Home > Archives > 2008年9月 Archive

2008年9月 Archive

右向け右?

リーマン破綻後の日本は1927年並の金融恐慌が襲ってくるかのような、マスコミの論調にちょっと辟易。

マスコミ各社は、今回のリーマン破綻に起因する銀行の危機には、“日本の経済の維持”、“国民生活の安定”の為に税金を使うこと、“公的資金の投入”を支持するらしい。
支持というか、“使え!”と指示しているかの論調が多い。
でも、(国民生活の安定の為だとしても)“金融機関”への税金投入に否定的だと私が感じる朝日新聞までが今回は公的資金の投入を支持している。
なんかヘン。

戦時中も同じだったと思うけど、マスコミ各社が皆同じ方向を向くのは健全ではない。
税金の使い道に最も“煩い”朝日新聞が、特定業界への税金投入を支持するにはどんな裏があるのか?と思う方が健全だと思うよ。
彼氏に言わせると、公的資金投入による不良債権処理の“成果”を見せ付けられたのだから、いかな朝日も支持するしかなかったのだろう、との事らしい。
でもさ、朝日新聞なんて、経済オンチと言うだけでなく某国のプロパガンダの新聞だもの、こんな局面では“金融機関に税金を使うのは悪だ!”と国民生活を犠牲にするような事を言うのがこれまでの流れだと思うのだけどな(笑)
それこそ、「公的資金を投入すれば日本の金融機関はアメリカの禿げたかファンドに食い荒らされる」と、これまでの持論を展開すればいいのでは?
そこまでの“気骨”(!)があれば、朝日新聞も言論機関として認めることも出来るのだえどねぇ。。。(苦笑)


【米金融危機】米政府が史上最大規模の公的資金 危機対策に数千億ドル投入
9月20日10時7分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】ブッシュ米大統領は19日、声明を発表し、金融機関からの不良資産買い取りなど包括的な金融危機対策を発表した。これに先立ち会見したポールソン財務長官によると、総額数千億ドル(数十兆円)の公的資金を投入する史上最大規模の政府介入になる。大統領は「未曾有の難局に前例のない行動が必要だ」と述べ、「米国経済の転換期だ」と強調、米金融市場の信頼回復に断固とした措置を取る決意を示した。
 必要法案は今週末中に議会と取りまとめて、来週26日の休会前の通過を目指す。大統領は「わが国の歴史で、党派を超えて重大な課題に団結して取り組むときがあったが、今がその時だ」と述べて政府介入の必要性を強調、政策を総動員し挙国一致で金融危機の封じ込めに取り組む姿勢を明確にした。
 対策は、資産価値が劣化して金融システム不安の病巣となった低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)関連の金融商品の買い取りが柱。財務省は総額500億ドル(約5兆4000億円)の基金を設立して、解約が殺到するマネー・マーケット・ファンド(MMF)を保護し、米連邦準備制度理事会(FRB)が資金供給拡大で支援する。さらに、米証券取引委員会(SEC)が、金融株799銘柄を対象に空売りを一時的に禁止する。
 米政府は3月の証券大手ベアー・スターンズの経営危機以来、米政府系住宅金融会社への資本注入、保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)まで個別機関の危機にケース・バイ・ケースで対応してきたが、金融恐慌やシステミックリスク(連鎖破(は)綻(たん)の危険)を防ぐには「包括的な行動が必要」(ポールソン財務長官)と判断した。
最終更新:9月20日10時7分

大統領選挙を控えてアメリカも税金の使い道にはシビアなのだろうな。。。


虚業と実業。。。
金融機関は“モノ”を作っていないので“虚業”と言われる。
でも、金融機関の働きは、“実業”を支える“信用”の創造。
金融機関が実業の企業へ“信用”を与えなければ、“実業”は事業を継続・発展できない。
“実業”である企業が事業を継続・発展できなければ、雇用も維持できない。
雇用がなくなれば、人は生活できなくなる。
そういう意味では金融機関は“健全”でなければならないと言える。

さて、その“健全”をどうやって守るのイイのか?
正解はないけど、“虚業”故に“実業”とは違う基準(ものさし)で支える必要があるのも、“金融機関”の特性なんだよね。
でも、マスコミ各社、特に新聞各社が言うほどには、日本経済は弱くない!

