Home > Archives > 2008年4月 Archive

2008年4月 Archive

ガソリン狂想曲

昨日から、って昨日からでもないか。。。
ガソリン値下げの狂想が喧しい。

揮発油税の暫定税ってガソリンの出荷段階で課税されるものだから明日直ぐにガソリンが安くなる訳ではないのに、今日の日付に変わった瞬間から値下げ競争が始まっているらしい。
昨日まで156円前後だったレギュラーガソリンがたった1日で126円だとか。
30円近くも下がるって、それって減税分より多くない?ヘンだな。
出荷段階で課税されているものを今日から下げるという事は、税金分は店側が負担しているという事。
消費税では消費税相当分を店側が負担するのは怪しからんという財務省は、このケースは問題ないと許すのかしら?


しかし。。。
今日いち早く赤字覚悟の値下げしても、今日新しく来たお客さんって殆どが定着しないんじゃないかな。
今日の値下げで(税金がかかっている)在庫は一掃しちゃって明日には何処のスタンドも同じように安くなってしまったら、お客さんは馴染みのスタンドに戻るような気がする。
赤字覚悟の大廉売なんて、お店の為になるのかなぁ。。。?
まさか、この赤字を“エイプリルフール”だと思って、“明日になったら赤字はなくなっている”と思ったた訳じゃないよね(苦笑)



Continue reading

“タレント”が知事への資格なのか?

なんだかな。。。

<橋下大阪府知事>交際費の廃止表明 政令首長で初

4月1日20時23分配信 毎日新聞

 財政再建を進めている大阪府の橋下徹知事は1日、知事交際費を今年度から廃止すると表明した。府によると、全国の都道府県と政令市で首長の交際費を廃止するのは初めて。2月府議会で議決した4~7月分の暫定予算には40万円の知事交際費が計上されているが、支出しない。 

 新年度にあたり公表した改革プログラムの一環として掲げた。大阪府の知事交際費は、「供花」「見舞い」など支出項目や限度額が文書で制限されている。過去3年の知事交際費支出は、07年度72万6400円(43件)▽06年度79万7280円(47件)▽05年度80万4750円(47件)。橋下知事が2月6日に就任して以降の支出は2件で、計3万750円。うち1件1万5000円は前知事時代の昨年秋に支出した供花の決済だった。

 改革プログラムには、予算策定など意思決定過程の公開を盛り込んでいるほか、「民間に学ぶ」とした庁内改革を掲げた。具体的には、支出の無駄を省くためのカラーコピーの原則禁止▽午前・午後15分ずつの休憩時間の廃止--など。橋下知事は記者会見で「財政再建を進めるために、府庁だけが甘えてはいけない、との姿勢を示した」と話した。

 また、橋下知事は今回のプログラムとは別に、府の全事業をゼロベースで見直す財政再建の「改革素案」を4月中旬に公表する。議論のたたき台となる改革プロジェクトチーム案で、「08年度本予算で1100億円を収支改善する」との方針を踏まえた内容となる。【鮎川耕史】

最終更新:4月2日9時11分


副業所得、知事給与の2倍近く=ブログで納税額公表-東国原宮崎知事

4月2日16時31分配信 時事通信

 宮崎県の東国原英夫知事が2007年にテレビ出演や著書出版などの副業で得た所得は少なくとも約2300万円に上ったことが2日、分かった。知事が自身のブログで納税額を公表したことにより判明したもので、知事給与の2倍近くに相当する。知事は同日、記者団に対し「(知事)給料分は自分で納税した分で賄うのが目標だったから、達成できた」と満足そうに話した。 

最終更新:4月2日16時34分


この2つ、一見、“経費削減”に見えるね。
でも、これって本当にいい事なのだろうか?

