Home > Archives > 2008年7月 Archive

2008年7月 Archive

先進国がその責任を果たさない“サミット”って、存在価値があるのだろうか?

“サミット”って存在価値があるのだろうか?

<洞爺湖サミット>先進国は80~95%削減を…新興5カ国 7月8日23時9分配信 毎日新聞

 北海道洞爺湖サミット最終日の9日に開かれる拡大会合や主要経済国会合(MEM)に招かれた中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカの新興5カ国は8日午後、札幌市内のホテルで首脳会合を開いた。会談後、5首脳は、温室効果ガスの削減目標について「先進国は2050年までに90年比で80~95%削減すべきだ」と求める文書を「政治宣言」として発表した。

 宣言では、20年までの中期目標についても、先進国に「25~40%の削減」を求めている。温暖化対策について「各国の責任と能力はそれぞれ違う」として、先進国側が大幅な削減義務を担うべきだと主張している。

 宣言は食糧価格高騰にも触れ「先進国の責任で、途上国は被害者」との立場を示した。

 首脳会合には、中国の胡錦濤国家主席▽インドのシン首相▽ブラジルのルラ大統領▽メキシコのカルデロン大統領▽南アフリカのムベキ大統領--の5人が出席した。【浦松丈二】
最終更新:7月9日2時45分


先進国という意味ではアメリカが1番の先進国であると言う事に異論がある人って殆ど居ないんじゃないかな。

でも、今回のサミットに限らず、先の京都議定書でも問題になったけど、(ブッシュの)アメリカって自国の経済的利益しか眼中にない。
途上国が這い上がる過程で自国の経済的利益に目が行くのは仕方の無いことだと思うけど、“先進国首脳国会議”という場では自国の利益を超えて“地球規模”での利益を考える場だったんじゃないのかな?と思う。
そんな場で、「(発展途上国で人口も多い)中国やインドが(環境問題の議論に)参加しないのであれば、アメリカも参加しない」と言ってのけるあたり、“ガキ”そのもの。
ドイツを初めとするヨーロッパの国々が“自国の利益を曲げても”という決断をしているのに比べると、他の国々を先導・指導する国としてはあまりにお粗末な態度に呆れてしまう。
開いた口がふさがらないと言うのはこういう事なのだなと思ったよ。
途上国は“先進国の蓄積”が悪だというけど、先進国のこれまでの蓄積より、先進国だからこそ“技術の恩恵で”蓄積を減らす事だって可能なハズ。
それを技術のない途上国が、人口が多い故の“消費量”が大きいからと、先進国の“無駄遣い”と同等の価値観で語るのはどうなのか?と思う。


さて、食糧問題。
白人系の先進国って“浪費”や“無駄に捨てる”事が“豊かさ”のステータスになっている。
そんな文化を考えると、“先進国”が食べ物を浪費/無駄遣いすることが世界の食糧危機や燃料危機を招いている事を、今一度肝に命じたほうがイイ。
西洋人、白人が“無駄に捨てる事”を“豊かさ”という意識を改めない限り、地球の資源枯渇は回避できないと思うよ。
鯨の絶滅危機の原因も同じだけど、彼らに“資源を大事に使う”なんて発想がないのが、地球環境破壊の根源的な問題なのだから。
誰かが“より使う”事が問題なのではなく、無駄使いする人が“無駄をなくす”事が本質的に重要だと、誰か阿保ブッシュに教えて欲しいと思うよ。
って言うか、ブッシュだけが阿保なのではなく、未だブッシュを“金づる”と思っている人たちの方がずっと重罪なのだろうけど。。。


って言うか。。。×2
今や、“先進国”と言うだけでは十字架を背負う事はあっても、指導力があるとは思えないんだけど?




Continue reading

空港そのものが本当に必要?