不安定な空気

昨日は夕方から雨が酷かった。
雷までなっていた。

子供の頃、雷というのは季節の変わり目の鳴るものだった。
雷が鳴れば、“これで涼しくなる”とか、“これから暑くなる”とかおもったものだ。
今は季節の変わり目と関係なく、大気が不安定になるから雷が必ずしも季節の変わり目とはならないのね。
とはいえ、今はお彼岸の真っ最中。そろそろ暑さもひと段落して涼しくなるのかな。

夕方近く、大音響の演説が聞こえてきた。
そういえば、今日は自民党の総裁選の候補者5人がやってきて演説する日だった。
でも、わざわざ駅前まで出かけていくのは億劫なので、家の中で演説を聴く。
って、反響が大きくて言葉は不明瞭(^_^;
まぁ殆ど太郎ちゃんんで決まりだから、わざわざ聴きに行くようなものでもなさそうだしね。。。

麻生氏「民主はバラマキ」=5候補が最後の訴え-自民総裁選 9月21日19時55分配信 時事通信

 自民党総裁選に出馬した麻生太郎幹事長ら5候補は21日午後、投開票を翌日に控え、さいたま、千葉、横浜3市で最後の街頭演説を行った。各候補は、衆院選で対決する民主党や3選が正式に承認された小沢一郎代表への対抗心をむき出しにしつつ、自らへの支持をそれぞれ訴えた。
 総裁選での勝利が確実視される麻生氏は、会見で小沢氏が最優先で取り組むとした子ども手当の創設や高速道路無料化などについて「財源の裏付けのないバラマキだ。どこにその金があるのか」と重ねて批判。「この総裁選が終わったら、小沢一郎率いる民主党と戦わなければならない」と気を引き締めた。
 与謝野馨経済財政担当相は「われわれ自民党は真実を訴え、責任を持って物事を実現していく責任政党だ」と、民主党との「違い」を強調。小泉構造改革の堅持を掲げる小池百合子元防衛相は、自公政権では日本の再生は不可能との小沢氏の主張を念頭に「霞が関を一回ぶっ壊す。同時に政治も変えることで、効率的で国民に奉仕の国づくりができる」と力説した。
 石原伸晃元政調会長は「この1年間、政治は政局に明け暮れた。日銀総裁は3週間も空席だった」と述べ、日銀総裁人事をめぐる民主党の対応を批判。石破茂前防衛相も「絶対に民主党に(政権を)任せてはならない。政治、国家、世界に対する考え方が根本から違うからだ」と訴えた。 
最終更新:9月21日22時13分


総裁選と言えば、馨ちゃんがもう少し存在感を示すかと思ったんだけどな。
伸晃君は次の次狙いなのだろうけど、馨ちゃんは年齢的にも身体的にも総裁としての“次”はなさそうだものね。
百合子ちゃん、茂クンの本命は“次”なのかな?
茂クンはがいう「(民主党とは)政治、国家、世界に対する考え方が根本から違うからだ」というのは正しく思える。
こういう事を言う人が、与党にもっと多く居て欲しい。
そういう(太郎ちゃんの“次”を知る)意味では、今回の街頭演説を聴きに行けばよかったかな。
っていうか、この総裁選では、消費税や経済政策にもうちょっと踏み込んだ議論があればよかったのにね。


個人的には実業家としての経験がある太郎ちゃんに期待している部分はあるのだけど、この総裁選で色々な派閥から協力を受けた結果、手枷、足枷が沢山あるから動きにくいだろうな。
九重親方(千代の富士)がファンからの人気ふがあるのに親方仲間内の人気が殆どないように、国民の人気と議員間での人気は別物だものね。
純ちゃんが議員間ではあまり人気がなかったように、太郎ちゃんも議員間ではそれほど人気はない。
ただ、議員間の“人気”には“利権”も絡むので、“(仲間内で)人気がある”=清廉と、必ずしも言えないのが悲しい。
勿論、人気がない=清廉とも言い切れる訳ではない。
あぁ、太郎ちゃんが“清廉ではない”と言っている訳ではないよ。

