Home > Archives > 2007年12月 Archive

2007年12月 Archive

本末転倒だけど、致し方ない。。。(^_^;

率直に言って、本末転倒だとは思うが結果的にに“恥”ではないのでは?

早稲田が恥を忍んで新入生に「日本語文章講座」

12月1日16時33分配信 産経新聞

12月1日15時56分配信 FACTA

早稲田大学が来年度から一部の新入生を対象に「日本語の文章講座」を実施する方針を決め、波紋が広がっている。「学生の日本語能力が落ちている」「論理的に考えて、言葉にすることができない」などの声が一部の教員から相次ぎ、実施が決まった。数年後には新入生全員を対象とする計画。

この計画に対し、大学関係者からは「早稲田はできのわるい学生の巣窟であることを自ら認めてしまった」と冷ややかな意見も出始めた。ある難関大学の教授は「大学は自学自習が基本。一定レベルに達していない学生は来るべきではない。それを早稲田のように手取り足取り面倒を見るなど実にばかげている。今後は、大学ではなく『早稲田託児所』とでも名乗ったらどうか」と手厳しく批判する。

ただ、現実問題として専門家の中には「東大、早慶といえども学生の学力は一昔前に比べて落ちている」(予備校関係者)との指摘も。基礎学力や日本語の能力が相当に落ちているため、それを放置していたら、大学の授業について来られないばかりか、卒業後に就職した企業で大学の評判を落とすことにもなりかねない。それなら早いうちに、恥をさらしてでも対策を打っておこうというのが早稲田の動きだ。

最終更新:12月1日15時56分


子供の頃、父に「“生徒”の間は教えてもらえるけど、“学生”は自ら学ばねばならない」とよく言われていた。
小学生か中学生の頃から言われていて、学ぶ者が“生徒”と呼ばれる小学生~高校生までは学校がカリキュラムを組んで教育を受けるものが一定の到達点に達する事を目標に教育が行われる。
一方、学ぶ者が“学生”と呼ばれる大学以降は、教える側が到達点を設定していない。
学ぶ側が到達点を設定するのが大学以降の教育。

でもね。。。
だからといって、出来の悪い学生を輩出すれば大学はその存在価値を失う。
それこそ、「卒業後に就職した企業で大学の評判を落とす」。
本来なら大学はある程度の学力のある学生を選抜して入学させるべきであって、国語力は勿論、基本的な学力のない学生を大学に入れるべきではない。
その大学で学ぶための基礎学力の有無を見極めるのが入学試験なのだものね。

でもね。。。×2
だからといって、高校までの教育で基本的な国語力が到達目標にされていないのであれば、大学がそれなりの教育をするしかない。
寧ろ「早稲田出身者は、そこらの大学出身者より国語力がある」と評価される方が大学としては得策だと思うよ。
その方が大学の価値も上がるもの。


私の周りでは、(出身学部によって多少のばらつきはあるし、あくまでも私の周りだけけど)T大、K大、M大出身者に国語力が無い人が多い。
伝えるべきことを正確に伝えられない、他人のいう事、他人が書いた文書を理解できない。
で、報告文書は愚か、基本的なコミュニケーション能力にも欠ける人をまま見かける。
そういう意味では、“難関校”だからと言って、必ずしも学生を過信していいのか?と思う。
競争率は高いけど、試験のレベルが低くて“基礎的学力がある”はいえない学生をも多く取っているんじゃないの?と思う事が多い。
そんな事実を目にすると、この記事で早稲田を非難している“難関大学”がそれなりに基礎学力のある学生を選抜しているのか甚だ疑問だ。
もしかして、学力の乏しい学生を“基礎学力がある”と誤認している可能性すらある。
まして、出してしまった学生のレベルが低ければ大学の評価が低くなり、ひいては次に入ってくる学生はジリ貧に低くなることも考えられるのに、手を打たないのはどうかとも思うよ。
学校の怠慢なんじゃないの?


