Home > Archives > 2008年2月 Archive

2008年2月 Archive

新橋で九州の味を堪能(^^)

2月の初日の今日は彼氏とデート。

夕方、「帰る」というメールに「20分待つ気はない?」と返してみた。
「待ったら、どんないい事があるの?」という彼氏からの返事に「COOちゃんとデートが出来るよ」と返した(笑)
彼氏は「特別嬉しいという訳じゃないけど」と憎たらしい前置きを付けながらも待つことにしたらしい。


本当はおでんが良かったのだけど、新橋のおでん屋さんは混んでいた。
満員で入れず。。。
別の店を探そうか?と、も思ったけど結局いつものお店へ(^^ゞ


金曜日だけあって、いつものお店も混んでいた。
2月からはお店のお姉さんも1人ではなくなると聞いていたのに、今日も1人で忙しそうだった。
でも、駅前なのに常連さんが多いこのお店は、お客さんも適度に気が長い(笑)
お姉さんは忙しそうだけど、お姉さんの反応が遅くてもだれも文句は言わない感じだった。

今日のお勧めは“関サバ”のお造り。
あまりの安さにちょっと躊躇していた彼氏も、「あと1人分しかない」と言われて思わず「じゃ、お願い!」と本能的な反応をしていた(笑)

関鯖のおつくり

お造りは、関サバとヤリイカを頼んだ。
関サバは値段ほど“安い”ものではなかった。
1人分って何切れあるのかな?なんて言っていたのだけど、5切れあったからこれなら他のお店なら3倍の値段は取るよ。
実際、他のお店で以前食べた関サバのお刺身は5切れでこの8倍は取ったもの。。。


牡蠣フライ

彼氏が牡蠣フライを頼んだ。
珍しい。
以前、昼食で「牡蠣フライ定食」を一緒に食べた事はあるけど、お酒を呑むときにフライ物は余り食べない彼氏が牡蠣フライを頼むなんて。
いつもは私に気を使って、私の好きな生牡蠣を頼んでくれて私に食べさせてくれるけど、実は彼氏は私と違って牡蠣は生で食べるのは苦手で火を通した牡蠣を好きなんだよね。
今日の彼氏は牡蠣を食べたかったらしい(^^)

牡蠣フライについてきたソース。。。
牡蠣フライをソースで食べる習慣の無い私は何が出てきたのか解らなかった。
彼氏にソースだと言われて怪訝な顔をしていたのだろう。。。だって、牡蠣フライと言えば私にとってはポン酢醤油で食べるものなのだもの。。。(^^ゞ
タルタルソースが付いてくるお店もあるのでタルタルスースで食べる人が居るのは知っているけど、私はウースターソースのような茶色いソースで牡蠣フライを食べた事はない。
で、出てきたソースはウースターソースでもなく、若干酸味が勝った緩いソースで美味しかった。
最初の1口目に恐る恐る付けたのもあって、2口目にもソースを付けていい?と「2度付けあり?」と聞いたら、「ど~うぞ」と笑われた(笑)
アジフライにソースを掛けるひとも居るくらいだから、牡蠣フライにもソースはありなんだろうな。
でも、ソースで食べる牡蠣フライとは、ちょっと目から鱗だったわ~

いつものツクネを頼んで、他には鉄鍋餃子とからすみ。

鉄鍋餃子

餃子を頼んだらお姉さんに「昨日はお客さんに“もう餃子は食べない”と言われましたよ」と言われた。
って、ここの餃子が中毒を起こした訳じゃないのだから関係ないのにね(笑)
餃子に限らず、外食している時点でそもそもチャイナフリーはありえないでしょ(苦笑)


からすみ

からすみも5mm以上の厚さのものが4切れ。
(写真は彼氏が1切れ食べた後 (笑 )
これで700円しないのだから、安過ぎる。

からすみは長崎が有名だけど、ここのは自家製かな?
そういえば、最近は長崎のお土産で売っているからすみも“台湾製”が多いらしいね。
少なくとも“お土産”で買うのであれば、“ご当地産”であって欲しいと思うけど経済効率を追求した結果(?)今では“ご当地物”でないお土産や“名産品”が少なくないものね。。。
って、此処のからすみは“卵”のプチプチ感がかなり残っていたから、多分自家製。
長崎のお土産物として売られているからすみは1ヶ月以上を掛けて作っている。
此処ののからすみは其処まで熟れていないというか、少し若い気がした。


そういえばこのお店は、最近、ちょっと九州の食材やメニューが多くなった気がするけど、仕入れが変わったのか?板さんが変わったのか?
いずれにしても美味しいからいいや(^^)

