Home > Archives > 2009年11月 Archive

2009年11月 Archive

先送りではなく、前倒しでお願いします

マニフェストがイツ作られたものか知らないけど。。。


マニフェスト、一部先送りも 古川副大臣

11月1日16時38分配信 産経新聞

 国家戦略室室長の古川元久内閣府副大臣は1日のNHK番組で、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた「子ども手当」など平成22年度からの実施を約束した7・1兆円分の事業について「選挙を戦った時とは経済状況など変化もある。どこまで約束を実行していくかは国民と対話を続ける中で見つけていく」と述べ、先送りや一部修正に含みを持たせた。
 ただ、古川氏は「マニフェストの実行が一丁目一番地という方向に基本を置いていかなければいけない」とも述べ、マニフェストの完全実施に向け最大限の努力を行う姿勢を強調。マニフェストで「23年度からの廃止」を盛り込んだ揮発油税などの暫定税率に関しても「根拠がなくなったのに税金をとり続けるのはおかしい。民主党は地球温暖化対策税を考えてきた。納税者に納得していただける負担かどうかを考えたい」と述べ、環境税への切り替えを示唆した。
最終更新:11月1日16時41分


選挙後に悪くなったのは否定しないが、経済状況が悪くなったのは昨年9月からで、選挙後に始まった訳でも選挙後に極端に悪くなった訳ではない。
選挙後に経済が悪くなったのは民主党のマニフェストが民間企業の事業を邪魔する政策を載せているからでしょ?
言ってみれば、民主党が招いたものであって、民主党が積極的に国民に負担を負わせる性質のものではないのでは?

それでもマニフェストの実行スピードを変えるというのであれば、先送りではなく前倒しするべきだろう。
民主党は"ばら撒き"による家庭の可処分所得アップによって景気を回復させると言ったのだし、景気が悪くなって生活が困難になっている人が多いのだから弱者目線の民主党としては、是非ともばら撒き政策を率先して前倒し実施して欲しいよ(苦笑)

ご自身がお辞めになるのが、最優先の"政治改革"

意味解んない。。。


小沢幹事長「予算編成より政治改革」

11月1日23時42分配信 産経新聞
 民主党の小沢一郎幹事長は1日夜に放送されたNHK番組「永田町・権力の興亡」に出演し、細川護煕連立政権が政治改革関連法案の成立を優先し、平成6年度予算を越年編成したことを振り返り、「予算編成はもちろん大事だが、1カ月遅れたからといって国民生活に大きな支障をきたすわけではない。その意味では政治改革の方がはるかに国の将来にとって大きい。今でもそう考えている」と述べた。
最終更新:11月1日23時42分


政治改革って何の為にあるのか?
一郎クンの考える"政治"って何よ?

平時において国家予算以上に"政治的"なものがあるのか?
平成6年と平成21年の経済環境、社会環境の違いを考えた上で「予算編成が遅れても国民生活に支障を与えない」と言っているのか?
もしそうだとしたら、政治を理解しない者が政界を政権与党の幹事長の職にあることが日本国民の最大の不幸で、日本の政治の失敗とも言えるんじゃないか?
一郎クンが政治家を辞める事が一番効果的で最優先の"政治改革"だと思うよ。

目指すは社会主義国家

ニュースタイトルのインパクトがいいねぇ。。。(苦笑)

鳩山元総務相「国滅ぶ。社会党が天下取ったのと同じ」

11月2日20時19分配信 産経新聞

 自民党の鳩山邦夫元総務相は2日、都内で講演し、鳩山由紀夫政権について「国を滅ぶ道に導きかねない極めて軟弱な政権。かつての社会党が政権を取ったのとまったく同じで、『弱くて優しい国家』をつくろうとしている」と批判した。また、鳩山政権は夫婦別姓や取り調べ可視化、外国人地方参政権付与、教員免許更新制見直しなどに取り組むとの見方を示したうえで、これらに反対していく考えを表明した。
最終更新:11月2日20時19分


こんな事は誰でも知っている。
民主党の構成員を見ても、その政策からも、民主党は旧社会党の色が強いのは解っている。
そして、民主党が、国民個々人が自立することを促すのではなく、"弱いもの"として保護する政策を取ることで国力を弱める事も理解している。
そう言った事を知った上で日本の有権者は社会主義国家の構築を支持したのだと思うよ。

あぁ、そうか!
弟クンがわざわざ言葉にし、産経新聞がそれを取り上げるのは、兄であるゆっぴぃに教えてあげようとしたのか?
自分が目指しているものが実は民主主義ではなく社会主義であることを、ゆっぴぃクンは解っていないのかもしれないものね(苦笑)
しかし、(閣僚が何を言おうと、どんな意見を持とうと)「最後は私が決める」と事ある毎に言っているゆっぴぃクンは将軍様が統治する半島の国を目指しているのかもしれないよ。
でも、将軍様のシンパというか"駒"に日本の参政権を与える事は、ゆっぴぃクンが将軍様と同等の地位につくのではなく、将軍様に国を売り渡すに等しいとは気づいていないかもしれない。
そういう意味では「社会党が天下を取った」というより、「北の将軍様が天下(日本)を獲った」という方がより近いかもしれない。




Continue reading

"日米同盟をレビューする"って、本気なのか?(^_^;