そういえば、数年前、某大学の数学科で、新入生に小学校程度の分数教育を施すというのを聞いた事がある。
これも同じ意味合いなんだよね。
大学側が基本的な学力の無い子供の入学を許したのであれば、大学側が「大学は自学自習の場だ」などというのではなく、大学教育についていけるだけの基礎学力を付けるべき時代になったんだね。


しかし、子供が少なくなると、競争も少なくなって、学校が子供を選別できなくなってくる。
この早稲田の件は、学校が子供を選別できなくなってきている証左なんだろうな。。。

調子に乗りすぎて、ちょっと飲みすぎた(^_^;

残業を終えての帰り際、東京駅で電車に乗っていたら彼氏からの電話。

「今、どこにいるの?」と彼氏。
「東京駅」
「じゃ、1時間だけ、軽く行く?」
「いいよ、何処?」
「場末でもいい?」と彼氏。
「いいよ」

という訳で、今日は彼氏とデート。
最近、“場末”のお寿司屋さんをお気に入りの彼氏。
お店はオシャレではないし、お寿司屋さんとしても“高級”ではないお店。
だけど、大将と話すのが楽しくて私も好きなお店なんだよね。

今日の彼氏は会社の飲み会で、その飲み会で日本酒が出なかったのでなんとなく物足りなかったらしい。
それで、東京駅近辺で日本酒を飲めるお気に入りの店というのがこのお店だったらしい。


電話があった時、東京駅で電車に乗った直後だった。
座れはしなかったので、次の電車にしようか?と迷った処だった。
彼氏は「Good Timing だったのね(^^)」と言うけど、本当に“good timing”だったのかな?(^_^;
というのも、今日は朝からヒートアップしている上司の煽りをうけて、私は少々グロッキー。。。
彼氏的にはBad timing だったかも。。。(^_^;)
“出るは出るは”の愚痴のオンパレードだった。
全く関係のない愚痴を聞かされる彼氏にしてみれば、いい迷惑だよね。。。(^_^;


今日の初めのお料理は、蟹とマグロ、しめ鯖、ヒラメの縁側のツマミ。
“蟹”は、産地は解らないけどズワイガニだった。

このお寿司屋さんはチェーン店なので、仕入れは共同。
しめ鯖も真空パックに入っているものを下処理してネタケースに並べている。
そういう意味では、ミシュランの星取の土俵にのるはずもないお店。
でも、この大将と話しながら食べると美味しいのよ。

此処が2次会になる彼氏にとってはツマミも進まないけど、これが今日の2食目になる私はどちらかというと“がつがつ”食べたい(^^ゞ
で、この後、ネギトロ鉄火巻きと馬刺しを頼んだ。

馬刺し

私がお金を払った訳ではないし、この馬刺しが幾らになるのか知らない。
でも、この量にビックリ。
凍っているけど美味しい。
ただ、明日、息がニンニク臭いだろうことが心配なだけ。。。(笑)


今日の彼氏へぶちまけた“愚痴”は、当然、上司クンのこと。

昨日の休日出勤の帰り際、クライアントから(あるアプリケーションの検証をしている)上司クンへのクレームがあった。
「ご本人の作業用の資料をそのまま送られても、私が何をすればいいのか解らない。
 これはアプリケーションのチェックリストであって、ご本人がどういう項目を確認していると言うのは解っても、検証中のアプリケーションの何が不味いのかが判らない。
 出来ればCOOさんにアプリの検証をお願いしたいのだけど、それが無理なら彼が書いたものをCOOさんがチェックした後に出して欲しい」
と、かなり厳しい指摘を受けた。
「立場的に、COOさんが彼に言い難いのであれば私から申し入れします。」
とまで。。。(-_-;

“日本語が得意”な上司クンは、私が上司クンの上司(ボス)に出すメールでの文章や、エンドユーザーに出す議事録で私が書く文書を気に入らない。
多分、私の書く文書を“訳の判らない”文章だと思っているのだろう。
でも、上司クンは、もっと以前に“あの意味不明の日本語はなんとかならないか?”とクライアントの上層部から(非公式に)に申し入れされている。
私自身が書く文章も後で読み直すと“日本語ヘン”な感じなのに、その私に(上司クンの書く文章を)“チェックして”と言われるのだからクライアントも彼の文書には相当困っているのだろう。。。


