Home > Archives > 2009年2月 Archive

2009年2月 Archive

脳トレの効能


脳トレって、日本だけでなく海外でも人気があるの?

「脳トレで記憶力アップ無理」 仏国教授調査の中身 2月1日20時25分配信 J-CASTニュース

 大ヒットゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」。このソフトをプレイしても記憶力の向上に全く役立たない――こんな海外の報道があり、ネット上で話題になっている。

■記憶力に関する回答率は17 %低下
  「Nintendo brain-trainer 'no better than pencil and paper'【ニンテンドーDSを使った脳トレは『鉛筆と紙』と同程度だ】」
 こんな見出しで記事を配信したのは、イギリスのTimes Online(09年1月26日付)。記事によれば、フランスのレンヌ大学に所属する認知心理学のAlain Lieury教授の調査によると、「脳トレ」は記憶力を強化するといわれるゲームでありながら、記憶力に関しては全く効果がないというのだ。
 実験によれば、67人の10歳児を4つのグループに分け、2つのグループにはニンテンドーDSを使った記憶力コースをプレイさせた。もう一つのグループには紙と鉛筆を使ったパズルを課し、最後の一つのグループには通常通りの授業参加とした。ソフトには、「Big Brain Academy(『やわらか頭塾』)」と「Brain Training(『脳を鍛える大人のDSトレーニング』)」を使い、期間を7週間とした。
 この実験の前後に、子供たちはロジックテストや言葉の暗記、計算などのテストを受けさせた。その結果、記憶力に関する問題の回答率は「DSグループ」は 17 %低下してしまい、「紙と鉛筆グループ」では33% 向上したという。また、論理テストでは、「DSグループ」「紙と鉛筆グループ」が10 %の向上を示したのに対して、「学校に行ったグループ」は20 %の向上だった。そして、Alain Lieury教授はこう結論づけた。

  「能力改善の可能性が高い10歳の子供たちで改善が見られないならば、大人が試しても同じことだ」
 とはいえ、いささか暴論じみているこの見方に対して、ネット上でも疑問が噴出している。ネット掲示板2ちゃんねるでも、
  「まだ記憶力が衰えていない子供でテストして意味あるんだろうか?」
  「子どもは元々の反射神経が高いから、目立つ効果がなくて当たり前じゃね」
  「トレーニングをやらせるのにDSはツールとしては優秀なのも事実」
 などと、実験自体に疑問視する向きがあった。

■学会での報告なければ判断できない
 では、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」には、どういった学習効果が期待できるのか。
 「脳を鍛える大人のDSトレーニング」(以下、「脳トレDS」)は、読み・書き・計算を反復が、脳の血流をよくする効果が期待できるという川島教授の仮説をもとにしたソフトだ。「脳トレDS」のホームページによれば、「毎日、積極的に脳を使う習慣をつけることによって、脳の機能の低下を防ぐことができるのです」と川島教授はコメントしている。つまり、記憶力の向上というよりは、むしろ脳の活性化がポイントだ。
 また、学校教育で取り入れて成功した例もある。スコットランドのある小学校が毎朝10~15分程度、「脳トレDS」の「脳年齢チェック」に取り組んだところ、子供たちの回答率が高まっただけでなく、落ち着いた態度になったという。
 「脳トレDS」の効果について、発売元の任天堂はどうとらえているのか。同社の広報室はこう話す。
  「(フランスの実験例が)どういった調査で、どのような効能の有無があったのか状況がわかりませんし、学会での報告がなければ判断はできません。ただ、『大人の脳トレDS』はネガティブな例を聞くことはほとんどなく、むしろポジティブな例は多いです。何らかの害がでたという話もありません」
 なお、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は全世界で累計1448万本が、続編の「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」は1203万本を売り上げている(08年9月現在)。
最終更新:2月2日14時35分


今年のお正月、母の友人からの年賀状に「ボケ防止の為に脳トレをやっています」と書いてあり、母も「お母さんも、最近、脳トレで数独しているのよ」と言い出した。
母は「脳トレ」を勘違いしていて、任天堂のゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」を指したのではなく、「脳のトレーニングのために、(冊子として販売されている)数独のパズルをしている」という事だった。
母の友人も、母と同じような勘違いをしている可能性はあるけど、最近は携帯ゲームに夢中になっている高齢者も良く見かけるから、本当に「脳を鍛える大人のDSトレーニング」をしていても不思議はない。


指先を動かしたり、単純な動作で脳を使うのは記憶力というより、脳の活性化だと思う。
そういう意味で、「ボケ防止」には効果があると思うけど、子供の記憶力への効果はどうなのかな?
子供なんて、何もしなくても記憶力が高いのだから、ゲームをしようがしまいが記憶力にあまり違いは無いように思う。
でも、昔からある100マス計算のように、脳が活性化して反応が早くなるという効果は期待できるんじゃないかな。

とはいえ、脳の活性化のために必ずゲームソフトを使う必要もなく、母のように別の媒体・方法でも活性化を図ることは可能だと思うよ。
まぁ、携帯ゲーム機のソフトというのは、何処ででも、ちょっとした時間の隙間にできるという利点はあるけどね。




Continue reading

そろそろ政治を辞めて、本当に労働者を守るべきでは?

