Home > Archives > 2009年1月 Archive

2009年1月 Archive

短時間職員?

う~ん。。。
これって、社会から求められている就労形態なのかな?


<総務省>研究会が「短時間職員」活用求める」
1月23日22時14分配信 毎日新聞

 総務省の「地方公務員の短時間勤務の在り方に関する研究会」(座長・高橋滋一橋大大学院教授)は23日、3~5年間と任期が限られている「任期付短時間勤務職員制度」を有効活用するよう求める報告書をまとめた。現行法では対象外とされている消費生活相談員などに制度を適用することで、優秀な人材が確保でき、サービスの向上につながるとしている。これを受け、総務省は具体的な法改正を検討する方針。
最終更新:1月23日22時14分


非正規社員の雇用問題が言われている昨今、任期が限られる「任期付短時間勤務職員制度」が本当に社会的に求められている就労形態なのか疑問に思う。
多くの人に求められない就労形態であるならば、“優秀な人材”を確保する事は難しいだろう。
単に、就労機会の無い人のセーフティーネットに過ぎない。
寧ろ、“セーフティネット”の側面を強調したほうがいいのでは?と思う。


どんな政策・施策であっても、目的を摩り替えるような説明をする施策には反発を感じてしまう。
其処にどんな意図を隠しているのか?と思えてしまうから。。。

期待しているのだけどなぁ。。。

シンキロウ君のKYはともかくとして、次に“政変”(?)の起きるのは町村派?


自民党 消費増税了承…確執深まる町村派
月23日0時59分配信 毎日新聞
 自民党財務金融部会が22日、09年度税制改正関連法案を了承したことで党内の「消費税政局」はひとまず回避されたが、その調整の過程で最大派閥・町村派の確執が改めて浮き彫りになった。中川秀直元幹事長が最後まで「11年度の消費税増税」に難色を示した結果、麻生政権を支える森喜朗元首相、町村信孝前官房長官との関係は完全に冷え込んだ。町村派は今後、分裂含みの運営が続くことになる。【高山祐、近藤大介】
 消費税問題の決着を受けた22日の町村派総会で、代表世話人の中川氏は「しっかりと議論してよかった。本当に全党一丸となっていける」と強調。続いてあいさつした同じく代表世話人の町村氏も「戦線が統一できて非常によかった」と応じ、「協調体制」を演出した。しかし、同派最高顧問の森氏は最後まで姿を見せず、派内の溝の深さは隠しようもなかった。
 町村氏と中川氏は、これまでも何度か総会でさや当てを演じてきた。町村派は、両氏に谷川秀善参院議員を加えた代表世話人3人による集団指導体制で、互いの主導権争いも背景にあった。
 税制関連法案の付則問題が浮上すると、派閥の分裂を危惧(きぐ)した安倍晋三元首相が、両氏に妥協を持ちかけた。21日夜には河村建夫官房長官を通じて中川氏を説得。中川氏もぎりぎりで「(法律の実施時期を分ける)2段階方式なら構わない」と軟化した。
 しかし、派内での中川氏の孤立化は徐々に進んでいる。民主党の中堅・若手と連携した「新党構想」を描くなど、中川氏は政界再編志向が強い。昨年9月の自民党総裁選では、小池百合子元防衛相を担ぎ出した。派閥の分裂につながりかねない中川氏の行動に森氏が激怒し、以後は事実上、没交渉状態だ。
 中川氏は今年、「新しい旗の下で再結集する」と発言し、麻生政権と距離を置く姿勢を鮮明にした。消費税問題もその一環だが、森氏は周辺に「新しい旗を立てること自体が政権の足を引っ張る。派閥代表としてすべき行為ではない」と語り、不快感を隠さない。
 こうした派内の状況に、中山泰秀衆院議員は22日、記者団に「とにかくケンカをやめてほしい。有権者は若手に文句を言う。我々が困る」と嘆いた。
最終更新:1月23日0時59分


少なくとも秀クンと町村君の政局運営に対する考え方は全く違うように思う。
政局だけでなく、政策も違うとなれば、同じ“派閥”でいる意味はなくなってしまう。
少なくとも“最大派閥所属”という意味はあっても、既に政策の進め方に違いある集団はいずれ袂を分かつしかない。

自民党の分裂と、民主党右派を含めた政界再編があと数回起きて、適正な(というか、志を同じくする)政策集団が固まるのを期待しているのだけどな。

考えただけでも怖い。。。(^_^;