「鳩」どこへ飛ぶ 首相「日米同盟レビュー」発言波紋

11月2日7時56分配信 産経新聞

 ■事前調整なく対米観あらわ
 鳩山由紀夫首相の「日米同盟のあり方の包括的なレビュー(再検討)をしたい」という発言が波紋を広げている。自民党の長期政権下で「日本は米国への過度な依存体質になった」という首相の持論が透けて見えるが、普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の迷走に加え、オバマ米大統領の初来日を2週間後に控えているだけに、発言は日米関係を根底から揺さぶる危険性をはらんでいる。(大谷次郎)

 ◆政府筋は困惑
 首相発言は、10月29日の参院本会議代表質問への答弁で飛び出した。首相は在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)についても「包括的な見直しが必要だ」と明言した。
 発言は日米地位協定の見直しなど民主党が掲げたマニフェスト(政権公約)を踏まえたものだが、首相の個人的な対米観も大きく作用している。
 首相は平成16年、小泉純一郎首相(当時)が米国のイラク攻撃にいち早く支持を表明したことを受け、「米国に付き従うばかりの外交だ」と批判。民主党マニフェストでは「緊密で対等な日米同盟をつくる」とうたった。首相就任後も10月10日の日中韓首脳会談で「(日本は)米国に依存し過ぎていた。日米同盟は重要だが、アジアをもっと重視したい」と踏み込んだ。
 とはいえ、首相が「包括的なレビュー」を打ち上げるにあたり、米側や関係省庁と事前に調整した形跡は見あたらない。政府筋は29日の各紙夕刊が「日米同盟見直し」と報じたことを受け、「びっくりした。政権として『日米関係は基軸』と言ってきているのに...」と困惑の表情を見せた。
 首相は「米国依存脱却」発言や「東アジア共同体構想」を打ち出す際も米政府に事前連絡せず、米側は「米国外しではないか」と神経をとがらせた。「レビュー(再検討)」という言葉のインパクトに配慮した様子もなく、首相は周辺に「オバマ大統領と話せば理解し合える」と楽観的な見通しを語ったという。

 ◆前政権も構想
 来年の日米安保改定50年を機に日米同盟を再定義し、新たな「日米安保共同宣言」を取りまとめる構想は麻生太郎前内閣でもあった。当時の浜田靖一防衛相が2月に来日したクリントン米国務長官と会談し、構想を打診したが、米側はすでに日本で政権交代が確実な情勢と分析しており、様子見の姿勢だったという。
 だが、麻生前首相の念頭にあったのは、海軍増強を続ける対中国戦略を見据えた「同盟強化」への見直しであり、鳩山首相が打ち出す「再検討」とは根本的に異なる。米側のみに負担を求める内容では、米政府が応じる可能性は少ない。
 岡田克也外相は10月30日の記者会見で、23年3月に期限切れとなる思いやり予算について「外務省は根っこから見直す作業には入っていない。もう1年余裕がある」と述べ、現時点で見直しに着手する考えがないことを強調。防衛省幹部は「来年は節目の年なので、本来は新たな共同宣言など日米同盟を大局的に検討すべきだが、目の前の懸案処理でそれどころではない」と語った。
最終更新:11月2日8時51分


何処へ飛んでいってくれてもかまわないけど、彼が首相でなければ。。。(^_^;

アメリカへの留学経験があるくらいだから、"レビュー"という言葉の意味ぐらい知っているだろう。
以前の日米同盟を"(否定する事から始まる)再検討"という言葉が首相から発せられた時、アメリカが「日本は日米同盟の解消を検討しはじめた」ち受け止める事を知っているだろう。
知らないとすれば政治家ではない。

しかし、アメリカから完全に離れてしまって日本が生き残れるのかを検討した結果の言葉なのだろうか?
単に政権、権力に浮かれた阿保の言葉なのだろうか?


日本の置かれている現状を何ら考慮せずに、他国、それも安全保障関係を結んでいる国との関係を否定的に見直すという阿保が日本の首相であることが嘆かわしい。
それも、日本人が選んだ結果なのだけど。。。




Continue reading

余程、お暇らしい。。。(^_^;

試行錯誤の末、やっとblogのテンプレートを確定。
いや、先週末にある程度は出来ていたのだけど、細かい点で表示の崩れなどがあって、色々お試ししていた。
未だまだ調整したいけど、blogのテンプレートばかりに時間をかける訳にもいかないしね。。。

本当はお試しをし尽くした後に他人様に見せるべきなのだけど、仕事と違って細かい点まで追求する気になれなくて。。。(^_^;
それに、こう"試行錯誤"って、よっぽど時間が余っていないとできないもの。。。


政治主導というのは、議員が御用聞きするという事なのか?
主導というのは、政治か方針を出し、行政の施策が政治の方針に沿っているのかをチェックする事だと思っていたよ。
何から何まで、それこそ国会審議の御用聞きまで政治家が走り回ることだとは思っていなかった。
民主党の議員さんって、こんな事で仕事を作らなければならないほど、どうしようもなくヒマなのね。。。(^_^;
そう言えば、民主党も政権をお試し中だっけ。。。(^_^;


質問取りでもさや当て ねじれ国会の意趣返し?


