Jamp to Navigation


旅の幸先

「今日で今週が終りだと思ったのに、“今週”が1日伸びた〜」
とは、昨夜の彼氏からの電話の会話。
どうも土曜日の今日は出社らしい。

「私は、明日の朝の体調がよければ彦根に行くよ」
と言うと、
「彦根って、何があるの?」
だって(-_-;

彦根といえば彦根城、国宝指定されているお城があるのに雑学王の彼氏でも知らない?
訳ないか(笑)

「彦根でお城を観て、長浜にも行ってみたいかなぁ。。。と(笑)」
「彦根35万石かぁ。。。長浜には色々興味はあるけど、彦根は井伊直弼くらいしか知らないなぁ。。。」と彼氏。
実は私も、その程度しか知らない(^^ゞ


東京からは8時前ののぞみに乗った。
新幹線の座席の指定はさっき東京駅で取ったので空いているのかと思ったら、意外と混んでいてのぞみは満席だった。
と言っても、私の隣は空いていて3人がけの窮屈感がなくてラッキ〜。
新幹線の窓の外に見える工場の煙がまっすぐ登っている。
風がないのね。。。
ふと、これが製紙工場の煙だと解って、反対側の窓をみると富士山がはっきり見える。
こんなに近い所を走っている新幹線でもこんなに鮮やかに富士山が見えるのは珍しいから、この旅の幸先はいいかも(^^)

更に窓の外を眺めていると、あちらこちらで桜が咲いているのが見える。
桜の花見が目的のこの時期の旅行なのだから桜が咲いているのは当たり前だけど、満開の桜は少ない。
まだちょっと早いのかな。。。
川の土手には桜と共に菜の花が咲いている。
12月には花が咲き始めて3月には終ってしまう千葉では、桜と菜の花が一緒に咲く光景は考えられない。
でも今回はこんな景色を期待して彦根にいくのだから、新幹線の車窓に見える景色に幸先のよさを感じる。

水郷のパンフレット
(写真はJR東海ツアーズの「近江旬景 桜」のパンフレットから)


名古屋でこだまに乗り換えて米原まで約30分。
そういえば、新幹線の乗り継ぎって初めてかも。
在来線と新幹線の乗り継ぎは経験あるけど新幹線同士の乗り換えって初めてで、なんだかヘンな気分。
米原から在来線に乗るのに30分近くも待っちゃった。。。
時刻表どおりの待ち時間プラス連結する電車遅延の為の待ち時間なんだけど、普段そんなに電車を待つことが無いだけになんだかとっても時間を無駄にしている気分。。。
って、こんな感覚がいけないよね。
折角、ゆったりとした非日常を感じるために旅に出たのだから気持ちををゆっくりもたないとね(^^;


さて、今日は何処に行こうかな。
実は宿泊場所以外は、未だ何も決めていない。
今日は彦根に泊まるから彦根は明日の午前中に廻るとして、今日は近江に行くか長浜に行くか未だ迷っている。
電車の待ち時間は長浜に行く方が短そうで長浜に行く方がよさそうなんだど、何となく近江八幡に惹かれるものがあって近江八幡に向かうことにする。

11時少し前に近江八幡に着いた。
駅でコインロッカーを探したら使用中止になっている。
何故なの?と思いながら回りを見渡してもコインロッカーらしきものはない。
仕方ないから観光案内所で聞くか。。。と思ったら、案内所の中に20個ほどのロッカーがあった。
良かった。と思ったのも束の間、お財布の中に100円玉が1枚も無い。
観光案内所で両替してもらおうと思ったら、「本当は両替はしないんですよ」と嫌な顔をされた。
コインが必要な場所で紙幣からコインへの両替してくれないのは不親切だと思うし、両替が手間なのなら両替機ぐらい置いてくれればいいのに。。。
なんだか気分ワル〜、幸先悪いな。




トラックバック
No trackbacks yet


トラックバックURL:http://coo.main.jp/cgi/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=10
トラックバックを手動で送る場合は、こちらのフォームからどうぞ。

Comments

No comments yet

Commentを書く

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。