焼いたほっけを食べて、〆はお蕎麦。

〆のお蕎麦

最近は〆のお蕎麦を食べていなかった。
最近お疲れ気味の彼氏なんだけど、今日は体調がいいのかな?(^^)







Continue reading

2年ぶりの雪景色

節分の今日は大雪。

千葉では初雪でも初積雪でもないけど、

雪景色1

この景色、以前にもblogに載せたような気がする。
最近の積雪といえば先月のこの日なのだけど、この日にはこんな画像はないし積雪は東京では2年ぶりと言うから、2年前の大雪だったこっちの日だったのかな?
いや、景色そのものがデジャブな気がするから、きっともっと前の日記だね。
このvol3より前の日記は、画像の保存場所にしていたサイトから画像を削除されてしまったから画像が見られない上に、Vol1は日記を書いていたサイト閉鎖と共にそれまでのlogをすっかり削除してしまっているから見られないのよね。。。

雪景色2

この2枚の画像で、千葉でも雪が降っているのが解るかしら?(笑)
世の中には海岸の砂の1粒を見てその粒が撮られた場所を特定できる人が居るらしいから、この画像で私が何処で撮ったのかも解ってしまうのだろうね。。。
っていうか、そんな事より、私は京都に行って「京都って電線が多い」と感じるのだけど、こうやって見ると千葉も電線が多いね。
千葉は都市計画が進んでいると思っていただけに、ちょっとガッカリ。。(^_^;


雪を見ると心が騒ぐというのは子供の頃。
今ではすっかり“猫”状態で、出来るだけ外に出たくない感じ(^_^;
イヤ今でも、スキー場なら雪が降っていてもゲレンデに出て行くけどね(笑)

っていうか、子供の頃は冬=雪景色だったから、雪が降っているから心が騒ぐ訳ではなお。
強いて言えば、誰にも踏まれていない雪があるのが嬉しかったのかも。
すっかりオバちゃんになってしまった今では誰にも踏まれていない雪はイイ写真になるかも?と思っても、特別心騒ぐものではなくなったのかな?
明日の朝になったら私より早い通勤の人の足跡がるのだろうと思いながらも、写真を撮りに行くのも億劫になっているものね。。。
とりあえず、明日の朝は、雪を被った菜の花だけは撮ろうかしら(笑)
そういえば、駅前で寒緋桜の蕾が膨らんでいたんだった。
雪を被った桜の蕾も撮れるかな?
って、そんなに早い時間には起きられそうにないな。。。(^_^;
だって、桜の木がある場所は早い時間から朝日が当たるから私が通勤するような時間には雪がなくなっているだろうと思うもの。。。


雪国であれば道路には融雪装置がついていたりするのだけど、流石に千葉ではそんな設備はない。
まぁ明日まで降り続くという事は無いだろうからこの辺の裏道でも明日には雪はなくなっているだろう。
雪が残るのは1日中日陰になる部分だけかな?
でも都市計画が五月蝿いこの辺りでは、1日中日陰になるような場所って少ないものね。。。

明日は子供たちも学校がある。
折角の雪なのに、子供たちが雪で遊べる暇があるといいな。





Continue reading

知らない事の恐ろしさ

雪の翌日の今日は、雪が原因の事故が多かったみたいね。
雪の事故での怪我人が何百人だとかというニュースを聞いた。

yahooのニュースでキャスターの小倉智昭氏のblogのエントリーへの賛否両論が喧しいようだ。

僕は雪国育ちですから「何で東京の人たちは、こういうような状況の時に、ノーマルタイヤで朝、出てくるんだろう!?」と思います。確かに、幹線道路はもう雪は消えかかっていますよ。ただ、日陰の部分、横断歩道の部分、歩道橋の下、橋の上、そういう所は、雪がちょっと残っていたり、これだけ冷え込みますとスリップするわけですよ、凍っていますから。それでも、平気でノーマルタイヤで出てくる。スタッドレスを履いている車が実際に滑っているんですから。スタッドレスを履いていると、東京の人は、絶対に安全だと思うんですね。スタッドレスを履いてたって、ドライブモードで発進だとか停止だとか、やっちゃダメです。1速とかでゆっくり出て行って、ローに落として、徐々に止まって行かないと。滑るんですよ。

とある記事に対して、
 ・東京の様に滅多に雪が降らない場所でスタットレスタイヤを用意するのはムリ
だとか、
 ・「雪道で1速とかでゆっくり出て行く」のは間違っている
だとか。

実は、私もこの記事をyahooで見た時、同じような事を感じたのよね。。。(^_^;