11月3日1時29分配信 産経新聞

 2日の衆院予算委員会で、自民党は事前の「質問通告」を拒否した。与党時代に民主党に苦しめられた意趣返しのようだが、政府側は官房副長官まで質問内容を事前に教えてもらう「質問取り」に奔走。低レベルの「政治主導」が繰り広げられた。
 松野頼久官房副長官は1日夕、大島理森幹事長の事務所を訪ね、ドアに「午後5時半に来ました。詳細な質問取りをさせてください」と書いた名刺を貼った。後藤田正純氏の元も訪ね、質問内容を教えてくれるように頼んだが、後藤田氏は「細かな揚げ足取りの質問はしないから安心しなさいよ」とはねつけた。加藤紘一元幹事長にも内閣総務官室や財務省国会担当職員らが相次いで訪問したが無視を決め込んだという。
 結局、自民党側が示したのは「マニフェスト政治について」という抽象的な「質問要旨」ばかり。平野博文官房長官は「これでは抽象論で終わる」とこぼしたが、自民党はねじれ国会で散々苦しめられただけに簡単に政府・与党の要求に応じそうもない。
最終更新:11月3日1時29分


民主党は"政治主導"の一環として、官僚による答弁はさせないと言っていた。
政策や行政に関することは何を聞かれても、政治家がスラスラと答えられるからじゃなかったのか?
政治家が全てを掌握していて官僚に答弁書を作らせる必要がないなら、いつ、何処で、何を聞かれても答えられるのではないのか?

民主党は嘗ては官僚でないと質問取りに答えなかったらしいけど、それは官僚が準備しなければ自民党閣僚が国会質疑にならないと判断したからなんじゃないの?
で、官僚に答弁させない民主党は、質問取りのような仕事までを政治家がするのか?
そんな事に時間を使うぐらいなら、いつ、どこで、何を聞かれても良いように勉強する事に時間を使った方がよいと思うよ。

っていうか、民主党は党代表・幹事長から始まって末端議員までが政治を知らないのだから仕方がない?(^_^;

二枚舌(?)クン

予想通り、衆議院予算委員会でゆっぴぃクンの偽装献金問題に関する質問が出た。


衆院予算委 偽装献金で首相「それなりの責め感じる」 重ねて陳謝


11月4日11時5分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は4日午前の衆院予算委員会で、政治資金収支報告書の虚偽記載問題に対する自らの責任について「元会計責任者を信頼しきっていた。それなりの責めは感じている。監督責任の是非は東京地検(特捜部)の捜査に委ねたい」と述べた。首相はさらに、「個人資産が勝手に使われたのを承知していなかった。事務所とのコミュニケーションが足りずこのようなことを起こし申し訳ない」と重ねて陳謝した。
 虚偽記載問題の事実関係については、「この事件が発覚して以降、弁護士から『元会計責任者と連絡を取ってはいけない』といわれているので、連絡を取っていない。どの部分が虚偽か分からない。いずれ全容が判明する」と述べるにとどめた。
 自民党の柴山昌彦氏の質問に対する答弁。柴山氏は虚偽献金の原資となった鳩山家の資産を管理している「六幸商会」(東京都港区)の社長の参考人招致と虚偽記載問題の集中審議を要求した。
最終更新:11月4日11時5分

毎日新聞の記事(11月4日12時31分配信 「鳩山首相 「政治資金不足で借用の認識」 偽装献金問題」)では、

 匿名献金については「偽装が(捜査で)確認されれば貸付金の形で政治資金収支報告書を修正する」とした。
 鳩山首相は自身の責任について「監督責任については捜査に委ねたい」とし、元秘書の刑事責任が確定した場合についても「その時に判断したい」と述べるにとどまった。

とあった。

でもさぁ。。。
ゆっぴぃクンは、平成15年7月のご自身のメールマガジンで「秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきだ」と意見している。
だったら、当然、ゆっぴぃクンも判断の余地なく、罰を受ける義務があるんじゃないの?
まぁ、だいたい、彼らの言う"政治"に関する事で法に抵触する行為を秘書の責任にするなんて、政治家としても雇用者としても責任感があるとは思えないけどね。


そう言えば、ゆっぴぃクンのお金に関する違法な処理で脱税もあったらしいね。


鳩山首相 株売却の申告漏れで陳謝 自民、追及姿勢強め

11月3日0時29分配信 毎日新聞

 株売却で得た7226万円余を税務申告していなかった問題で、鳩山由紀夫首相は2日夜「私の間違いで完全にうかつだった。おわびを申し上げ、本日修正した」と首相官邸で陳謝した。自民党側からは疑念の声が上がる一方、民主党議員の口は重い。識者には「首相は説明責任を果たしていない」との意見が強かった。
 鳩山首相は「(毎日新聞の取材で)指摘されるまで気付かないという大変恥ずかしいことになった。差額が譲渡益に出てくるはずだったが、証券会社で自動的に(処理)していると勘違いした。まったくポカで、私が見過ごしていた」と申告漏れの理由を説明した。
 一方、2日の衆院予算委員会で鳩山首相から「閣僚に政治と金を巡るスキャンダルがあれば責任を取る」という回答を引き出した自民党の後藤田正純議員は「申告漏れは大きな問題で、4日以降の予算委でも追及する」と語る。首相の弟の鳩山邦夫元総務相の事務所は「(邦夫議員も)首相と同じ資金管理会社と契約して株売買なども任せているが申告漏れを指摘されたことはない。なぜこんな問題が生じるのか不思議だ」とコメントした。
 予算委に出席した民主党若手議員は「(コメントを)出せるわけないじゃない」とだけ話し、足早に立ち去った。小沢一郎幹事長を支持する一新会の中堅議員も「取材には応じられない」。別の中堅議員の政策秘書は「首相には説明責任を果たしてほしいが表だっては言いにくい。党内で『異論を唱えている』と見られてしまう」と漏らした。