総裁選は百合子ちゃん以外の誰が当選しても自民党に変りはない。
百合子ちゃんが総裁になって変るのか?といわれてもそれもビミョー。
自民党の保守的な古い男性議員とはハレーションがあるだろうと思うのよね。

さて、総裁選は“開けてビックリ”になるのだろうか?
多分、ならないだろうなぁ。。。




Continue reading

恵比寿は異国空間

連休谷間にの今日はパソ通時代からの友人と恵比寿でタイ料理。
タイ料理はあまり好きではないと思っていたけど、先入観はなしにして食べてみると、これが意外に美味しかった。
私が“好きではない”と思ってたのは、これまで食べたのが“当り”ではなかっただけなのかな?(笑)

今日のお店は恵比寿のアメリカ橋傍の「ベースメント 亜米利加橋というお店。
アメリカ橋傍にはお洒落なお店が入っている一画がある。
友人からのメールでお店の名前が「亜米利加橋」とあるのを見て、直感的に“あの辺り”と直ぐに思ったよ(笑)


今日はコースではなく、アラカルト。
で、食いしん坊の友達たちと思い思いにお料理を頼んだ(^^)

タイ風シーザーサラダ

最初の1品は、パクチーのサラダ。
メニュー名はパクチーのサラダだったけど、「パクチーたっぷり、パルメザンチーズどっさり。マヨネーズベースのドレッシングで食べるグリーンサラダ」と書いてあった通り、パクチーたっぷりのシーザーサラダだった。
私はパクチーはそれほど好きではないから、此処までパクチーたぷっりでなくても。。。と思うけど、そんな私でも美味しく頂けた(^^)


POH PIASOD

写真ではなんだか解らないと思うけど、これは生春巻き。
サーモンとアボガドとロメインレタス、パクチーが入ってボリュームたっぷり。
なにより、これを食べて私は春巻きを嫌いなのではなく、春雨が入っている春巻きが好きじゃないだけだと思った。
これは美味しいし、かなりお腹も満足。


ガイヤーン(ローストチキン)

こちらは「ガイヤーン」というローストチキン。
皮目にしっかりとスパイスが刷り込んであるのに、加えて、甘辛いスイートチリソース、コリアンダーが多いグリーンのハーブソース、ナンプラーが主体のソースの3種類のソースが付いている。
チキンは美味しく焼けていて、ソースが要らないぐらい。
それでも、私はナンプラーのソースで食べるのが気に入った。

付け合せとして「ソムタム」が付いてきたのだけど、これには私には初めての食材があった。
沖縄料理好きの友人に聞いたら、これがパパイヤらしい。
最近は緑のパパイヤがスーパーで売っているけど、調理法を知らない私は食べたことがなかった。
こうやって、軽く火を通して味付けをすれば食べられるのね。


PADHOIRAI

こちらはお店のお姉さんのお勧めの「アサリをナムプリックとバジルで酒蒸しにしたもの」
アサリ、タマネギ、パプリカ、パクチーを甘辛いソースで蒸し煮にしいるらしい。
でも、ソースばかりが立っていて、アサリの旨味よりソースの味が勝っていた。
ソースがオイスターソースに似ていると感じたのは、ナンプラー系の醤油味に貝の旨味が融けていたからなのかな?
今日のメンバーにも人気はなかったみたい(笑)


クリームパスタ “トムヤムクン”

友人が食べたいといっていたトムヤムのカルボナーラ(HPで見ると「クリームパスタ トムヤム」らしい)。
HPによると、パスタは卵黄のみで作る卵麺でサラッとしたクリームソースにトムヤムクンの酸味が溶けていると言う。
トッピングは海老、ブロッコリー、トマトなどとか。
パスタは所謂イタリアンのお店のパスタとは味わいが違う。
クリームソースも、ベースがトムヤムクンだけあって、甘くて、辛くて、酸っぱい。
味のバランスを比較するなら“辛さ”が控えめかな。
辛いものを苦手とする私でも美味しくいただけた(^^)

