Jamp to Navigation


悠遊 風まかせ

«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

2002/04/22

胡同観光

仕事で北京出張中の半日、出張先に誘われて市内観光に出かけた。

今日は朝から寒い。
朝は風が強かっただけだったが、出かける頃には冷たい雨に変わっていた。
なんとついていない。。。。。

今日は雨の中を胡同観光。
胡同(フートン)とは北京特有の古い昔ながらの路地の事で、開発が盛んな北京では風致地区のようなところで胡同を保存している。
日本の小京都と言われる様なところと同じように、旅行会社が英語や日本語のガイドつきの胡同めぐりのツアーを開催している。
ガイドによると、胡同は今日のような雨の日の方が風情があってイイという。
こんな天気こそが“胡同見学日和”だと言うけど、ホントかな?(笑)


ツアーは、先ず三輪車に乗って鐘楼という明・清の時代に鐘を撞いた塔(建物は1700年代に再建されたもの)を見学する。
高さが47.9mで塔からは街が一望できる。
天気がよければ遠い山並みが望めるらしい。
この頃には雨はかなり小降りになっていたものの、残念ながら今日は山並みは望めないが、それでも北京の町並みは一望できる。
また、鐘楼周辺にある四合院(しごういん)という中国独特の住宅も上からのぞく事が出来る。
四合院は紀元前10世紀頃から中国にある建築様式で、真ん中にに院子と呼ばれる中庭があって、その周りを4つの建物が囲っている。
この4つの建物で大家族の一家が生活をするわけだけど、最近は一人っ子政策による家族の少人数化や郊外にある生活しやすい家に転居する人が多いためか、リタイアした老人が数家族でシェアして住む例が多いようだ。

ツアーでは、鐘楼見学の後、胡同をめぐりながら四合院の1軒をたずねた。
ここは仕事をリタイアした夫婦の家で、昼間はこういったツアーに家を開放していると言う事だった。
家は、はキッチン、夫婦の寝室と娘の部屋、リビングの3LDKで、
思ったほどは広くなく、ウサギ小屋と揶揄される日本の家とさほど変わりはない。
ここに夫婦と大学生の娘さんと犬とで住んでいるという。

以前、中国では犬はお金持ちしか飼えないと聞いたことがある。
今回聞いた話では、中国では犬を飼っていると高額の税金がかかるらしい。
その税額が5,000元というから驚いた。
今、1元がほぼ16円で日本円に直すと約8万円。
中国の物価はほぼ日本の1/10だから、日本の物価に換算すると年間80万の税金がかかることになる。
これでは、本当にお金持ちしか犬を飼えないと、納得してしまう。

この家では犬の他に鳩と金魚を飼っていた。
鳩はご主人の趣味らしいが、ここの胡同を歩いてると、鳩を飼っている家が多くあった。
北京ではポピュラーなペットなのかもしれない。
金魚は、日本のようなガラスの金魚鉢で横から眺めるスタイルではなく、陶器の鉢で飼い、上から眺めるスタイルだった。

文化というものは面白いものだと思う。
古い日本の文化の中には中国から入ってきたものが多いから“物”は同じものでも、楽しみ方や利用の仕方が少しずつ違う。
なんとなく親近感は湧くけど、中国の文化の方が素朴で日本の文化の方が洗練されている感じるのは身贔屓なのかしらんと思った一日だった。

Category:海外旅行 ( 北京 )

Permalink TrackBack(0)

2002/04/21

今日から北京

今年に入って3回目の出張で、今日から北京。
今日は雨が降っていたせいか、時期的に終わってしまったのか先々週の出張で“雪?”かと見まがった柳絮は全くない。

今日は宿泊しているホテルの近くの上海料理店で夕ご飯を食べた。
4人(男性3と私)で点心2つとメイン料理2つ、スープ(4人分)と箸休めのおつまみ(ナッツ類)を頼んだら、店のフロア係りの女性から「4人で食べるには少なすぎる。きっと足りない。」と言われてしまった。
「大丈夫、私たちは前の食事からそんなに時間が経っていないから」といったものの、それでも残してしまったのだから、日本人は本当に少食なんだろうな。

中国では(というか横浜の中華街にある一部のお店でもそう)、飲み物以外は追加オーダーしないのが普通。
だから、お料理は残す程に注文するのが普通なんだよね。
おまけに中国人は日本人より良く食べるから、こんな程度では足りないと思われても不思議ではない。
って言うか、私の知る限り、中国人は宴会においても“食”がメインで、お酒はサブ。
日本の男性はお酒がメインで、お酒を飲むときは殆ど食べないから、この辺の文化の違いがあるのかもしれない。
でも、食べることに貪欲な人の方が生命力があるように感じる。
そういう意味では日本の男性は日本の女性より、そして中国の人より生命力が弱いのかもと思ったりする。。。(^^ゞ


