Home > 03.旅行記 > | 06.日常雑記 > 丸の内ガーデニングショー(その3)

丸の内ガーデニングショー(その3)

此処からは、「丸の内ガーデニングショー」の南半分になる。
丸の内仲通りの南側で、さらに通りの西側から見ていく。


自分探し

「自分探し(もう一歩 心の奥へ)」というタイトルのお庭。
いわゆる、"カントリー風"だとは思ったけど。。。どう自分探し?
いや、勿論、自分ではこんなお庭は作れないと思うけどね。。。(^^ゞ


MOON MOON MOON

次のお庭の御代は「MOON」。
お月見のイメージかな?
とっても和風な壁の中は高揚した草木。
そして、和風の壁に開いた四角い穴が額縁となって、小さな庭の秋を見せてくれている。
これ、結構お気に入り。

でも気になるのは、他人が写真を撮っている事を確認しながらわざわざカメラの前を横切る人がたくさん居る事。
写真を撮っている人に気がついて歩くのを止める人や、写真に写りこまないように進路を多少変える人が多くいると思っていたけど、数でいうなら逆なのね。

動線を考えるならカメラを構えている人の(被写体に向かって)後ろ側を通るのが普通なのに、写真を撮っている人に気がついて(あっ、という声まで上げて)わざわざカメラの前を横切る人のなんと多いことか。
私は人が居るときには初めからカメラを構えることはしないけど、写真を撮っている人に気がついているのにカメラを構えている人の後ろを通らずに、わざわざ(狭い)カメラと被写体となっているお庭の間を通ろうとするのはどういう意図なのだろう?と思う。
見ず知らずの他人の写真に写りたかったのか?
そのご本人が写真を撮る時に、カメラと被写体との間に見ず知らずの他人が割り込んだらどういう感覚をもつのだろう?
写そうと思った被写体が隠れて見ず知らずの人を写してしまっちゃっても気にしないか、目立ちたくてわざわざ写ろうとするのか?
でも、結構迷惑だと思うけど?


優しさを力強さから感じて

このお庭にはあまり魅力を感じなかった。


星の降る街 丸の内

こちらのお庭は枯山水風で、見る分にはとってもよかったけど、写真に撮るとイマイチだったね。
滝が流れる風情も、川もちゃんと、設えてあったのに。。。

Comments:2

hausratversicherung 2014年1月31日 08:31

I just like the valuable info you supply on your articles. I will bookmark your weblog and take a look at once more here frequently. I am somewhat certain I will be told lots of new stuff right right here! Good luck for the following!

hausratversicherung vergleich 2014年5月 1日 06:00

I can't leave your web site just before implying that i always essentially loved the usual info a person supply on your visitors? Will be yet again consistently so as to take a look at cross-check completely new blogposts

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://coo.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3891
Listed below are links to weblogs that reference
丸の内ガーデニングショー(その3) from 空のつぶやき

Home > 03.旅行記 > | 06.日常雑記 > 丸の内ガーデニングショー(その3)

Search
Calendar
« 2009 10 »
S M T W T F S
        1 2* 3
4 5 6 7 8 9 10**
11 12 13 14 15* 16 17*
18 19 20 21 22 23* 24
25 26 27 28* 29 30 31****
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top