橋下知事も東国原知事も“タレント”業が可能なので、知事の公的任務の一端を自らの“副収入”で賄う事が出来る。
でも、他の現職知事や、橋下知事、東国原知事の後継知事が同じ事を出来るかといえばそうでもない。
そういう意味で“知事”という仕事以外の仕事の成果を“知事の仕事”に持ち込むのはアンフェアな気がするよ。
そうでなければ、“知事”に立候補する人は“知事”という仕事他にタレントなどの“副業”がある人が前提になってしまう。
私は、大阪府議会のように、“どこから何処までが公務で、何処からが私事なのか?”などというつもりはない。
ただ単に、特殊な仕事に就いている人以外は“知事”になれないと言う風潮になる事を懸念するだけ。


しかし。。。
東国原知事にしても、橋下知事にしても、“タレント”として価値があるのはどの位なのか。
例えば横山ノック知事や青島知事、或いは数多いるタレント国会議員。。。彼らが“政治家”になった後の何年間、マスコミにとって価値があったか。。。
橋下知事だって、この後の2期目、3期目(って、そんなつもりはサラサラないのだろうけど (^^ゞ )に、自らのタレント収入で“公務”を賄えるのか?

寧ろ、“交際”が“公務”として“適当”なのはどの程度なのか?とか、どういう“交際”相手が“公費支出”に適当なのか?を明らかにした方がずっと府民や府政の為になると思うのだけどな。。。

なんだかテンションの低かった彼氏。。。

今日は彼氏とデート。
「今日と明日と、どっちにデートしたい?」と聞いたら、「どちらかと言うと今日かな。」というお応え。
実は今週末に会う予定にはしていたのだけど、別にデートなんて週に何度もしてもイイじゃないね(笑)


で、新橋で待ち合わせをして、いつもとは違うお店を探してみた。
といっても、結局は前に行ったことのあるお店なんだけどね(^^ゞ


今日のお料理は、マグロ、シマアジ、ヒラメ、ボタンエビのお造りにイベリコ豚のベーコン、牛タンの溶岩焼きに蟹とクラゲの酢の物とソラマメ。

お造り

牛タン溶岩焼き

酢のもの

ソラマメ


それにしても、ソラマメの写真が一番写りがイイなんて。。。(^_^;


私と会うときにはいつも携帯電話の電源を切っている彼氏なのだけど、今日の彼氏は携帯電話の電源を切っていなかった。
途中で会社から電話がかかってきた。
なんだか“仕事モード”の彼氏を見るのってヘンな気分。
元々は仕事を通じて知り合った人だけど、最近は仕事とは関係のないところで会うことが多いからね。。。


今日の彼氏はお疲れモード。
生ビールと、日本酒をデカンタ2本頼んだだけで“もうイッパイ”。
〆にお蕎麦を食べて、さっさとデート終了。
今日はイツにも増して早い。。。今日誘ったのは悪かったかしら?(^_^;






Continue reading

30年目の“同窓会”。。。に甦る過去(?)

今日は30年前に解散したキャンディーズのファンクラブの同窓会があるとか。
テレビで見る限り、当人たちも居ない“同窓会”なのに、異様に盛り上がっているらしい。。。


中学生の頃、クラスに表面的には私と仲良くしていながら、裏ではある男の子に私への“イジメ”を指示している同級生の女子生徒が居た。
表面的な仲の良さの演出には、5人のグループで交換日記をしたり、学校帰りに家に呼ばれたりというような事だった。
お互いにクラブ活動をしていたのでそうそう家に寄れる訳ではなかったけど、定期試験の前にはよく行っていた。
まぁ、彼女にしてみればテストの成績が悪かったから彼女より幾分か成績の良かった私たちに勉強を教えてもらいたかったのかもしれないが。

で、その私への“イジメ”指示されていた男の子がキャンディーズの大ファンだった。
春休みの最終日に東京であったコンサートに、中学生ながら出かけていた。
北陸の小さな町から東京であったコンサートに行くのだから、当時はその男の子は“不良”扱いだった。
彼が“不良”であった事と、“イジメを指示”した女子生徒自身が私に気に入られたくて仕方のない様子がアリアリだった事もあって、それ程陰湿なものではなかった。
その彼らの“人柄”のお陰で(?)“イジメ”で悩む事もなかったのだけど、ただ私に何かと嫌がらせをする人がキャンディーズのファンなのだという事だけは印象としてとても残って居る。
だからと言って、私がキャンディーズに特別な思いを描くことは無かったけどね。