隣人に合鍵を持たれていて勝手に家に入られるなんて、被害者の驚きと恐怖は如何ほどかと思う。


「生活苦しい」…隣家で携帯充電 とがめられ刃物で切りつけ 30代女逮捕
1月24日15時33分配信 産経新聞

 留守中のアパート隣室に無断で侵入して携帯電話を充電したことから口論となり、家人の女性の手に包丁でけがを負わせたとして、警視庁世田谷署は24日、傷害と銃刀法違反容疑で、東京都世田谷区太子堂の風俗店従業員、広谷路子容疑者(34)を逮捕した。
 調べでは、広谷容疑者は、知人と通話中に携帯電話の電池が切れたため、合鍵を使って隣部屋に侵入。同日午前3時ごろ、帰宅した女性から無断侵入をとがめられると、隣の自室から包丁(刃渡り約17センチ)を持ち出してもみ合い、女性の両手親指に切り傷を負わせた疑い。
 同署によると、女は容疑を認め、「経済的に苦しくて、自宅では暖房や照明などの電力を使わないようにしている」と供述している。
 約1年前、隣室のリフォーム中に業者が置いたルームキーを勝手に持ち出して合鍵を作っていた。
最終更新:1月24日15時38分


アパートというからには借家なのだろう。
借家を自分でリフォームするとは考えにくいから、引越し前のリフォームだったのかな?
犯人の女は、隣家のリフォーム中に合鍵を作るなんて、以前から、何かあったら隣家に侵入しようと考えていたって事よね。
多分、これまで何度も進入していたのだろうな。
これまで気が付かれていなかっただけで、他にも何かを盗んでいたりして。


1人暮らしをしている私としても、本当に怖い事件だわ。

責任の所在は行政?政治?

「かんぽの宿」のオリックスへの売却問題で総務大臣が日本郵政に噛み付いているらしい。
オリックス会長の宮内氏の立場を考えたら、一括売却(購入)に問題ありととの噛み付きがマスコミ当たりからあることは承知の上だっただろうけど、まさか総務大臣からあるとは思っていなかっただろうね。


「かんぽの宿」1万円の例も=民営化前から格安で売却-日本郵政
1月28日21時1分配信 時事通信

 旧日本郵政公社が2007年10月の民営化の前に、宿泊施設である簡易保険加入者福祉施設(かんぽの宿)や郵便貯金周知宣伝施設を、建設費より格段に安い価格で売却していたことが28日、日本郵政が民主党に提出した資料で分かった。収益性が悪いために簿価を引き下げ、それを基に売却額を決めたためで、わずか1万円で売却されたかんぽの宿もあった。
 一方、日本郵政は同日の民主党総務部門会議で、オリックス不動産への一括売却を決めたかんぽの宿70施設の整備費は2402億円だったと説明。鳩山邦夫総務相は、この70施設の売却額109億円は安過ぎると主張している。郵政宿泊施設の安売りは民営化前から続いていることになり、改めて議論を呼びそうだ。 最終更新:1月28日23時3分


本当に公正な手続きの元で売却手続きが行われていたのであれば今更総務大臣が横槍を入れる筋合いのものではないし、公社時代に1施設1万円で売却していた実績があるのなら、70施設109億円は必ずしも“安すぎる”とは言えないと思うな。
第一日本郵政にとって不採算部門なのだから、民間企業に売却するとなれば足元を見られて価格を叩かれても不思議はない。


それにしても、簡易保険の「かんぽの宿」にしても、国民年金の「グリーンピア」にしても、本来の保険業務の副業として宿泊施設を経営しようとするのは何故だろう?
政治からの「箱物」行政への介入があったのなら、政治の責任を追及しなければならない。
そうでなく、行政が勝手に“副業”を行ったのであれば行政の責任を問わなければならない。
監督官庁の総務省が不採算部門の売却に横槍を入れるのであれば、日本郵政はその辺りをはっきりさせて政治と行政の責任の所在を明確にする必要があるんじゃないかな。

安易に持ち出したのが原因

この手の事件、いつまで経ってもなくならないのは何故だろう?

<患者情報流出>都立墨東病院、職員の自宅PCから 1月29日21時7分配信 毎日新聞

 東京都は29日、都立墨東病院(墨田区)の男性職員(27)が自宅のパソコンから、患者271人を含む計640人分の個人情報をファイル交換ソフト「ウィニー」を介して流出させたと発表した。患者の氏名や病名などが含まれ、一部はインターネットの掲示板に掲載されたという。記者会見した小林剛院長は「多大なご迷惑をお掛けした」と謝罪した。
 都病院経営本部などによると、昨年7月ごろ、同病院の女性看護師(42)がUSBメモリーに保存されたデータの修復を男性職員に依頼。職員が自宅のパソコンで作業をした後に情報が流出した。
 情報は、05年4月~06年12月に院内で起きた、医療事故につながる恐れがあった事例など。約1600件のパソコンへ拡散したとみられ、今月25日、病院に流出を知らせる情報提供があった。都は一部のサイトについて管理者に要請し、情報を削除したという。【木村健二】
最終更新:1月29日21時7分


