Jamp to Navigation


悠遊 風まかせ

» ArchiveList
Home > 国内旅行 > 近江 近江牛 / 長浜城
«Prev | | 1 || Next»

2007/04/07

近江八幡名物を色々

お稲荷さんが瓦葺だったのは、きっとこの近江八幡が瓦の生産地だからなのだろうね。
お稲荷さんの向かいにあったお寺と、その脇にあった名前も判らない神社もこんな感じ。

名前も判らないお寺の楼門
お寺の楼門は、2層の屋根と全体のバランスが絶妙。
上のお寺の隣にあるお宮の手水。
手水の屋根も瓦葺き。
瓦を良く見ると、鯉の飾りが。。。
細かいところにまで意匠が利いているのね。。。


名前も判らない神社の手水名前も判らない神社の手水の瓦


このお宮さんって狛犬がないなあ。。。と思ったら、本殿の柱にこんな彫刻が。。。
名前も判らない神社の飾り獅子亞名前も判らない神社の飾り獅子云
それにしても、幸福稲荷の狐もそうだったけど、ここの狛犬もなんともとぼけた表情よね(笑)


当ても無く散歩気分で歩いていると、「かわらミュージアム」への案内の看板が見えた。
国内外の瓦が展示されていると言うけど瓦には余り興味がないなぁ。。。なんて思いながら歩いていたからなのか、表玄関ではなく裏側に出ちゃった(笑)
八幡堀のお堀端沿いに瓦を焼く釜が展示されていて、その通路は瓦で模様が付けられている。
この建物もなんとなく瓦を焼く釜の雰囲気。。。

瓦で造られた模様かわらミュージアム

お堀にはのんびりと鴨が泳ぎ、メジロやその他の小鳥に啄ばまれた桜が落ちた水面は着物の柄を連想させる。
八幡堀の鴨水に落ちた桜
お堀にかかる船橋ものどかな雰囲気を醸し出しているよね。。。
なんだか、時間がのんびりと過ぎていく感じがするわ。
船橋


雨がぽつぽつと落ちてきた。
お腹も空いている事だし雨宿りも兼ねて、かわらミュージアムに併設された喫茶店で昼食を摂ることにした。
お洒落な外観のお店に入ってみると、食事のメニューはカレーとうどんしかない。
どうもカレーが自慢メニューのようで、店のあちこちに「当店自慢の近江牛カレー」と貼ってある。
そんなに自慢なら食べてみようかしら。
近江牛カレー近江牛カレー2
お店のお姉さんの説明によると、近江米と近江牛のカレーでカレーの中には近江牛の他にお麩が入っている。(右側の写真のお肉の奥にある白いものがお麩)
さらに薬味代わりの付け合わせは近江名物の赤こんにゃくらしい。
赤こんにゃくは見れば判るけど、カレーにお麩なんて初めて。
お麩の食感は悪くないし、言われなければお麩だとは気がつかないかも。
そういえばこの辺りは丁字麩と言うお麩が有名らしいけど、これがその丁字麩なのかしら?

TrackBack(0)

2007/04/08

嘗ての繁栄を語る太閤の桜と菊の御紋

やっと長浜に着いたのは14時半頃。
駅のコインロッカーに荷物を預けて、先ずは長浜城址の豊公園へ。
って言うか、今日はこれまでずっと荷物を担いで移動していたので、やっと肩が楽になった(笑)

豊公園は駅から近く、時間的なものもあってか花見客も多い。
この公園は火を使うのもOKらしくて、BBQセットやカセットコンロを持ち込んで暖かい肴をツマミにいい感じに酔っている人も多い。
桜の花見シーズンは未だちょっと寒いから暖かい肴は嬉しいよね〜ちょっと羨ましかったり(笑)
それにしても流石に「日本の桜100選」だね。桜も多いが人も多いわ。

昨日水郷巡りの船で一緒だったご夫婦が「彦根より長浜の方が桜が咲いている」と言っていたけど、本当だね。
本当は海津大崎に行きたかったけど、長浜にしたのは正解かも。
彦根城より「桜とお城」の写真も撮れたしね(^^)

長浜豊公園の桜1長浜豊公園の桜2

この公園は桜の木の数だけでなく、復元されたもではあるけどお城も見えるし、湖も見える。
ここが100選として選ばれるのも解るような気がするな。

豊公園 湖の桜長浜豊公園の桜3

あれ?
昨日、電池を入れ替えたばかりなのに、もう電池切れ。。。
今日ってそんなに写真を撮ったっけ?(^^ゞ
コンビニで電池を買って、また歩く。
って言うか、そろそろ足が痛くなってきた。
昨日の今日も殆ど休憩もせずに歩き続けている私の足も電池切れ?(^_^;

長浜鉄道スクエア少し歩くと、「長浜鉄道スクエア」がある。
日本で1番古い駅舎だという旧長浜駅を保存展示している。
旧長浜駅はイギリスの技師が設計した駅舎で、当時は大津から長浜までは鉄道連絡船だったのでここは船乗り場兼鉄道乗り場だった。

北陸線電化記念館当時の改札を抜けて外に出ると、長浜鉄道文化館と北陸線電化記念館がある。
長浜鉄道文化館は鉄道模型と昔の駅標が展示してあって、北陸線電化記念館にはD51とED70が展示されている。

北海道に住んでいた子供の頃は蒸気機関車はさして珍しくも無く、ディーゼル車が通ると珍しい列車を見たと歓んでいた。
当時は本州では既に電化されていたけど、北海道は未だ電化されている区間が殆ど無かったから、SLってそんなに珍しいものではなかったもの。
今日初めて知ったのは、鉄道の“電化”にも“直流”と“交流”があって、北海道の一部には今でも“電化”されていない場所もあるとか。
そういう意味では知識にはなったけど、私は元来鉄道そのものにはあまり興味のない人だからねぇ。。。(^^;
会社の同僚クンに「鉄祭」という鉄道イベントに行くような人がいるのだけど、そんな鉄道好きな人には楽しい処なんだろうな。。。


慶雲館外観私はお向かいの慶雲館の方が興味があるわ。

明治天皇を迎える迎賓館だったと聞いていたけど、実際に訪れて思う事は「たった1時間の滞在の為にこれほどまでの屋敷とお庭を造るのか?」という事。
それも全額私財だったんだよね。
それだけ天皇に権威があるのだろうけど、たった1時間の滞在の為に、3ヶ月もかかった普請を「突貫工事」と言われる程の大工事をしたのだよ?
いや。。。余りに立派な建物に、私は宿泊場所だと思ったよ。。。


慶雲館2階
玉座が設けられた2階のお部屋。
鶴の襖もなんともいえない気品があるのだけど、天井からぶらさがる電燈がなんともお洒落。
後で案内を見たら、この電燈もここの“見所”の1つだとか。


2階から見るお庭はこんな感じ。
慶雲館 庭園
明治天皇の行幸は、琵琶湖から直接このお庭に入られたとか。

慶雲館襖引き手
2階のお部屋をよく見ると襖の引き手には菊のご紋が。
こんな処に行幸の“証拠”があるのね(笑)

ご紋といえば、お庭にあった灯篭にウチの家紋と同じ紋が刻まれた灯篭があった。
ウチは庶民の出だけど、紋を辿ると誰か由緒ある家のご紋を真似たものだったりしてね(笑)

TrackBack(0)

«Prev | | 1 || Next»