でもねぇ。。。
上司クン力作の資料は、EXCELのシートを“ハイパーリンク”でリンクしただけで、その資料で“何を伝えたい”のかさっぱり解らない資料なのよね。。。
上司クンはハイパーリンクで移動できることを指して“わかりやすい”といっているのだけど、シートの移動が簡単なだけでは“わかりやすい”とは言えず、“独りよがり”でしかないと思うのよね。。。

上司クンは、私が作り直した資料を見て、
「クライアントは資料のフォーマットが不味いと言っていたの?」
と言う。
だから。。。
資料の体裁の問題じゃないんだからぁ~

更に、
「フォーマットが標準化されていないというのであれば、
 標準フォーマットを示してくれればいいのに」
と怒ってる。

イヤ、フォーマットの問題ではないのだけど。。。
少なくとも私が、今回の協力会社向けに特別に作っている資料がいくつかあるのは知っているでしょ?
と言ってみたら、
「君達はメール文化かもしれないけど、CCでもらったメールなんて見るわけないじゃん」
と言われてしまった。。。

CCって、宛先ではないけど「見て」、「知っていて」欲しいから送られているメール。
“メール文化じゃない”と言われてしまえばしかたないけど、メールを電話やFAXと同じように仕事のツールとして使っているのだからそれを使えないのは不味いんじゃないの?

と、延々と彼氏に愚痴ってしまったよ。。。(^_^;


そんな話を彼氏にしていたら1時間なんてとっくに過ぎてしまった(^_^;
おまけに、帰りの東京駅で、彼氏がトイレに行っている間に私は勝手に帰ったらしい。。。(^_^;
東京駅から下りの電車に乗って、いつの間にか寝ていたようで起きたのは最寄駅。
でも。。。何故か登りホーム。。。
という事は、終着駅まで行って戻ってきた?。。。(^^ゞ

調子に乗りすぎて、ちょっと飲みすぎたかな?(-_-;

 

軽々しい病ではない。

今日の夜のニュースショーで「鬱病」が取り上げられていた。

鬱といえば、先日こんな記事をネットで見つけて気になっていたのよね。。。

「うつの時代」を生きる

12月1日16時33分配信 産経新聞

 念願の仕事は、順風満帆。成功の甘い香りに酔っているうちに、ふと気がついた。なにをしても、すこしも楽しくない。やがてひとつの考えにとりつかれた。

 「死にたい」

 人気脚本家、一色伸幸の体験記『うつから帰って参りました』(アスコム)を読むと、ホロリとさせられる。思いもかけず、うつ病に悩む日々。涙と笑いのドラマでもある。
 いま46歳。映画『私をスキーに連れてって』や『病院へ行こう』など数々のヒット作を生み出した。得意の絶頂はバブル期とかさなり、不況とともに気分が落ち込んだ。
 「僕の神経は、時代の寒暖計みたいだと思いながら、笑う元気はなかった」
 重症の2年間、仕事らしい仕事はまったくできなかった。休養と投薬治療。そして家族の信頼に支えられながら、しだいに快復に向かった。“いま”が大切に思えた。

 「僕は死にたくない」

 うつ病について語ることは、タブーではなくなった。そのせいか、さいきんでは軽々しく「心のカゼ」などと呼ばれたりする。
 「臨床の現場を知らない者の戯言にすぎない」
 精神科医の岩波明は、新著『うつ病-まだ語られていない真実』(ちくま新書)で、警告する。いうまでもなく、うつ病は容易に死を招く恐ろしい病気である。
 筆者が説明するように、文豪ヘミングウェイはうつ病のため猟銃自殺を遂げた。世界一の美女とうたわれた大女優ヴィヴィアン・リーも、うつ病の犠牲者であった。
 日本の自殺者数は、平成10年以降9年連続して3万人を超えた。交通事故死者の約5倍にあたる。とくに中高年の男性が目立つ。大半はうつ病が原因とみられる。
 平成10年といえば、失業率が急増した年である。リストラなどによって、社会的な安全装置が機能しなくなったとみることができる。

