Home > 01.時事寸評 > 本丸に達した? その目的は?

本丸に達した? その目的は?

出る杭は打たれる?
テレビのニュースでは、村上ファンドの村上氏のニュースで持ちきり。
ホリエモンのニッポン放送株の売買に絡んで、インサイダー取引があったとか、なかったとか。
阪神球団の上場発言以来、何だか迷走気味だった村上氏、“ちょっと出すぎ!”とばかりにおカミに叩かれ始めた。

でもねぇ。。。
日テレなんて社内の犯罪者の名前はプライバシーを理由に隠すのに、未だ容疑者でもなんでもない村上氏の名前は隠さないのね。
なのにこの件では、村上氏の氏名だけでなく住居のあるマンションまで映していたよ。
彼は未だ容疑者じゃないだけでなく、公人でもタレントでもない一般人なのだから、半分タレントのテレビアナウンサーよりプライバシーに配慮されていいはずだけど?
こういうのをダブルスタンダードの典型っていうのだろうね。
これだからマスコミって信用できないのよね。

自分たちが野次馬根性で知りたいことは“(国民の)知る権利の為に、知らせる必要がある”って言うのよね。
国民って自分たちだけの事だと思っているのかしらね?
別に日テレアナウンサーの事ではないけど国民が本当に必要とし、知りたいことには(権力や己の都合で)目をつぶって、自分たちが面白おかしく取り上げられる事には大騒ぎする。
なんだかマスコミって、本当に“報道機関”なの?と思ってしまうわ(苦笑)


さて、粉飾決算から始まるライブドアの騒動はいよいよ核心?
ホリエモンを捕まえた処でダレが得をするの?と言う感じがするけど、村上氏を起訴という事になれば喜ぶ人は多そうだね。
今言われている疑惑だけでは、起訴されて、懲役刑になっても罰金刑になっても、刑罰はそう大きなものではない。
でも、起訴されれば、今後彼がファンドマネージャーとして仕事をするのは難しくなる。
そうなれば、日本のムラ社会の企業経営者たちは喜ぶだろうねぇ~
株主の立場で企業監査する人なんていなくなって、以前のように会社は経営者のもの(彼らにとっては、決して従業員のものではない)、会社の利益は会社の出資者に還元するのではなく、経営者の利益の為に使うといった企業経営が可能だものね。
会社経営者は企業ゴロにだけ注意を払っていればよくて、企業買収への心配は少なくて澄む。
来年から施行の企業買収法なんて絵に描いた餅にできる。

今年1月からのホリエモン騒動は、これが権力側の本当の目的だったって感じよ。
それで財界が潤えば、自民、民主に政治献金がたんまり?

でも、この流れを見ると、もしかしたら純ちゃん潰しかも?と思えるのよね。。。
ホリエモンのニッポン放送株の買い付けって村上氏の入れ知恵だし、村上氏のバックはオリックスの宮内会長。
宮内会長と言えば、構造改革の旗手だものねぇ。
まぁ、この話が宮内会長本人にまで飛び火する事はないと思うけど、反純ちゃん派には、村上氏の仕事がしにくくなるだけでも溜飲を下げるんじゃないの?


でもねぇ。。。
当初はともかく、今、村上ファンドに入っているお金は、オイルマネーがかなり多いと聞く。
村上ファンドが機能しなくなったら、村上ファンドに流れているオイルマネーは何処にいくのだろうね?
オイルマネーが日本国内の金融機関が設定する他のファンドに流れるのかといえばさにあらん。
オイルマネーは日本から引き上げられて、アジアの他の市場に流れるのだろうね。
となると、行き先は中国?
せっかく上向き始めた日本の景気はまた冷え込んで、中国経済に活気がでるの?
そんな事を考えると、日本の“権力”って、中国の為に仕事をしているように見えるね。。。
あぁ、そういえば、反純ちゃん派って、中国の為に日本の政治をしている人たちばかりだったわ(^^ゞ

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:3

TrackBack URL for this entry
http://coo.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/967
Listed below are links to weblogs that reference
本丸に達した? その目的は? from 空のつぶやき
村上氏は完全に無罪 from 1喝たぬき 2006-06-06 (火) 23:26
検察は、何を根拠に村上氏を逮捕したのか。日本の検察が阿呆の集団とは、知らなかった。
村上氏は本当にプロ中のプロだった。Part1 from 貞子ちゃんの連れ連れ日記 2006-06-07 (水) 14:22
いろいろなブログでギャオの村上世彰氏の6月5日の記者会見(ノーカット版)が紹介されていますが 私のブログでも紹介しておきます。↓ 村上世彰記者会見 TVニュー...
村上氏は本当にプロ中のプロだった。Part2 from 貞子ちゃんの連れ連れ日記 2006-06-07 (水) 14:24
〓法廷で戦えば勝てる『疑惑』を 率直に認めたことについては 村上氏自身が『私の人生で始めて戦うことをやめた』のかもしれないと自ら認めている。 この心境の変化には...

Home > 01.時事寸評 > 本丸に達した? その目的は?

Search
Calendar
« 2006 6 »
S M T W T F S
        1 2 3**
4* 5 6 7 8* 9 10
11 12 13 14* 15* 16 17*
18* 19 20 21 22 23 24
25 26* 27 28 29 30  
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top