グリーンカレー

こちらはグリーンカレー。
辛いモノは苦手な私だけど、グリーンカレーは何故か好き。
今日のカレーは、口に入れた最初は甘味があって、しばらくすると辛さが舌を刺激する。
ハーブというのか、緑の葉っぱも沢山入っていて、辛くて美味しい。
“食べられる”といっても私の場合はスプーンで一口、二口なので、今日のように三口も食べれば充分食べたことになる。
いや、本当に、いつになく食べたわ(^^)


パッタイ

〆はパッタイ。
パッタイはタイ風の焼きそば。
干しエビで味わいを深めて、ナッツで食感にアクセントをつけている。
味は甘めなのがタイ風なのかな?


21時近くから3時間以上。
危うく終電に乗り遅れそうになった(^_^;
おしゃべりも楽しいけど、美味しいものを食べるのも楽しい。
時間がいくらあっても足りないよ。。。

どちらの“賽の目”が出るのか?

自民党総裁選は波乱もなく、太郎ちゃんが当選
次の興味は組閣人事。


麻生新内閣 総選挙へ急場布陣…首相自ら閣僚名簿発表
9月24日20時54分配信 毎日新聞

 自民党の麻生太郎総裁(68)は24日夕、国会で第92代の首相に指名された。ただちに組閣を行い、24日夜、皇居での首相任命式、閣僚の認証式を経て新内閣を発足。与党が早期の衆院解散・総選挙を想定する中、鳩山邦夫総務相(60)、中川昭一財務・金融担当相(55)ら親しい議員を重用する急場しのぎの布陣となった。閣僚名簿も首相自ら発表する極めて異例の対応で、衆院選に向け首相の「一枚看板」ぶりを演出。当面は補正予算案審議への民主党の対応をにらみつつ衆院の解散時期を探ることになり、「選挙管理内閣」の色合いが濃いスタートとなった。

 麻生氏は24日夜の記者会見で、補正予算の成立に改めて意欲を示す一方で、衆院解散・総選挙の時期について「(補正予算案の)審議に民主党が応じてくれるか否かも踏まえて考えたい」と語り、早期の解散を否定しなかった。
 自民党は10月3日に衆院を解散し、同月26日投開票の方向で調整に入っていたが、野党側が補正予算審議に応じた場合、衆院選の投開票が11月2日か9日にずれ込みそうだ。
 ただ、民主党は補正予算案への賛否は明らかにしておらず、首相は民主党の出方や内閣支持率など世論の動向も見極めながら解散時期を探ることになる。
 麻生内閣の17閣僚のうち、総裁選で麻生陣営の選対本部長を務めた鳩山氏や、中川氏、河村建夫官房長官(65)、甘利明行革担当相(59)ら7閣僚は首相と以前から親しい関係にある。総裁選で戦った与謝野馨経済財政担当相(70)を再任、石破茂氏(51)を農相に起用する一方で、党内第3派閥の古賀派からは1人しか入閣しなかった。党内バランスよりも、首相との個人的関係を重視した布陣となった。また、小渕優子少子化担当相(34)は戦後最年少の閣僚で、衆院選を意識した人事とも言えそうだ。民間からの起用はゼロとなった。
 首相指名選挙はまず衆院本会議で行われ、麻生氏が337票(自民302、公明31、無所属4)を獲得して指名された。続く参院本会議では1回目の投票では誰も半数を超えず、上位2人による決選投票で民主党の小沢一郎代表が125票、麻生氏が108票で、小沢氏が指名された。両院で議決が異なったことから両院協議会を経て、首相指名で衆院の優越を定めた憲法の規定により麻生氏が首相に決まった。【高塚保】

◇麻生内閣の顔ぶれ(敬称略)
 ▽総理  麻生太郎(衆)
 ▽総務  鳩山邦夫(衆)
 ▽法務  森英介(衆)
 ▽外務  中曽根弘文(参)
 ▽財務・金融 中川昭一(衆)
 ▽文部科学 塩谷立(衆)
 ▽厚生労働 舛添要一(参)
 ▽農水  石破茂(衆)
 ▽経済産業 二階俊博(衆)
 ▽国土交通 中山成彬(衆)
 ▽環境  斉藤鉄夫(衆)
 ▽防衛  浜田靖一(衆)
 ▽内閣官房 河村建夫(衆)
 ▽国家公安 佐藤勉(衆)
 ▽行政改革 甘利明(衆)
 ▽経済財政 与謝野馨(衆)
 ▽消費者行政 野田聖子(衆)
 ▽少子化  小渕優子(衆)