先ずは、小倉氏と同じように「スタットレスが万全という訳ではない」と思う。
でも、雪道でノーマルタイヤはないと思うよ。
私自身も何の準備もなく出かけた先で凍った道に出て往生した事もある。
だからこそ、先月に北陸に旅行した際に借りたレンタカーにはスタットレス装着を指定した。
でもね、スタットレスでは必ずしも凍った道には万全ではない。
凍った道ではスタットレスよりチェーンの方が効果がある。

ただ、私も雪道の運転で1速でスタートするのは違う気がするな。
私は若い頃にスキー場に車で行った事はあるだけで、雪道の運転に詳しいわけではない。
でも雪道では(車種によるけど)セカンドやサードのような緩い制動で発進するのが一般的だと教わった記憶がある。
ましてドライブモードでの発進や停止と1速でのスタートやローモードでのブレーキは同じ様に感じるのよね。。。
って、多分私が車に詳しくないからなんだろうけどね(^_^;

Continue reading

イラッとくる他人の行動

「割り込み乗車」、イラッとくる他人の行動No.1

2月5日12時3分配信 オリコン

 毎朝の通勤ラッシュは乗っているだけでヘトヘトになるほど過酷なもの。混雑した車内で他人の行動につい「イラッ」としてしまった経験がある人も少なくないのでは?そこでオリコンでは「電車やバスでの通勤中、イラッっとくる他人の行動」について、1都6県に住む20代~40代の働く男女にアンケート。【乗車時にちゃんと並ばず、割り込んで乗車】(65.2%、複数回答可)というマナー違反に“イラッとくる”人が最も多いという結果となった。

 1位だった【乗車時にちゃんと並ばず、割り込んで乗車】には、「あり得ない。真面目に列に並んでいる人をバカにしている」(東京都/30代/女性)と憤慨する人が多数。「きちんと整列しているにもかかわらず割り込まれると整列している意味がない」(神奈川県/20代/男性)と、せっかく並んでいるところをヒョイッと抜いていくルール違反には、「自分勝手すぎる」(神奈川県/30代/女性)といった声も。

 そして2位【携帯電話で話している】(57.1%)「大抵、そういう人の声は大きいので」(埼玉県/40代/女性)、4位【知り合い同士、大声で話している】(41.3%)「混雑している中で、耳の側で聞く他人の盛り上がり話はつらい」(千葉県/30代/女性)、5位【ヘッドホン・イヤホンからの音漏れ】(40.6%)「中途半端にベース音だけが漏れてきてうるさい」(神奈川県/40代/女性)など、“音”に関することも多くランクイン。耳栓でもしないかぎり防げない“音”だけに、ウンザリしてしまうのも納得だ。

 また、3位【足を広げて座席に座っている】(52.9%)、6位【電車のドア付近に立って、降りる人の邪魔になっている】(40.5%)8位【鞄・リュックなどを手に持たず、背中に背負ったまま】、【新聞・雑誌などを広げて読む】(31.3%)など、狭い車内でジャマになる行動も“イラッっとくる” 人は多いようで、「これが正にKY(空気が読めない)だから」(千葉県/40代/男性)という声も寄せられた。

 その他、7位【化粧をしている】(32.4%)など、直接他の人に迷惑がかからなくても「人が化ける過程を見たくない」(千葉県/20代/女性)、「同じ女性として恥ずかしい」(埼玉県/20代/女性)という声が寄せられた今回のランキング。気持ちのいい通勤時間を過ごすためにも、乗車マナーは大切に!

(2008年1月28日~1月31日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で、1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)に住む、会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の20代、30代、40代の男女、各200人、計1,200 人にインターネット調査したもの)

最終更新:2月5日13時33分


電車に乗る人を見て“苛”と来ることと言えば、私も“割り込み”かな。
でもそれもケース・バイ・ケースで、混んだ電車の中では背負ったリュックが結構邪魔。
あと、床に置いた鞄もね。
ドア付近に立っている人も気になるけど、ドアに限らず1度立った場所を“絶対譲らない”と立ちはだかっている人にも苛っと来る。
多分、その前に座っている人が降りる駅を知っていて、「この人が降りたら自分が座る」と思っているのだろう。
でもねぇ。。。
多くの人が乗ってきても自分の立っている場所を替えない為に意地になっている人をみると、「何でこんな人と乗り合わせたのだろう?」と嫌な気分になる。
これが朝の通勤時だったりすると、その日は1日中気分が悪い。