相変わらずの“就労問題”。


「政治の責任で緊急対策を」=非正規失業で派遣村村長
2月4日16時14分配信 時事通信

 仕事や住まいを失った派遣労働者らを支援する「年越し派遣村」の村長を務めた特定非営利活動法人(NPO法人)事務局長の湯浅誠さんが4日、日本記者クラブで講演し、「3月までに路頭に迷う労働者が万単位で出てくる。何もしないで待つのではなく、政治の責任を果たしてほしい」と訴えた。
 講演で湯浅さんは、非正規労働者の失業が増えると見込まれる3月までに、住居を退去させられた人たちの臨時宿泊施設の確保や、企業と個人が寄付金を支出する就労支援基金の設立などの施策を実施すべきだと強調。「(派遣切りに伴う)寮などからの退去を企業は強制できないことを、派遣労働者らに周知させることも重要だ」とした。
 年越し派遣村を訪れ東京都内の旅館に滞在していた失業者のうち、最後の数人が同日、旅館を退去し、新たな施設に移ったという。湯浅さんは「派遣村の教訓を生かし、3月までに『救貧策』を緊急に取らなければ、政府は何をやっているんだと言わなければならない局面が来るとの危機感を持っている」と指摘した。 
最終更新:2月4日16時35分

日比谷公園にあった派遣村が純粋に“派遣切りで職を失った非正規雇用者”だった訳ではなく、この人が主催するNPOが連れてきたホームレスや他のNPOがつれてきた政治活動家の集まりだった事は既に報道されている。
そんな事が明らかになった後で、この人が非正規労働者の雇用問題を語っても、説得力がない。

求人があっても職に就こうとしない非正規労働者が多くいる事も既に知られている。
正規雇用で職を得たく無い人に対して“政治で職を”というのは、そういう人たちに“(政治の力で)強制的に正規労働者にさせよ”という事なのか?
それはそれで、今現在職につきたくない人たちにとっては迷惑以外の何者でもないのでは?






ところで、パナソニックを初めとして、電機業界での社員削減が言われるようになってきた。

パナソニック、1万5千人の削減発表 2月4日16時14分配信 時事通信

パナソニックの記者会見(東京証券取引所で)=三輪洋子撮影
 パナソニックは4日、デジタル家電の世界的な販売不振などを受けて、2010年3月末までに国内13か所、海外14か所の製造拠点を閉鎖し、正社員を含む1万5000人を削減すると発表した。
 これによって、配置転換や人件費削減を含めた電機大手9社の人員削減規模は、6万6000人を超えた。
 パナソニックの計画によると、人員削減は国内と海外がほぼ半分ずつとなる。国内の閉鎖拠点には、藤沢工場(神奈川県)や岐阜工場などが含まれる。同社の生産拠点は国内外で230か所、正社員は30万人。
 建設中の工場の稼働時期も延期する。兵庫県尼崎市のプラズマディスプレーパネル工場は当初予定の09年5月から10年1月へ、同県姫路市の液晶パネル工場は10年1月から7月へ、それぞれ先送りする。
 パナソニックは同日、09年3月期連結決算の業績予想も下方修正し、税引き後利益が昨年11月時点の300億円の黒字から、3800億円の赤字に転落すると発表した。売上高は7500億円少ない7兆7500億円、本業のもうけを示す営業利益は、2800億円減の600億円となった。
 電機大手9社の09年3月期決算は、パナソニックを含む7社が税引き後赤字に転落する見通しだ。
最終更新:2月4日21時23分

連合を初めとする労働組合が労働者の権利を強調した事が、企業に派遣社員というような“非正規労働者”を増やす結果になった。
マスコミや“政治的な背景をもった”支援団体が非正規労働者を保護するように求めた結果、正規社員が失職する事態を引き起こす。
労働組合や非正規労働者を支援すると自称する団体は本当に労働者を、労働環境を守るつもりがあるのか?
そろそろ政治活動を辞めて、本当に労働者を守ることを考え始めるべきなのでは?

