Home > Archives > 2008年10月 Archive

2008年10月 Archive

まぁ。。。妥当かな。

当然だろう。


麻生首相、解散時期「今考えず」=補正予算、6、7両日に質疑男
10月2日19時7分配信 時事通信

 麻生太郎首相は2日夜、衆院解散・総選挙について「いついつのころに解散しようと今、考えていることはない」と記者団に述べ、民主党が求める早期解散に否定的な考えを表明した。同時に、世界的な金融危機の広がりを踏まえ、総合経済対策を盛り込んだ2008年度補正予算案の成立に全力を挙げる方針を改めて示した。首相発言を受け、11月上旬の投開票が有力だった衆院選日程は先送りされるとの見方が、政府・与党内でさらに強まりそうだ。
 一方、与野党は同日の衆院予算委員会理事会で、6、7両日に委員会を開き、補正予算案を審議することで合意した。
 首相は2日夜、解散に関する記者団の質問に対し、「補正予算(案)は成立させる」と言明。新テロ対策特別措置法改正案と、消費者庁設置関連法案の成立にも意欲を示した。その上で、解散は補正予算成立が前提となるかとの質問に、「解散の『か』の字をわたしから聞いた人はいない。いろいろ頭の中で整理しているところで、いついつのころに解散しようと今、考えていることはない」と語った。 
最終更新:10月2日22時15分


選挙の洗礼なしに3代も首相が代わると言うのは異例だし、決して良いことではないとは思うけど、今のような(世界)経済情勢の中で解散して政治の空白を作るのはありえない。
解散は、補正予算の成立後だってどうかと思う、補正予算の補正予算が成立してからの解散でいいんじゃないの?(苦笑)


しかし、太郎ちゃんも、経済担当大臣の馨ちゃんも、現在の金融危機が大きな世界“恐慌”の前兆だとは感じていない。
彼らが考える“総合経済対策”には若干の不安もあるけど、他の政党も“経済オンチ”だから実効的な政策の立案は望めない。
だったら、政治の空白は、もう少し先延ばしにするのが妥当かな。

常連さんが通うお店が美味しい ~美味しさ、満足度と、料金のバランスが評価の基

今日のランチは上司クンに連れられて、同僚ちゃんと一緒に「イル ギオットーネ」へ。
会社の人と一緒だったのでお料理の写真を撮ることは出来なかったけど、昼間からずいぶん贅沢なお食事だった。

イル ギオットーネは予約が取り難いお店らしいけど、ランチだと前日でも予約が取れるらしい。
ただ、予約すると3500(税別)のコース以上を予約しないといけないらしく、それを不憫に思ったのか今日は上司クンの奢り。
本人と同僚ちゃんと私、都合3人分だから1万円を越えるランチ。
上司クンも出費だったね。


3500円のランチコースは7品(?)
・本日の付きだし:冬瓜のスープ(?)
  冬瓜の皮に近い緑の残る部分を摩り下ろして出汁で溶いたもの。
  ガラスの涼しげな器に盛り付けてあって、トッピングは海ぶどう、しその花などで華やか。
・魚介類を使った1品
  鱸(だったかな? (^^ゞ)の白身魚をパートと呼ばれる薄いパイ生地(というか、生春巻きの皮のようなもの)に包んで油で焼いたもの。
  ベビーリーフと紫キャベツのサラダに、酸味のあるドレッシングとしょうがのジュレが添えてある。
・本日のパスタ料理
  トマトソースベースのラグーで、パスタはブカティーニ。
  大きなお皿に小さめに盛ってあって、“お上品”な感じ。
・本日の肉料理
  岩手産のハーブ豚のローストにジャガイモのピュレ、ボルチーニ茸が添えてある。
・おすすめデザート
  イチジクの温かいケーキとミルクのジェラート。
他にコーヒーとパンで7品。

味は薄味で、“イタリアン”を期待する人には物足りないかも。
“イタリアン”と言うよりは、“和食”に近い。
量(ポーション)は、どのお皿も少な目。
パンは、長い方が4cm、短い方が1.5cm、厚みが1cm程度のフランスパンのように気泡が沢山あるパンが1切れと、グリッシーニを長さ2cm程度に縮めたパンが1欠片だけ。
私には充分だったけど、男性にはちょっと物足りないかも。

でも、見た目の美しさは流石。
ただ、未だ“夏”バージョンなのか、前菜とお魚のお皿はガラスの食器だった。
京都から進出している、和食の感覚を取り入れたお店にしては、季節感への配慮はイマイチか?
それとも、10月の声を聞いたとは言え、昼間はまだそれなりに暑いので、暑さへの配慮か?
いやいや、こういう場所であれば、“季節の先取り”が一般的なのでは?