以前、私がアキレス腱を切って松葉杖をつきながら仕事に通っていた頃、私の松葉杖を蹴ってまで我先に乗ろうとした人が結構いた。
朝は東京駅に一般的な通勤時間より1時間以上前に着く様な電車だったので朝の“忙しい通勤”というより、幾分かゆとりのあるハズの夜にそういう人を見かける事が多かった。
帰りだったからこちらも“苛”と言うより、“哀れ”と感じる事が多かったのかも。

同じ頃、私が松葉杖をついていたのに、「乗り降りに時間のかかる奴は(多分、私の事)エレベータに乗るな。迷惑だ。」と言った人もあった。
その人は急いでいたのだろうけど、急いでいるならエレベータなんて使わずにエスカレータや階段を使った方が早い。
駅のエレベータは車椅子を使うような身体障害者向けに“動作”が緩やかに行われるようにできている。

余談だけど。。。
エレベータで身障者マークのついている「閉じる」ボタンを苛立たしく押す人を偶に見かける。
身障者用のボタンって、身障者向けにそもそも動作が遅くなるように出来ている。
急いでいるならそのボタンを押してはいけない(かえってドアの開け閉めに時間がかかる)。
わざわざ“ゆっくり閉まる”ボタンを押しながら、“早く閉まる”事を期待するのは間違っているよね。
って言うか、自らの行動と期待する結果が正反対だよ(苦笑)


私が降りる駅では階段に近い場所に停まる場所に“優先席”があるので、私は優先席近くに乗ることが多い。
座席が空くとそれが優先席であっても座ってしまう。
そんな通勤時のある日、「ここは老人席だから」と目の前にお腹の大きな妊婦さんが立っているのに席を譲ろうとしない人が居た事があった。
1度ではなく、1週間に3回ほど続けて遭遇してビックリ(-_-;

そんな事を言う“老人”たちは見た目はそんなに“老人”風ではなかったけど、当人たちが「此処は老人席だけど、老人というのは60歳を過ぎた人だよね?」と仲間内で確認するように言っていたから、多分彼らは60歳位なのだろう。
でも明らかに山歩き帰りのその老人より、見るからに臨月近い妊婦さんの方がその席にふさわしく“優先”される人だと思う。
少なくともその座席は立っているのが辛い人への“プライオリティ席”であって、健脚を誇る“老人を優先する席”ではないのだから。
まぁ、もっともその人たちも多少の負い目があったからこそ、「ここは体調の悪い人や立っているのが辛い人への優先席ではなく、老人と呼ばれる人への優先席」と言いたかったのだろうと思いたいけどね。。。


ただ。。。
何より私は、そんなヘンな“権利意識”を持った人に一番苛つくのよね。。。(^_^;

紙一重

今日は彼氏とデート。

夕方彼氏から「まだ帰っていない?」のメールに「まだだよ」と返したら、「ご飯食べる?」と彼氏からのお誘い。
彼氏は、なんだか仕事上で気に入らない事があって、さらに帰り間際にそれまで作っていた文書が保存できなくて“ついていない”という感じだったらしい。
これは会ってからの話だったのだけど、こんな日に私と会ったのも“ついていない”かも(^_^;
と言うのも、今日の私は生理中でなんとなく体調の悪さを自覚していた。。。


彼氏と会ったのは、彼氏が“場末”と呼ぶ八重洲のお寿司屋さん。
今日は私の方が先にお店に着いて、お店の戸を開けたら大将が「まだ来ていないよ」と声を掛けてくれた。
「寒いから中で待っていれば?」と言ってくれた大将に「(待っているかもしれないので)近くをちょっと見てきます。」と言って外に出た。
携帯電話を見ると彼氏から「これから会社を出る」というメールが10分前に送信されていた。
だったらもうそろそろ着く頃ね。。。と思っていたら通りの向うに彼氏の姿が見えた。
「寒いんだから、中に入って待っていればいいのに。。。」と言われちゃったよ。。。(^_^;

改めてお店に入ったら、大将に「今年に入って初めてだね」と言われた。
そうだったかな?
そういえば、先月はずっとエンドユーザの会社でオンサイトサポートをしていたので、彼氏ともデートは殆どしていない。
確かに私は今年に入って初めてかもね。
大将は「お客を見るのが(私の)仕事」と言うだけあって、人の出入りも多いだろうし、そんなにしょっちゅう来る訳ではない客である私たちの事を覚えているなんて流石だね。