 ◇識者「ずさん過ぎる」
 税理士でもある浦野広明・立正大大学院教授(税法学)は「献金問題だけでなく申告漏れもあるとは収支経理がずさん過ぎる。説明責任も果たしていない」と批判。政治アナリストの伊藤惇夫さんも説明責任に触れたうえで「政権発足後のご祝儀相場と国民の関心が政権運営にあったため、献金問題などはこれまで国民からそれほど強い批判を受けていないが、予算編成などで国民の期待に応えられないと批判が強くなる可能性がある」と指摘した。
最終更新:11月3日0時37分


彼氏曰く"ええ氏のボン"のゆっぴぃクンはお金に疎いらしい。
でも、お金に疎かったら、株式の売却で7226万円もの益を出すことは出来ないのでは?
寧ろ、お金に執着があり過ぎるんじゃないの?
偽装献金だって、お母さんからの生前贈与隠し(=脱税)が目的だという噂もある位だもの。
もしかして、ゆっぴぃクンが税金をきちんと払ったら税収不足は解消する?(ハズはないね 笑)





首相、自衛隊派遣「違憲」発言を撤回

11月4日13時40分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は4日午前の衆院予算委員会で、首相就任前に自衛隊の海外派遣に当たり「重大な憲法解釈の変更が行われた」と見解を示してきたことについて、「必ずしも違憲の状態ではなかった。撤回する」と述べた。自民党の石破茂政調会長の質問に答えた。
 首相は野党時代に発表した論文などで、国連平和維持活動(PKO)への自衛隊の参加について、「紛争後の平和維持活動なら、自衛隊の海外派遣は合憲ということになった。これは画期的な憲法解釈の変更だった」としていたが、首相は答弁で「PKOは、憲法の中で行動されていた。(自身の)当時の考え方は変更された」と述べた。
 一方、集団的自衛権の行使についても、「憲法上認められないという立場の通りに行動したい。憲法解釈を変えない」と強調。同時に「集団的自衛権という言葉があいまいに幅広く使われた時代がある。そのあいまいさを払拭(ふつしよく)し、日本の防衛の在り方を主張しなければならない」と述べた。
 これに関連し、首相はアフガニスタン支援に関し「自衛隊を派遣する発想は持ち合わせていない。身の安全が守られる地域に限定させる」と語った。
最終更新:11月4日17時35分


ゆっぴぃクン、この臨時国会が始まって何度謝ったのだろう?
これまでの発言が余りにも無知で無責任なものであった事の証左なのだろけど、一国の首相の発言がこんなに軽くていいのか?

というか、こういう二枚舌な国会議員が首相になる位だから、大きな経済事件の当事者で詐欺師とも言える人物が日本郵政の副社長になるのも仕方ないか。。。

またまた民主党の二枚舌ですか?(苦笑)

そりゃ、そうだ。

普天間移設、嘉手納町長が統合案反対を表明 首相対応も批判

11月5日17時59分配信 産経新聞

 沖縄県嘉手納町の宮城篤実(とくじつ)町長は5日、自民党の外交・国防合同部会に出席し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移転問題で、岡田克也外相が米軍嘉手納基地との統合案を検討していることについて「とても承認できるものではない」と反対の意向を表明した。
 宮城氏は「嘉手納の騒音は普天間の3倍だ。飛行機の墜落事故も過去14回あり、常に危険にさらされている」と指摘。
 部会終了後には、記者団に対し、鳩山由紀夫首相が普天間問題の決着を来年1月の名護市長選後に先送りする意向を示していることについて「わが国の安全保障、外交問題を一市民の選択に委ねて首相が務まるのか」と不快感を表明。「これまで(県外移設などと)立派なことを言ってきたのだから、ぜひ立派なことをやって(首相の選挙区の)北海道に引き取ってほしい」とも批判した。
最終更新:11月5日17時59分


口先ばかりで、何もしない首相。
せめて、選挙期間中に約束した"県外移設"を実行してみせてくださいな。
首相は沖縄県民の意向を尊重すると言っていたのだから、ご自身の責任の下、ご自身の選挙区に移設してください。
それは日本人とアメリカ合衆国の為にはベストな選択とは言えないけど、ご自身のためにはベターな選択だと思います。


と、ふざけた事を考えていたら、克也クンったら、こんなけん制をしていたのね。。。
またまた民主党の二枚舌ですか?(苦笑)


岡田外相 「政権公約と選挙中の発言はイコールではない」

11月5日0時26分配信 毎日新聞

 岡田克也外相は4日の衆院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設先について、鳩山由紀夫首相が先の衆院選中に「県外、できれば国外」などと発言したことに関し、「公約と選挙中の発言はイコールではない。公約というのはマニフェストだ」と語った。選挙中の政治家の発言を軽視したとも受け取れ、批判が出そうだ。
 首相は8月の民放テレビの党首討論で、普天間移設問題について「県外が望ましい」と指摘。しかし、民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)では「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」との表現にとどめていた。
 外相は「マニフェストには普天間という言葉も書かなかった」と釈明した。共産党の笠井亮議員の「選挙での約束と違う」との質問に答えた。【坂口裕彦】
最終更新:11月5日13時11分


何もいう気になれないような言い草だ。

有権者の誰が、選挙中の発言を公約と思わないというのか?
私自身も、マニフェストに書いてあることはblogに"政権公約"と書いているが、マニフェストに書いていないが選挙中に党首であるゆっぴぃクンや党幹部が発言したことを"選挙公約"と書いている。
で、その"選挙公約"がマニフェストに明示的に書かれたものではなくても、マニフェストを補完するもの受け止めるのが当たり前ではないのか?
それを、「マニフェストに書いていないから(選挙公約は)、公約ではない」と言うのであれば、彼らは日夜騒音を撒き散らす選挙運動や街頭演説をする必要がないのでは?
市民の安穏な生活の為に、是非、党の規則で禁止してくださいな。






が、しかし。。。
民主党には二枚舌という言葉はなさそうだ。
前言撤回と前言無視(忘却)は日常茶飯事の得意技だったのね。。。
これじゃ、まるで、「政権を取ったら現実を見ざるをえない」と言った富市クンと同じだね。
あぁ、民主党の母体は、富市クンと同じ社会党だったね(^_^;

って言うか、民主党はそれまでの野党とは一線を画して"政権担当能力がある野党"を売りにしていたんじゃないの?
政権を担当した途端に発言が180度変わるのであれば、"政権担当能力がある野党"とは言えないと思うけど???