 「われわれは、うつの時代の真っ只中にいる」

 ところで、うつ病にはいくつかのタイプがある。とくに日本人に多いのは「メランコリー親和型」といわれる。
 この病気にかかりやすい人の共通点として、几帳面・仕事熱心・堅実・清潔・律儀といった性格があげられる。
 「これは、じつは平均的な日本人の性格特徴にほかならない」
 精神科医の芝伸太郎に指摘されてみると、まったくその通りである。その著書『うつを生きる』(同)によれば、日本人の「生の美学」そのものである。
 いわば模範的な良き日本人としての生き方を貫く。それが徹底しすぎるとき、行きつく先が「メランコリー親和型うつ病」なのである。

 「日本人の多くは、うつ病の引力圏内で生きている」

 作家の五木寛之は、50歳前後からほぼ10年周期でうつ状態をくり返してきた。新著『人間の関係』(ポプラ社)で、その体験を語った。
 50歳のとき、1日のうちで「うれしかった」ことをノートに記録してみた。
 60歳のときは「悲しかった」ことをノートにつけた。
 70歳のときは「ありがたい」と感じたことを書いた。
 「“うつ”から抜け出すために、私はこの3冊のノートをおすすめしたい」
 私たちは「うつの時代」を生きている。うつを感じながら、うつを病まないためのヒントに出会うことができた。
 (山田愼二)

最終更新:12月1日16時33分


症状に差があるので一概にはいえないけれど、うつ病って“死”を招くという意味では“ダレでも何度もかかる風邪のようなもと”と軽々しく語れる病気ではない。
そういう意味で、この記事ではうつ病を「心の風邪」と呼ぶ今を現状を「臨床の現場を知らない者の戯言にすぎない」といっているだろうと思う。
でも、私の日記への過去の書き込みを読む限り、「(精神科の)臨床の現場」を知っている人も、(その人が詐称しているのでない限り)その実態を知っているとは言えないと思う。


私が知る限りでも、うつ病には色々な症状がある。
そして、症状の程度にも差がある。
それを踏まえた上で極端な例を例に取ると、「生きている事が間違い」と思う人が入る。
今日のニュースショーで取り上げられた人も、「自分自身が、生きてこの世に存在していることが許せない」といっていた。
彼が「命の尊さ」知らないのではなく、「命の尊さ」を知った上で自分がその“尊い命を受ける資格がない”と感じている。
こういう人に「命の尊さを知らない」と言い放つ「臨床の現場」人が居る。
その「臨床の現場」の人にとっては、「死」を考えることは「甘えに過ぎない」と思っているのだろうけど、それは違う。
寧ろ、そう言う事によって、「臨床の現場」の人が患者に対して「あなたは(生きている価値がないので)死ぬべき」と言っているに等しい。
相手の気持ちになれない“臨床の現場”にいる医療専門家は、それと知らずに患者を追い詰める。
患者を“死”へと追い詰める。

心の病は、病原がはっきり解っていてその原因を取り除けば治る病気と比べると治療が難しいと思う。
“原因”を物理的に取り除いても、必ずしも“治る”とは限らない。
そして、“臨床の現場”の医療専門家でさえ充分にケアできないこともある。


そんな事に思いを致すと、うつ病を「心の風邪とは言えない」と関係者が言うのも解る。
一方、「風邪は万病の元」という様に、風邪も死に至る病気に罹る可能性を否定できない。
風邪でも悪化すれば死に至る病に変わってしまうという事。
そういう意味では、風邪がそのまま死に至るわけではないけど、死を招く可能性があると言えば、ある意味、うつ病も“風邪”に近いかも。。。
イヤでもね、うつ病って、患者が多いとは言え、そんなに安直な病気ではないのよ。
本来はダレでも罹りうる病気という意味なのだけど、“風邪”という言葉のニュアンスから受ける“簡単に治る病”という感じでうつ病が語られるのはなんだか納得がいかないなぁ。。。

借金と貯蓄の本末転倒。。。

特会の10兆円、国債返済に=「埋蔵金」で財政健全化-財務省

12月6日19時1分配信 時事通信

 財務省は6日までに、2008年度予算編成で財政融資資金特別会計(財融特会)の積立金から約10兆円を取り崩し、国債の返済に充てる方針を固めた。国債発行残高を減らし、利払い費抑制を狙う。自民党の中川秀直元幹事長は過剰な特会積立金を「埋蔵金」と呼び、予算財源として活用すべきだと主張。財務省も主要先進国で最悪の状態である財政の健全化には埋蔵金の一部を活用せざるを得ないと判断した。
 財融特会は、財投債を発行して調達した資金を地方自治体や政府系金融機関に融資するのが目的。資金調達金利が貸付金利を上回る場合に備えて毎年度の利益を準備金として積み立てており、07年度末の積立金は約18兆円に上る見通しだ。 