家庭で個人が使用するPCにウィニーが入っているのは致し方ないだろう。
でも、職場で使用するPCの多くにはウィニーが入っている事は少ないだろう。
ましてや、個人情報を扱うようなPCにウィニーが入っているとしたら、そんな会社は社会的信用を無くす。

それでもウィニーによる個人情報流出が無くならないのは、個人情報を自宅に持って帰って作業をする人がいるから。
でもさぁ。。。個人情報をUSBメモリにコピーしたり、個人情報を自宅に持ち帰るからマズイんじゃないの?
っていうか、個人情報を職場から持ち出す事が既に“個人情報の流出”の意図があったとみなしていいのじゃないかなぁ。。。

すがれるものにはすがりたい

彼氏は息子クンの合格祈願のための湯島天神におまいりしたらしい。
お姉ちゃんの時は、福岡に出張していたので大宰府天満宮にお参り。
クリスチャンのはずの妹も息子の合格祈願に、今年は近所の神社にお参りしていた。
すがれるものにはすがりたいという親心なのだろうけど、神頼みの形も色々ね。


こういう詐欺事件の被害が減らないのは、被害者となった人の“欲”も勿論あるだろうけど、“元本保証しての出資を募ってはいけない”事を知らない人が多いのも原因なのだろうな。


「株投資」と10億円超集金 “失踪”の主婦を告訴へ
1月30日12時34分配信 産経新聞

 高配当をうたって株取引の出資金を集めていた大阪府泉佐野市の主婦が、所在不明になっていることが30日、わかった。関西を中心に約200人から10億円以上を集金していたとみられ、すでに配当もストップしている。一部の出資者は被害者の会を結成しており、近く出資法違反(預かり金の禁止)などの容疑で来週にも府警に告訴する方針。
 被害者側の弁護士や消費者センターによると、この主婦は「証券会社に勤め、株の知識が豊富」などと触れ込み、約10年前から近所の住民らに「元本保証で毎月数%の配当がある」と宣伝。株投資への出資を勧誘し、近畿や中・四国などの主婦や会社員らから多額の資金を集めていたという。
 主婦は、日経平均株価の変動を予想する「日経225オプション取引」に投資しており、昨秋までは毎月、予定通り配当があった。しかし、米大手証券「リーマン・ブラザーズ」の破綻(はたん)など米国の金融危機が顕在化して以降、配当が滞るようになった。
 出資者の1人が、主婦に経緯を説明するよう要求したが、面会を予定していた今月26日になっても姿を見せなかった。主婦は同日午後以降、連絡が取れなくなっているという。
最終更新:1月30日12時55分


証券会社に勤めていた経験がある人が皆、“株の知識が豊富”で毎月数%もの配当を上げられる程の売買益を得られるなら、証券会社の従業員は皆お金持ちのハズよね(苦笑)
でも、実際はそうではない。
私の父なんて、私が大学の経済学部に入学した時に「経済の勉強している奴に金持ちは居ない」なんて言っていたけど、経済やお金の知識がある事とお金を持つことはイコールではない。
そんな戯言を信じてお金を預けた方にも多少の責任はあるんじゃないかな。
おまけに株投資を中心るする儲け話に出資しようとするならば、“元本保証”はあり得ない事を知っていなければならないと思うな。

正直言って、がっかり。。。

テレビ朝日の「50時間テレビ」というイベントが始まった。
初めは、読売テレビやフジテレビの「24時間テレビ」とか「27時間テレビ」と同じようなものなのかと思って、50時間も連続で特番をするなんて。。。と思っていたらどうも違ったようだ。
放映する特番の時間の合計が50時間にもなるらしいが、少なくとも50時間も連続で番組を流す訳ではなさそうだ。

今日は、そんな特番の1つで、SMAPが5人で出演する番組があった。
スマスマ以外で5人がテレビのバラエティに揃って出るのは珍しいそうだ。
以前はSMAPも好きだったけど、最近は興味がなくなってきているので、5人が揃うのが珍しいとは知らなかったよ(^^ゞ

で、観ながら思った事。
・木村拓哉は稲垣吾郎を嫌い?
・中居クンも、吾郎君をあまり好きではないらしい?
・SMAPのデビュー前の再現ドラマをやっているのに、森且行君が存在すら否定されているのは何故?
・悪と正義のマリアージュ って、変な言い回しだね
 (吾郎ちゃんの仮面ライダーGが語った言葉だけど、いかにも安っぽい。。。(^_^; )
・「わらべ」が出ていた欣ちゃんの番組も流されたけど、高部知子ちゃんも存在を消されていたね
なんかな。。。
正直言って、面白くなかったな。

   1   2   3

Index of all entries

Home > Archives > 2009年1月 Archive

Search
Calendar
« 2009 1 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19* 20 21* 22* 23* 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top