日本航空の路線・営業の見直しが進んでいる。
先日は福島空港からの完全撤退も報道されていた。
北海道出身で栃木県に住む知り合いが帰省するのに福島空港を利用していたけど、これからは羽田まで出てこないといけないのね。
福島空港から北海道に出る便は週に数本しかないから羽田の方が自由度や利便性が高いのだけど、空港まで出る時間と、空港の駐車場の利用料金の問題で福島空港の方が使いやすかったらしい。
利用者にとっては、お客さんの少ない空港というのも、ある部分で使い勝手がよかったりするのよね。

とはいえ、営利企業体としては“利用者が少ない”のは歓迎できない事。
採算が取れないのであれば、撤退もやむなしか。。。
そういえば数年前1度だけ使った関西国際空港は閑散としていた。
私が利用したのは国内線だったけど、国内線も国際線も殆ど人が居なかった。
飛行機は東京便だったのでそれなりに席は埋まっていたし、器が大きすぎるとはいっても、あの閑散とした様子にはびっくりした。
関空も採算が取れないんじゃないかなと思った。


<日本航空>関空-ロンドン線も廃止へ 燃料高騰で見直し国
7月8日23時9分配信 毎日新聞

7月10日18時42分配信 毎日新聞

 日本航空(JAL)は10日、関西国際空港と英ロンドン・ヒースロー空港を結ぶ路線(1日1往復)について今年度内の廃止を検討していることを明らかにした。燃料価格高騰に伴う運航路線見直しの一環。全日本空輸(ANA)も00年に関西発着の欧州路線を廃止しており、JALの撤退で関西発着の国内航空会社の欧州路線は姿を消す。

 国内線では中部国際空港と福岡空港を結ぶ路線(1日4往復)も年度内に廃止する方向が固まった。小牧-福岡(1日5往復)は存続する。福島と関西、伊丹、那覇を結ぶ3路線も廃止される見通し。【太田圭介】
最終更新:7月10日19時54分


燃料高って言い訳?
航空会社は燃料が値上がりした分は、「サーチャージ」と言って別料金として徴収しいてるじゃん。
あ、そもそも高い航空料金にサーチャージが上乗せさせられたら、更に国際競争力がなくなってしまうということかな?(^_^;


航空会社の国際競争力とは別に、日本の空港って高いんだよね。
成田空港も同様なのだけど、建設にコストのかかった最近の(大きな)国際空港は航空会社にとって利用料が高い。
それは当然航空運賃という形で利用者の負担に跳ね返ってくる訳だ。
利用者にとっても不利益となるような高コストの空港って本当に必要なのか?
関空のように騒音問題があって海上に作らなければならないのなら、最初から作る必要はなかったんじゃないかな。
少なくとも大阪の人にとっては空港って“迷惑な存在”だった訳で、必要がないのに造られる“迷惑料”がそのコストに跳ね返っているに過ぎない。。
空港が必要だったのは、空港建設という公共事業をつくりだせた政治家だけだっで、本来必要なかったものならば今コストをかけて壊してもイイんじゃないの?
案外、壊してしまった方が、近隣住民にも利用者にも嬉しかったりするのかもしれない。。。(^_^;


このままだと港湾使用料、港湾荷役の人件費などで高コストになってしまって船が逃げてしまった船舶運輸の二の舞だね。
だって、今でも、海外っから直接日本に入ってくるより、ソウルから日本国内に入ってくるルートの方が便利で安くなってしまいかねないもの。

激しい夕立に梅雨明けを感じる

なんとなく肌寒さを感じて昼寝から目覚めた。

梅雨の時期と、真夏のよっぽど暑い時期以外はエアコンをつけずに窓を開けているだけの事が多い。
梅雨の時期は流石に除湿しないと、暑くて過ごせないけど。

今日は外から入ってくる風が冷たい。
何故だろう?と思っていると、ゴロゴロ雷が鳴り出した。
空は明るくて雨雲もないのに、何処で雷がなっているのだろう?