それにしても、30年前の紅顔の美少年たちは熱いね。
タレント本人が出ていない“コンサート”にもあんなに入り込める。
キャンディーズに対してそれ程ディープなファンではない私には解らない心境ではあるけど。。。(^^ゞ

数年前に東京であった“ディスコ”の復活イベントでも同じように感じたけど、何事にも“冷める”事無く熱くのめり込むのが私たちの“世代”なのだろうか?
本当に“熱”かった団塊世代と“日々に冷めて”しまった私たちの次の世代のハザマで、日頃目立たない世代の私たちの“熱の発散”を久々に見た気がした。

桜のオフ

今日は彼氏が家に遊びに来る。

朝、目覚めたら、電車が止まっていた。
彼氏は来られるのか?
とりあえず、「電車が止まっているよ~」とメールしたら、暫くして「行くつもりで(二日酔いを醒ますために)風呂に入っていたのに」という返事。
今日は来られないかな。。。と、私も半分諦めモード。。。
と、暫くして「家を出たよ~」という電話。
慌てて、家中をお掃除しなきゃだわ(^_^;

お部屋のお掃除をあらかた終ってキッチンで洗い物をしていたら、水が流れない。。。

前にもディスポーザーが詰まった事があったので、その時の“対処法”を試してみたけどいっこうに流れる気配がない。
仕方ないので、昨夜郵便受けに入っていたある水道工事の業者に電話した。
「何時に行けるか約束できない」というので、この後来客があって、外出するので夜遅くならないと帰宅しないというと、「22時ごろに行ける」という。
明日を待つより今日中に直してもらった方がいいので、“だったら”という事で22時に来てもらう事でお願いした。

お昼頃に来た彼氏にはキッチンの排水溝が詰まっている事を話して昼食の用意が出来ない事を弁解したら、宅配のお寿司を取ってくれた。
って、排水溝が詰まっていなくいても、いつも店屋物なんだけどね(^^ゞ
それでも今日は筍も下ごしらえしていて、花ワサビも下ごしらえしていた。
折角、久しぶりに手料理をご馳走できるチャンスだったのに、私の方が残念。。。
って、彼氏に私の手料理を食べさせない方がイイというシグナルなのか?(^_^;


夕方からは某SNSのコミュニティーのオフ会。
八重洲でのオフ会だったから、東京駅までは彼氏と一緒。
って言うか。。。グズグズと仕度に手間取っていたら、乗りたい電車に乗り遅れた(^_^;
駅に着いて改札を抜けたところで電車が発車した。
今朝電車が止まっていたので、彼氏の携帯電話には電車の運行状況が逐次メールで配信されている。
その時は、私たちが乗る路線に乗り入れている別の路線の遅延状況が配信されていた。
私が「この路線も、あと1分遅れていたら、私たちが間に合ったのにね~」と言ったら、彼氏は「それは逆でしょ?(笑) COOちゃんがあと1分早く出たら間に合ったんだろう?(笑)」だって。
確かにそうなんだけどね。。。(^_^;


今日のお店は、八重洲の「だんや」というお店。
八重洲に向かう途中でお腹の具合が良くなくて、大丸のトイレに寄った。
ちょっと“長く”かかりそうだったから、なるべく駅ではなくデパートのトイレに入りたかった。。。
でも、そのお陰でオフ会には遅刻。
って、そもそも電車に乗り遅れている時点で、予定より遅い時間なのだけど。。。(でもとりあえず間に合う時間だったのよね。。。)

で、地下から八重洲の大通りの交差点を渡ったら(くぐったら)、通りを1本間違えたらしい。
地上に出たら「さくら通り」だった。

八重洲さくら通り夜桜

夜桜の写真を撮って、ふと見ると花びらがこんな感じに散っている。

八重洲さくら通り夜桜

小さな女の子が花びらで遊んでいる。
まだ幼稚園にも行かないような幼児。。。まだ18時半だけど、こんな時間にこういう繁華街に居ていいのか???
って、ここで写真を撮っていたら、私の方が時間に遅れてしまうんじゃない?(^_^;