“お勧め”のツマミ(マグロ、ズワイガニの足、シマアジ、アオヤギ、しめ鯖)とボタンエビの握り、煮穴子のツマミ、コハダの握りを頼んで後はサッカーのアジア予選をツマミにお酒を呑む。
サッカーは大将が聞いていたラジオと携帯電話のワンセグ放送。
そういえば、今日、お店にお客さんが少ないのは、雪だけが原因ではなく、早めに家に帰ってサッカーを見ている人も多いのだろうね。


サッカー後の話題はアメリカの大統領選。
正確には“大統領選”ではなくて、“アメリカの女性大統領”について。

“尖った”フェミニストを自認する私でも、ヒラリー・クリントン氏にはアメリカの大統領になって欲しくない。
元々“女性蔑視”の彼氏は更にそう思っているよう。
面白い事に、“社会における女性”に対して全く意見の違う私と彼氏が同じ理由でヒラリーの大統領に異議を感じているのよね。
それは、「ヒラリーは、“アメリカ”を考えて大統領になりたい訳ではない」という事。
彼女は自分の虚栄心の為に大統領になりたいと思っているのは明らで、さらに大統領になって“何”をしたいかという事はない。
彼女の言論には“私が、私が”という“他人より前に出たい”という気持ちは感じられるけど、政策は2番煎じの付け刃でしかない。
彼女の言論には、ただ単に、“アメリカ史上初の女性大統領”に成りたいだけだという事がありありと感じられる。
それは彼女自身が自分の優位性を「私にはファーストレディーだった経験がある」と言った事に尽きるのだろうね。

例えば私が首相夫人だったからと言ったとして、私を首相にふさわしいと思う人が居るだろうか?
例えばトヨタやソニーのような大きな会社で、私が前社長夫人だったとして私を社長に適任だと思う人が居るだろうか?
同族会社のような会社ではそれもありうるだろうけど、ある程度以上の規模の会社で“前社長”の夫人だった事が“社長”の器を計る要素になるだろうか?
そもそもそんな事を自分の“経歴”やアピールポイントとして持ち出すセンスを疑うのでは?

そんな風ないい加減な姿勢で“リーダー”になろうとする人は、男性であれ女性であれ“疑わしい”という目で見られるのが普通だと私は思う。
少なくとも“女性”である事でそういう目にオブラートがかかるのであれば、それは女性蔑視に他ならないと思うのよ。


なんて。。。
こんな事言っているから、“尖った”フェミニストって言われるのだろうね。
素直に、“女性がアメリカの大統領になる”と歓べるような性質だったら楽だったのにね。。。







Continue reading

謝罪3題

謝罪ねぇ。。。


「残念でならない」北の湖理事長が会見

2月7日21時41分配信 読売新聞

 山本容疑者ら4人の逮捕を受け、日本相撲協会の北の湖理事長ら役員5人は7日夜、東京・両国国技館で記者会見した。

 約100人の報道陣を前に、北の湖理事長は「長い(大相撲の)歴史の中で、力士が逮捕される結果となったことは残念でならない」と述べ、苦渋の表情を見せた。

 事件の全容解明に向けて逮捕された4人が警察の取り調べに協力することを望むとし、逮捕された力士の処分については、「司法の判断の推移を見ながら必要な対応をとる」と述べた。

 事件後に新設した再発防止検討委員会で、必要な対策を進めていくという。

 亡くなった斉藤さんについては、「ご冥福(めいふく)をお祈りします」と述べ、目を伏せた。

最終更新:2月7日21時41分


横綱時代の北の湖もあまり好きではなかったけど、今では北の湖理事長の顔をみる度にイヤな気分にさせられる。
この人相撲界を代表している立場なのに、遺族に1度も謝った事はない。
今回も「逮捕者が出た」という事実だけが彼にとっては重要なんだと思える会見だった。

それにしても逮捕された力士たちが「逮捕されるならしなければよかった」と言ったとか。
お相撲さんって、“逮捕”されなければ(私刑は)許されて、“逮捕”されるなら(私刑は)許されない事だとでも思っているのだろうか。
金属バットやビール瓶で人を殴る事が“しつけ”や“教育”だなんて詭弁もいいところでしょ。






<倖田來未さん>テレビで涙の謝罪「軽はずみな言葉だった」

2月7日20時5分配信 毎日新聞

 歌手の倖田來未(こうだ・くみ)さん(25)がラジオで「35歳を過ぎると羊水が腐る」と発言した問題で、倖田さんは7日放送のフジテレビ系のニュース番組の中で謝罪した。倖田さんはインタビューに答える形で、「軽はずみな言葉だった。私の言葉で傷ついた人たちに謝りたい」と涙ながらに語った。現在は活動自粛中。「また皆さんの前に立てる日を目指して、しっかり反省したい」といい、復帰の時期については語らなかった。