最終更新:9月25日1時48分


前の内閣の閣僚を引き継がなかった総理は久しぶりだね。
前の内閣に引きずられる事なく、自分のカラーを出したと言っていい感じね。
民間からの起用がなく、“お世話になった”派閥からの推薦を受けた(承った)人事と言われても仕方がない顔ぶれ。
そう言えば、少し前の週刊誌に「総裁選挙推薦人として、小渕優子氏が大人気」とあったけど、そういう意味で彼女を大臣にすることが党内の求心力になる?

で、なんとなく気になるのが森法務大臣と中曽根外務大臣、そして中川財務・金融大臣と与謝野経済財政大臣かな。
特に後者の金融・経済関係大臣に昭ちゃんち馨ちゃんでいいの?と思う。
この2人はアメリカ発の“金融台風”に耐えられる大臣なのか?(苦笑)と思うものの、太郎ちゃんも今回のリーマン破綻をそれほど大きく考えては居ない。
リーマンの破綻は、コンピュータシステムの2000年問題のように、事前に“手”を打っていれば大きな問題にはならないものだけど、“手”を打っていなければそのだけ気は大きい。
今回は事前に額賀クンが手を打ったから、後任者は左手団扇で良いと言う事なのか?
見極められた人事なのか、見極められていない人事なのか、今の時点ではよく判らない。。。
ただ、なんとなく“そぐわない”人が居るのは確かだし、“ひと”が望む人が居ないのも確か。。。

今、“居て欲しい”人が居ないのが、どちらの“賽の目”になるのか。。。

親の背中

仕事帰りの電車の中で携帯電話に配信されるニュースを見ていたら、こんなニュースがあってビックリ。

小泉元首相が引退表明=衆院選に出馬せず、後継は次男 9月25日19時7分配信 時事通信

 自民党の小泉純一郎元首相(66)=衆院神奈川11区=は25日、地元・神奈川県横須賀市で開いた支援者の会合で、次期衆院選に出馬せず、今期限りでの引退を表明した。後継者は次男の進次郎氏(27)とする意向も伝えた。議員引退後は、自由な立場で政治にかかわっていく考えだ。
 小泉氏は会合で「国会議員を36年間やり、役割は済んだ」と引退の理由を説明。「辞める時は周りに言われるのでなく、自分で辞める」と決意を伝えた。同時に「国会議員は辞めるが、政治活動は続ける」とも語った。 
最終更新:9月26日0時47分


長男の孝太郎君がテレビのトーク番組で時折語るように、純ちゃんは首相という職務に全霊をかけて燃え尽きたのだろう。
後は引き際。。。と思ったところ、“選挙”というか、衆議院の解散がなかったので、“引退”を言い出すタイミングなかったようだ。


ところで、純ちゃんの後継は次男の進次郎クンなのね。
進次郎クンが“議員”に興味があるのは知っていたけど、一時期は孝太郎クンも“政治家”に興味があると伝えられてきたので、純ちゃんの次はどちらになるのかと若干の興味があった。
いや、政治は“世襲”であるべきだとは思わないけど、親が優秀な政治家であると(子が)信じれば子供は親の背中を目指す事も不思議ではないと思う。
子供が目指す事と、親がそれを規定路線とすることや既得権益として受け継がせる事は別問題だと思うけどね。


繰り返すようけど、国会議員は“世襲”の職業ではない。
でも、子供が親と同じ道を歩む、国会議員という身分の保証のない道を歩もうとするのは、親の生き方、生き様がある意味子供にいい影響を与えたとも言えるのだろうな。
ただ、惜しむらくは、彼が父(純ちゃん)とは違う土俵(選挙区や、国会議員ではなく地方議会議員)から初めて、自分で国会議員への道を拓いたら、と思う。
そうしたら、親子ともども、否、進次郎クンに対して、世間の評価は幾分良かっただろうな。