最終更新:12月6日19時3分


特別会計だとか、特定財源だとか、いい加減なくして欲しい。

日本が戦後の復興期で未だ貧しかった時代なら色々な名目で、半分贅沢を戒めながら、半分贅沢が出来る富裕層が受益者となる特別徴収の税金もそれなりに必要だったと思う。
でも、今では過去の遺物なんじゃないのかなぁ。。。?

景気対策だって、財政投融資をバックにした公共事業だけでは成り立たなくなっている。
イヤ、産業構造が変わっている今、景気対策の手法だって変えなければならない状況に陥っている。
頭の固い官僚と、頭の中が進化しないご老体の政治家が景気対策を考えているから、財政投融資をバックにした公共事業だけが繰り返されるけど、本当は公共医療だとかもう少し技術と知識が必要な分野への投資が景気対策と福祉に寄与する。
景気対策も、即効性だけを求めているだけでは、結果的に全く効果がでないという事に、そろそろ気が付かなければならいと思う。

そういった事を踏まえた上で、財政投融資のプールももう少し減らしても良いような気がする。
財政投融資にプールがあるのに国債という借金を重ねるのは、何か違うような感じがする。
一般家庭で、貯金をするために借金をする家庭がどのくらいあるだろうか?
財政投融資が景気対策で必要な“資金”だとしても、必要になった時に“借金”するのが“普通”の感覚では?


道路特定財源、暫定税率10年維持で政府・与党正式合意

12月7日13時41分配信 読売新聞

 道路特定財源の見直しを巡る政府・与党協議会が7日午前、首相官邸で開かれ、2008年度から10年間、暫定税率による上乗せ課税分を含めて現行の税率を維持することなどで正式に合意した。

 合意には、特定財源の使い道として高速道路料金の引き下げなどに2兆5000億円をあて、5000億円規模で自治体向けの無利子融資枠を創設することなども盛り込まれた。

 協議会には、政府側から町村官房長官、額賀財務相、冬柴国土交通相、増田総務相、与党側から伊吹自民党幹事長や、北側公明党幹事長らが出席した。

 道路整備の中期計画の事業費は、国交省が素案で示した65兆円を6兆円減らして、「59兆円を上回らない」範囲とした。また、08年度予算で、道路特定財源から一般財源に回す額は07年度の1806億円を上回るようにすることも確認した。

最終更新:12月7日13時41分

日本の津々浦々までコンクリート舗装された道路が行き渡っている現在、道路の事業費って59兆円も必要なの?

師走の知らせに思う。。。

年末も押し迫ったこのごろ、喪中による年賀欠礼の葉書が舞い込むようになってきた。
先日も、昔の会社のスキー部の後輩から「義父の喪中で」という年賀欠礼の葉書が来た。
人づてには聞いていたけど、彼が結婚したというお知らせもないままに“義父の喪中”?
順番が違うんじゃないの?と思ったりするけど、私が聞いている“結婚の日”より、義父さんが亡くなった日の方が早かったから、“順番”が逆なわけでななさそう。


ところで、読売新聞の「発言小町」というコーナーでこんな書込み(投書?)を見た。

>愛犬の死で喪中ハガキって

姉夫婦が可愛がっていた犬が今年亡くなりました。
私も両親も全く知らなかったのですが、友人のみならず親戚にまで、愛犬が亡くなりましたと喪中のハガキを出していたのです。
(以下、略)


ペットを子供のように思い、飼い主をペットの親(パパとかママ)というような言い方が普通になりつつある現状では、ペットの死にあたって喪中葉書を出すのはある意味あって然るべきなのかもしれない。

私は、死なれる(ペットの方が私より早く死ぬだろうから)のがイヤだからペットを飼わない。
でも、今現在買っている人にとっては、かけがえのない家族なので、ペットが死んじゃったら、肉親の死と同じように“喪に服する”気持ちになるのだろうとも想像は出来る。
発言小町では賛否両論だけど、私はどっちでもイイかな。
飼い主が本当に悲しんでいてお正月を祝う気になれないというのであれば、「たかがペットごときに。。。」と言う必要もないように思う。
要は“気持ち”だと思うから。


ペットはともかく、そろそろ友人のお父さんやお母さんが亡くなる知らせを受けるようになってきた。
年齢的に仕方がないのかもしれないけど、独り身の私としては、普段滅多に実家に顔を出さない親不孝をしていていても、両親には長生きして欲しいと改めて思う師走。

自分の財産管理を拒否する?