雷が鳴り出して1時間近くも経っただろうか?と思った頃から、だんだん空が暗くなり始めて、とうとう雨が降り出した。
まるでバケツをひっくり返したような降り方だ。
奥行き2m近くあるベランダの超えて窓にも雨がぶつかる。
面白がって外を見ていたら、向かいのマンションの最上階のお宅で布団が干したままになっている。
1時間も前から雷がなっていたのに留守なのかな?気の毒だな。


こんな激しい夕立があると言うことは、梅雨明けはもう直ぐ?

日本領土内の島の数はいくつ?

何故、今、また話題になったのか。。。?
最近、新聞を読んでいないから、世の話題からずれているのか?私(^_^;

竹島明記で駐日大使「召還」へ=「深い失望と遺憾」-韓国大統領 7月14日17時8分配信 時事通信

 【ソウル14日時事】韓国の李明博大統領は14日、日本が中学校社会科の新学習指導要領解説書で竹島(韓国名・独島)を「領土」と表現したことについて、「深い失望と遺憾を表明せざるを得ない」と強い不快感を表明、「断固として厳重な対応」を取るよう指示した。これを受け、韓国政府は権哲賢駐日大使を一時帰国させ、事実上召還することを決めた。
 李大統領が2月に就任して以来、改善が期待された日韓関係だが、竹島問題を契機に再び暗転する可能性が出てきた。 
最終更新:7月14日20時46分


まぁ、これは韓国サイドの言い分だから、「李大統領が就任して、改善が期待された日韓関係」となるのだろうけど、日韓関係って本当に修復する可能性が1%でもあるのか?
多分、無いんじゃないの?

正直言って、私は反韓の教育なんて1度も受けた事はない。
(反中教育も受けたことはないけど。。(^_^; )
でも、韓国というか、北朝鮮も含めて朝鮮人は“油断すると何でも盗む”民族だと、最近は思っているよ。

韓国は、もう何世紀も前に朝鮮人自身が“竹島は朝鮮のものではない”と認めた竹島を、今頃になって韓国の領土だと言って侵略している。
おまけに、“対馬も韓国領土”だなんて言い出す始末で、はっきり言って、他人のものと自分の物の区別がつかない無法者でしかない。
そういう意味では、韓国は国際社会から葬り去られるべき国というしかないお粗末な国だと思うな。
このまま放っておくと、九州も韓国領土と言いかねないよね。


韓国は、日本の国土だと(朝鮮人以外の)万国に認められている竹島を不法占拠して“実効支配”だなんて言っているけど、それは“侵略”でしか無いわけで、本来的には国防の軍隊である自衛隊が出動して対応しなければならない状況にあるのよ。
日本政府が自衛隊を出動せずにいるのは、単純に(おバカさんな国である)韓国に対する思いやり?(笑)
それは、相手を“まともな話を出来ない国”と思っていなければ出来ない事。
そういう意味では、日本が韓国の不法占拠に対して大騒ぎしない事を“(対等以前であって)1人前に扱ってもらえていない”と韓国は恥ずべき事なのかもしれないね。
勿論、韓国が真っ当な感覚(センス)を持っていればということで、真っ当な感覚を持ち合わせていないのであれば端からみれば“厚顔無恥”であっても本人たちは得意げなのかもしれない。
まぁ、恥ずかしい事を平然とするのが韓国政府ならではなんだろうね。
もし韓国政府が、日本が竹島を領土とすることに信念を持って異論があるなら、国際司法裁判所に提訴すべきよね。
それが出来ないのは、国際法に違反して実効支配していると自覚しているからでしょ?
正当ではないと自覚しつつも反日でしか国民の求心力を得られない韓国政府というのは、かなり情けないね。


竹島記述は当然=民主・鳩山幹事長
7月14日21時28分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は14日、中学校社会科の新学習指導要領解説書に竹島をわが国の領土と明記したことに関し、都内で記者団に「(日韓両国で)互いに研究していきながら、冷静に判断することが大事だ。わたしどもはわが国の領土と信じているわけだから、明記は当然ではないか」と語った。 
最終更新:7月14日21時31分