李下に冠を正さないのが、政治家の素養

このニュースを聞いた当初は、この発言の何が問題なのか解らなかった。


成田反対派は「ごね得」=日教組批判も-発言後に撤回・国交相
9月25日21時50分配信 時事通信

 中山成彬国土交通相は25日、報道各社のインタビューで、成田空港反対派の住民について「ごね得」などと批判した。自身がかつて文部科学相在任中、全国学力テスト導入を提唱した理由に関しても「日教組の強いところは学力が低いと思ったから」と発言。いずれも撤回したが、関係者の反発を招きそうだ。
 中山国交相は、反対派住民との対立が続く成田空港について「ごね得というか、戦後教育が悪かった。公共の精神というか公のために自分を犠牲にしてでもという(気持ち)がなく、自分さえ良ければ(いい)という風潮で、拡張ができなかったのは残念」と語った。
 日教組をめぐってはほかにも、教員採用をめぐる大分県教育委員会の汚職事件を引き合いに「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力が低い」と述べた。 
最終更新:9月25日23時16分


私自身も、成田空港という、世界に名立たると言うか、類をを見ない“しょぼい”国際空港を作らざるを得なかったのは、ごねる事で“利権”を得ようとした人が居たからだと、思っているから。
ハッキリ言って、成田空港はその“しょぼさ”故に“日本の恥”でしかない空港で、千葉県が雇用やその他の税収目的に成田空港を維持したいのは解るけど、乗客の利便性や“国益”を考えたら、現在の成田空港ならば、寧ろ無い方が国益の為には良い位。
成田が“反対派住民”のためにこれ以上の整備を望めないなら、羽田空港を日本の第一の玄関として拡充した方が良いと思う。
なにより、成田空港の“しょぼさ”の原因は、一重に(「ゴネて少しでも遅く売った方がカネになる」と扇動された)住民の“ゴネ”であって、言い換えれば“国益を損ねたのは一部の住民の(利益を狙った)ゴネ”が主因。

同じく、日教組も。
ただ、日教組の組織員の子供が、成績の如何に関わらず教師になれるかと言えば、そうではない。
でも、“子供に勉強させるのは可哀相”という日教組が力を持っている県の教育レベルが低いのは、傾向としては見て取れる。
というか、“学校は子供に勉強を強いる場所ではない。テストの成績で測れるような勉強をさせるのは悪”と(当時、高校生だった)私の前で言った日教組職員が教える学校の“学力”が高いはずがないと思うよ。
彼らは、教師は勉強をさせるモノではないと言っていたし、「勉強したいならば学校ではなく塾に行けばイイ」と、言い換えれば“学校は勉強を教える場ではない”と公然とい言っていたのが日教組だった。
跳ねっ返りに私は、「じゃ、学校って、何のためにあるの?」と、思ったけど、大学に入るための内申書に傷をつけない為に、学校では勉強もそこそこに過ごしていた(苦笑)

学校では成績の悪い人に合わせた授業をするので、定期テストで“取りたい点数”を取るのは簡単だった。
内申書で(5段階評価で)4.5点以上を取るのであれば、定期テストで90点を取ればいい。
でも、テストはクラスで1番理解の遅い人が(限りなく100点近い)80点以上を取る事を目標に設問されている。
クラスで1番理解が遅かった訳ではない私が、そういうテストで100点近い点数を取るのは簡単で、逆に言うならそんな教育は、何処で“手を抜こう”と思うような“不遜”な生徒を作っただけだった。
高校生の私は転校生だった事もあって、通っていた学校では“教えなくても”(学校としての)進学率を上げる生徒であったから、高校では“勉強をしなくても(校内では)“成績優秀”な生徒だったからね。
“成績優秀”といっても学校の中だけで、行く大学が決まった後に転校前の高校の友人と会った時に「なんでそんな(学力レベルの低い)大学に行くの?」と不思議がられたのだけどね。。。(^_^;

