まで、何となく楽しめなかったから。
楽しめないまま飲んでも、悪酔いするだけだものね。。。


そして2次会。
2次会は楽しい会だったけど、ここでも問題が勃発。
今週は体調がイマイチで、今日の飲み会への参加を見合わせようかと思ったのだけど、本当に見合わせた方が良かったのかも。。。(-_-;

Continue reading

意外性は少ない

夕方、「新内閣の閣僚が発表された。やっぱり安倍君じゃダメだ。」と彼氏からのメール。
確かに晋三クンと新閣僚のイメージは合わない。
自民党の派閥バランスに配慮した結果だという事が見て取れる人事。
でも、彼氏が何を気に入らないのかは、理解できなかった。。。(^_^;

閣僚名簿

 内閣総理大臣 安倍晋三
 総務大臣   増田寛也(民間)
 法務大臣亜  鳩山邦夫
 外務大臣   町村信孝
 財務大臣   額賀福志郎
 文部科学大臣 伊吹文明(留任)
 厚生労働大臣 舛添要一
 農林水産大臣 遠藤武彦
 経済産業大臣 甘利明(留任)
 国土交通大臣 冬柴鐵三(留任)
 環境大臣   鴨下一郎
 防衛大臣   高村正彦
 内閣官房長官 与謝野馨
 国家公安委員長 泉信也
 沖縄・北方担当大臣 岸田文雄
 金融・行政改革担当大臣 渡辺喜美(留任)
 経済財政担当大臣 大田弘子(民間、留任)
 少子化担当大臣 上川陽子

副大臣名簿
政務次官名簿


目玉は前宮城県知事の増田氏と晋三クンに批判的な舛添氏。
でも、増田氏の人事は事前に取り沙汰されていたから特にサプライズと言う感じはしない。
舛添氏に至っては「嫌がらせ人事」とまで言われる始末。

個人的には、福志郎クンと文明クンが余分な気がする。。。
派閥の領袖を大臣につける事が“挙党体制”に繋がるのか?
TOPでなくても2番目でもいいんじゃないの?と思ったり。
意外だったのが邦夫君。
この人って、“挙党一致”を演出する内閣で大臣になれるぐらいに自民党内で立場を回復していたのね。

“同窓”会

今日は自主廃業した時の山一證券の社長で現在は日産センチュリー証券の社長をしておられる野沢正平氏を囲んでの飲み会。

2週間ほど前、友人から「野沢正平氏を囲む飲み会がある」という案内が来ていた。
でも、期日や時間や場所、それ以前に出欠の確認さえなかったから後で正式に案内が来るのだろうとのんびり構えていたら、先週末に「来週、飲み会をするから来て」との電話。
「知っている人、殆ど居ないのでしょう?」
「幹事の手伝いをしている私も、幹事とCOOさん以外知らないんです。」
「もう1人、(具体名を挙げて)COOさんが知っている人を絶対出席させますから、来てください。」
そこまで言われたら断る理由もない。


今日の会場は新宿のセンタービル別館の「板前ごはん 音音」。
センタービルは学生時代に付き合っていた男性が、アサヒカルチャースクールで英会話を習っていたので、付き合いで何度か行った事がある。
でも、別館なんてあったっけ?
新宿駅から新宿センタービルに向かって、ビルの1Fに上がったところに居た警備員さんに別館の場所を聞くと、「あの出口から出ると左側に“音音”の看板が見えますよ」と教えてくれた。
別館=音音なのか(笑)

さて。。。
確かに“音音”の看板はあった。
建物に入ってお店を入り口を探したけど、見当たらない。
う~ん。。。困った。。。と思っていると、目の前のエレベータから降りてきた若い女性が「COOさん!」と。
一瞬、こんなに若い女性の知り合いって居たっけ?と思ったけど、良く見たら友人の奥さんだった。
友人は旅行中だったけど、山一證券に勤務経験のある彼女が今日の宴会に出席するのだと。
今は高校生と中学生のお子さんがいると言うのに、初めて会った20年前と全く変わらない若さの彼女にビックリ。
私自身はエイジレスの為に何かをしている訳ではないけど、いつまでも若い彼女を少しだけ羨んで見たり(笑)

お店の“入り口”とは思えない扉を押して見ると、中は確かにお店だった。
どうも裏口だったらしい(^_^;
とりあえず予約名を言って席に案内してもらった。
野沢氏は既にいらしていた。
飲み会が始まる予定時刻には遅れなかったとはいえ、主賓を待たすなんて失礼だったな(^_^;