今日も口福♪

今日は久しぶりに彼氏とデート。
今年に入って2回目。また、デートの間隔が間遠くなってきた。。。(^_^;


今日も待ち合わせは八重洲のお寿司屋さん。
彼氏から、「先に(お店に)入っていて」と電話を貰っていたので、お店に着いてそのままお店に入った。
お店の入り口を開けると、大将といつも板さんが迎えてくれた(^^)
と言っても、数秒後に彼氏が入ってきたので、板さんも大将も一緒に来たと思ったかも(^^)


今日のおつまみは、マグロと甘エビ、タコとホウボウ。

マグロ、甘エビ、タコ

ホウボウはコリコリとした歯ごたえで美味しかった。
近所のスーパーでよく買っているホウボウとは全く違う味わい。
そう話していると鯖と鰯が出てきたので、彼氏は私が鯖か鰯の話をしたのだと思って、青背の魚はこういうお店で食べないと~と言っていた。

次は、イカとカワハギ。
そして白魚。

白魚

日本海側の地域で育った人間としては、白魚は懐かしい魚で、春を告げる魚。
立春も過ぎたばかりの“今”ならではだね(^^)

ゲソ焼き

鯖と鰯が出た後に出してもらったのはイカのゲソを焼いたもの。
他にマナコの酢の物とホタテ貝の磯辺焼きを頂いて、コハダの握りと鉄火巻きを食べた後、最後に彼氏が頼んだのは車エビの握り。

車海老

残念ながら、残りが1尾しかなかったので、今日は彼氏だけ。
板さんは「切りましょうか?」と言ってくれたけど、彼氏が食べたくて頼んだネタだったので、彼氏に譲るよ(^^)


お勘定を済ませた後、彼氏がトイレに行っている間の板さんの会話。
「いつもお任せで、楽しませて頂いています。」
「何でもお食べになるので~」
「嫌いなものは無いですから(^^)」
「イカ、タコが好きですよね(^^)」
イカ、タコが好きなのは彼氏。
私はイカ、タコを嫌いではないけど、歯周病のお陰で弾力のある食材は噛み切れない事が多い。
でも、ここのイカやタコはちゃんと“仕事”がしてあるので、私でも噛み切れる。
いつも美味しく頂いています(^^)

社用でもないのに払いの良い彼氏はお店にとってもイイお客さんだと思う。
そんなお客を任せている大将も若い板さんに信頼を寄せているのだろう。
誤解のないように言うならば、大将の“技”も相当確かで、握りの技はとても“美しい”。

あぁ。。。今日も満足♪

変われば変わるものだ(笑)

今日は珍しく、テレビで「アド街」を観た。
最近見ていなかったのだけど、今日は職場近くの(東京の)「京橋」だったので、“情報収集”として(^^)


暫くするとラーメン店の紹介と共に、見覚えのある顔と名前が。
紹介されたのは味噌ラーメンのお店「ど・みそ」。
ふ~ん。彼はラーメン店の店主になっているのね。変われば変わるものだな。
以前同じ職場で働いていた頃は、インテリ風のいい格好しぃだったのに。
今度行ってみよう。
って、今度は私が彼に「変われば変わるものだ」と思われたりして。。。(^_^;

円天ねぇ。。

円天ねぇ。。

以前、テレビのワイドショーでL&Gで買い物をして、「タダで買い物ができてうれしい」と感想を言う消費者を見た事がある。
100万円出資して、100万円分の円天を貰って買い物をする。
出資した100万円は後に返還されると言う。
100万円分の“お買い物”を保証しているのだから厳密には詐欺とは言わないのかもしれないけど、私には“典型的な詐欺話なのに、どうしてこういうモノに乗ってしまうのだろう?”と思えてしまう。
そして、これを“詐欺”だと言わずに、“嬉しそうに”買い物をする人を映すだけのマスコミもまたL&Gの宣伝の役を買ったのだと思えてしまう。


「L&G」大グループ装う?関連会社の半数以上が実態なし
2月8日11時59分配信 読売新聞

 「L&G」(東京・新宿、破産手続き中)による組織的詐欺事件で、同社の関連会社計18社のうち、半数を超える11社の活動実態がほとんどなかったことがわかった。
 逮捕された会長の波和二容疑者(75)はホームページや説明会で出資者を勧誘する際、多数の関連会社があることを強調しており、警視庁は、出資者から信用を得るため、グループの大きさを演出しようと実態のない会社を次々と設立したとみている。
 同社の法人登記などによると、疑似通貨の「円天」を発行する「日本アーク協会」や、宣伝用のコンサート運営を手がける「NPOあかり研究所」など関連会社18社すべてで、波容疑者ら同社関係者が役員や幹部に名を連ねていた。
 同社の元幹部によると、このうち土壌改良などのバイオ商品を販売する「バイオ・ライフ」や、リラクゼーションサロン経営の「グッド・フォーチュン」、出版会社「L&G出版」など11社で営業実態や売り上げがほとんど確認できなかった。
 しかし、波容疑者は会員らを勧誘する説明会などでは、こうした実態には触れず、「L&Gにはたくさんの関連会社がある」「売り上げも順調で、数十億円もあり、資金的に問題はない」などと強調していた。
 特に、韓国・ソウルに設立した「L&G KOREA」については、全く販売実績はなかったが、波容疑者ら幹部は「韓国の会社では健康ふとんが当たり、飛ぶように売れた」などと宣伝材料に使っていた。
最終更新:2月8日11時59分