で、私が進学した大学に対する評価の違いって、そのまま“日教組”の“強さ”の違いと一致する。
転校前の学校は日教組組員が殆ど居ない学校(県)で、子供の学力向上にかなり力を入れていた。
ところが、転校後の学校は日教組がかなり強い学校だったから“(無理強いして)勉強させるのは悪”という学校だった。
前者は1~100番位はテストの度に変化するので、100番位ならハーバードやスタンフォードはムリでも東京大学には入学できた。
(ハーバードやスタンフォードは、大学が指定する“それなり”の高校を出ないと入学できないので、私が行った高校からの入学はムリでした 苦笑)
一方の私が転校した先の高校では、学校は勉強をする場所ではなかったので(?)、学校で1番の成績をとった学生が現役で東大に受かった時には大騒ぎだった。
って言うか、騒ぐぐらいなら、最初から“勉強させない”なんて言わずに勉強させれば良かったのにね(苦笑)

話はかなり逸れてしまったけど、成田空港の問題にしても日教組の問題にしても、中山大臣の発言は“まさしく!”。


民主党や社会党は支持母体や出身母体が日教組だったりするので、日教組批判は受け入れられないのだろう。
(そういう意味では厚生労働省の年金記録にかかるサボタージュも近いものがあると思うのだけど、これに関しては“責任”の所在が政府だから与党自民党の責任に転嫁できているのね。)
でも、“言葉狩り”は下品なだけだと思うけど?

ただ、野党が下品だというだけでもいけない。
大臣になったのならその言動は揚げ足を取られることを前提としなければならない。
そういう意味では、中山大臣は配慮が足りなかったのだと思う。
日本が“単一民族”というのも発言の前後関係をみると“日本人が排他的”という理由を端的に表現しようとしたものの様に思える。
でも、少なくとも、大臣になったのであれば他人に“(自分の)意図しない解釈をされない”配慮ができて当たり前で、そういう配慮をできない人を大臣に選ぶべきではないと思う。
何事にも、“李下に冠を正さない”のが、政治家としての最低限の心得だと思うから、発言の何が悪いのかを理解できない私でも中山大臣の罷免・更迭には反対しないな。

旅の話題も肴

今日は彼氏とデート。
旅行以来、初めてのデート。

彼氏からは、夕方前に「もう帰れる」とのメールをもらっていたけど、私の方が帰ることができず。。。
取り合えず、「目標19時」とメールして、19時少し前に「これから会社を出るよ~」とメールしたら、しばらくして「捕まってた、これから出る」との返信。
返り際に仕事が入ったらしい(苦)

何だろう。。。?
東京駅で山手線にのって、有楽町を過ぎたら「次は浜松町」だった。
え"。。。(^_^;
寝ていた訳ではないのに、新橋駅を乗り過ごしてしまったらしい。。。
で、浜松町で折り返すも、新橋には彼氏が先についていた。
彼氏には「なんで遅いの?」と聞かれたけど、「何でか解らないけど、有楽町の次が浜松町だった」と言うしかない(笑)


彼氏の呆れられて、行く先は新橋の“いつものお店”。

鯵と秋刀魚のお造り

鯵と秋刀魚のお造り

秋刀魚のお造り

今日のお勧めの1品は、鯵のお刺身と秋刀魚のお刺身。
どちらも頼んだら、こんな感じに1皿に盛られて出てきた。
なんだか贅沢な気分♪


サザエのつぼ焼き

今年の初物の銀杏の塩煎りを食べて、続いては彼氏が好きなサザエのつぼ焼き。
今日のサザエはお刺身も出来ると書いてあったけど、貝類は軽く火を通した方が好きな彼氏はつぼ焼きを所望。


岩牡蠣

岩牡蠣は、彼氏が私用に頼んでくれたもの。
でも、今日は美味しそうに見えたのか、肴が足りなかったのか、彼氏も食べたよ。

定番のつくね

今日もおなじみの“つくね”を頼んだ。
そういえば、最近は“ジャンボつくね”ではないような気がする。
以前は、1つの大きなつくねだったけど、最近は2個になって、さらに切ってあるから、箸で切った(割った)時に“肉汁”が溢れる楽しみがなくなった。
ちょっと残念。
フロア係りのお姉さんが代わったのは誰でも解るけど、こういうお料理のあしらいが変ったのは板前さんが代わった事が原因なのかは判断できないけど、なんとなく、最近のお料理のあしらいをみると板前さんが代わった気がする。