官房機密費 「オープンにしていく考えない」平野官房長官

11月5日23時41分配信 毎日新聞

衆院予算委員会で、言葉を交わす平野博文官房長官(右)と鳩山由紀夫首相=国会内で2009年11月5日、平田明浩撮影
 平野博文官房長官は5日の記者会見で、首相や官房長官の判断に基づき領収書なしで自由に使えるとされる内閣官房報償費(官房機密費)について「オープンにしていくことは考えていない」と使途や金額を公表しない方針を明らかにした。鳩山由紀夫首相もこれに同調。野党時代に機密費の透明化を求めてきた民主党の方針転換に共産党からは「政権交代したのだから公表すべきだ」と批判の声があがった。
 平野氏は政権発足翌日の9月17日の記者会見で機密費について「そんなのあるんですか」などと述べていたが、5日の会見では、麻生政権の河村建夫前官房長官から引き継ぎを受けたことを認めた。
 「過去の民主党が透明化を言ってきたのは事実だが、報償費という性格上、相手のあることだ」。平野氏は機密費を「内閣にとって重要な情報収集の対価」との認識を示し、支出の適正さについては「私が責任を持って判断する。信頼いただきたい」と述べた。
 鳩山首相も同日夜、記者団に「官房機密費があるのかどうかも存じていない。官房長官から『任せてもらいたい』と言われているので私は一切触らない」と平野氏に委ねる考えを表明。秘書に任せていたという政治資金の会計処理で偽装献金が発覚した首相だが、「官房長官は信頼できる人物だ」と強調した。
 民主党は01年、機密費に支払記録書の作成を義務づけ、機密性に応じて10~25年後に公表させる機密費改革法案を国会に提出した経緯がある。しかし、平野氏の発言に対し、同党の輿石東参院議員会長は「我々が関知する話じゃない」と述べるにとどめ、連立政権を組む2党も「コメントは今は適当でない」(重野安正・社民党幹事長)、「機密費は否定しない」(自見庄三郎・国民新党幹事長)と静観の構えだ。
 一方、共産党の志位和夫委員長は5日の会見で「政権が代わったわけだから、どういう使われ方をされていたか明らかにするのは当然だ」と批判。「オープンにできないお金も、ルールを作って(事後的に)透明化を図っていくべきだ」と指摘した。【横田愛、岡田英】
最終更新:11月5日23時41分


民主党は平成13年の国会では、機密費の支払い記録書作成と一定期間経過後の公表を義務化する「機密費流用防止法案」を提出した。ゆっぴぃクンが党代表だった平成14年にも「(機密費の)使途を開示する仕組みが必要」と言っていた。
今回、平野君が「現実にその職に立ったときに、報償費という性格上、少なくとも相手がある」といったのは、そのまま富市クンの言葉をなぞったものだよ。
国民に責任を負うのは与党だけで、野党は野放図&無責任でイイとでも言いたいのか?
野党だから無責任な発言が許されるというような政党は存在すらが国益を損なうのだから、一郎クンの"政治改革"で是非抹殺してほしい。


小沢氏の政治資金虚偽記載報道 首相、説明促す

11月5日21時41分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は5日夜、民主党の小沢一郎幹事長の政治団体がパーティー券収入を政治資金収支報告書に虚偽記載していた疑いがあるとの一部報道について、「疑われていることに対し、ご自身でできることはなさると思う」と述べ、小沢氏に説明を促した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
最終更新:11月5日21時43分


自分の疑惑には一切説明責任を負わないゆっぴぃクンのこの言葉、一郎クンはどう受け止めたのだろうか?
説明を促されているのではなく、"出来ることをすればイイというのは、出来ないことはせずともよい"と解釈したのだろうか?


でも、政権獲得100日を待たずして、マスコミによるゆぴっぃクンへの目も厳しくなっている。

<鳩山首相>「匿名」でも虚偽記載認める...献金問題

11月5日0時41分配信 毎日新聞

 鳩山由紀夫首相は4日の衆院予算委員会で、偽装献金問題について6月30日の記者会見以来ほぼ4カ月ぶりに公の場で説明した。これまで認めていた「故人献金」など2177万円余の偽装だけでなく、5万円以下の献金で政治資金収支報告書に個人名を記載する必要のない「匿名献金」でも虚偽記載があることを事実上認めた。

 ◆匿名献金
 「5万円以下の部分については調査を依頼した弁護士から『疑わしい部分がないとは言えない』という話はあった」。鳩山首相はこう語り、匿名献金に偽装があることを事実上認めた。
 匿名献金は公訴時効になっていない04~08年の5年間で計1億7717万円余。鳩山首相は「その中でどの部分が虚偽なのかは判明していない」としたうえで「偽装があったとすれば(収支報告書を)訂正しなければならない」と述べた。

