Home > 03.旅行記 > 桜を求めて、春浅い淡海路へ(その5)

桜を求めて、春浅い淡海路へ(その5)

お稲荷さんが瓦葺だったのは、きっとこの町が瓦の生産地だからなのだろうね。
お稲荷さんの向かいにあったお寺と、その脇にあった名前も判らない神社もこんな感じ。

お寺の楼門は、2層の屋根と全体のバランスが絶妙。
名前も判らないお寺の楼門

上のお寺の隣にあるお宮の手水。
手水の屋根も瓦葺き。

名前も判らない神社の手水

名前も判らない神社の手水の瓦

瓦を良く見ると、鯉の飾りが。。。
細かいところにまで意匠が利いているのね。。。

名前も判らない神社の飾り獅子云

名前も判らない神社の飾り獅子亞

このお宮さんって狛犬がないなあ。。。と思ったら、本殿の柱にこんな彫刻が。。。
それにしても、幸福稲荷の狐もそうだったけど、ここの狛犬もなんともとぼけた表情よね(笑)


当ても無くフラフラと歩いていると、「かわらミュージアム」への案内の看板が見えた。
国内外の瓦が展示されていると言うけど瓦には余り興味がないなぁ。。。なんて思いながら歩いていたからなのか、表玄関ではなく裏側に出ちゃった(笑)
八幡堀のお堀端沿いに瓦を焼く釜が展示されていて、その通路は瓦で模様が付けられている。
この建物もなんとなく瓦を焼く釜の雰囲気。。。

瓦で造られた模様

かわらミュージアム

お堀にはのんびりと鴨が泳ぎ、メジロやその他の小鳥に啄ばまれた桜が落ちた水面は着物の柄を連想させる。

八丁堀の鴨

水に落ちた桜

船橋

お堀にかかる船橋も、のどかな雰囲気を醸し出しているよね。。。
なんだか、時間がのんびりと過ぎていく感じがする。。。


雨がぽつぽつと落ちてきた。
お腹も空いている事だし雨宿りも兼ねてかわらミュージアムに併設された喫茶店で昼食を摂ることにする。
お洒落な外観のお店に入ってみると、食事のメニューはカレーとうどんしかない。
どうもカレーが自慢メニューのようで、店のあちこちに「当店自慢の近江牛カレー」と貼ってある。
そんなに自慢なら食べてみようかしらね(笑)

近江牛カレー

近江牛カレー2

お店のお姉さんの説明によると、近江米と近江牛のカレーで、カレーの中にはお肉の他にお麩が入っていて、付け合わせは赤こんにゃくらしい。
って、赤こんにゃくは見れば判るけど、カレーにお麩だなんて初めてだわ。
食感は悪くない。でも、言われなければお麩だとは気がつかないかも。
そういえば、この辺りは丁字麩と言うお麩が有名らしいけど、これがその丁字麩なのかしらね?

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://coo.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1356
Listed below are links to weblogs that reference
桜を求めて、春浅い淡海路へ(その5) from 空のつぶやき

Home > 03.旅行記 > 桜を求めて、春浅い淡海路へ(その5)

Search
Calendar
« 2007 4 »
S M T W T F S
1* 2 3 4 5 6 7*******
8******* 9 10 11 12 13 14
15* 16 17 18 19* 20* 21
22 23* 24 25 26** 27* 28*
29 30          
Archives
Blog List

BlogPeopleに登録

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせて読みたいブログパーツ



Gallery


Counter
Feeds

Return to page top