Jamp to Navigation


悠遊 風まかせ

«Prev | | 1 || Next»

2007/04/08

郷愁を誘うローカル線

そろそろ駅に急がないと、電車に間に合わなくなってしまう。。。
と、思いながらも、道すがらに面白いものを見つけては足を止めてパチリ(^_^;
川辺のカフェJA

1枚目の写真は駅近くの川の傍にあったカフェのテラス。
最初はカフェのテラスとは思わなくて川辺の桜がいい感じだなと思ったのだけど、近づいて見たらテーブルとベンチがあってテーブルにはお花が挿してあった。
2枚目の写真は川を渡った処にあったJAの建物。
昨日から今日にかけてみた近江の町にある“洋館”風な建物に共通するものを見て興味深いなと。


近江鉄道 多賀大社駅 ALIGN="right"/>写真を撮るのに夢中になって、電車の時間ギリギリに駅に飛び込んだ。
そういえば、この駅は「駅」とは言わず「コミュニティーハウス」というのね。


乗った電車は多賀大社駅から1駅目の高宮が終着。
って言うか、この多賀大社へいく路線が支線だったのね。
高宮駅のホームには満開の桜と古びた待合室。
私が子供の頃の駅ってこんな風だったと懐かしさすら感じる待合室を写真に撮っていると、電車が入ってきた。
近江鉄道 高宮駅待合室近江鉄道 高宮駅ホーム

あれ?
さっき多賀大社から乗った電車とはとは車両が違う。
さっきは西武鉄道のような車両だったのに。。。?
あぁそうか、他社の引退した車両を引き継いでつかっているのね。
っていうか、近江鉄道と西武鉄道って昔から車両を融通しあって、関係が深いのよね。
でも、こういうのって、鉄道ファンの人には嬉しいのだろうな。。。

彦根で電車を乗り継いで米原まで行った。
本来の目的地は長浜だけど、彦根でJRに乗り換えても、このまま近江鉄道を乗り継いでも長浜に着く時間は変わらない。
というか、いずれにしてもJRに乗り換えなければならないので同じ時間に長浜につくのだけど、どうせなら電車に揺られている方が楽しいかなと思って(笑)

近江鉄道の米原の駅に着くと、ここも鄙びたローカル線の風情。
待合室の木のベンチが郷愁というか旅愁を誘うというか。。。

近江鉄道 米原駅ベンチ

Category:国内旅行 ( 近江 )

Permalink TrackBack(0)

2007/04/08

紅殻の街と桜の舞

この後は多賀大社に行こうと思う。
「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」のお多賀さんがこの多賀大社で、多賀大社は「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」と古事記に載る程古い神社。
こんなに近くに来ているのだから是非お参りしないとね(^^)
と、思ったのだけど、これが。。。(^_^;


彦根城から歩いて彦根駅に着いたのが11時半少し前。
近江鉄道の次の電車が来るのは約30分後。
失敗したなぁ。。。時間を見てもう少し早く来ればよかった。
30分じゃお昼を摂るには時間が足りないし、何もせずに待つには長い。
なんて言っても仕方ないので駅のホームで彦根の案内を読みながら電車を待ったけど、暖かくて転寝しそうだ(笑)
そういえば、多賀大社と彦根の往復運賃より1日乗車券の方が安かったから1日乗車券を買ったのだけど、今日は多賀大社の「桜狂言会&古例大祭 記念乗車券」が同じ値段で販売されていたらしい。
駅員さん教えてくれればいいのに。。。多賀大社参りの記念になったのにね。


近江鉄道で彦根から3駅目の多賀大社の駅を降りると、目の前に大きな鳥居。
「絵馬通り」と案内のある道を辿って多賀大社に向かう。
道すがらに見られる民家は紅殻格子に長い庇の家が多い。
この庇の長さって、もしかしてこの辺りは雪が多いのかな?
そういえば、名古屋の西の方に住む知人が「伊吹山からの冷たい風で雪が降る」って言っていたっけ。。。

お腹が空いている事もあって、お店に目が行く。
って言うか、日曜日だからなのかこの辺りはひっそりしていて観光客以外の人通りはなく、お店も殆どが閉まっている。
そんな中、お肉屋さんの店先に「村山たか女が養女に来た家」と案内があって、その隣のお店には「村山たか女の生家」とあった。
そういえば、井伊直弼の愛人だった村山たか女って、多賀大社の神官の娘だったっけ。
そういえば(×2)、去年の秋に京都に行った時、予定もせずに行った金福寺もたか女の縁のお寺だったっけ。
此処のところ、たか女に縁があるのかな(笑)