 ◆偽装献金の原資
 鳩山首相は6月の会見で偽装献金の原資を元公設第1秘書に預けていた個人口座の資金と説明していたが、鳩山家の資産管理会社「六幸商会」の資金も充てられていたことを初めて認めた。
 六幸商会から資金を引き出すには首相本人の指示か、本人が署名した指示書が必要とされ、鳩山首相は指示書を元秘書に渡したと説明。ただし「(偽装のためではなく)政治活動にお金が足りなくなったから私の金を借用するんだなと理解していた。調べれば総額は分かるが、東京地検の捜査でいずれ全容が判明する」と語った。

 ◆税控除の悪用
 予算委で首相に質問した自民党の柴山昌彦議員は、偽装献金に絡む所得税の寄付金控除の証明書が延べ116人、1430万円分発行されていると指摘。実際に使われたかどうかをただした。
 藤井裕久財務相は「選挙管理委員会が証明書を出し、その書類は適正という前提で国税が処理している」と、不正に発行された証明書が使われていた可能性があるとも取れる答弁をした。
 また、証明書の返還の有無を問われた原口一博総務相は「確認していない」と答え、鳩山首相側が返還していないことを事実上認めた。
最終更新:11月5日0時41分


清美ちゃんに言わせると、ゆっぴぃクンも「(政治献金)疑惑のデパート」だね(苦笑)
疑惑だけでなく、自己矛盾もイッパイ。
そして、そのどちらも気がついて気がついていないゆっぴぃクンはお目出度い。
流石に、KY首相と言われるだけの事はある。


自己矛盾といえば。。。

鳩山首相、改正教育基本法を当面は継承 国旗国歌指導も

11月5日20時29分配信 産経新聞

 鳩山由紀夫首相は5日の衆院予算委員会で、改正教育基本法や学習指導要領に基づく学校現場での国旗掲揚、国歌斉唱の指導については、自民党政権下での従来の政府方針を当面、継承する考えを示した。さらに、外国人への地方参政権付与や夫婦別姓については議論の深まりを待つ姿勢を強調し、今すぐ導入を進めることに慎重な考えを示した。
 首相は答弁の中で、安倍晋三内閣時代に成立した郷土・国への愛情の育成といった「愛国心条項」を盛り込んだ改正教育基本法について「尊重するのは当然のことだ。一気に変えていくと考えているわけではない」と述べた。ただ、「見直すべきものがあれば見直したい」とも言い添えて、将来的な見直しには含みを残した。また、「日の丸、君が代は大変大事なものだ。強制的という話ではないが、必要なときに日の丸掲揚、君が代斉唱を指導する」と述べた。
 外国人の地方参政権付与については「前向きに考えたい」としながらも、「強引に押し通そうとは思っていない」として政党間協議に委ねる考えを示した。
 別々の姓のまま婚姻関係を持てる「選択的夫婦別姓制度」には「家族のきずなが薄められてしまうという指摘もある。国民的議論を深めるのが大事だし、無理やり押し通すのはいかがなものか」と語った。
 一方、首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題には「脱税、詐欺、裏献金とは認識していない」と強調した。
最終更新:11月5日21時53分


日教組は国旗掲揚も「君が代」を国歌とする事も反対している。
この発言は、そんな日教組の了解を得たものなのか?
それとも、首相の国会発言は政権の公式見解ではないとでも?
民主党なら言いかねないね。。。

更に付け加えるなら、「首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題には「脱税、詐欺、裏献金とは認識していない」と強調した。」の部分が全く持って大間違い。
ご自身が行っていることは、「脱税」であり、「詐欺」であり、名を明かせず故人名での献金は「裏献金」そのものでしょう。
立法の担当者でありながら行政のTOPを務める人の言葉とは思えない"迷言"だね。

銀座で、リーズナブルに最高の美味を堪能(^.^)

今日は銀座で彼氏とデート。
お店は、「舞桜」と言うお店。
偶にはお寿司以外のものを食べたいと彼氏が探してくれたお店だったけど、流石に金曜日の今日は混んでいるらしく予約の電話をしたら「今日は2時間制になります」と言われてしまった。


少し早めに会社を出るつもりが、逆に少し遅めになってしまった。
姿を見せない私を「迷子になったのか」と心配した彼氏から「お店の場所解る? 焼きそばが美味しい中華料理店の前の通りだよ」との電話。
大丈夫よ、ぐるなびの携帯サイトで地図を見たからお店の場所は解るよ。
でも、会社を出るのが遅くなって、やっと電車に乗った処。。。(^^ゞ


今日は混んでいるから個室はないと言われて通された席は小さな2人掛けの席で、ロールスクリーンで隣席とを仕切った擬似個室。
でも、その時間のお店はそれほど混んではいなかった。
予約のの電話で2時間と言われた時にはちょっと躊躇したのだけど、これなら"時間だから"と追い出される事はなさそうだ(^.^)

お通し

焼いたネギや蒸し鶏、蒸し(?)牛蒡のお通し。


彼氏はこのお店2度目で、前に来たときはお刺身中心のお料理だったらしいが、どうも軍鶏とマツタケのお店らしい。
マツタケの食べ放題なんてメニューもある。

先ずは土瓶蒸し。

マツタケと鱧の土瓶蒸し

写真では解りにくいけど、鱧とマツタケの土瓶蒸し。
鱧の出汁もいいけど、マツタケの香りもいいね。とても贅沢だわ(^.^)


軍鶏の岩塩焼き

軍鶏は山梨の甲州軍鶏。
私、甲州軍鶏って知らなかった。
軍鶏って肉質が硬いイメージがあったけど、柔らかく焼けていて美味しかった。


レバー刺し

にんにくの臭いを気にする彼氏も、明日がお休みだと安心して食べられるね。


刺身三種盛り

お造りは、タコ、貝、しめ鯖の3点盛り。
決して高級店ではないけれど、お料理というか素材の質はかなり高い。
コストパフォーマンスが良く、とても満足度が高い。
しかも、このお値段で、1丁目とは言え銀座なんだよね。。。


さて、さっきからお店の人が何度も私たちの席をチラ見している。
何だろう???と思っていたら、個室が開いたから席を移るようにと言われた。
何で?