ゆっぴぃが言うことは尤もな事。
これまで、日本の領土がどの範囲なのかを教えていなかった事の方が大問題。
私の同僚ちゃんなんて、“日本は4つの島で出来ている国”という認識しかない。
学校でちゃんと教えないと、そんな人がどんどん増えるよ。
自分の国、国土の実態をもっときちんと教えるべきだと思う。
少なくとも、日本がどれだけ領土の侵害を受けているかを子供たちが知らなければ、将来の日本は本当に4つの島、最悪1つの島しかないかも知れないもの。

漫画って。。。

テレビを見ていたら、夜のワイドショーで“coolJpan”を紹介していた。

ん?“coolJpan”?

パリではJapanExpoが開催されているらしい。
街の書店では日本の漫画コーナー(MANGA)があって、更にSHONEN、SHOJO、SEINENという区分けがあるとか。
少年も少女も成年も日本語だよね。


日本の漫画が受けるのは“文字”ではなく“絵”でキャラクターの感情を表現できる事らしい。
識字率の高い日本で生まれた“漫画”が、日本より識字率の低い国の漫画より文字が少ないというのが私には面白く感じた。
もっとも、定められた数の少ない“絵”で感情の動きを表現できるというのは作家の感受性、表現力の豊かさの表れなんだろうな。


って言うか、アメリカの漫画は絵がキレイではないから、見る気にはならないよ。。。
そういえばフランスの漫画って見たことないな。。。(^_^;

稲田姫の元でデート

今日も彼氏とデート。
先の喧嘩以来、週に1度は会わないと私が臍を曲げると思っているのかな?
でも、メールより、電話より、会って話す方がコミュニケーションはスムーズだもの、会う機会が持てるのは好いことだわ(^^)


今日は、日本橋の「稲田屋」。
スサノオノミコト(須佐之男命・素盞鳴尊)の妻であるクシナダヒメノミコト(奇稲田比売・櫛名田姫)に由来していると想像できるお店の名前のとおり、このお店は山陰と言っても島根県ではなく鳥取県米子市にある酒蔵が経営するお店。
彼氏は、“おしゃれな雰囲気のお店”というイメージだったらしいけど、お店の名前とお店に入ったすぐの所に飾ってある八重垣神社の板絵神像のクシナダヒメ(の写し)を観ればすぐに判る。
彼氏は、その古代の女性像を見ても誰なのかは気がつかなかったみたい(^_^;


つぶ貝、鳥取の特産品の盛り合わせを頼んで、しばしクシナダヒメについておしゃべり。
っていうか、私が八重垣神社に行った2度の思い出話をしただけなんだけど(笑)


つぶ貝

『山陰めぐり』 特産品盛り合わせ

「鳥取の特産品」は、あごの野焼き、わかめ、ハタハタの干物、とびうおの干物、キスの干物、白身魚のテンプラ(練り物)、塩辛がセットになっている。
学生時代、大山にスキーに行くことが多かった彼氏はスキー合宿の時はあごの野焼き(とびうおのちくわ)が酒の肴だったらしい。
飽きるほど食べたので興味はないといいながらも摘んでいた(笑)
私にとっての竹輪と言えば、石川県の能登金剛の“握り竹輪”(握って食べる程の大きさのある大きな竹輪)なんだけど、彼氏にとってはこの野焼きなんだろうな。
因みに彼氏にとって日本で1番美味しい竹輪は長崎県のどこやらの竹輪らしい。
私のイメージでは、長崎県と言えばテンプラ(練り物)のイメージなんだけどな。


早く池に沈めば近いうちに縁があると言われる八重垣神社の鏡池でまったく沈まなかったと言う私の散々な思い出話をして、携帯電話のストラップにしている2度目に八重垣神社に行った時に買った「縁結びのお守り」を見せながら、「リベンジの2度目に買った」と言ったら、彼氏に笑われた(^_^;
おまけに「ご利益がない」と言ってしまったものだからクシナダヒメに嫌われたのか、この後お守りが千切れてしまった(^_^;
いや。。。私って、本当にクシナダヒメと相性が悪いのか?