出資したお金を返還すると保証しているけど、本来、返還できるお金はない。しかし、お金はもっと集めたい。
となると、出資者から返還要求がでないように、そして“出資”が有効活用されていると見せるために、会社が“成長し続けている”と偽装しなければならない。
これもまた良くある詐欺の手口。
どうしてこういう詐欺がなくならないのか?
騙される人がいるから騙す人もなくならないのだろうけど、どうにかならないのだろうか。。。
って言うか、こういう“不思議な出資話”をマスコミがもっと早く追求していれば、詐欺被害も少しは減っていただろうと思う。

大したものだ

今日は2題。

なかなか無くならない詐欺と言えば、この“オレオレ詐欺”もそう。
最近は銀行振込みではなく、バイク便を装って直接受け取りにいくものもあるらしい。

息子かたり300万詐取=バイク便装い受け取る-容疑で少年ら3人逮捕・警視庁 2月10日13時35分配信 時事通信

 息子をかたり電話し、バイク便を装い現金約300万円をだまし取ったとして、警視庁少年事件課と大森署は10日までに、詐欺容疑などで、東京都江戸川区中葛西、鉄筋作業員今沢太郎容疑者(27)と同区の無職少年(18)ら3人を逮捕した。全員が容疑を認め、同容疑者は「捕まらなければもっとやった」と供述しているという。
 別の男らが電話し、同容疑者らが現金を受け取ったとみられ、同課は男らの特定を急いでいる。 
最終更新:2月10日15時55分

「捕まらなければもっとやった」って。。。

詐欺って経済犯罪だけど、ある種の頭脳犯罪。
それだけ頭が良いのであれば、その頭を他の事に使えばいいのに。。。
と言いたい処だけど、最近は学校教育の中でも家庭教育の中でも、他人を騙してお金を得る事の善悪を躾られないのだろうな。
頭脳犯罪の場合で犯人が未成年の場合は、親子ともども顔写真つきで実名を公表するのってどう?
そうすれば、少なくとも“親”は子供の犯罪を見過ごさないように努力すると思うな。なんてね(^^ゞ


そういえば、私の母の処にも“オレオレ”の電話がかかってきた事があるらしい。
電話に出た母に「お祖母ちゃん?俺」と言ったらしい。
母は内心「これはオレオレ詐欺だな」と思ったけど、「そう、お祖母ちゃんだけど、何?」と相手をしたらしい。
孫が居る身なので“お祖母ちゃん”は間違いないけど、此処で孫の名前を出してはいけないとは思ったらしい。
暫く話し相手をしたあと、「家に、そんな子居ない」と言って電話を切った。
騙されなくて良かったね。
って、仮に騙されたとしても、名前も名乗らずに電話でお金を無心するような“孫”に貸すようなお金は無いだろうけど。








11年ぶり赤字脱却へ=09年度予算案で-橋下大阪知事
2月10日12時38分配信 時事通信

 大阪府の橋下徹知事は10日、2009年度予算案で11年ぶりに赤字予算を脱却する見通しとなったことを明らかにした。急激な景気悪化で大幅な税収減が見込まれるが、就任1年目の08年度に厳しい財政再建を実行した結果、同年度末に300億円程度の余剰金が発生。10年間続いた財源不足が解消する見込みとなった。
 橋下知事は08年度、都道府県で最低水準となる大幅な職員給与引き下げや私学助成などの削減を行い、約1100億円の収支改善を果たした。
 09年度には、景気悪化の影響で府税収入が08年度に比べて約2500億円減少する見込みだが、300億円程度の剰余金を活用することで11年ぶりの赤字予算脱却を達成する見通しとなった。 
最終更新:2月10日14時20分


大したものだ。
就任1年で、10年も続いた赤字を解消しちゃうなんてね。

2、3日前に大阪府庁職員内での橋下知事は、“若手と年配者で真っ二つ”というニュース記事を読んだ。
確かに、これだけ出費に渋るとなると、職員の不満や軋轢も大きいだろう。
それでも、税収入が大幅に減少する中で剰余金まで作れるなんて、大したものだわ。
タレント知事だと面白おかしく見ていたけど、見直したわ。

花の季節、到来(^^)

休日だけど水曜日の今日は映画を観にいこうかと思って出かけた。

家を出て直ぐの場所にあるマンションの植栽のツルニチニチソウが咲いている。
? 早すぎるんじゃないの?と思いながら、持っていたコンデジで写真を撮った。

ツルニチニチソウ

それにしても、例年に比べて1ヶ月以上早い。
そんなに、今年の冬は暖かいのか?