焼きマツタケのメニューが2種類ある内、「姿炭火一本焼き」というメニューは料理長が客席に来て焼いてくれるもなので、この狭い席では焼けないらしい。
和室の個室に移ると、早速マツタケが出てきた。

マツタケの炭火1本焼き マツタケの炭火1本焼き

このお店に勤める前にマツタケ専門店で働いていたという"料理長"がマツタケを焼いてくれた。
写真を撮っていいか?と聞くと、快くセッティングしてくれた(^.^)

今日のマツタケは雲南州産らしい。
料理長が言うには、国産は別格として、外国産で1番美味しいのは北朝鮮産らしい。
でも、今は(原則)北朝鮮産は入らないので、次は雲南州を初めとする中国産、韓国産、カナダ産、アメリカ産と続くらしい。
アメリカ産のマツタケは、近所のスーパーでも1本300円ぐらいで売っている。
やっぱり、ランクとしてはずいぶん下なのね。。。


舞桜を出たのは22時ごろ。
なんとなく、もう少し食べたい気分。
せっかくだから、焼きそば食べる?と彼氏に聞くと、彼氏は満腹らしい。
でも、「イイよ」って。
で、お店に行きかけたのだけど、どうもさっきの舞桜に携帯電話を忘れたらしい。。。(^^ゞ
携帯を取りにいっている間に彼氏が先にお店に入って、注文してくれていた。

私たちの言う「焼きそば屋さん」とは銀座2丁目にある「天津飯店」。
銀座にあるお店とは思えない程、古く汚い(←失礼)。
でも、美味しいお店が多くあり、また地価が高い銀座で格安のお店を長く維持できるだけあって、お料理のお味は格別に美味しい。

特に私が好きなのは、焼きそばと春巻き。
中華料理が好きではないが点心は意外に好きな彼氏もこのお店の春巻きと焼きそばが好き。
思った通り、彼氏は焼きそばと春巻きを注文してたわ(笑)


焼きそば 春巻き

上手く写せなかったけど、本当に美味しいのよ。
以前は、日によって味が違っていたのだけど今はどうなのだろう。。。?
でも、今日は文句無く美味しい。
おまけにリーズナブルなのだから言う事はない。

今日も大満足♪

水鳥を求めて、我孫子散歩。。。

今日は「ジャパン バード フェスティバル」を観に、我孫子へ。


我孫子駅を降りると、駅前に「ジャパン バード フェスティバル」会場までのシャトルバスがあった。
でも、北の鎌倉と言われる我孫子の町にも興味があるので、寄り道しながら手賀沼まで歩く事にした。


"北の鎌倉"を検証するなら、先ずは武者小路実篤邸?(笑)
住宅街を歩くこと暫し、新興住宅街の先の奥まった処にひっそりとあるのが武者小路実篤邸。
本当は非公開らしいのだけど、近くまで行くと門が開いていた。
事前の私の調査(?)では"庭園が見事"との事だったので、今日は特別に開放されているのかと勘違いして中を覗いてみた。
中には庭守りさんらしき人が居たので声をかけてみたら、奥まで入らずに写真を撮るだけならいいよと言ってくれた。

旧武者小路実篤邸

これ、門の処からお庭に向けて撮った写真。立派なお庭だねぇ。。。
で、千葉にしては早いと思うのだけど、紅葉も見事だ。

旧武者小路実篤邸 旧武者小路実篤邸

椿も咲き始めている。

此処は、武者小路実篤が大正5~7年に住んでいて、白樺派の本拠地(?)だったらしい。
それで、この辺りのご当地カレーを「白樺カレー」と言うのね。
それにしても広いお屋敷。
庭守りさんに訊くと、当時は敷地の端が手賀沼の湖畔(?)だったらしい。
今は多少埋め立てられていて、当時の湖畔は今の湖畔より少し中にある地さな通り辺りらしい。


此処からは手賀沼の湖畔沿いに手賀沼公園¥へ向けて歩く。
バードフェスティバル会場のはずなのに、手賀沼公園ではイベントは静か。
って、私が見なかっただけで、それなりにはあったようよ(^^ゞ

ボート乗り場の傍にはユリカモメとカモが羽を休めている。

手賀沼公園

住宅展示場のように立派な住宅が並ぶ遊歩道を歩くと、遊歩道傍にはこんな景色がある。

手賀沼公園 南天 こぶ白鳥 こぶ白鳥

カルガモ、マガモ、コガモ、カイツブリ、オナガガモ、オオバンと水鳥の種類も豊富。
写真にはないけど、黒い鳥は川鵜かな?


手賀沼大橋を越えた漁協の敷地内。
「敷地内での事故は自己責任で」と書いてあったので、立ち入るのは禁止されていないと判断して湖畔まで出てみた。

カルガモ カルガモ ガチョウ? 七面鳥?


