Home > 03.旅行記 > 東北3県 四寺廻廊への旅 (浄土の毛越寺)

東北3県 四寺廻廊への旅 (浄土の毛越寺)

次は毛越寺(もうつうじ)
中尊寺からは徒歩で15分ほど。

浄土を表現したという浄土庭園が有名な毛越寺は国の特別史跡と特別名勝の2つの指定を受けているとか。
お寺の山門というより、和風庭園に良くある門を通ると、真っ赤に色付いた楓が目に付く。

毛越寺のモミジ1
毛越寺のモミジ2

四寺廻廊の御朱印を受けている間に本堂、開山堂のお参りと庭園を拝観する。

本堂の脇もモミジが綺麗だ。

毛越寺本堂
毛越寺本堂脇のモミジ1
毛越寺のモミジ3
毛越寺のモミジ4


そして名勝と言われるお庭。
空を映した大泉が池の水は青く、遠くに見える木々も色づいている。

大泉が池
毛越寺のモミジ5
毛越寺のモミジ6
毛越寺のモミジ7

何より、広さに驚く。
お寺の庭園というより、広い池の周りにお堂を集めたと言う感じ。
でも始めに池があった訳ではなくて、池も含めてこれって全て人口のものなんだよね。。。
池の周りには築山があり、池に注ぐ小川のような遣水があり、砂洲と入江、荒磯もある。
これが平安時代に、日本最古の庭園書である作庭記に則って作られたものだというから、更にビックリ。
今から800年も昔にこれだけの文化が日本に、それも都ではなく都からこんなにも離れた場所に根付いていたのだものね。
そしてそれが宗教にかけるものだとは言いながら、これだけの財力が当時の東北地方の一豪族にあったという事にもビックリだわ。

毛越寺のモミジ8
毛越寺のモミジ9


さて、そろそろ松島へ向かおう。
13時29分の電車の時間まで後10分。
駅まで歩いていくにはちょっと時間が足りないかな?
丁度タクシーが客待ちしていたので、「近いけど」と乗せてもらって、どうにか電車に間に合った。
とりあえず仙台までは新幹線に乗ることにして、フリー区間外の普通運賃と特急料金のキップを買える時間があって良かったよ。
って、もしかしてここでも改札なしでフリーパスで乗れたんだったりして。。。(笑)


今日の昼食は、新幹線の中で「平泉ウニ弁当」
平泉うに弁当

なんだか今回の旅行は、移動に忙しいなぁ。。。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://coo.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1555
Listed below are links to weblogs that reference
東北3県 四寺廻廊への旅 (浄土の毛越寺) from 空のつぶやき

Home > 03.旅行記 > 東北3県 四寺廻廊への旅 (浄土の毛越寺)

Search
Calendar
« 2007 10 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6*
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27***
28***** 29 30 31      
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top