お蕎麦

お店が変わっても、〆はお蕎麦。

誰が焚きつけるているのかな?

今日は朝から竹島問題。
毎朝見てるワイドショーでも竹島問題に関する新聞各社の社説を比較して解説していた。


朝日VS産経・読売 竹島「解説書」問題で立場分かれる
7月15日19時35分配信 J-CASTニュース

朝日VS産経・読売 竹島「解説書」問題で立場分かれる

各紙の主張は分かれている
 日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名: 独島)の問題が再燃している。文部科学省が中学社会科の新学習指導要領の解説書に竹島問題を初めて登場させることになり、竹島を実効支配している韓国側が猛反発しているのだ。一方、「固有の領土」という表現を避けるなど、外交的配慮も見られた。この対応に、産経・読売は反発しているが、朝日新聞は「島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱」と、立ち位置が少々異なるようだ。

■朝日新聞は韓国ナショナリズムに理解
 文部科学省は2008年7月14日、08年3月に改訂された学習指導要領の解説書を公表した。中学社会科向けの解説書には、これまでにも北方領土問題についての記述はあったが、「北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせる」などと初めて竹島問題についての記述が登場。一方、「固有の領土」との表現は避け、韓国側への配慮も見せた。
 それでも韓国側は猛反発しており、李明博大統領が「深い失望と遺憾の意を表明せざるを得ない」とのコメントを発表し、駐日大使の一時帰国を決めた。ソウルの日本大使館前では抗議デモも行われている。
 こんな状況に対して、各紙の社説(08年7月15日)を見ると、大きく評価が割れている。日本側の「配慮」に反発したのが、産経・読売の両紙。
 読売新聞は「『竹島』明記は遅いぐらいだ」と題して、竹島問題が解説書に登場したことは妥当との見方を示しながらも、「外交的配慮」については、
  「外交上の配慮と、主権国家として歴史や領土を次世代に正しく伝えていくこととは、次元が異なる」
と批判的だ。
 産経新聞は、さらにラディカルで、1面に「禍根残す『外交配慮』」と題して編集長の署名入りのコラムを掲載。社説でも
  「竹島が日本固有の領土であることがはっきりと書かれておらず、大いに不満が残る」
とした上で、「外交的配慮」については、
  「日本の公教育の将来に禍根を残したといえる」
と改めて批判した。
 立ち位置が大幅に異なるのが、朝日新聞だ。結論こそ
  「互いに主張し、違いがあればあることを認め合ったうえで、冷静に打開を図る。それ以外にない」
と結ばれているものの、
  「日本が竹島を島根県に編入した1905年は、日本が韓国から外交権を奪い、併合への道筋を開いた年だ。竹島は、日本による植民地支配の象徴とされている。韓国の人たちは『独島』と呼び、『独島、われらが土地』という唱歌で子どもの頃から愛国心を培ってきた。島の領有は韓国ナショナリズムのゆるがせにできない柱なのだ」
と、韓国側の事情や心情に理解を示している。

■毎日・日経は「冷静な対応を」との主張
 一方、毎日・日経は、「冷静な対応を」との主張を前面に押し出している。
 毎日新聞は
  「一朝一夕には解決が難しい問題で大切な日韓関係を逆戻りさせては何の得にもならない」
とし、日経新聞は
  「先行き見えぬ朝鮮半島情勢」と題して、半島情勢全般について論じる中で「竹島は日本の領土である」
としながらも
  「竹島を巡る対立を大きな政治問題にしないよう、日韓政府の努力を望みたい。日韓対立の激化は北朝鮮を喜ばすだけである」
として、事態の沈静化を求めている。
 ブロック紙に目を転ずると、河北新報(仙台市)は、
  「心配なのは歴史教科書や靖国問題のように両国のナショナリズムに火がつき、ぎくしゃくした日韓関係が再燃することだ」
とした上で、日経同様に「日韓の対立は北朝鮮を利するだけ」との見方だ。