映画館は自宅の最寄駅にはないので、映画館のある駅の階段に近い場所に乗ろうと思って立った場所からホームの外を見たら、駅前の桜が色づいているのが見えた。
最近は、職場に向かう為に乗り降りに(ホームの)便利な場所で乗るので、此処からの景色を見ていなかった。
気がつくと、世の中はいつの間にか春になっていた。

今日の映画館は混んでいた。
この混雑の中、人気の映画を観るのは気が引けて、そのまま帰ってきてしまった(^_^;
戻って、帰宅途中の最寄り駅で春を感じることにした。

梅

先ずは梅。

メジロ

でも、梅はもう殆ど終わり。
この小さな画像では判り難いかもしれないけど、梅の花にはメジロが群がっている。
そして、メジロが来て枝を揺らすたびに花びらが散って、枝によっては花は殆どない。


桜

桜は咲き始めてはいるけど、もう少し。
来週辺りからが満開の見ごろかな。
この桜は河津桜なので、満開に咲いてからも約1ヶ月ほどは見ごろが続く。


柊木の花

散歩がてら駅の周りを歩くと、ヒイラギに花がついている。
ひっそりとしていて、案外知られ難いお花だけど、かわいらしい黄色いお花をつけている。
傍らでは沈丁花の蕾が膨らんでいる。でも、沈丁花はもう少しね。

駅横の大通りではいつもの光景。

菜の花と水仙


菜の花と水仙が、まだ桜には季節を譲れないと、頑張っている。


建設業が不況だと、雇用不安が起きる。。。

景気対策に、「公共工事以外の政策があるなら、教えて欲しい」と言った地方選出の衆議院議員が居た。

ゼネコン、折れた2本柱 マンション・海外不振、赤字転落 2月11日8時31分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

 大手ゼネコン4社が10日発表した2009年3月期の連結業績予想は、大成建設を除く3社が従来予想を下方修正し、鹿島と大成が最終赤字に転落する見通しだ。マンション不況による民間建築部門が低迷するとともに海外部門も不振なため。準大手なども同様の状況に陥っており、資材価格が下落し始めるなどの好材料があるものの、建設業界を取り巻く環境は厳しさを増しているのが実情だ。

 ◆相次ぐ下方修正
 鹿島は、従来120億円の最終黒字を見込んでいた通期の連結業績予想を、70億円の最終赤字に下方修正した。通期の最終赤字は5年ぶり。不動産市況の悪化などに伴う貸倒引当金の計上などで特別損失が膨らむことが響いた。08年4~12月期の連結業績も、最終損益は16億円の赤字(前年同期は203億円の黒字)。同社は今後「収益力の強化のリスク管理を徹底する」方針だ。
 大成は海外土木事業の低迷が大きく影響した。最終損益は従来予想と同じ130億円の赤字。通期の最終赤字は7年ぶりになる。海外土木は、同社が公共事業縮小の受け皿として積極展開してきた部門だが、発注者側からの仕様変更要求による追加費用の発生などで採算が悪化。同社は中期経営計画を見直し、海外事業を縮小する考えだ。
 民間建築が売上高の多くを占める清水建設は、通期業績の下方修正により、最終利益が前期比83.4%減となる45億円にとどまる。景気後退に伴う企業の設備投資抑制の影響で、工場建設の中止や延期などが相次いだことが主因。
 大林組も、発注者であるデベロッパーの経営破綻で工事代債権の一部が回収懸念が生じたことなどが原因で、従来予想の最終黒字170億円を80億円に下方修正した。

 ◆公共事業頼れず
 ゼネコンが多くを期待する公共工事は減少の一途をたどっている。建設経済研究所の調べによると、08年度の名目政府建設投資見通しは、07年度比5.9%減となる見込み。こういった状況を補おうと各社は海外事業や民間建築に注力するようになったが、折からの景気後退で打撃が広がった格好だ。
 とくに影響が大きいのは、マンション建設の比重を高めている地方の建設業者。民間信用調査会社の帝国データバンクによると、今年1月の建設業の倒産件数は325件で前年同月比33.7%増。集計基準が変更された05年4月以降で最多となった。
 景気の先行き不透明感が強まるなか、建設需要が回復する期待は薄い。企業の設備投資意欲もさらに減退する可能性もあり、現在の環境がしばらく続く公算が大きい。こうした状況を踏まえて何に活路を見い出すのか、建設各社は難しい選択を迫られることになる。(山口暢彦、門倉千賀子)
最終更新:2月11日17時2分


景気対策という名目でジャブジャブとお金を使っても、アメリカ発のサブプライムローン破綻に触発されて建設業界が立ち行かなくなっている。
政治家がせっせと、(税金以外の)自腹を切って建設業界を発奮させればいいのではない?(苦笑)
雇用問題を云々するNPOだって、“喋る”だけでなく、自腹を切って公共工事や企業を立ち上げればいい。
自分になんの策もないのに、他人に“策”を求めるは甘えでしかない。

建設業界だって、これまでの“不況”のたびに政府から“ミルク補給”を受けてきた。
政治からの補給を受けるためのプロパガンダとしてのマスコミがいる。
この辺の構造を断ち切らないと、本当の意味での行政改革も政治改革もできない気がするけど、どう?