昨夜、調子に乗って「発言小町」を読んでいたら、「マンションの管理組合の役員になるのがイヤ」という発言があった。

実は、今日は、私の住むマンションの管理組合の総会。
今年役員だった私もやっと解放される(^^)
理事会は月に1度だとは言え、毎月1度は休日を拘束されるのはそれなりに辛い。
でも、マンションの管理組合というのはダレの為にあると言うものではなく、自分の為にもあるものだからやや面倒な仕事も持ち回りで担当することには意義はない。


総会の準備の為に早目に集会所に行くと、1人の女性に話しかけられた。
私に話したかったという訳ではなく、話しやすそうな相手ならダレでも良かったのだろう。
その時点で会場に居たのは男性ばかりだったから、私を見て“女性なら話しやすい”と思ったのかもしれない。
曰く、(くじ引きで)来年の役員に決まったが、夫も自分も仕事が朝早くから夜遅くまであるので理事をするのを難しいと。
言いながら、私からは同意は得られないと思ったのか、「月に1回程度ならなんとかなると思うのだけど。。。」と。
結局何が言いたいの?という感じになってしまったけど、本当は「やりたくない」と言いたかったのだろうな。
私が、今年の理事長さんもご夫婦共働きでご主人は土日もお仕事らしく、理事会は奥様が出席されていたけどご夫婦で協力して理事長のお仕事を担当されていましたよ。
と言ってしまったので、それ以上言えなくなってしまったのかもしれない(^^ゞ
でもねぇ。。。来年しなくても、いつかはしなければならないのだし、マンションの管理組合は自分たちの財産を管理すための組合なのだから理事会の役員を断るというのはある意味、自らの財産の管理を放棄するようなもの。
そんな人がマンションにいるというのは、それだけでマンション全体の資産価値を下げるので、本当は退去願った方が他の区分所有者の為になる。

発言小町での件の発言に対しても一戸建てに住んでいるという人からの「役員が面倒なら拒否すればいい。私は自治会の役員になるのを拒否している。」との書込みに対して、「自治会とマンションの管理組合では管理組合に“財産管理”という側面があるという意味で性質が異なる」という書込みがあった。
そうなんだよね。。。
マンションと一戸建てが決定的に違うのは、マンションは居住する他人同士が共同で資産を持ち、個人持分の資産でも管理の具合によっては他人の資産価値に影響を与えると言う点だよね。
そういう意味では、私自信にとっては、今年管理組合の理事になったのは今までマンションの気が付かなかった管理の側面を知ることが出来てよかったと言えるのかも。

買っちゃった。。。(^^ゞ

最近、携帯電話の電池がヘタってきている。
朝まで充電していても、昼にiモードでサイトをいくつか見ただけで電池が切れてしまう。
これじゃ、普段よりクライアントと電話でのやり取りが多くなる明日の休日出勤を乗り切れない。

電池って高いよね。。。と思いながらDoCoMoショップで聞くと1400円。
じゃ、電池パックを換えようかしら?と思ったら、905iだと基本料金が今の1/4になるとか。
う~ん。。。迷うところだなぁ。。。
で、結局、905iを買っちゃった(^^ゞ


それにしても、携帯電話のキャリアは各社共、ユーザの囲い込みに必死だね。
“長期契約”を過去の実績ではなく予約で行うだけでなく、端末(電話機)を割賦販売する事もその1つ。
そしてしっかりその囲い込み戦略に乗ってしまう私(^_^;