もう1点気になるのは、休日のランチならいいけど、お昼休みに食べるランチとしては、お皿とお皿の間に時間がかかりすぎることかな。
まぁ、こういうお店は、2時間近くかけてランチを摂れるような優雅な身分でないと来てはいけないのかもしれないね。

なんて、ご馳走してもらった身で、不満が多すぎ?(^_^;






夕食は、彼氏とデートで八重洲のお寿司屋さんへ。
“お任せ”で頼んだら、私たちの好物ばかり。
板さん、すっかり私たちの好物を把握したらしい(^^)

マグロ(トロ)とクエ

最初はビンチョウマグロのトロと白身魚のクエ。
マグロは山葵とお醤油、クエはポン酢醤油で頂く。

タコ

次にタコとイカ。
タコはお塩で頂く。
彼氏がタコやイカのお刺身が大好きなんだよね。

アワビ

続いてアワビ。
柔らかいのに歯ごたえがあって、美味しい。

鯵

鯵は身がしっかりしていて、新鮮さを感じる。
こういう切り方もあるんだね。
って、ウチで買うような鯵だと、到底、味で敵わないけど。。。(^_^;
(って、口に出したら、“(素人とプロを)比べる方が失礼”って言われそうだから、内緒♪)
鯵はしょうが醤油で頂くので、お膳代わりのお盆に醤油皿が乗り切れなくなってきた(笑)

岩牡蠣

牡蠣が好きな私の為に彼氏が頼んでくれた岩牡蠣。
ぷりぷりして美味しい。
彼氏も思わず手を出していたよ(^^)

ブリ大根

次に出てきたのはブリ大根。
ブリといっても目玉の部分。
板さんに「コラーゲンですよ~」って言われた(^^)
勿論、私も魚の目玉は大好き♪
魚の目玉を食べる人には、花粉症の人が少ないらしいよ。
因みに私も、花粉症はない。


イカの炙り

続いて出てきたのが、イカの炙り。
これも彼氏的にはウェルカムの食材。

?白身の魚
コハダ

白身の魚(なんだかった、忘れた。。。(^^ゞ )の握りが出て、コハダの握りを頼んだ。

気が付くと、周りに座っているお客さんは、前回や、前々回で見かけた顔ばかり。
このお店は常連さんが多いんだね。
これだけ食べて、お酒も2人で1升近く呑んで、15000円でおつりが来る。
毎回思うけど、コストパフォーマンスのいいお店だね。
って、私が払う訳じゃないけど。。。(^^ゞ
でも、常連さんが足しげく通えるお店って、安くて美味しいお店なんだよね~(^^)




Continue reading

病は初期のウチに治療しないと

世界中に大騒ぎを起こして、アメリカの金融安定化法案が成立した。

米金融安定化法が成立…下院、大差で可決 10月4日2時35分配信 読売新聞

 【ワシントン=矢田俊彦】米下院は3日午後(日本時間4日未明)、上院が1日可決した緊急経済安定化法案(金融安定化法案)の修正法案を賛成263、反対171の賛成多数で可決した。
 下院は9月29日の採決では否決したが、上院が預金者保護の充実など修正を加えたため、今回は可決に転じた。ブッシュ大統領が3日署名し、法律は成立した。最大7000億ドル(約74兆円)の公的資金で金融機関から不良資産を買い取り、金融安定化を図る政策がようやく動き出す。
 法案可決を受けて、ブッシュ大統領は「(米金融の中心地である)ウォール街の危機が世界の危機に広がるのを阻止するため、大胆に行動した。米国が世界経済の指導的役割を果たし続けることを世界に示した」との声明を発表した。
 同法案をめぐっては、国民から「税金による金融機関の救済」との批判が高まったことを受け、下院が9月29日の採決で賛成205、反対228の反対多数で否決した。同日のニューヨーク株式市場が過去最大の下げ幅を記録するなど、世界の金融市場に衝撃が走った。
 これを受けて、上院が1日、米連邦預金保険公社(FDIC)の預金保険の上限を現行の10万ドル(約1050万円)から25万ドル(約2625万円)へ引き上げるなど預金者保護を充実させた修正法案を可決。下院でも、再度の法案否決は世界的な経済危機を引き起こしかねないとの考えが広がった上、ブッシュ大統領が前回否決した議員に対し賛成するよう説得したため、58人が反対から賛成に回った。
 成立した金融安定化法は、米国発の金融危機を食い止めるのが狙いだ。具体的には、金融機関から不良資産を買い取り、財務状況を健全化させる。買い取りのスケジュールは決まっていないが、市場では「早くても11月後半以降」(アナリスト)との見方が強い。
 不良資産買い取りの見返りとして、対象金融機関の株式取得権を政府が取得するなど、国民負担の軽減策も盛り込んだ。