流石に今日は野沢氏がいらっしゃる間はお料理の写真を撮らなかったけど、お料理はどれも上品で綺麗で美味しかった。
メニューは、こちらの4000円のコース+飲み放題。

三点盛り前菜は純粋な和食、「音音豆冨 琥珀ジュレ掛け」は未だ温かいおぼろ豆腐にトマトのジュレがかけてある所謂創作和食、「おくら饅頭ふかひれ餡掛け」も美味しかった。

下の2品は野沢氏が帰られた後に出てきたので、ツイ写真に撮ってしまった(笑)
音音豆冨 琥珀ジュレ掛け
デザート

凝った造りで今風なオシャレなお店での美味しい食事を囲んでの飲み会は、穏やかだけどかなり盛り上がった。
スケジュールが詰まっている野沢氏がお迎えの車で帰られた後も、初対面同士多いはずの私たちは飲み続けた(笑)
楽しい飲み会だった。


今日の集まりは、郊外にある山一證券の支店で窓口業務をしていてその後横浜にある支店の1つで事務を取っていた女性が幹事。
現在の彼女が某CATVの会社で社長をしていた時に、野沢氏が「山一證券出身の社長」である彼女に会いに行かれたのが、今日の飲み会のきっかけだった。
一時期在籍していた事を“出身”と表現するのは、他の企業に勤める人には違和感を感じるかもしれない。
山一證券が家族的な雰囲気が強く残っていた事と、ああいう形で会社が廃業したの事で帰属意識が強くなったから、そういう感覚になるのかもしれない。

今日の会は、野沢氏と直接面識がなくても山一證券の出身者であれば歓迎と言われたのだった。
山一證券の“出身”者にはその後に成功している人も多く、各界に“社長”が居る。
野沢氏はそういう集まりを想定していたのかもしれないと思う。
でも、蓋を開けてみると、野沢氏を含む10人の内7人が女性で、それも私がほぼ1番年長というような構成だった。
野沢氏は多少あてが外れたんじゃないかな?と思うものの、「元社員が元気でその後を暮らしているのかが心配だった」という優しいお言葉を頂いた。
そういう意味では、廃業以前に社内結婚で退職した女性の(廃業時に山一證券に在籍していた)旦那様たちのその後の活躍や、私を初めとして未婚のまま仕事を続ける者、結婚後証券業界とは離れた仕事をして成功している男性や女性の話を聞いて、多少は安心されただと思う。











Continue reading

銀座でお鮨の贅沢デート♪

今日は彼氏とデート。

先週のデートの時に、彼氏が「本当は今日はお鮨の気分だった」と言うから、以前から私が行きたかったお鮨のお店に連れて行ってもらう約束を取り付けた。
基本的に“事前の約束”を束縛と感じる彼氏は私とは1週間も先の約束はしない。
そんな彼氏だから約束しただけでも珍しいとは思ったものの、一方できっと忘れるだろうなと思った(苦笑)

案の定、昨日の夕方電話があって「今日は(この時間に)帰れる?」と。
これはきっと忘れているなと思って、「明日の約束は覚えている?」と聞いてみた。
「え?明日、何かあったっけ?」
やっぱり。。。(笑)
「銀座にお寿司を食べに行く約束なんだけどなぁ~」
「あ、そういえば、そんな約束をした気がしてきた(^_^;」
「ったくぅ~、鳥さんなんだから~」(笑)
「んじゃ、お金下ろしておく。明日ね(^^)」
ったくぅ~(笑)


で、私が以前から行きたかった銀座のお寿司屋さんは「銀座 鮨 九谷

最初は「九谷」と言う名前に惹かれた。
器に凝ったお店なのかな?という思いと、九谷焼の「九谷」が店名なら日本海のお魚が食べられるお店なのじゃないかと思った。
ところが、調べてみると、オーナさんが「九谷」さんと言うらしい、札幌のお寿司屋さんだった。
でも、それでも偶には銀座でお鮨を食べるという、年齢なりなリッチなデートもしてみたいじゃない?(笑)

新橋駅の、いつもとは違う場所で待ち合わせ。
いつもと違う場所だと彼氏が見つけられない。。。電話しようと思ったら彼氏が目の前に。
彼氏の方が先に私を見つけてくれた。
「こんなにオデブな女性は銀座にはいないから、直ぐ判るよ」だって。。。(^_^;
火曜日にあった飲み会に来ていた2つ下の男性は、会うたびに「20年前も今もCOO(年下のクセに呼び捨てするのよね。。。)はキレイで魅力的だよ」って言ってくれるのにな。。。
なんていって見ても、「COOちゃんを一番知っているのは俺だろう?だから俺の判断が1番正しい」って言われてしまうのよね(^_^;


お通し

お通しは牛蒡を鶏肉で巻いて蒸して揚げたものに、インゲンのゴマ味噌和え、味を付けた鶉の卵。

ツマミを適当に と頼んで始めに出されたのは芽ネギをまこガレイで巻いたもの。

まこ鰈と芽ネギ

この写真写真を撮ったら、「こんな店でも撮るの?」と彼氏に呆れられた(^^
フン!写真を撮るのが趣味なのよん(笑)

そういえば、芽ネギってスーパーでは見ないね。
こういうお店じゃないと食べられないのかな?