まぁでも、今度の携帯電話はワンセグデジタル放送も見られるから、イヤホンをつければ通勤の電車でテレビや録画が見られると言う事。
それで満足しよう。

結局は会社の体質

夜のニュースショーで、船場吉兆の創業者が謝っている姿が映っている。
「父に対して申し訳ない」と泣いている。
Live中継を見たわけではないからこれが記者会見の全てなのか否かは解らないけどこれが彼女の会見の全てならば、彼女は謝る相手を間違っている。
船場吉兆の信頼を損なったことに関しては“吉兆”の創業者である父親に申し訳ないと謝るのは判るが、それ以前に“信用を裏切ってしまった”お客さんに対して“申し訳ない”と謝るのが筋では?
彼女に消費者やお客さんを大事にする気持ちがなければお客さんは離れるだけで戻っては来ないし、ひいては「船場吉兆」の存在価値もなくなりお店を潰すことになるだけ。

って言うか、公の面前で親に謝るのって必要?
「創業者の父の意思を継いでいなかった事を恥ずかしく思う」と言うのであればともかく、公の面前であれば公に対して謝るべきであって身内に謝る姿は見苦しい。
結局は専務だけでなく会社そのものが顧客重視ではなく身内重視(=儲かればよい)だったという事なんだね。。。

新しさに慣れていない?(^^ゞ

昨夜、彼氏から忘年会の予定を知らせるメールが来た。
「空いている日は全部私が予約ね」と返しておいたけど、返事なし(ーー;
痺れを切らして夕方、「予約は出来ているの?」と催促メールをしてみた。
案の定「予約って?」だって。。。(ーー;
ったくもう。。。


でも、結局は新橋のいつものお店でデート。
今日のメニューは、白子の天麩羅、カワハギとヒラメのお造り、牛ハラミのステーキ、ハタハタの塩焼き、さつま揚げ、鉄鍋餃子と定番のツクネ。

白子の天麩羅
カワハギとヒラメのお造り
牛ハラミステーキ
ハタハタの塩焼き
さつま揚げ
鉄板餃子

新しい携帯電話のカメラのピントの合い方が解らない(^^ゞ
オートフォーカスなのに、イマイチピントが合っていない。
カメラに文句を言っていたら、彼氏に「それ、オートフォーカスとは言わないんじゃん?」と言われてしまった(笑)
新しい携帯を彼氏に自慢した直後だっただけに、何となく“反撃”された気分(^^ゞ


おまけに、お店に携帯電話を忘れてしまった。
帰りの電車で彼氏からの電話が来ない事に普請に思って、気が付いた(^^ゞ
こんな時間じゃ取りに戻る事もできない。
未だ携帯に馴染んでないと言う事なのか、この携帯電話との相性が悪いという事なのか。。。

ちと恥ずかしい(^_^;

昨日の彼氏とのデートで携帯電話をお店に忘れたので、お昼に取りに行った。

お店がランチタイムの営業をしている事をネットで調べて行ったのだけど、事前に電話もせずに取りに行って、果たして受け取れるのか?
携帯電話なんて個人情報の宝庫でもあるし、場合によってはお財布代わりにお金も入っている。
でも、お店に電話するには携帯電話がないとかなり厳しい相談。
最近、公衆電話って少ないものね。


で、とりあえずお店に行ってみたけど、昨日のお姉さんは居ない。。。
携帯電話を受け取るのはムリか?と思ったけど、厨房に声を掛けてみると何回か見かけた(仲居の)お姉さんが居た。
お姉さんたら、私の顔を見るなる「いつもありがとうございます~」だって。
多分2、3回しか会った事ないと思うのだけど。。。(笑)

で、私が「昨日、携帯電話を忘れた」と言う前に、「忘れ物ですね?」と携帯電話を出してくれた。
携帯電話には、「COO様」の文字。
あらら。。。

昨日の係りのお姉さんは、電話で予約した私の声と私を一致させていて私の名前も知っている。
だから、私が忘れた携帯電話に「COO様」と書いてあったとしても不思議はないのだけど、会う機会が少なかったお姉さんまでが私の名前を知っているとは。
もしかして、携帯電話でお料理の写真を取る人は"COO様"だと知れ渡っているのかしら?
ちと恥ずかしかったりして(^_^;

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2007年12月 Archive

Search
Calendar
« 2007 12 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7* 8*
9 10 11 12 13 14 15***
16**** 17* 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top