最終更新:10月4日14時12分


って、大差で可決するなら、最初から可決しておけばいいのに。。。
“対策”には、タイミングが大事なのよ。


金融安定化法案が可決しても、NYの株価は下げた。
要するに、今回可決された金融安定化法案では、アメリカの金融は安定しないと評価された訳だ。


今日は彼氏が遊びに来た。
2人でテレビを見ながら、あ~でもない、こ~でもない(笑)

やはり、不良債権の買取に税金を使うだけでは、アメリカの金融は安定しない。
第一、不良債権の買取に対する機動力だって欠けているし。

彼氏は、「ウォーレン・バフェットが言うように、資本注入しないとダメだ」という。
そういえば、イギリスもドイツも、銀行をいくつか国有化したよね。
ジャンク債にお化粧して優良債券のように見せかけた金融機関の責任追求は必要だとしても、出血多量で瀕死の人に輸血を行うようにアメリカの金融機関には“資本”が必要。
「銀行だけ税金で倒産を免れるのは面白くない」と言うような感情論は置いておかないと、回りまわって自分が職を失うかもしれない。
国民の多くが税金を負担できなくなってからでは、支援策だって打つことは出来ない。
病は初期のウチに治療しないと、手遅れになってからでは遅いのだよ。。

正念場

株価が下げ止まらない。

今朝は、取引所が開いたと共に株価が下がり始めた。
職場にあるある市況ボードの点滅するたびに、数字が減っていく。
ブラックマンデー、ブラックトュースデイの時の株価ボードはこういう感じだったのか?

今朝のニュースでNYの株価が終値で1万ドルを切ったと聞いた。
NYが終わってすぐにある東京はNYの影響を受けやすいのは確かだけど、下げるときは本当に1/100コピーで同じ道をたどる。
東京の取引所というか、日本の経済はアメリカに左右されると世界中が思っているのね。。。

太郎ちゃん、首相就任早々に大きな判断と見識が求められて大変ね。
民主党も、いつまでも“解散”を言っていると、政権担当能力を疑われる。
日本経済だけでなく、日本の政治も正念場だね。

Continue reading

新橋でデート

「今、帰れる?」
夕方、彼氏からメール。
丁度仕事の区切りが付いた処だったので、「これから片付けて、15分位で出られるよ」と返したら、「じゃ、新橋で」だって。

いつもよりかなり早い時間なんだけど、どうしたのかな?


新橋のいつものお店。
今日はそれほど混んでいなかった。
って、いつもより早い時間で、混む前の時間なのかな?


サバのお刺身

今日の鯖はしめ鯖ではなく、生。
写真で見るより、ずっとキレイな鯖だった。


牛ハラミの鉄板焼き

今日は珍しくお肉が食べたいという彼氏のチョイスで、牛ハラミの鉄板焼き。
このお店は海鮮の店なので、“肉”系のメニューは少ないのよね。

サザエのつぼ焼き

彼氏の好きなサザエのつぼ焼き。
2人して、肝が好きなので、いつも取り合い(笑)
でも、今日は彼氏が譲ってくれた。
どうしたのかな?

ところで、ホタテの肝って食べないもの?
この前、スーパーで殻つきのホタテを買ったら、魚屋さんのおじさんに「肝を取って」って言われたのだけど、私は今まで肝を食べてたよ。
肝とヒモがが美味しいんだろう と彼氏。
そうだよね~
そういえば、15年前位昔、八千代台のお寿司屋さんでひも付きのホタテのお寿司を食べたことがあるよ。
ホタテの貝柱に切り込みを入れて握った寿司飯が入っているのだけど、ヒモが付いたままでとっても食べごたえがあるんだよ。
珍しいでしょ?