ここ20年の“不況”って建設業から始まっている気がする。
政府が“公共工事”や“需要促進”の名の元の“住宅取得支援”政策を行っているときには、建設業が潤って、“景気が上向いている”と評価される。
その裏で、無理して住宅取得している人がいて、住宅取得が原因で数年後に破綻したとしても、破綻の原因は“住宅取得”ではなく、あくまでも“その瞬間”の“景気悪化”。
無理して住宅を買わせて、その住宅ローン返済に窮した結果がサブプライムローン破綻などの景気悪化になったとしても、政府が一般市民に“無理して(住宅を)買わせた”事への言及がないのが不自然に感じる。

日本の大手ゼネコンも、適正以上に存在するのが問題なのだと思うよ。
景気対策に建設業への人的投入がお手軽だとしても、そろそろ“適正値”というモノに思いが至ってもいいのでは?

将来のためのクリップ

将来、“あの時が分岐点だった”と思えるかもしれないので、ニュース記事を保存。。。


「笑っちゃうくらいあきれた」=郵政見直し発言、首相を批判-自民・小泉氏
2月12日18時40分配信 時事通信

 自民党の小泉純一郎元首相は12日午後、党本部で開かれた有志議員による「郵政民営化を堅持し推進する集い」であいさつし、民営化をめぐる麻生太郎首相の一連の発言について「怒るというより、笑っちゃうくらいただただあきれている」と批判した。また、定額給付金の支給を裏付ける2008年度第2次補正予算の関連法案に触れ「(衆院の)3分の2を使って(再可決して)でも成立させないといけないとは思わない」と述べ、執行部に慎重な判断を求めた。
 「民営化に賛成でなかった」などと国会で答弁した首相に対し、党内の改革推進派を中心に反発が広まっている。小泉氏は、公明党主導の給付金への不満が残る党内の空気も踏まえ、首相を痛烈に批判した形で、政権内部の亀裂が鮮明になった。 
最終更新:2月12日21時4分


自民・町村氏、派閥の一致結束呼び掛け=中川氏は総会欠席氏
2月12日15時18分配信 時事通信

 自民党町村派会長の町村信孝前官房長官は12日の同派総会であいさつし、「先週の総会でいろいろな議論をいただき、会長にさせていただいた。一致結束して、しっかりと取り組んでいきたい。皆さん方の協力をお願いしたい」と述べ、結束して麻生政権を支えるよう求めた。
 同派は5日の総会で集団指導体制を見直し、町村氏を会長に決めた。しかし、代表世話人続投で事実上の降格となった中川秀直元幹事長に近い議員の間には、なお異論がくすぶっている。
 中川氏自身は、出張先の北海道から12日午前に帰京する予定だったが間に合わず、総会を欠席した。 

最終更新:2月12日17時55分


太郎ちゃんの言葉には色々思うこともあるものの、不謹慎ながらこの政局にはワクワク感を感じてしまう。

だって、アメリカの大統領選挙を見ても思うのだけど、人は政治に解り易い“スローガン”を求めている。
マスコミの言う“小泉劇場”も、政策を解り易い“スローガン”で語ったに過ぎない。
その“解り易さ”故に、人は純ちゃんを支持した。
それまでの政治家は“解り難さ”がウリだったから、画期的に見えたのだと思うよ。


さてさて、この後はどうなるのだろう???

純ちゃんシンパと秀クンが一緒になって新派閥を作る?というのもあるけど、これでは“次”につながらない。
でも、町村クンとは秀クンは一緒にやっていけるのか?
少なくtも、次の(最大派閥の)リーダーは町村クンだろう。
でも、あまりに“保守”的な町村クンでは自民党が国民の支持を得られるのか微妙。。。
個人的には秀クンに頑張ってもらいたいけど、秀クンはちょっと劣勢かな。。。


鳥取の小学校は「学級委員長」なし 「なれない子供が傷つくから」?
2月12日19時25分配信 J-CASTニュース

 鳥取県の公立小学校には「学級委員長」がいない。リーダーを決めれば差別につながる、との抗議を人権団体などから受け自粛した結果なのだそうだ。しかし、2009年春から鳥取市で1校だけ20年ぶりに「学級委員長」が復活する。市の教育委員会が2、3年前から子供達の社会性、自主性を育てるために復活を呼び掛けてきた成果らしいが、後に続く学校が現れるかはわからないという。