今日のお料理は、カツオのタタキ、エビ春巻き、コブサラダ、鶏のタタキ、回鍋肉、揚げエビせんと五目餡かけ焼きそば。

鰹のっけ盛り

エビスティック春巻き

コブサラダ

地鶏のたたき

海老塩焼き

回鍋肉

五目あんかけ焼きそば

これに飲み放題が付いて4000円だから安いね。
若者の飲み会なら食べ物が物足りないかもしれないけど、今日はover40tyの集まりだからこれでほぼ満足な感じ。

今日気付いたというか、気になったのは、以前はお料理が出たからといって写真を撮るようなメンバーではなかったような気がするけど、今日はお料理が運ばれてくるたびに暫し“撮影タイム”になっていた事。
もしかして、こういう“文化”は私が率先したのかな?(^_^;)
それでもお喋りとお酒で楽しい時を過ごして帰宅。
水道工事の時間の関係で2次会はキャンセルだったけどね。。。


駅から自宅に帰る途中に夜桜を撮影。
って、携帯電話のカメラではキレイに写せないので、デジカメを持っている今日は“(撮影の)チャンス”だものね(笑)

自宅近くの夜桜

自宅近くの夜桜

自宅近くの夜桜







Continue reading

信頼感ゼロだね

朝テレビを見ていたら、揮発油税の暫定税の期限が切れて実質的にガソリンにかかる税が減税された事に対して、ヨーロッパのマスコミが「日本は環境維持に逆行している」と言っているとか。
確かにね。。。

課税は消費を調整する。
減税は消費を促進し、増税は消費を抑制する。
そういう意味では、今回の“ガソリン減税”はガソリンの消費を促進して、(自家用車による)地球温暖化の元凶と言われるCO2の排出を促進していることになる。
“減税”の意義を考えるならば“日本は狂っている”と他の国から判断される事も致し方ない。
諸外国からは、日本には“政治はない”と言われているらしいが、そんな評価も甘んじて受け入れるしかない。
それは、日本人が“好んだ”というか“選んだ”日本の姿なのだから。
日本人は去年の参議院選挙を通じて、日本が世界で(政治不在故に、政治的に)信頼に足る国ではないと評価されることを選んだのだからね。


ところで昨日の水道工事屋さん。。。
昨日の22時に来る約束が来なかったので、今朝再度電話。
電話での受付の後、折り返し10時半から11時までの間に来ると“受付完了”の電話。
昨日は、「伺う前に電話します」と言われてそれ以後電話が無かったから、もしかして午前中の電話の時点では受付が“完了”していなかったのか?

予定よりやや遅い11時半近くになって、水道工事の人がやってきた。
先ずは排水溝を開けてみないと料金見積もりは出来ないと言う。
とりあえず、排水溝を開けるだけで3000円ですと言われた。
排水溝を開けたところに筍の繊維が詰まっていた。
筍をディスポーザーに流した自覚はあるので、これが原因だと直ぐに判る。
排水管から筍の繊維を取り除くと水が溢れて、キッチンのシンク下に流れ出した。
水道工事のお兄さんったら、慌てて「何か拭く物を貸してください」と言ったので、そろそろ雑巾に下ろそうかと思っていたタオルを渡したら、排水管から溢れた水を拭いた後にそのタオルをシンクで絞った。
って。。。
その水が流れるハズの排水管は排水溝に繋がらず切れている(開いている)。
そこで水を絞ってもまたシンク下に溢れるだけジャン。
そんな笊で水をすくうような作業をした後に、開いた排水管を閉じたお兄さんは作業報告書を作ってくるという。
其処までは何の不信も無かったけど、問題はその後。