最終更新:7月15日20時55分


朝日新聞は、日本のナショナリズムには激しい拒絶反応を起こすのに、韓国のナショナリズムには寛容なのね。
まぁ、朝日新聞は日本の新聞ではないからね(苦笑)
基本的に“反日思想”の新聞なのだから、まるで韓国の新聞社であるかのようにこの程度のことは言ってのけるだろうな。
竹島に関しては、北朝鮮様も韓国と同様の見解だから、朝日新聞も書き易いのだろうね。

産経は新聞の立ち位置を考えると当然の反応というか当然の社説なのだろうけど、最近左傾化が見られる読売新聞はちょっと意外だった。
でも、真っ当だと思うよ。
教育と外交とは別だし、昨日も書いたように、学校教育では“日本”の事をもっと教えなければ、将来の日本はないよ。


それにしても、韓国や中国の政府が学校教育で日本との領土問題をどのように教えているかなんて、私たち多くの国民はしらない。
なのに、韓国や中国って日本の事をよく知って、よく反応する。
ダレが火をつけているのだろうね。
もしかして、“靖国”を“問題”として火をつけた朝日新聞が焚きつけていたりしてね。。。

浴衣祭り(笑)

帰宅してテレビを見ていたら、今日の都心の雨は酷かったらしい。
職場のある丸の内近辺では殆ど雨を感じなかったけど、“都心”って何処なんだろうか?


夕方過ぎと言うにはちょっと遅い時間に職場を出て、東京フォーラムの「ネオ屋台村スーパーナイト」を覗いてみた。
職場からは東京フォーラムまでは地下通路を歩くのだけど、地上に出たらムッと蒸し暑い。
スカッとした夕立ではなく、最近の日本の夏らしい雨が降ったのだなな。。。降った後のほうが余計に蒸し暑い感じ。
でも、こんな日の方が“屋台村”を楽しむのは良いのかもしれない。

そういえば、今日は浴衣を着ている人にはいろいろな特典がある日だった。
って、職場に浴衣を持っていってまで?と思ってしまうし、レンタルしてまで欲しい特典でもない。
もっとも、友人と一緒にワイワイと言う感じで繰り出したのであれば楽しみもあるだろうけど、私のように帰宅途中に“いつもとは違った食事を調達”と言う感覚で来るにはね(^^ゞ


ネオ屋台村スーパーナイト

今日は水曜日に此処で出店しているという「ボナペティ」のロティサリーチキン&ポテト。
いや、本当に、屋台の車の中でチキンがくるくると回っていました。
とても美味しそうで、行列に並んだのだけど、注文を受けてくれる男性が日本語が不自由で。。。
“ロティサリーチキン”と言った私の言葉が解らないのは私の発音が悪いとしても、「1番上のお料理」と言ったら「私は日本語、理解できない」と言われてしまった(^_^;
道理でみんな指差しオーダーをしている訳だ。


まるでサウナの中にいるような湿気の中で食事をする気になれなかったので、(通じるかな?と思いつつ)テイクアウトしたいので包んで欲しいと言うと通じたらしい。
この場で食べる人とは別の持ち帰りようの容器に入れて、手提げ用の袋に入れてくれた。
暖かいものを暖かいうちに食べたいのは山々だけど、持ち帰ってお風呂上りの寛ぎと共に食べるのが良いかな(^^)


チキン&ポテト

チキンも美味しかったけど、ガーリックは塩と胡椒が利いていて、ビールのお供にぴったりよ。

早起きは何文の得? 大賀ハスを観に行ってきた(^^)