■徒競走もコースを変え、同時にゴールする
 鳥取県の公立小学校が「学級委員長」を無くしたのは、人権団体などから「委員長になれなかった子供が傷つく」「自分にはできないと劣等感が生まれる」などの抗議があり、自粛が全県に広がったためだという。図書委員、保健委員といった担当者はいるが、これらの委員は全て横並びの関係にしている。また、「差別」の観点から、運動会の徒競走でも全員が同時にゴールできるように、走るのが遅い子供に対しては、コースをショートカット(近道)したり、スタートラインを他の生徒より前にしたりする学校もあるのだそうだ。
 そうした中、鳥取市では2009年春から1校だけだが「学級委員長」を復活させる。鳥取市教育委員会はJ-CASTニュースの取材に対し、
  「横並びで生徒は『誰かがしてくれるだろう』と考え社会性、自主性が育たない。2、3年前から市内の小学校に委員長の復活を呼び掛けてきた」
と打ち明ける。人権団体とも交渉し「苦情は受け付けない」と突っぱねたのだそうだ。
 その学校は「鳥取市立湖南学園」。08年に小中一貫校の指定を受け09年春から本格的な一貫教育が始まる。同校の金田吉治郎校長はJ-CASTニュースに対し、子供の保護者などから自分の意見を大勢の前でも堂々と表明できるような子供を育てて欲しい、という要望が多くあり、09年春の一貫校としての新制度策定がいい機会だったと明かした。

■愛媛県は半数の小学校に「委員長」がいない
 そのうえで、
  「指導要領を見ても、子供の自主、自立という言葉が盛んに使われている。さらに、みんなをまとめて行くような人材、リーダーを育てていかなければならないとも考えている」
と復活する理由を語った。
 ただし、市の教育委員会によれば、「湖南学園」に続き市内で復活させる小学校が出るのかどうかは分からず、県内の地方の小学校ほど復活は難しいのではないか、と話している。小学校の「学級委員長」を「人権」の視点から無くす自治体は大阪以南に多い。愛媛県が04年に調査したところ、同県の約半数の小学校が「学級委員長」を置いていなかったそうだ。同県の教育委員会はJ-CASTニュースに対し、
  「様々な子供に活躍の場を与えることを目的に、リーダーの固定を避けているのだろう。必ず学級委員長を置かなければならないという規定はないため、それぞれの学校の判断に任せている」
と話している。
最終更新:2月13日0時55分

学級委員長になれない程度で“傷つく”とはどういう事なのだろう?と思う。
その程度で傷つくような子供は、将来、会社勤めはできない。
そういう子は、将来、“傷つかない”為に、非正規労働者になるのだろうか?

ところで、学級委員長って、“なれないと傷つく”結果、人権侵害、差別につながるような特別な存在なの?
人権団体って、何にでも“差別”っていうけど、半分以上が“言いがかり”。
彼らいう“人権侵害”の中には“なりたくて成れなかった人”による僻みによると感じられるものも数々ある。
これも、そんな感じ。
彼は“長”と着くものに特別な感情を持つのだろうね。

でも、寧ろ日本の将来に問題だと思われるのは、子供の自主、自立を重視するという中で、“みんなをまとめて行くような人材やリーダーを育てていく”事ができていない事なんじゃないだろうか?
人権団体が“リーダーが育てられるのは人権侵害”と言うのであれば、日本の首相や政党トップに“リーダー”を求めないという事なんだろうね。
そういう人権団体は太郎チャンがリーダシップを取れないで居る事は“人権という観点で当然”と考えているのだろうか?


北陸新幹線の地元負担220億円増額、新潟県知事「ノー」
2月12日12時34分配信 読売新聞

 長野-金沢間で2014年度末の開業を目指す北陸新幹線整備事業の地元負担金の増額を求められた新潟県の泉田裕彦知事は12日、地方財政の悪化を理由に、「このままでは県の新年度当初予算に増額分を計上するのは難しい」との考えを明らかにした。
 北陸新幹線(長野-金沢)の当初建設費は約1兆5700億円。国が3分の2、残り3分の1は、地元の新潟、長野、富山、石川各県が負担する。このうち新潟県の負担額は約1423億円だったが、国土交通省などは1月中旬、物価上昇などを理由に総建設費が約1兆7900億円に増えるとして、同県に約220億円の負担増を求めたという。
 泉田知事は、「負担増が決まる前に地元と十分協議すべきだ。一方的に突然、負担金の増額を求められても対応するのは極めて難しい」とし、〈1〉建設費が増える理由〈2〉建設費圧縮の取り組み--などについて、事業者の独立行政法人「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」に詳細な説明を求めるとしている。
 河村官房長官は12日の記者会見で、「国交省側が新潟県側に十分説明をして、協力を求めていくことが大事だ」と述べた。
 北陸新幹線は、東京から長野、富山、金沢、福井を経由し、最終的には新大阪まで結ぶ計画で、東京-長野は営業運転が行われている。新潟県内分は約78キロ。
最終更新:2月12日12時34分