そもそも、その水道工事屋さんに電話をしたのは、たまたま金曜日に郵便受けにチラシが入っていたから。
チラシには“24時間受付・24時間出動”とあり、“作業前に見積もりする(安心)”、“カード利用可”とあったから。
カード利用可がありがたいのは、見積もり後の作業だとは言え、幾つモノ業者を呼び寄せて見積もりを比べる訳にはいかないので、いくらかかるのかがわからないものにはカードが使えないと困るものね。

ところが。。。
作業必要箇所を特定するために排水管を開けるのに3000円だとは言われたけど、開けただけで特段の作業はせずに頼んでも居ない“薬剤投入他”で請求費用は税抜きで12000円。
頼んでも居ない“薬剤投入”を“セットになっているから”と作業内容に含めての料金徴収。
“薬剤投入”が9000円もするか?9000円もする“薬剤投入”が“セットになっている作業”なのか?
事前にまったく説明もないままよ(恕)
これのどこが「作業前に見積もりを提示する」なの?
「見積もりなしで言い値を吹っかける」の間違いじゃないの?
きいてないよ~と、思わず心の中で叫んでしまったよ(苦笑)

おまけにカード利用はずっと前に停止になったとか。
昨日飲み会に出る予定があったので、多少の現金は持っていたけど12000円もの現金を休日の朝1番に“余分に”は用意していないよ。。。カードを頼りにしていただけにちょっと慌てた(^^ゞ
っていうか、たった2日前に配ったチラシが“旧い”って何よ~<(`^´)>
(HPでは今も「各種クレジットカードを取り扱っています」とあるから、これから依頼する人は騙されないでね)

もう、この水道工事屋さんには頼まない。
だって、全然24時間対応でもないし、明朗会計ではない。
殆ど“前の日”に配られたばかりのチラシの案内を“それは旧い”と言い放つ厚顔。
まったく信頼感ないものね。

夕方、水道工事屋さんから“作業(完了)確認”の電話があった。
作業内容を聞いた後の言い草が「請求金額と請求書の違いはないか?」だって。
請求書と請求金額が違ったらだれも払わないでしょ。
客としては、それ以前に請求書の内容と“広告”のギャップに不信があるですけど。。。(-_-;
っていうか、そんな“確認電話”をするという事は、会社も社員(フランチャイズ)を信用していないという事なのかな?(苦笑)
会社と社員、フランチャイズとの信頼関係が無いって事なのかしらね。。。
この会社の状態は推して知るべしだね。


##
 いつもなら、気に入らない対応をされたお店、業者さんを公にする事なないのだけど、ここはあまりに酷いと思ったのでこれから水道工事を頼む人が私と同じよう経験をしない為にHPをリンクしたわ。

“胡散臭い”モノで無いことを祈る

新年度になって1週間。
テレビのワイドショーやニュースショーでは、「新年度からどう変わる」という切り口の報道が多くなされている。

でもね。。。

何度聞いても、イマイチよく解っていないのが「メタボ検診」。
いや、色々な“ショー”で説明してくれているんのだろうから、“仕組み”や“運用形態”を良く解らないと思うのは頭の悪い私1人なのだろうと思う。

で、これはどういう人が対象なのだろう?
って、基本的過ぎる疑問。。。(^_^;
一応40歳から74歳が対象者だと言われているけど、これは国民健康保険に入っている人も企業等の健康保険組合に入っている人も、そういった人たちの配偶者も対象なんだよね。。。?
で、そうなるとどうやって検診を受けるの?
大きな健保では、毎年の健康診断程度の年齢に達した人の検査項目を追加して“メタボ検診”を行うのだろう。
でも、中小企業が加入する“連合体”が主体の健保では、毎年の健康診断でさえ厳密には行っていない例が多いし、どの診断メニューを受けるのかは受診者の選択によるのだから“メタボ検診”への強制力も薄いだろう。
国保の人たちは更に。。。

って言うか、個人的には健保の健康診断(現状のもの)との違いが解らないのよね。。。
確かに、健保の健康診断では皮下脂肪や内臓脂肪を計測している訳ではないけど、少なくとも私が入っている健保の健康診断では“成人病検診”という項目がある。
成人病予備軍の早期発見の為の検査だと聞いているその“成人病検診”と“メタボ検診”との棲み分けが解らない。
で、この“成人病検診”には強制力はないけど、“メタボ検診”には強制力があるの?