多賀大社神橋ここから多賀大社までは歩いて2、3分。
鳥居をくぐると、太鼓橋(太閤橋)と緋毛氈が目に入って此処が多賀大社と解る。
この太鼓橋は御神橋だという事で、その脇にある橋を渡って境内に入ると正面にある桧皮葺の拝殿が目を惹く。


多賀大社拝殿多賀大社枝垂れ桜
大きさもさることながら、格調というのかな。。。
天照大御神のご両親に当たる伊邪那岐命(いざなぎのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神が祀られていることから「お伊勢(は)お多賀の子でござる」と歌われているわけだけど、伊勢神宮とは全く違ってどちらかと言うと熊野大社に似た社殿で、神社の中の神社と言われる伊勢神宮にも負けない格調と厳かさを感じた。

多賀大社はご夫婦神が祀られているという事で縁結びのご利益があるのだけど、既に80歳になっていた俊乗坊重源が東大寺の再建事業の成功祈願のために伊勢神宮に参籠している時に夢の中で天照大神が「事業を成功するために寿命を延ばしたいのなら多賀神に祈願せよ」と告げて、実際に祈願し東大寺の再建がかなったことから延命長寿のご利益もあると言われている。
そんな云われの所以なのだろう、境内には「寿命そば」という店があって、お腹も空いていたから今日の昼食は此処で摂る事にした。

桜湯桜蕎麦
季節柄、「桜そば」を頼んでみたら、桜湯と、根曲がり竹、菜の花、桜の塩漬けが乗ったお蕎麦が出てきた。
桜の名所と言われるところにある「桜うどん」のように、桜の葉を練りこんだピンク色のお蕎麦が出てくるものだと想像していてたので、ちょっと肩透かし(笑)
お店のサービスというか、お店の人の接客はイマイチだったけど、お蕎麦はコシもあってそれなりに美味しかったよ。

境内を歩くと大釜と鐘楼があった。
鐘はなんとなく神社には不向きな感じだけど、ここは神宮寺だったから当たり前なのかな。
由緒書きを読むと佐々木六角一族や浅井長政の寄進だとか。
神仏分離の時にも大き過ぎて貰われ先がなかったというのは、寄進した人たちの信仰の大きさがこの鐘を此処に残したという事なのかしら?
そういえば、太閤秀吉も此処を信仰してお庭や蔵を寄進しているのよね。

境内をぶらぶらしていたら13時になって、ご神橋の前の舞台で狂言が始まった。
巫女さんがお筝で「さくらさくら」と「荒城の月」をを弾いているのだけど調子(=調律)がおかしい。
気がつかないハズがないのに誰も動じない。ヘンなの。
そのうち狂言師が踊り始めた。
思わず写真を撮ったのだけど、観客席の後ろの方から撮っていたので出来はイマイチ。
近くに居たオジサンに前に出て撮ればいいのに。。。と言われたけど観客がたくさんいるのにそれを押しのけて前にでるなんて事は出来なかった。。。(^_^;
多賀大社神橋桜狂言1多賀大社神橋桜狂言2

狛犬多賀大社を出て絵馬通りを駅方向に戻る。
途中にあった鳥居が気になって入ってみると、多賀大社の摂社で日向神社だった。
日向というと私は京都の日向大神宮を思い出すから天照大御神を祀っていると想像するけど、ここは天照大御神の孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)が祀られていて、天照大御神は日向神社の隣に更に豊受大神と共に小さく「伊勢の神」として祀られている。
天照大御神の扱いの小ささにちょっとビックリしてみたり。。。
関係ないけど、ここの狛犬もかなりとぼけた表情をしていて可愛かったな。
あと、足元に小さい狛犬(?)がしがみついているのも可愛かった。



真如寺山門駅にへの途中、と言うか行きの駅から多賀大社に向かう途中で紅殻の山門が気になったお寺に寄ってみた。
元は多賀大社の本地堂のご本尊だったという阿弥陀如来を本尊とするお寺で、東大寺の再建の尽くした俊乗坊重源との関わりも門前の由緒書きに書いてあったけど、忘れちゃった(^_^;
真如寺というそのお寺の紅い山門や本堂、庫裏、書院、鐘楼は16世紀の開山以来のものらしい。
小さいけど、なかなか趣きのあるお寺だったわ。