泉田知事のおっしゃる通り、国から言われて何の疑問もなく右から左にお金を出す時代は終わった。
国も上から目線の“命令”ではなく、地域に負担を求めるのであれば、地域が納得する“説明”が必要だよね。

この事の本質は、すべからず“反対”と言うのではないけど、国が“(何でも)国の命令を聞けば良い”という時代が終わったという事なんだろうな。

バレンタイン前夜のデート

今日は、13日の金曜日? それとも、バレンタインデー前夜?(笑)


昼食は東京駅のイタリアンのお店「ヒロ プリモ」でイカと菜の花とカラスミのパスタ。

イカと菜の花とカラスミのパスタ

携帯電話の画像ではイマイチだけど、菜の花と緑とカラスミのオレンジ色とイカの白がとてもキレイな色合いのパスタだった。
パスタの茹で加減は前回の“針”のような“アルデンテ”(?)ではなく丁度いい加減。
菜の花の茹で加減がちょっと茹ですぎな感はあったものの、まずまずだった。

人気店だけあって、10分ほど待たされた。
待っている時に、待ち行列で私の直前に居た女性3人。
3人の話題からなんとなく金融機関に勤めている人だとは感じられたけど、暫く仕事のおしゃべりの後、バレンタインの話題になった。
「(私の部署では)女性が2人しかいないのに、男性15人に配るのよ~」とやや不満そうな声に
「○○さんって、“バレンタインデーなんて関係ない”って雰囲気なのに、義理チョコありなの?」という声。
イヤ、義理チョコが不満だったり負担だったりするのなら、自分が率先して“辞めよう”と言えばいいんじゃないの?
って、私は10年以上前から職場への義理チョコは無しにしている。
“(バレンタインなんて)関係ない”という訳ではないけど、既婚の男性部下ばかり10人以上居た職場で、職場で立った1人女性が年上の女性上司の環境でその女性上司に義理チョコを貰っても嬉しくないんじゃないの?と思ったから。
若い、可愛い女の子から貰ったら嬉しいかもしれないけどねぇ。。。

でも、今日は“逆チョコ”と言われて職場の若い女性から私がチョコレートを貰っちゃった。
中学生の頃は女の子から貰ったことはあるけど、相手が女性であっても貰うと嬉しいものね。
って、私って現金ね(笑)


夜は彼氏とデート。
場所は八重洲のお寿司屋さん。

今日のお通しは白魚。

マグロ、アジ、サバ、カワハギ、ハマチ、あわび、赤貝 /></p>

<p>最初に出してもらったのはマグロとサバ、ハマチ、あわび、赤貝とカワハギ。<br />
今日はのっけから盛りだくさん♪<br />
お醤油は、わさび、生姜、カワハギの肝と3種。</p>

<p>次にヤリイカとスルメイカ。<br />
ヤリイカはわさび、スルメイカはイカ腸で頂く。<br />
この時点で会席盆の上には4つの醤油皿。</p>

<p><img src=

白子をポン酢で頂いた後、車エビの握り。

車えび

この前は1尾しかなかったけど、今日はちゃんと2人分あった(^^)
平貝の磯辺焼きを頂いた後に出てきたのは焼いたエビ殻。

車エビの殻焼き

2人ともこういうモノが大好きなので、文句はない(^^)
鉄火とコハダの握りを頂いた後の細まき。

漬けのあぶり巻き

マグロの漬けを軽く炙ったものを細まきにしてあった。
美味しかった♪






今日の話題は、(情報システム・アプリケーションの)「ヘルプデスク」のあり方について。
彼氏が言うには、「ヘルプデスク」とは、「○○をしたい」と言うような“目的を達成するための使い方」を教えるものではないらしい。
単に“操作”は教えるし、“どう入力したらどういう結果が返ってくる”というような説明はするけど、業務的な目的を持った“使い方”を教えるのはお客さんと直接対峙する担当営業の仕事だと。
う~ん。。。
ちょっと腑に落ちない部分も無くはないけど。。。
お酒を飲んだ頭では、彼氏に反論はできず。。。(^_^;





Continue reading

1   2   3   

Index of all entries

Home > Archives > 2009年2月 Archive

Search
Calendar
« 2009 2 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11* 12 13 14**
15 16 17 18 19 20* 21
22 23 24 25 26 27 28
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top