銀杏

煎り銀杏は熱々。
最近は電子レンジが簡単に加熱することが多いけど、銀杏はやっぱり塩で炒るのが美味しいね(^^)
俺はちゃんと塩で炒って食べるよ。
電子レンジでチンすると爆発するんだもん。
そうなんだよね。。。爆発させちゃうと、ちょっと勿体無い。

他には定番のつくねとお蕎麦。


仕事が思うように進まずなんとなく苛ついていたらしい彼氏も、美味しい肴とお酒でご機嫌になったらしい。
今日はお料理の話で盛り上がった。
他愛のない話でご機嫌が直って、良かったね(^^)

イカレタ感覚

テレビを見ていたら、韓国で北朝鮮が経営する“北朝鮮レストラン”が流行っているとのニュース。
北朝鮮レストランは同胞である韓国人の郷愁をさそうものらしい。
北朝鮮は、自らの国際犯罪を償う(謝罪すらする)ことなく、被害者の中で最も(心情的に近いと)同情してくれる相手を“便利”に使って、自らの罪を逃げようとしているように見える。
同情してもられば本人は気持ちいいかもしれないけど、多くの同情しない見物人からは“非常識”と笑われるだけ。
まぁ、北朝鮮は井戸の中からでない蛙だから、それでもいいのだろうね。

頭のイカレタ人物が国家元首(と正式には言っていないけど。。。)になっている国家って、“国”がすることもヘンだね。




Continue reading

自分( or あなた)には関係ない?

帰宅したら、巨人がセ・リーグ優勝したと、テレビが言っている。。。(苦笑)
阪神ファンとしては、リーグ戦の早い時期での阪神の“マジック”点灯には素直に喜べないでいたけど、こんな結末は予想しては居なかった。。。(>_<)






さて、アメリカ発の“金融恐慌”の予兆の前に、大和(やまと)保険が破綻した。
“3連休前の金曜日に注意”というセオリー通りに金融機関である大和保険が破綻したので、マスコミは“世界恐慌が日本に波及した”と言うような論調で報道するだろう。
でも、それは“ちょっと違う”よね。。。

大和保険は、今回の金融危機で倒産した訳ではなく、これまでの通常“経営”で9月の決算を超えられなった。
これまで株価の含み益でなんとか持ちこたえていたけど、経営実態の悪い会社が(含み益を吐き出しても持ちこたえられずに)倒産した。
9月末の決算を超えられなかったという事は、“今”ではなく“9月末”の株価でさえ評価損が大きかったのじゃないかな。
これは、ここ1ヶ月の株価低迷による“倒産”ではないのだから、混同してはいけないと思う。


しかし、それにしても、この株価って何なのでしょう???
こんなに下がったら、“株式投資”をしていない人の貯蓄も目減りしちゃうよ。。。

ネットでは“株価下落で影響を受けるのは株式投資をしている“お金持ち”だけの事で、“庶民”にはなんの影響もない”と、言う人が居る。
私の周りには、流石にそんな事をいう人は居ないけど、世の中には“株式投資はお金持ちのすること”と思っている人がまだまだ多く居るという事なのだろうね。

でも、年金を受けずに“生活保護”を受ける人は影響が“少ない”かもしれないけど、現在年金を受けている人や将来“年金”を受けるつもりの人には、株式市況は少なからず影響がある。

10数年前は運用に制限があったのでそうでもないけど、最近の年金はその一部を株式投資で運用するようになっている。
ここ数日にの株価下落で年金の資金(=原資)もかなり目減りしただろう。
その目減りの割合が2割だとしたら、年金受給者に支払われる年金が2割減るか、その支払いを補うために我々保険料納付者か、(原資不足に対応して)納税者がその2割分を補填するしかない。
要するに、株価下落は、広い意味で国民(すべからく)があらゆる意味で“収入”減になるのよね。。。
年金原資の収入源が年金支出減にシンクロするならば誰も“マイナス”にはならないけど、支出が物価連動を維持するのであれば年金支出は今後も増えるばかりなのだから年金資金を補わなければならないので保険料負担者の負担割合が大きくなって(負担者としては)収入源だし、年金資金が支出を賄いきれないのであれば至急が減らされることになるので受給者にとって“収入減”だよね。

おまけに、企業の“投資”心理が冷え込めば、来々春の採用に影響を及ぼす。
若者が就職できない状況を作ることになれば、その親御さんたちは(彼らの負担は表には出ていないけど)更に負担増だろう。
もっとも、いい年齢になった子供を親御さんが保護育成しているのはある意味問題なのだけど、こういう人が社会に溢れても表に出ていないので社会は“困っている”とは捉えられていないのよね。。。


なんて、酔っ払いのたわごとで、話が拡散してしまったけど。。。
このところの株価下落を“我が家は株式投資なんてしていないから、関係ないわ 株価下落なんて富裕層だけの問題でしょ”なんて言う人が多いけど、富裕層ではない層に打撃が大きいと思うのは少数派ではないと思うし、“私は関係”なんて言っている人こそが“関係大有り”だったりすると思うよ。