また、私の健保では、検診では詳細までの診断はせずに“疑いがある”と言って2次検診を受けさせられる。
指定機関で受診すれば2次検診も費用は健保が負担してくれるのだけど、その結果は“(個人負担の)有料”で聞きに行かなければならい。
通常の健康診断は結果を会社へ通知してくれるが、2次検診の結果は会社への通知ではなく個人への面接通知らしい。。。
検診(というか、検査)から結果の通知までが“2次検診”だと思うのだけど、医療機関の台所事情のせいなのか中途半端な費用負担(請求)になっている。
この辺りは、“メタボ検診”ではどうなっているのだろう???

国が旗を振る事業で、仕組みと費用負担がすっきりと理解できないものには“胡散臭い”モノが多い。
この“メタボ検診”が業者や医師会との癒着の結果の“胡散臭い”モノで無いことを祈るわ。

春の嵐で散々だったわ(^_^;

今日は散々だった。
大雨と風で電車は間引き運転の上に徐行運転、そして挙句のはては途中で止まってしまった。
まぁこの路線が風に弱いのはいつもの事なんだけど、1時間に4本程度しかない電車が間引き運転したら、とても首都圏を走っている電車とは思えない程の本数になる。
運休していない電車も時間通りに来るはずもなく。。。駅で待つこと30分、快速電車は運休して全て各駅停車になっている上に徐行、更に途中の30分近い停車で、(朝方体調不良で遅刻して10時に家を出たら会社に着いたのが13時。
ただでさえ体調がすぐれないというのに通勤に3時間も掛けてしまったよ。。。(^_^;


<強風雨>風力発電機2基の羽根折れる 静岡・伊豆

4月1日20時23分配信 毎日新聞

 関東・東海地方で7日夜から吹き荒れた風雨で、静岡県東伊豆町奈良本の「CEF伊豆熱川ウインドファーム」(鎌田宏之社長)が所有する風力発電機10基のうち2基の羽根が折れる被害が出た。

 8日午前9時ごろ、近くの別荘の住民から「羽根が折れている」と同町に連絡があった。発電機は高さ約100メートル。発電機には羽根(長さ約37メートル)が3本あり、10基で1時間当たり最大1万5000キロワットを発電する。昨年、同町の天目山の尾根に設置され、12月から試験運転中だった。

 風速60メートルまで耐えられる設計で、同町は瞬間的な強風か落雷で羽根が折れた可能性があるとみて、CEF社に原因を調査するよう指示した。【浜中慎哉】

最終更新:4月8日21時28分


あらら。。。
風を受けるの“仕事”のはずの風力発電機の羽が風で折れちゃったの?
いや、雷かもしれないらしいけど。。。

しかし、風速60mでも耐えられると思って設計していても、実際にそんな強風に当てる実験をした訳ではないのだから、思いがけなく折れてしまったという事も大いにありうるね。
良くある「震度○までに対応」とは言っても、実際にその規模の地震に耐えられない建物だってある。

自然の驚異は人知では計り知れないものがある。
そういう意味では、今朝の鉄道会社の判断は正しかったのだろうね。
何より、事故が無かったのだもの。

くだらない政党、政治家が牛耳る日本の不幸。。。

参議院でまた日銀の人事案が不同意になったらしい。
不同意になったのは、前財務省財務官で今は一橋大大学院教授の渡辺博史氏の副総裁。
民主党が相変わらず「財務省出身者はまかりならん」と言ったらしい。
一見、「不同意なることが解っていて、何故自民党は財務省出身者に拘るのか」とも思われそうだけど、今回は事前に自民党と民主党の幹事会で了承された人事。
“話し合い”の場で了承された人事を、鶴ならぬ一郎クンの(天の)一声で覆ってしまうなんて、民主党はどういう党なのか?
国際会議の場に政府高官で出てきても唯一無二の決定を持つ将軍様が首を縦に振らないので何も決められない半島の北側にある国と殆ど同じだね。
民主党が政権を取ったら、日本は一郎クンの独裁国家になってしまうのだろうか。。。?