今日はJRの企画の「駅からハイキング」で大賀ハスを観に行った。
って言うか、千葉市民なら1度は大賀ハスを観ておかないと思って、大賀ハスを観られるイベントにエントリーしていた。


早起きは3文の得と言うけど、今日の早起きは幾らの得になったのだろうか?(笑)

目覚めは早かったものの、いつものように身体を起こせないでいるうちに、7時を回ってしまった。
やっと家を出たのは8時少し前。
イベントの受付場所である新検見川の駅に着いたのは8時半、ハスを観るには遅い時間。。。(^^;

JR総武線の新検見川から東大グランドへは徒歩で15分弱。

東大グランド1

東大グランド2

しかし、これが大学のグラウンド。
日本の最高学府だとはいえ、東大って特別なんだろうな。
普段は入れないのだけど、ハスの花の咲くこの時期だけ朝の数時間公開されているグランド。
入ってしばらくすると、「ここでゴルフは許可された人だけ」と書いた看板があった。
そっか、グランドにしては変な坂だと思った此処はゴルフコースだったのね。
っていうか、東大にゴルフ部ってあったのね。
っていうか(×2)、東大ゴルフ部って、こんなに整備されたコースが必要なほど強いの?


人の流れに従ってなんとなく歩くと、1本だけ植えられた桜の木の根元に大賀ハスが発見された地であるとの国土地理院のお墨付きの碑があった。

大賀ハス発祥の地碑

こんな碑を観るために此処まで歩いてきたのか?(^_^;


実は、グランドの入り口に小さな池があって、そこに大賀ハスが植えられている。

大賀ハス

大賀ハスは、この東大グランド(もともと弥生時代の遺跡があったらしい)で見つかった弥生時代から2000年眠っていたハスの種が発芽し開花したもので、千葉のシンボルキャラクターにもなっている千葉の花。
今から半世紀以上も前に、2000年の眠りから覚めた古代ハスと言うのがウリというか、ロマン。
淡いピンクの花びらが可憐だ。


今日はまさしく観蓮会が開かれていて、東大グランドの公開は9時半までだったけど、グランド近くの「東大緑地植物研究所」は10時まで開いている。
って、私の“いつもの時間”で行動したら、到底間に合わないね(^_^;
これって、早起きは3文の得ってアレ?笑い


淀姫

これは“淀姫”と言う名の蓮。
蓮の花には気品を感じるものだけど、この花も気品があって綺麗ね。


東大緑地植物研究所1

この花も結構気に入ったのだけど、名前を覚えられず。。。(^_^;
最近、物覚えが悪い。
ほかの人がデジカメでお花の名前のプレートの写真を撮っていたけど、私もそうでもしないと覚えられないね。。。

他にも赤い蓮や白い蓮、グラデーションの蓮など色とりどり。

東大緑地植物研究所2
東大緑地植物研究所3
東大緑地植物研究所4
東大緑地植物研究所5
東大緑地植物研究所6
東大緑地植物研究所7
東大緑地植物研究所8
東大緑地植物研究所9

見物客の言葉で、この緑地植物研究所より近くのしらさぎ公園の方が“大賀ハス”が綺麗だとか。
ハイキングコースの途中でもあるし、行ってみようかな。


白鷺公園1"

しらさぎ公園では、まずは白鷺のオブジェがお出迎え(笑)

白鷺公園2

白鷺公園3

確かに、此処は池一面が大賀ハス。
2000年の重みが影響するのか、この淡いピンク色が神々しくさえ思えるようになってきた。
って、単純な私。。。(^_^;

早起きは何文の得? 自然食品のビュッフェで大満足♪


此処からはしばらく畑の中を歩く。
道端の作物をよく観ると枝豆。

枝豆

枝豆が成っている所って、初めて観たかも(^^)