Category:海外旅行 ( 北京 )

Permalink TrackBack(0)

2002/04/03

ラクダの肉はヤギより臭わない(笑)

今日も暑い。27度だそうだ。。。

今日は、満漢全席の店で夕食。
それにしても食べきれない。
もっとも、中国での食事で食べきれた試がない。
貧乏性の私は、「もったいない」モードいっぱい(笑)

満漢全席は、本来、準備に1ヵ月以上、食べるのに1週間掛けるという壮大な宮廷料理。
昔、香港でのグルメツァーでミニ満漢全席を食べた事があるが、今日は香港で食べたものとは比べ物にならない珍しい料理の数々。。
今日も“ミニ”の席ではあるのだけど本当に色々な食材があって、これなら準備に1ヵ月というのも解る。

今日食べた中で一番の珍食材はやはりラクダだろう。
食感は、ホルモンの様な感じ。
ちょっと臭うけどヤギよりはマシかな。
でも、私は1口しか食べられなかった。

仕事は予定通り今日で終わり。
明日は日本に帰る。
此処でこんなに色々な物を食べさせてもらいながら、日本料理が恋しい。
私には海外移住は出来そうにないな。(笑)

Category:海外旅行 ( 北京 ) , 食べ歩きlog

Permalink TrackBack(0)

2002/04/02

すっぽんの血は効果があった(笑)

昨日のすっぽんの効果か、今日はなんとなく調子がいい。

今日は、夕食に上海料理を食べた。
ここ北京に居ると、相手企業が毎日気を使って食事に連れて行ってくれる。
今日の案内の担当の人は四川料理を食べに連れて行ってくれるつもりだったらしい。
連れて行かれた所は、泊まっているホテルの傍。
が、彼が行こうと思っていた店は引越ししてしまっていて、今はなかった。
で、本来行く予定だった店の傍の上海料理の店に連れて行ってもらったのだが、辛いものが苦手な私は、ちょっとラッキー(笑)

今日の料理は、食材としては鰻や鯉とセロリや鞘インゲンが主体でとても食べやすい。
今日の店のメニューは英語の表記があって、わかりやすいはずなのだが、それでもやっぱり中華料理は難しい。
メニューを頼むのは中国人でも難しいというから、私が難しいのはしょうがないか(笑)

メニューには材料と調理法しか書いていない。
「豚肉とキャベツの炒め物」と言う感じ。
日本人ならばどんな味付けの料理が出てくるのだろう?と楽しみに思うところなのだが、“食”に貪欲な中国人は違うらしい。
これはどんな味付け?キャベツはどのぐらいの大きさに切ってあるの?と色々質問する。
そうやって納得できなければオーダーしない。
そういう国民性なら、予めメニューに「ざく切りキャベツと豚ばら肉に甘め味噌の炒め物でちょっとだけ辛い」とでも書いておけばいいのにと思うのだけど、その辺りも国民性なのか?




Category:海外旅行 ( 北京 ) , 食べ歩きlog

Permalink TrackBack(0)

2002/04/01

北京も異常気象

今日は27度。
北京もやはり異常気象らしい。

この高気温なのに、何故か風邪をひいてしまった。
喉と、耳の奥が痛い。。。。
夕飯にすっぽんの血を飲んだから、明日には治るかしらん(笑)
それにしても、4月でこの気温じゃ、夏になったらどうなるんだろう。。。





今日の夕食も接待。
私は自分の客先に同行している身分だけど、北京の取引先からみれば“客先”になる。
そんな訳で、私の体力低下を心配した北京の取引先が連れて行ってくれたお店での、特別料理。
赤い飲み物と緑の飲み物を出された。
赤いのはすっぽんの血で、緑がすっぽんの腸。
決して美味しいものではないけど、折角の気遣いだからありがたく頂いた。
少しは体力回復するかしら?


すっぽん料理は日本でも食べたことはない。
ここで初めて食べる訳だから比較のしようはないけど、甲羅ににた形がそのまま出てくるのってちょっと食べ難い。。。(^^;

中国人は食に貪欲だと聞くけど、日本人の私は中国人にはなれないなと思ったよ。。。(^_^;

Category:海外旅行 ( 北京 ) , 食べ歩きlog

Permalink TrackBack(0)

«Prev | | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»