それにしても、民主党って人選びの時に、人の所属してきた組織の経歴だけが重要なのだろうか?
実績や手腕などは考慮に入らないのだろうか?

参議院民主党が政府の日銀人事案に反対する事を決めた時、前の民主党代表だった前原クンが「役人経験者を一切認めないというのでは、民主党が政権を取った時に人事が出来なくなる」といったらしいが、まさしくその通りだね。
まぁ、もっとも、民主党をみていると、責任政党として政権を取るなんてつもりはまったく感じられないけどね。


それにしても×2
G7を前にして、金融の責任者が不在という不面目だけは回避できてよかったよ。


もしかして???(笑)

帰り際、彼氏から電話があった。
今日は中央線や山手線とJRの電車が停まったりしていて未だ駅も混乱しているらしい。
で、時間つぶしに何処かで呑む?というお誘い。
当然、断る理由はない(笑)


新橋のいつものお店。
いい加減飽きてきたといいながらもいつも此処。
彼氏なんて、メニューを見ながら、「このメニューも見飽きたな」だって(笑)
でもまぁ、メニューなんて「刺身3点盛り ~本日のお勧め3点」というような感じなので、実は毎日違ったものを食べているのだけどね。
とは言え、私たちのように週一で行けば、“季節の食材”は“季節”の間は同じだよね。

今日は、ホタルイカとマグロ(中トロ)、甘エビのお造りとタコのてんぷら(メニューでは“唐揚げ”だったけど、衣がついていた)、タラの芽のてんぷらとサザエのつぼ焼きと、定番のツクネ。

お造り

タコのてんぷら

タラの芽の天麩羅

サザエのつぼ焼き


サザエのつぼ焼きでは、最後の“尻尾”(腸)を私が取っちゃった。
2人ともこういう、所謂“のん兵衛”が好きそうな処(所謂、珍味)が好み。
って、2人とも正真正銘の“呑兵衛”だものね(^^ゞ


そういえば、ここのお姉さんは私たちのお酒の好みは把握しているけど、ツクネの味の好みは把握していないらしい。
お酒は、「お酒頂戴」と頼むと、間髪入れずに「立山ですか?」と聞いてくれる。
他のお酒を頼もうとすると、「それは甘目だけど、いいですか?」と聞く。
でも、毎回必ず頼むツクネには、必ず「タレと塩のどちらにします?」と聞かれる。
もしかして、彼氏は私と以外にツクネを塩で食べる人とこのお店に来ているのか?





最近お疲れ気味の彼氏。。。
一時期に比べれば多少仕事のキツさは減ったらしいけど、それでもね。。。
で、仕事が忙しい時には昼食中ですら“会議”だったらしい。。。
その頃の“パワーランチ”(?)には参加メンバーがそれぞれに“昼食”を持ち込んでいたらしいけど、それでも彼らの“昼食”はコンビニエンスストアのサンドイッチかお握り。
比べて、彼氏が昼食に行くのは丸の内のそれなりのお店。
“待つ”事が嫌いなので、待たないお店に行くとなると丸の内では“それなり”の価格帯のお店。
毎日の昼食に2000円を使うと聞くと、私とは“世界が違う”感じ。
私なんて、待つことが嫌いな上に、テイクアウトのお弁当ですら最低でも900円を超えるとなると、お弁当を持参するしかない。
週一のデートより毎日昼食を彼氏と一緒に食べた方が、“リッチな生活”感を得られたりしてね(笑)






今年も叶わなかったけど、彼氏との“デート”で是非1度試してみたいのが、千鳥が淵の花見デート。
仕事柄花見の季節は忙しい上に、会議のような明確な“議題”の無い時にはお酒がないとお話が出来ない彼氏には、お酒禁止の千鳥が淵でのお花見デートはムリかな(笑)

1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2008年4月 Archive

Search
Calendar
« 2008 4 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top