川沿いのサイクリングコースに入る手前、本来なら何かしらのドリンクサービスがある地点。
既に店じまいの模様。。。寄ってみると、やはり店じまいらしい。
イベントの募集人員は2000人で、先着1000人へのサービスに筈なのに、私ってそんなに出遅れているのか?。。。(^_^;

次の目的地は真蔵院というお寺らしい。

真蔵院1

千葉市に30年近く住んでいるジモティなのに、千葉市の事はあまり知らない。
このお寺も全然知らなかったもの(^^ゞ
千葉氏の分家の武石家の菩提寺らしい。
裏山に天女が下りたという伝説があるらしくて、手水には石造りの天女像が4体。
でも私は天女像より、如来石像の方が興味があった。
というか、此処のお寺と裏山には“気”ではないものを感じた。
多分、古代の貝塚のような古墳なんじゃないかな。

真蔵院2
真蔵院3

この2体は、享保9年とか寛永12年とか書いてある。
そんなに古い野仏がこんんなにハッキリとした姿で残っているもの?
ちょっとビックリ。
まぁ、お寺が1200年ころの創建なのであれば、寛永年間や享保年間と言うのは比較的新しい時代なのかもしれないけどね。。。


昆陽神社

次はとっても新しいお社。
って、コースには“昆陽神社”とあったから、真蔵院の裏山を越えて三代王神社に向かう辺りからその姿は見えて、知っていた。

此処はJR幕張駅近くの“開かずの踏み切り”の工事に当たって転地した神社なので、お社は新しい。
それまで、通りの両側にあった秋葉(火伏せの神様)と“甘藷先生”で有名な青木昆陽を祭った神社を移転して、それまで両社を隔てていた道の上に作ったお社。
だから見るからに新しくて、神のお社としての“気”は弱い。


そろそろ日が高くなってきて、歩くのが辛い。。。(^_^;

やっと次のチェックポイントの海浜幕張駅に近づいた。
と、此処でも、“先着1000名”には入れず。。。
早起きしなかったから3文以上の“お得”に出会えていない。
かろうじて、先着2000名のプレゼントはもらったのだけど、聞くところによると、既に15000人の参加者が通過しているらしい。
先着2000名のプレゼントをもらったのは、お情けなのか?
って言うか、2000名しか募集していないイベントに何で15000名の参加者がいる訳???


先着2000名へのプレゼントは、「旬菜厨房 奈のは」の500円割引券。
ビールが飲めるじゃん♪
早速お店に入ってビールを飲んで疲れを癒す(^^)

ビュッフェなので、お料理は自分で取りに行く。

菜のはビュッフェ1

左奥から時計周りに、ほうれん草のパンナコッタ、グリーンサラダ、イカのバジルサラダ、お米のトマト焼き(焼きリゾット?)、小海老とオクラの冷製パスタ、ゴーヤチャンプル、幸福コロッケ、鶏から揚げ、ナスのコンフォート。
このお皿だけでスィーツもあるのに、2皿目に走ってしまった(^_^;

菜のはビュッフェ2

次は、稲庭風の冷たいお饂飩にわかめと、小海老のかきあげを乗せて、冷たいツユで食べる。
ツユには薬味として、生姜と天カスとねぎ。
って、お饂飩にてんぷら乗せているのに、天カスも入れたんじゃ油が多すぎだね(笑)


此処でビールを飲んだのと、途中で変な動悸があったので、今日は此処でお仕舞い。
コースとしては、このあと海岸に出るようだけど、私はここで帰る事にする。
此処までで、総歩数17034歩、歩行距離10.22Km、消費カロリー464キロカロリー。
まだ午後早い時間だけど、今日もよく歩いた。。。(^^)

   1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2008年7月 Archive

Search
Calendar
« 2008 7 »
S M T W T F S
    1 2 3 4 5****
6 7 8 9 10 11 12
13 14** 15 16 17 18 19*
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top