Category:国内旅行 ( 近江 ) , 食べ歩きlog

Permalink TrackBack(0)

2007/04/08

譜代大名の下屋敷で名勝見物

楽々園天守閣を降りて黒門から内堀を出ると玄宮園(げんきゅうえん)に出た。
彦根藩4代藩主直興(なおおき)が1677年に中国唐時代の玄宗皇帝の離宮を真似て造営した彦根藩の下屋敷で、中国洞庭湖(どうていこ)の瀟湘(しょうしょう)八景にちなんで近江八景を配した庭が有名。
隣の楽々園(槻御殿〜けやきごてん)と共に国の名勝に指定されているらしい。
って、今回来るまで全く知らなかったのだけどね(^_^;)

でも、流石に徳川の筆頭譜代大名のお屋敷だけあって立派なものね。
この楽々園は今は改修工事中だとかで公開されていない。
玄宮園から槻御殿を眺めることが出来るだけ。
此処から見えるお庭は枯山水だけど、以前はここ池があったとか。




臨池閣と天守閣玄宮園の池をまわって臨池閣(りんちかく)を正面に見ると天守閣が奥に見える。
まるで絵葉書のような景色。

臨池閣の奥には彦根藩の賓客をもてなすための客殿である鳳翔台(ほうしょうだい)があって、お茶がいただけるらしい。
鳳翔台をちょっと覗いてみたけど、お客さんが列をなしていたからパス。
ここで並んで時間を潰すより、お堀端を桜を見ながらゆっくり歩いた方がイイもの(笑)



内堀埋木舎前の中堀
花見の準備をしている人を横目に見ながら白鳥が泳ぐ内堀を歩き、埋木舎(うもれぎしゃ)を目指す。
時代劇のロケ地になる事の多い彦根城でも、最近では此処が1番有名かも?
埋木舎の前のこの道は「武士の一分」のロケ地だものね。
埋木舎は安静の大獄で有名な幕末の大老井伊直弼が13代彦根藩主となるまでの不遇の時期を過ごした屋敷として有名で、「埋木舎」という名前も直弼が自らを埋れ木と言い表してその住居という事で付けた名前らしい。

埋木舎の門には「大久保」の表札。
?と思ったら、明治になって直弼の一の家臣であった大久保家に払い下げられて、以降は大久保家がこの建物を維持管理しているらしい。
その大久保家の現在の当主は苫小牧駒澤大学の初代学長だとか。
私のように何故個人の表札が?と思う人が多いのだろう、親切な説明が掲げられていた。
国の特別史跡でもあるから数年前の大修理の際は国や彦根市からも援助があったらしいけど、それまでは個人が私財でこれだけの建物を維持していたなんて凄い事だと思うわ。


埋木舎を見学して外にでると、お堀に黒鳥が泳いでいた。
黒鳥って、実際に見るのは初めてかも。。。

黒鳥

Category:国内旅行 ( 近江 )

Permalink TrackBack(0)

国宝天守閣の桜

昨夜の霰が嘘のような空。
すっきり晴れ渡って、これは撮影日和だね。

ホテルは朝食の“無料サービス”を謳っている。
無料といってもどうせ宿泊料金に入っているのだろうから、普段はあまり朝ごはんを食べないのだけど食べにいってみた。
案内には“和洋朝食”となっていたのだけど、メニューはロールパンとキャベツの千切り、マカロニサラダ、ポテトサラダ、ウィンナーソーセージ、コンソメスープとコーヒーの洋食のバイキング。
バイキングといっても選ぶほどの種類はなく、単に食べ放題という処かな。
レストランはセルフサービスでパンもトースターで自分で焼くので、このホテルは(よく言えば)ヨーロッパのBBと言った感じ(笑)
それにしても、スープ以外に温かいものがないと言うのは、この季節に辛いものがある。
隣のテーブルに座っていた年配のおじ様は食べるものがないと、ロールパンとコーヒーだけ。
確かに年配の人には食指の動かないメニューかもしれない。
って、私もそうだったのだけど。。。(^^;
まぁ、“無料サービス”なのだから文句は言えないか(笑)


チェックアウトを済ませて外に出ると空気が気持ちいい。
朝だからというだけでなく、昨日の雨で空気が洗われて、また霰の影響なのか(?)空気もいい感じに冷えている。
気持ちいいよ。
昨日と同じ道を辿って彦根城に行く。

