Home > Archives > 2008年10月 Archive

2008年10月 Archive

不思議。。。

なぜ、47歳にもなる娘の奇行に母親が出てきて謝る必要があるのだろう?


泰葉・小朝の一連の騒動を母・香葉子さんがFAXで謝罪コメント
10月28日15時2分配信 オリコン

 ここ連日マスコミを賑わせているタレント・泰葉と元夫の落語家・春風亭小朝のFAXでのコメントの応酬に対し、遂に泰葉の母・海老名香葉子さんが28日(火)、直筆のFAXを報道各社に送り「この度、娘、泰葉の件でお騒がせをし大変申し訳なく心からお詫びを申し上げます」と謝罪コメントを発表した。

 香葉子さんは今回の件に「親としてどうしてよいか解らず、たいへん申し訳ないと言うのみでございます」と心境を吐露。泰葉について「あの娘は幼いときからいい子でした。結婚し、落語家の妻としては私も真似もできぬほど立派に尽くして参りました。その姿を垣間見、ときどき不憫に思うことさえありました。十九年間よくぞ務めたと親として誉めてやりたい気持です」と親心をのぞかせた。

 離婚後の泰葉に対しては「あの子は変わってしまい、積もり積もったものが吹き出るように、事を荒だてました。正当と思って、本心正当なのでしょうがすっかり変わり果ててしまったようです。心つかれてしまったのでしょう」としながらも「本人がどんなに言っても、母は私一人、何としても抱きしめて心癒やしてやりたいと思って居ります」と母親としての想いを綴った。

 最後は「本人が早く大好きな音楽の道に真すぐにすすんでいくようしむけてやりたいと念じています」と復帰後の活動を願い「至らぬ親を叱責下さい。心からのお詫びとさせて頂きます」と結んでいる。

最終更新:10月28日15時41分

子供の頃、新聞の文化欄で海老名香葉子の結婚逸話を読んだ。
普通の、と言うか、当時の一般的な家庭のお嬢さんで、奉公先で故三平師匠のお母さんに見初められてお嫁さんになった人だというストーリーだったと思う。
一般的な家庭のお嬢さんがお弟子さんが何人もいる芸人さんの女将さんになって、三平師匠の浮気に耐えながらもお弟子さんの面倒を見て、三平師匠を支えたという半生記だった。
こういうお母さんに育てられた娘たちが世間とかけ離れているのは何故だろう?
お姉さんの美登里さんも、泰葉さんと同じように“かけ離れて”いる。
息子2人は芸人としてそれなりに成功しているから、芸人を育てる女将さんとしては充分な功績があるのだろうとおもけど、一般人としての娘や子の母としては?と思ってしまった。
いや、巻き込まれたとは言え、とっくに成人した娘の“奇行”をこうやって謝る姿をみると、なんだかがっかり。。。一般人としての普通の間隔はないのかな?とね。。。
娘はとっくに成人しているのでもはや親の責任ではなく、本人の責任なのに親が出てきてどんな謝罪になるというのだろう?


しかしなぁ。。。
泰葉さんを見ていると、なんで、こんな“反応”になってしまうのだろう?と思うし、周りもあまり相手にしないほうが本人の“為”なのかないだろうか?と思うのよね。。。
そもそも、この人って結婚当初からなんだか話題を作って別居していたんじゃなかったっけ?
私としては寧ろ、これまで結婚生活が続いていた方が不思議なんだけど。。。?

今更。。。?学校側だって知っていたことなんじゃないの?

別のニュース記事では、(あの)慶応ボーイが。。。と言う論調だった。。。


慶大生が学内で大麻売買 譲渡、所持容疑で2人逮捕
10月30日10時11分配信 産経新聞

 慶応大の学生2人が学内で大麻を売買したなどとして、今月上旬、神奈川県警中原署に大麻取締法違反(譲渡など)の容疑で、逮捕されていたことが30日、分かった。2人は「同じ大学の何人かと一緒にすったことがある」「興味半分だった」などと供述し、容疑を認めているという。

 逮捕されたのは、慶応大学商学部2年の内田浩太郎容疑者(21)=横浜市青葉区=と同大文系学部1年の男子学生(20)=東京都台東区、起訴後に保釈=の2人。2人は友人だという。

 調べでは、内田容疑者は7月、横浜市港北区の日吉キャンパス内で、逮捕された1年の男子大学生に乾燥大麻数グラムを約7000円で売った疑い。1年生の学生は、今月1日に自宅で大麻を所持していたとして、同法違反(所持)容疑で、現行犯逮捕され、起訴後に保釈された。

 慶応大学は「現在、事実を確認している」としている。

最終更新:10月30日12時2分


ずっと昔付き合っていた人は、塾高出身の慶応boy(って、死語? 苦笑)

私に対して妙な対抗心を持っていた彼は、「(自分は)高校生の頃から遊び人だった」と言いたがった。
“遊び人”と自慢することがどうして私に対して“優位”であると感じられるのか私には疑問だったけど、それはきっと彼が私を“遊び人”だと思っていたのだろうね(^_^;