Continue reading

オープンな情報開示が望まれるね

今日はNY市場で前日比で934ポイントもの株価下落を招いたアメリカ発の金融危機に対する考察を書くつもりだったのに(?)、夕方入ってきたニュースに驚かされて、“金融危機”が吹き飛んでしまった(^^ゞ

夕方入ってきたニュースというのは、所謂“ロス疑惑”の三浦(元)被告がロサンゼルスの拘置所で自殺したというもの。

一時不再理という原則があって、日本で妻殺害の疑惑には“無罪”になった三浦被告が、日本にはない「共謀罪」でアメリカで裁かれるというので世間の興味の的となった。
マスコミの報道の影響で素人目になんとなく“有罪”と思われる(元)被告が関係する事件が、アメリカでの新たな証拠を元にどう真相解明されていくのかという事に興味があった。
しかし、(元)被告が死んでしまったのでは“真相解明”はされないことになってしまう。

ここで問題になるのは、アメリカの司法当局が彼を死なせて事が、真相究明がされないばかりではなく、アメリカへは、“安易に”犯人を引き渡せないという事。
“引渡協定”によって、アメリカの刑法に抵触する“犯人”を日本がアメリカに引き渡した途端に、アメリカで“裁判を受けずに”犯人を殺してしまう事になりかねない事が問題。
それって、何事も“真相究明”しないことになる。
要するに“アメリカにとって都合の悪い犯罪者”が“裁判を経ずに殺される”危険があるという事。

そういった(アメリカ司法省に対する)“疑惑”を払拭するために、この件に関しては、これまで以上のオープンな情報開示がされることを望むね。


同盟解消も視野に入れている?

朝、目覚めてびっぴりしたのは、ブッシュ君が北朝鮮への制裁解除を決めたとか。
おまけに、その決定を日本に知らせたのが、発表の30分前だったとか。
この決定って、アメリカは日本との“同盟”を解消したと言う事でない?


北朝鮮への制裁解除の前に、アメリカはインドとの“核開発”に関する協定を結んだ。
要するに、核拡散に“容認”という姿勢をとった。
そして、次は北朝鮮が核を保持することの事実上の容認。
アメリカは、北朝鮮は核の放棄について何等客観的な“検証”をすることなく、“核を保持するテロ国家”とのレッテルを剥いだ。

日本としては、北朝鮮の核兵器保持も問題だけど、それ以上に問題なのは“拉致問題”。
拉致に対して何等解決を見出せない現状で、アメリカが北朝鮮を“テロ国家”の認定を解除する事は、拉致問題を北朝鮮との最大問題とする日本との同盟関係を軽視しているもの。
「アメリカ(と言うか、ブッシュは)日本との同盟を解消したいと希望していると」解釈するべきなんじゃないの?
日本政府もそのくらい強硬な申し入れをしても良いと思う。

私が太郎ちゃんに期待しているのは、企業経営者として斜陽産業の企業を立て直した実績と共に、北朝鮮やアメリカの“理不尽”へ多少なりとも“異”を唱えられる“タカ派”な部分なのだけどな。。。

残念。。。指を咥えて眺めているだけ(^_^;

昨日のNY市場の歴史的な高騰を受けて、今日の東証の日経平均も史上最高の1171円の上げ。
週末のG7蔵相会議の結果を受けてイギリス、ドイツが具体的な金融危機対策を発表して、市場がそれを評価した。
時間的に早くオープンするアジアの市場はそれほどの“上げ”ではなかったけど、ヨーロッパ市場は“上げ”た。
そして、NYは市場最大の“上げ”。
実は密かに、具体的な金融危機対策を提示しないアメリカの“1人負けかなぁ~”と思っていたのだけど、予想は裏切られた。
そして、日本。
先週末の大和(やまと)保険の破綻なんてすっかり忘れているかのような活況。
先週の株価下落でも、取引量はかなり多かったのに、この上昇局面では更に取引が増えるのかもしれない。

先週の株価を見て“此処が底”と思った彼氏は株を買おうとしたのに、株価上昇に追いつけなかったらしい(笑)
私はといえば、仕事柄株式の売買には事前に勤務先の許可を受けなければならならず、こういう局面では株式の売買は出来ないので、他人が大儲けをするのを指を咥えて眺めているしかない。
なんとも、残念(^_^;


1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2008年10月 Archive

Search
Calendar
« 2008 10 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top