市民会館前の桜護国神社のお堀の桜

市民会館前の桜や同じ通りにある護国神社前で満開の桜の写真を撮って、さらにお城を目指す。
昨夜見事な夜桜を観たお堀は今朝みるとこんな感じ。

彦根城のお堀の桜彦根城のお堀の桜

昨夜はコンデジで撮ったのだけど、一眼を持っていけばよかったかな。
一眼で撮ると全体が取れたのね。。。でも、それでも昨夜の方が迫力がある感じに撮れたかも。。。なんてね(笑)
明るい処で見ると、やはり満開までもう一歩かなぁ。。。

櫓の石組み城に入る直前、佐和口の多聞櫓の石垣を見ると、なんだか不思議な組み方をしているのが目に付いた。
建築学的な事は解らないけど、脇の整然とした切り方と組み方と比べて中央の不規則な形の石は模様としてみても面白いと思う。


太鼓櫓の上から表門から坂を天秤櫓、太鼓門櫓へと登る。
天秤櫓に架かる橋の脇の桜がキレイだった。
記念写真を撮る人も多く、多くのカメラマンが順番待ちをしている(笑)
太鼓門櫓下から見る天守閣もすばらしかったけど、ここでもカメラマンが順番待ち。
それだけ“絵”になるお城って事なのかしら?
しかし。。。戦を経験しなかったとは言え、戦国時代のお城だね。流石に登り難い高い所にある。
ここまで来るだけでかなり汗をかいちゃったよ。。。(^_^;

太鼓櫓の上には桜の木がたくさんあった。
全く花が咲いていない木の方が多いのだけど、咲いている木は5〜7分咲きぐらいかな。


天守閣と桜1天守閣と桜2
天守閣と桜3数少ない咲いている桜と共にお城を撮る。
でも、近いものと遠いものを一緒に写そうとすると、オートフォーカスのままで撮ると反って難しいのね。
勝手にどちらかにピントを合わせてしまうのだもの(笑)
って、マニュアルモードだとピントだけでなく、露出や絞りを自分で設定しないといけないから、私にはムリなのよね。。。(^_^;
それでも、青い空、お城の白壁、黒い瓦とピンク桜のコントラストがイイね。
流石に姫路城より早く国宝に指定されたという天下の名城。
小さいけど立派なお城で、私のように技術が無い人が撮った写真でも充分画になるものね(苦笑)
正面の唐破風にある金の飾りは千鳥のようにも見えるけど琵琶湖が近いからカイツブリなのかな?


天守閣からみた琵琶湖天守閣に登って彦根の町と琵琶湖を眺めた。
天守閣から琵琶湖を見ると、桜に湖が浮かんでいるように見える。
後で撮った写真を見たら、湖と空が融けてしまって境がわからないね(笑)
でも、桜と空と湖の淡い色合いが水彩画のようだわ。

天守閣を降りると人だかりがしていてその中心に「ひこにゃん」が居た。
彦根城は今年で築城400年になり、記念として彦根の観光協会で色々なイベントが企画されている。
「ひこにゃん」は、このイベントのマスコットキャラクターで、日に数回天守閣周辺を歩いているらしい。
小さな子供が握手したり一緒に写真を撮ったりして、大喜びしている。

そのイベントの1つにワダエミさんの衣装展もあって、私も当然見てきた。
天秤櫓にはオペラ「エディプス王」 、TVドラマの「里見八犬伝」、西の丸三重櫓では邦画の「利休」、韓国映画の「中天」で実際に使われた衣装が触れる程の距離で見られる。
勿論、触っちゃいけないけどね(笑)
でも、こんなに近くで見ると、布地の質感も感じられて面白い。



##彦根城天守閣周辺の桜
彦根城の桜1彦根城の桜2彦根城の桜3彦根城の桜4

Category:国内旅行 ( 近江 )

Permalink TrackBack(0)

2007/04/07

彦根城の夜桜

近江八幡の駅に戻ると、もういい時間になっていた。
というか、荷物を預けているコインロッカーが閉まる10分前ぐらいだった。
さて、もう何処にも行けないから今夜の宿がある彦根に向かうしかないね。。。

途中、「有限会社 浮気製作所」という看板があってビックリ。
一瞬目を疑っちゃった(笑)
「浮気」って何を作っているのだろう???と思うけど、多分地名。。。(笑)
ここではないけど滋賀県には「浮気」と書いて「ふけ」と読む場所があるものね。