最終更新:2月7日20時20分


確かに軽はずみだよね。
公共の電波で話をする事に対する自覚が無さ過ぎる。


妊娠や出産に関する発言ってかなりセンシティブ。
同じ女性からのこの発言で大きく傷ついた人も多いと思うよ。
ただ、私自身は彼女のこの言葉からは“若さの奢り”と“無知”を感じただけで、怒りすら湧かない感じだった。
彼女は年齢を重ねる事へ恐れを抱いている?という印象すら受けた。
女性の平均寿命が80歳を超える時代になって35歳からの人生の方が長いというのに、年を重ねる事に恐怖を感じていたらこの人はこの先の数10年を生きていけるのか?と思っちゃったのよね。。。

それにしても、この発言に対してなんの問題意識もないままに放送したスタッフの無知ぶりの方が呆れるなぁ。






デイトレーダー「バカで浮気で無責任」 経産省次官の「経済オンチ」

2月8日19時55分配信 J-CASTニュース

デイトレーダー「バカで浮気で無責任」 経産省次官の「経済オンチ」

経済産業省がウェブにした講演録では「問題発言」は削除されている
 経済産業省の北畑隆生事務次官が2008年1月25日に行った講演で、インターネットで短期的に株売買を繰り返すデイトレーダーや投資ファンドについて「最も堕落した株主」「バカで浮気で無責任」などと発言し、物議をかもしている。北畑事務次官は2月7日の定例会見で反省の弁を述べ、また経済産業省は8 日、ホームページ上に北畑次官が講演した講演録を掲載し、「次官の真意はこれを読んでもらえればわかります」と取り繕うが、波紋が広がっている。

■競輪場や競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た

 問題発言は経済産業省の外郭団体・経済産業調査会が主催する1月25日の講演会であった。テーマは「会社は株主だけものか? ‐企業買収防衛策・外為法制度改正・ガバナンス‐」。ここで北畑次官は、「本当は競輪場や競馬場に行っていた人が、パソコンを使って証券市場に来た。最も堕落した株主だ」と、デイトレーダーを罵倒。さらに、「馬鹿で浮気で無責任なので、議決権を与える必要はない」「(米投資ファンドのスティール・パートナーを引き合いにして)経営者を脅す悪い株主」と批判した。

 この発言について北畑次官は7日の記者会見で、「(会員向けのセミナーなので)講演の内容が外部に出るということは思っていなかった」としながら、「2時間以上しゃべり続けたので退屈される方もおられる。『個人的意見』として、また『表現としてやや危険』と申し上げてたとえ話をしましたが、不快に思われた方があったかもしれませんので、この辺は反省しております」と謝罪。真意は、「株主軽視ではなく、会社の形をよくすることによって株主利益の増大を図っていくこと」と話した。

(後略)

最終更新:2月8日20時45分


デイトレーダーって悪者にされる事が多いけど、この発言はどうなの?と思う。
デイトレーダーの実態を知って話しているとは思えない。
もっとも、企業買収防衛策が題材で企業経営者を相手にした講演だからお客さんに受けようと思っての発言なんだろうけど。

しかし、まるで天に唾したようだったね。
この無知で失礼な発言は、話した本人が「バカ」だという事を示してしまったのだもね。

何処で“勝てる”のか?背信へは目を瞑るのか?

純ちゃん、もう少し総裁を続けなければならかなったね。


岐阜1区、候補調整決着=野田氏公認、佐藤氏は東京5区へ-自民

2月8日21時1分配信 時事通信

 自民党は8日、次期衆院選岐阜1区の候補者調整について、野田聖子元郵政相を公認し、佐藤ゆかり氏は東京5区に転出させることを正式に決めた。前回衆院選で郵政造反組と「刺客」が対決して調整が必要な6選挙区のうち、初めて決着した。同党は、残りの5選挙区についても調整を本格化させる。
 野田、佐藤両氏は同日午後、伊吹文明幹事長ら立ち会いの下で、今後も互いに協力するとした「確認書」に署名。その後、党本部でそろって記者会見した。佐藤氏は「またゼロからのスタートになるが、東京の代議士として気持ちを入れ替えて国政にまい進したい」と表明。野田氏は「佐藤氏の決断に報いるよう、政治活動を続けたい。女性議員として力を合わせ、岐阜や日本、世界の平和について語り合いたい」と語った。 

最終更新:2月8日21時4分


古賀君が言う“勝てる”という意味では、聖子ちゃんの方が知名度もあるし大臣経験者という実績もあるのだから、選挙区は“何処でも”勝てるんじゃないの?
聖子ちゃんは岐阜に拘らなくても、勝てるでしょ?
それとも、聖子ちゃんは全国区で“勝てる”候補ではなく、岐阜1区という選挙区だけで勝てる候補な訳?
そしてゆかりちゃんは選挙区を替えても“勝てる”候補な訳?