でも、彼の“遊び人自慢”の1つ、「高校生の頃から大麻を吸っていた」というのを聞いて、私は引いた。
引いたというか、ドン引きだよ。。。
友人たちと高校生の時分から大麻を吸っていたと言うのが、本当なのか出まかせなのか知らない。
でも、そんな“犯罪”で自慢されても。。。
遊び人とは犯罪者ではないし、だいたい、私は“遊び人”じゃないし!(^_^;
色々あって、その彼とは別れる事になったけど、その「高校生の頃から大麻を吸っていた」と彼が言った事が大きな原因だったことも確か。


ただ、私はそんな話を15年前に聞いていたから、慶応大学の学生が大麻を吸っていたとしても今更驚かない。
今は40代後半、50歳近い友人が高校生の頃だから30年以上まえからそんな話があったのだもの。
当時の私は彼のそんな話を私への対抗心で口から出まかせだったのだのかな?なんて思っていたけど、もしかしたら本当のことだったのかもしれない。。。
だとしたら、学校側はもっと以前から学生の薬物汚染を知っていても不思議はないのだどなぁ。。。?

何が違憲なのか解らない。。。

この判決は当然だと思うし、こんな事で訴訟を起こす気持ちが判らない。
これも、日教組の「他人(社会)のために自分を犠牲にするのは悪」とか「(義務は履行しなくても良いけど)権利は主張しなければならない」という教育が(更に)悪く表れたものなのか?
とはいえ、この件は義務もないのだから、単なる言いがかりに過ぎないと思うのだけど?

学生無年金訴訟、4人の敗訴確定 最高裁 10月31日16時12分配信 産経新聞

 成人学生の国民年金加入が任意だった時代に未加入のまま障害を負った札幌市の元学生4人が、国に不支給処分の取り消しなどを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は31日、原告側の上告を棄却した。元学生側敗訴の1、2審判決が確定した。
 同小法廷は、20歳以上の学生を強制加入の対象としなかった点を合憲と判断。「国が学生を任意加入とした措置は憲法に違反しない」とした昨年9月の最高裁判決を踏襲した。
最終更新:10月31日16時53分


国が運営するものだったらこんな風に言いがかりをつけてよいと、ダレが教えたのだろう?
だいたい、保険会社の保険で、自分が保険入っていないのは保険会社が悪い!って言う人が何人居る?
保険料を払ってもいないのに保険金をくれとはねぇ。。。

任意加入の保険に入っていないのだから受給資格がないのは当然の事で、国民皆保険を目指している段階ではあったけど、収入の無いとみなされる学生は“必ずしも”保険に入る必要はなく入れる人だけが入ればよい、しかし将来の年金需給には差が出る、という時代だった。
入っている人と入っていない人で差があるのを知った上で加入していなかったハズなので、保険が給付されないのは“自己責任”だろう。
それを、国家が相手だと、“憲法違反”とか、言っちゃうんだね。
保険加入を加入者の自由意思に任せた事が、どんな憲法違反になるのだろうね?
もっとも、こういう人たちが健常のままその後の20数年を過ごしたとして、今頃は“年金への強制加入は憲法違反”だといいそうだね。






昨日はこんな新聞記事もあった。

子ども3万3千人保険証なし=世帯主の国保料滞納で-厚労省調査 10月30日17時37分配信 時事通信

 厚生労働省は30日、国民健康保険(国保)の保険料を滞納したために保険証に代わる「資格証明書」を交付された世帯が全国で約33万世帯に上り、この中で中学生以下の子どもが約3万3000人いるとの調査結果を発表した。資格証明書では、医療機関の窓口で医療費全額をいったん自己負担しなければならないことから、子どもが必要な医療を受けられなくなる恐れがある。
 同省は児童福祉などの観点から、緊急の場合には短期間有効な保険証を交付するよう、同日付で自治体に通知した。 
最終更新:10月30日17時53分

健康保険は年金と同じように互助システム。
健康な人病弱な人も同じように保険料を負担したするので、実際に病院にかかった際には必要な医療費の3割を負担すればよいと言うもの。
自分が負担しない7割の医療費を他の健康な人が払ってくれているに過ぎない。
逆に、自分が健康な時に病気にかかっている人の医療費を共同負担するのが嫌だからと健康保険料を払わない人は、それが子供の病気だったとしても医療費を全額負担するのが当たり前では?
勿論生活に困窮して保険料を払えない人だったいるだろうから、そういう人には行政がケアすべきだと思う。
でも、自分は健康だから健康保険に入る必要は無いと思っている人な滞納者ならば、行政は過剰な保護をする必要はないと思う。
児童福祉というのであれば、その親たちをネグレクトと判断すると本人(親)たちに通告しての措置だよね。

厚生省が保険加入者ではなく製薬会社や医療機器会社を向いているので医療費が高く、健康保険料が高いのは否めない。
私も無職の間、健康保険料を払えなかった時期もあった。
でも、健康保険に加入しないのであればそれなりの対価を払わなければならないし、払わない事による不利益を他人の責任はできないと思うよ。

   1   2   3

Index of all entries

Home > Archives > 2008年10月 Archive

Search
Calendar
« 2008 10 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top