目の前にあったネタケースはこんな感じ
「嫌いなものはありますか?」と聞かれたので「無い」と答えると、「(好物で)絶対入れて欲しいものは?」と聞かれたので目の前にあったボタンエビを入れて欲しいと言ったら直ぐに出してくれた。
ボタンエビは北海道の味だよね。
美味しい。
カウンターだったから、下駄代わりの笹の葉に盛られたエビの写真は撮らなかったけど、エビの脳味噌を小さなガラスの器に入れて出してくれた。

ボタンエビの頭

こんな珍しいものは撮らないと、と彼氏に言うと、目の前の板さんに笑われた(^_^;
お陰で、この後の板さんとのコミュニケーションはスムーズだったのだけどね。

次にホタテと鮑が出てきた。
紫(お醤油)で食べても言いし、カボスとお塩でもいいですよ。と板さん。
そうだね。貝はカボスとお塩で食べるのも美味しいものね(^^)


蟹のスキ身、ウニ、イクラ

ほぼ同時に3種盛り。
蟹の剥き身とウニとイクラ。
これは箸休めというか、お酒のアテというか、本当に“つまみ”。
鮮度も良くて当然美味しい。

鯵

鯵はこんな感じ。
このお店はデザイナーが設計したらしいけど、店内の雰囲気だけでなくて器も好み。
お酒が入っている片口はお月見をするウサギが描かれているのだけど、ウサギは大将の好みらしい。
大将がウサギ好きで、この片口を気に入って使っているとの事。

マグロ

マグロが出てきた処で、彼氏がメニューにある「山ワサビ」に興味を示した。
山ワサビって北海道ならでは食材だから、彼氏は知らないのかもしれない。
沢でできる所謂“わさび”とは違って、土の中で出来る白い根っこ。
辛みはワサビより強いかな。

山わさび

山わさびの巻物を頼むと、「辛いの大丈夫ですか?」と聞かれた。
彼氏は「大丈夫」と答えたけど私は。。。
出してもらった巻物はかなり鼻に来る。
板さん曰く「ミディアムの辛さ」だそう。
ワサビと違って、辛さは擦り方に関係ない。単に量の問題らしい。
って、そういえば、お寿司屋さんでも本ワサビではなく練りワサビを使っている店があるけど、ここのワサビは本ワサビだった。

お酒もそろそろイッパイになってきた彼氏は締めに向けて、コハダ、鉄火と握りを頼む。
このお店ではツマミとお鮨では紫を違えているようで、お鮨用の紫が出てきた。
それと、それまでのお絞りとは別のお手拭も。
気配りのいいお店だね。

私は目の前にあった鮭が気になる。
身の色の赤さで“鱒”かと思ったら、ケイジだった。

ケイジ

だったらと、2人で握りを頼んだ。
ほう。。。ここのお店の握りは小ぶり。
これならお酒を呑みながらでも握りを食べられるね。

それにしても、美味しい。
これがケイジというものか。。。と思ったわ(^^)

最後に穴子の握りを頼んで今日は上がり。
目の前のケースに穴子があるのを見て「私が忘れられない穴子は、刺身で食べたのだな」と彼氏に言っていたら、板さんに「今度用意しておきますので、開店直後に来てくださいね」と言われちゃった。
開店直後はムリだなぁ。。。

食べたし、飲んだ。
板さんにも「お酒、強いですね~」と言われちゃった(^_^;
って、初めてのお店では必ず言われるから、私と彼氏ってきっと普通以上に飲んでいるんだろうね(^^ゞ


今日のお食事代はいつものデートの約3倍。
「銀座という場所とネタの満足度で判断とリーズナブルだけど、毎回のデートで使うのはムリだね」って言われちゃった。
でも、お店そのものは彼氏も気に入ってみたいだったから良かった。

   1   2

Index of all entries

Home > Archives > 2007年8月 Archive

Search
Calendar
« 2007 8 »
S M T W T F S
      1 2 3 4*
5 6 7* 8* 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25*
26 27 28 29 30 31  
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top