私自身は聖子ちゃんが復党した事がまず許せない。
で、次に、何故聖子ちゃんが岐阜から出るの?という疑問。
少なくとも、其処には“党利”に背いた事へのペナルティはないよね?
で、何故、落ち度のないゆかりちゃんが不利益を背負うの?
ゆかりちゃんは党に対して何らかの背信行為を働いたの?
これじゃ、岐阜1区に対する自民党の“背信”以外はなにもないと思うけど?

手作り餃子

ここ数日、スーパーで白菜、キャベツが無い。
私がスーパーに寄る時間にはひき肉は無いことが多いので、白菜、キャベツが無いことが“餃子”とは結びつかなかった。
久しぶりに餃子を食べようかと思ってニラを買おうとしたら、「餃子は手作りで」というポスターと共に置かれたニラは1把198円だった。
安い時には48円になるようなニラが198円とは高すぎる。
結局ニラを買わず、餃子は幻になってしまった(笑)


「ギョーザ手作り器」の注文殺到=野菜用洗剤も売れ筋に-中毒事件で

2月7日15時0分配信 時事通信

 中国製冷凍ギョーザの中毒事件を受け、自宅でギョーザを手作りする器具の売れ行きが好調だ。これに合わせ、ギョーザの材料も販売が増加。野菜専用の洗剤も消費者の関心を集めており、食品の安全・安心に手間と費用を惜しまない姿勢が鮮明になりつつある。
 冷凍ギョーザ全般の売り上げが落ち込む一方、ギョーザ器具の大手、下村工業(新潟県三条市)には、全国のスーパーや専門店などから注文が殺到。手作りギョーザの食材コーナーで一緒に陳列するスーパーも多く、フル稼働でも注文をさばき切れない状況という。このため、1日当たり倍増の3万個へ増産を検討している。
 同社の「ギョーザ名人」(550円)、「ギョーザ大好き」(320円)など3種は、ポリプロピレン製の器具に皮と具を乗せて折り込むことで、「手軽にスピーディーに『皮閉じ』できるのが特徴」(東急ハンズ新宿店)だ。
 大手スーパーのイトーヨーカ堂は、問題発覚後の1週間、国内産のキャベツやニラ、ひき肉、ギョーザの皮などの各売上額が前年実績比2-3割増で推移。国産食材への回帰と「自宅で作れば安心」という消費者心理が浮き彫りとなった形だ。
 天然カルシウムを使用した野菜専用の洗剤開発を手掛けるサーフセラ(東京都)には、野菜加工工場や外食産業からの問い合わせが急増した。同社の「安心やさい」(30包入り、980円)は、ホッキ貝の貝殻を砕いた焼成パウダーをボウルに溶かし、食材を5-10分浸して使用。残留農薬や大腸菌の除去効果が高いとされ、「取れたてのシャキシャキとした食感が一段と増す」(宮崎県の飲食店)のが特徴とされる。 

最終更新:2月7日18時8分

冷凍食品や出来合いの餃子を信用できないとなったら自分で作る。。。
至極当たり前の行動だね。
でも。。。

私は例の毒入り餃子事件が発覚した翌日に外食で餃子を食べる程度には餃子好きだけど、この1週間で餃子の材料となる食材の売上が2、3割もアップするなんて日本人ってそんなに餃子が好きだったのねと思う(苦笑)
それにしても、餃子の皮包みなんてそんなに難しいものではないのに、餃子の“手作り器”がそんなに売れるなんてねぇ。。。
それも“プロ”である外食産業のお店への販売高も急騰していると聞くと、さらになんだかなぁ。。。と思う。


折りしも春節。
中国人は春節に“おめでたい食品”として餃子を食べるらしい。
まさか、日本にいる中国人がこの時期に餃子を食べられないのは困るとばかりに餃子の材料と“手作り餃子器”を買い占めている訳ではないよね?

何故繰り返されるのか。。。?