ホテルは彦根駅から歩いて10分弱の処の、駅を出て住宅街を抜けた寂しい処にあった。
近くにはラーメン屋さんと警察署があるだけ。
雨も本降りになってきている事もあって寂しさが募ったのか、なんだか気分も凹んできた。。。(^_^;
ホテルの部屋は、広かったけどとっても不思議な造りになっていた。
ドアを開けると畳3畳分くらいの空間の奥が1段高くなっていて、その高い場所にスリッパが置いてある。
つまり此処で靴を脱ぐって事?
その手前の低い場所に家庭にあるような洗面台と、洗面台の向い側に普通のホテルにあるようなトイレとバスが一緒になったユニットバスがある。
高くなった処が“部屋”で靴を脱いで上がるところだとしたら、お風呂には靴を履いて入るの???なんて、ちょっと思ってしまったわ(笑)

ネットで近くの飲食店を探してみたけど、よさそうなお店は遠い。
この雨の中を遠くまで行くのはいやだなぁ。。。と思うけど、出かけないと食事も出来ない。
このホテルでこの時間に開いている飲食店は何となく場末の居酒屋の雰囲気で、幾ら私でも1人で入るのは躊躇われるのよね。。。
丁度彼氏からご機嫌伺いの電話がかかってきたので、「雨は降っているし、ご飯を食べられる処は近くにないし、ホテルの部屋はヘンだし、ネットは上手く繋がらないし。。。」と私にしては珍しく泣きが入ってしまった(^_^;
ネットが繋がらないのはホテルのせいではなく、私のノートPCのセキュリティソフトが昨日バージョンアップされて、サイトの参照に普段と違う制限がかかっていただけだったのだけど。。。(^_^;
いつもとは違う私の雰囲気に彼氏もビックリして、「PCのインターネットは諦めて携帯で少々遠くてもよさそうなお店を探して、美味しいものを食べて幸せになりなさい。」と言って慰めてくれた。
よく考えたらホテルだってそんなに悪い訳ではなかったのに何がそんなに私を不安にさせたのか。。。?気圧が不安定だったのかな?


さて、前置きはこのくらいにして(笑)、ホテルで傘を借りて外に出た。
とりあえず、彦根城の方向をめがけて歩く。
部屋から見えた彦根城は遠く感じられたのだけど、歩いてみるとそんなに遠くはなかった。
彦根城の手前にネットで調べた美味しそうなお店があったので寄ってみたけど、残念ながら今日は臨時休業。
お店に折がたくさん積んであったから、今晩か明日の花見の仕出しの準備で忙しいのかな?

気をとり直おして、再び彦根城を目指す。彦根城のお堀の夜桜1
目の前に突然広がったのがこの景色。
道が狭くて、道のギリギリの場所で写しても写真では上下が切れてしまったけど、大きなケーキのような桜の山にビックリ。
圧倒される見事さだね。
水郷巡りから近江八幡の駅に向かう途中、舟で一緒だったご夫婦から昨日の彦根城は5分咲きだったと聞いたのだけど、これを見る限り満開に見えるね。
これは明日が楽しみ♪


彦根城のお堀の夜桜2彦根城のお堀の夜桜3

夜桜って幻想的。桜ほど夜が似合うお花は無いんじゃないかと思えるほど、ステキ。
桜を観てるだけで酔える(笑)

ライトアップされているからお城に入れるのかと思ってそのまま中に入ったら、門が閉まっていた(>_<)
まぁ、仕方ないね。って言うか、お城がライトアップされているから当然入れると思ったのよ。
門からお城(天守閣)までが遠くて、此処からじゃ桜とお城を一緒に写真に収める事は出来ないんだモン。
私もそう思っていたのだけど、徳島から来たという男性にも同じ事を言われた(笑)
彼も門の手前で人が引き返すのを不思議に思ったらしく、「この奥には桜はないのですか?お城と桜を一緒に撮れる場所は何処ですか?」と聞かれた。
そんなイイ事、私の方が知りたいわ(笑)
彼は「せっかっく徳島から来たのに。。。」と言っていたけど、明日は彦根ではなくて別のところに移動するのかしら?
だとしたら、“折角”という表現は当たらないと思うけど、今晩しか時間がないから焦っていたのだろうね。。。

Category:国内旅行 ( 近江 )

Permalink TrackBack(0)

«Prev | | 1 || Next»