近くの手賀沼親水公園の方が、「ジャパン バード フェスティバル」のメイン会場だったのかな?
焼きそば等の屋台のお店が何店か出ていた。
此処で腹ごしらえ。
本当は、駅まで戻ってお蕎麦でも。。。と思っていたけど、既に13時を回っている。
此処で食事を摂るのが妥当よね。。。
でも、日向で食べるのは暑い。。。っていうか、思ったより天気が良すぎ(笑)
11月だというのに、すっかり日焼けしちゃったよ。。。(^^ゞ


手賀沼親水公園にある「水の館」から見た手賀沼。

手賀沼

田んぼや畑があって、この土地の穏やかさと豊かさをうかがわせる。
手賀沼の写真右側の対岸にはハスの花が咲く一帯があるらしい。
花咲く時期には華やかなのだろうな。


それにしても。。。
私が高校生の頃は水質の悪い湖沼の代名詞だった手賀沼が、30年経ったいまではこんなにも水鳥のサンクチュアリになっているとは思ってもみなかったよ。
水際の環境って、人間の心がけ次第で汚くも綺麗にもなるものなのね。。。

文人の別荘跡をめぐって、我孫子散歩。。。

ジャパン バードフェスティバルの一環で入館が無料になっている「鳥の博物館」を見て、外にでると「千勝神社」という神社があった。

千勝神社

千勝神社って茨城県に多い神社で、千葉県にあるのは珍しいんじゃないかなぁ。。。
我孫子が茨城と近いのだと改めて感じる。

通り沿いに歩くと、こんな自動販売機があった。

道端の自動販売機

ひやしあめ、みっくすじゅーちゅ、おでんが関西風と九州風、中華そばも何種類か。
なんだろう。。。関西? でも楽しい(^.^)


道沿いにある少林寺道場の看板のある階段の先には「子の神大黒天」(ねのかみだいこくてん)がある。
源頼朝の脚気を治したといい、腰下の疾患にご利益があると言われている。

子の神大黒天 子の神大黒天の七福神


ヘルニアの彼氏の腰の治癒を祈る。
ついでに、私の腰の痛みの除去も。。。私の腰の痛みはヘルニアではないと言われているのでハッキリとしたお願いは出来なかったが。。。(^_^;

参道に出ると、案内の人がこの先に「旧村川別荘があります」という。
「村川」って誰?と思ったものの、せっかっくだから寄ってみる事にした。
入り口の案内を見ると我孫子にあった本陣を移築したものらしいけど、敷地に入って目に付いたのは本陣らしからぬ建物。

旧村川別荘 新館 旧村川別荘 新館


千鳥破風の建物は洒落た和風建築に見えたけど、建築主によると「朝鮮風」らしい。
でも、外観も内装も今で言うなら和風モダンで、お金をかけて意匠を凝らした造りになっている。

旧村川別荘 新館 旧村川別荘 新館 旧村川別荘 新館

当時は此処から手賀沼と富士山が見えたという。
崖地に建てるために基礎をコンクリート造りにしたけど、コンクリートの無粋を隠すために竹で組んだ戸隠だったり、寄木造りの床だったり。。。
いや、本当に粋な造りで、その細やかな心遣いに感心する。
新館と本館を結ぶたった10m程度の通路に施された常夜灯でさえ優れた意匠が凝らされているのにビックリよ。


で、その建築主とは、東大教授で私たち世代が高校生の頃の世界史の教科書を書いた人だった。
母屋の方は、その東大教授さんのお父さんで、旧東京帝国大学教授だった村川堅固氏が移築したもの。

旧村川別荘 本館

どちらも風情ある建物だったけど、本陣だっただけあって本館の方がより粋。
障子や欄間、釘隠しの一々に意匠が凝らされている。
本館も新館も窓ガラスがゆがんでいるのは、当時の技術のままなのだとか。

館内の案内を読むと、大正期には、鎌倉、軽井沢のほか、この我孫子や稲毛が別荘地として人気だったらしい。
それで、この我孫子には有名な文人や学者、大学教授の別荘が多くあるのね。


旧村川邸から道なりに暫く歩くと、志賀直哉邸跡。
志賀直哉が住んだという豪邸の一部が公園となって、書斎として使っていた茶室が移築されている。

志賀直哉書斎

案内によると、かなり広い土地だったとか。
明治時代の小説家って貧乏なイメージがあったけど、広大な敷地に書斎として使う茶室を2、3棟も持っていて、さらに武者小路実篤に土地を譲る程の土地持ちだったというのは意外だった。


更に道なりに歩くと、「嘉納治五郎別荘跡」という看板がある。
嘉納治五郎って柔道家の?と思いながら看板の案内をたどると、急な坂道の先に「嘉納治五郎別荘跡」があった。
こちらは"跡"であって、当時の建物はない。
向かいには洒落た洋館があったが、こちらは高名で高齢の詩人のご自宅らしい。
でも、嘉納治五郎が此処に住んでいた頃には民芸運動家柳宗悦の「三樹荘」があった場所だと、説明文があった。

文芸史には疎くない方だと思っていたけど、こうやって改めて住居・別荘跡をたどると、意外な交友関係を知る事があるなぁ。。。


此処から駅までは、ほぼ1本道。
駅前の小洒落たお店の看板を見てビックリ。

メニュー

創業記念の破格メニューなのだろうが、チキンカツの定食が290円とは。。。
う~ん。。。だったら、親水公園で昼食を摂るのを我慢すればよかったかも。。。(^^ゞ

1   2   3   4   

Index of all entries

Home > Archives > 2009年11月 Archive

Search
Calendar
« 2009 11 »
S M T W T F S
1* 2* 3 4 5 6 7**
8 9 10 11 12 13* 14
15 16* 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top