日本がアメリカの51番目の州ならば、大統領候補に聞いてみたい。

政府、少女暴行に抗議=米側、捜査に全面協力

2月11日15時1分配信 時事通信

 沖縄県で発生した米兵による女子中学生暴行事件を受け、外務省の西宮伸一北米局長は11日、在日米大使館のドノバン次席公使に電話し、「米軍人による犯行であるとすれば、極めて遺憾だ」と抗議するとともに、在日米軍の綱紀粛正と再発防止を申し入れた。これに対し、次席公使は「事実関係の調査を見守る」とした上で、「米側としても事態を深刻にとらえており、日本側の捜査に全面的に協力していく」と応じた。
 この後、同省の今井正沖縄担当大使はジルマー在日米海兵隊司令官に対し、同様の申し入れを行った。司令官は「綱紀粛正を徹底させたい」と答えた。 

最終更新:2月11日17時4分


米兵は日本人の少女に対して性的暴行を是とするような教育をしているのか?
アメリカの軍隊は未だ日本を“占領地”と教育しているのか?
米兵による婦女暴行事件が減らないのは、それを“是”としている教育がなされているのでは?と思うよ。


女性の人権に対してどう思うか?
アメリカ人以外の国民に対する人権に対してどう思うか?
白人以外の人種に対する人権にどう思うか?
昔からアメリカの大統領に聞いてみたい事だった。

今回の民主党の候補は(厳密には違うけど)これまで“大統領選”に於ける“マイノリティ”だった。
自身がマイノリティだった経験を踏まえて、アメリカ人が“マイノリティ”と思う人種に対する人権蹂躙をどう判断するのか聞いてみたいと率直に思う。


只ね。。。日本は曲りなりにも“独立国家”であって、アメリカの州ではないのよね。
だからこそ、この“人権侵害”に更なる怒りが沸くのも事実なんだけどね。










アメリカや米軍がこういった傍若無人な行動を起こす度に、アメリカが“世間”から嫌われると思うのだけどな。。。
アメリカ(の軍隊)って何処までおバカさんなんだか。。。

是非無事に元気な赤ちゃんを産んでもらいたいな

少し前、若い人に人気のある歌手が“35歳を過ぎたら子供を産む事に問題がある”という様な事を言った事が問題になった。
その彼女にとってはこういう高齢出産は“ありえない”のかもしれないけど、一方で私の周りでは自分が高齢出産だったり、自身のお母さんが高齢出産だった人が多い。

最初の会社での同期の女性でも40歳を過ぎて初めての出産をした人も居るし、学生時代の親友も始めての子供が出来たのは38歳だったけど2人目は40歳を過ぎてからだった。
今の彼氏と付き合う前に付き合っていた人は、お母さんが45歳の時に産んだ人だった。
他にも私としては付き合っているという意識はない(勿論、所謂、“男女関係”は全くない)人なのに何故かこの20年間飽きずに私にプロポーズしてくれる人もその人のお母さんが45歳のときに産んだ人だった。
私の母も、その母(私にとっては祖母)が40代の時に出産した子供だった。
偶々私の身近では、35歳を超えた出産が“危険出産”と言われた時代に、その基準を遥かに超えた年齢で出産をした人が何人も居た。
少なくとも私の周りで高齢出産で生まれた人たちは世間的に心配されるような“先天的な”異常は全くない。






テレビを見ていて知ったニュース。

フリーアナ・雪野智世が44歳での“高齢”妊娠

2月12日12時12分配信 オリコン

 フリーアナウンサーの雪野智世が妊娠6か月であることが11日(月)明らかになった。現在44歳の雪野は高齢での出産となるが、「高齢出産、不妊治療で悩む人たちに勇気を与えられたら」と語っている。

 10月31日の検診時に妊娠3か月が発覚するまで“オメデタ”の兆候に気づかなかった雪野は、それまで日課のランニングや趣味のゴルフを行っており流産の危険に直面、3週間にわたる入院生活を余儀なくされたが、現在は母体とお腹の赤ちゃんはともに健康な様子。

 所属事務所によると雪野は現在開設しているブログを“高齢出産日記”といった内容に一新し、日々の母体の状態を公開する予定。高齢出産の代表として、メッセージを送っていく。

 86年にテレビ朝日に入社した雪野は、深夜番組『トゥナイト』のアシスタントなどを務め人気を博した。95年にフリーに転向し、テレビ、ラジオをはじめイベントの司会なども務め多方面で活躍している。

最終更新:2月12日18時28分


実は私はこの人のファンなのよね。
ファンというだけでなくても、是非無事に元気な赤ちゃんを産んでもらいたいな。
私とほぼ同じ年齢の女性が出産するとなると、私も未だ大丈夫?と元気というか希望がもらえる気がするもの。

1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2008年2月 Archive

Search
Calendar
« 2008 2 »
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23*
24 25 26 27 28 29  
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top