〆はやはりお蕎麦。

〆の蕎麦

以前は、私たちの“〆”は十割蕎麦だったけど、最近は十割蕎麦は出ていない。
でも、〆にお蕎麦を食べたい私たちは、これも“定番”の1品だね。


今日も色々な話をした。
でも、メインの話は旅行かな。
お互いが撮った写真を見せ合って、あーでもない、こーでもないと(笑)
彼氏が携帯電話で撮った100枚を越える写真を私がもらおうとしたら、なんだかエラーになった。
彼氏ったら、かなり大きなサイズで写真を撮っているのだも(笑)
で、改めて、彼氏が撮った画像をCDに焼いてもらうことにした。
彼氏の方は私が撮った画像には興味はないのか?“欲しい”とは言わなかった。
でも、旅行は楽しかったようで、「他にも色々行きたいね」という話をした。
彼氏は、国内では島根県に行った事がないという。
加えて、島根県といっても出雲大社しか思いつかない人だから、困ったものだ(笑)
出雲大社はもとより、1番最近に世界遺産になった石見銀山も島根県だし、津和野だって島根県。
松江や玉造温泉だって島根県。
ウミネコの生息地で有名な日御碕だって島根県よ。
島根県だって、“出雲大社”以外にも見所は沢山あるのよ(笑)

でも、
息子君より娘ちゃんがカワイイ彼氏は、娘ちゃんが学校を卒業して社会人になった事で“親”としての肩の荷が多少降りたようだ。
これからは私と色々な処に旅行に行きたいといってくれた。
これまでは1年に1度も行けなかったけど、これからは1年に1度と言わず、2度、3度と行きたいって。
こういう風に言ってもらえると、彼氏にとってもこの旅行は楽しいものだったのだろうと思えて、私も嬉しいよ(^^)

20年前の日本を見るようだ

朝のニュースで、「金融安定化法案」の否決と共に、NYの株式取引市場が大暴落したこと知った。
え?
ええ??
この局面で否決?
経済オンチが国会議員の多くを占める日本ならイザ知らず、これまで日本の経済5流ぶりに“経済政策のサジェスチョン”をしてきたアメリカの議会がこの局面で「金融安定化法案」を否決??

9月半ばのリーマン破綻の後、AIGも破綻か?と言ったときに、ブッシュ政権が「金融安定化」の為に税金をつぎ込む方針が打ち出された事によって、アメリカの金融市場が“大人しく”なった。
それなのに、“金融機関の救済のために税金を使うことはまかりならぬ”とは、20年前の日本のようだね。

今回の金融安定化法案の否決については、選挙が近い下院議員が地元の“声”を聞いた結果だと報道するむきもある。
アメリカは日本の“失われた20年”(一般的には10年と言われているけど、実質は17~19年)と同じ過ちを歩むつもりなのか?

日本は、金融機関の救済の為に税金をつぎ込むことを躊躇したために、2~3年で終わるハズだった金融恐慌が20年近く続いた。
金融機関の救済は、1つの金融機関を延命するためのものではなく、その金融機関に“信用”を保証されている多くの企業を救う。
金融機関の経営危機の全てに税金をつぎ込んだ救済をせよとまでは思わないけど、すべき救済を見極めるの“政治”ではないかと思うよ。

最近の日本は有権者が“個人”の利害だけを優先するので“政治”が後退しているけど、アメリカも有権者の顔色だけを見て“政治決断”をしない政治家が増えるようだと、政治の先進国ではなくなってしまいそうだね。








まぁ、アメリカもこのままでいい筈はないのだから、早晩起動修正されるだろうけど、その“空白”期間がどの程度続くのかをウォッチしないとね。。。

   1   2   3

Index of all entries

Home > Archives > 2008年9月 Archive

Search
Calendar
« 2008 9 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15** 16*** 17* 18 19 20
21 22 23 24 25 26* 27
28 29 30        
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top